無料ブログはココログ

2021年2月27日 (土)

女性雑誌の日

20101115_2089246     雑誌の休刊・廃刊が相次いでいる。インターネットや雑誌のデジタル版の普及で紙ベースの情報需要の低下が進行しているらしい。50年前の皇太子ご成婚とともに雑誌の創刊が相次ぎ、トップ屋という流行語も生れた。松本清張などの小説も雑誌の普及によるところが大きい。図書館では雑誌とはいわず遂次刊行物という。よく耳にする話として、「世界」や「中央公論」はどこでもバックナンバーはあるが、「女性セブン」「女性自身」「週刊女性」をみたくてもなかなか公共図書館で保存しているところがない、ということである。そこで私設図書館である大宅壮一文庫というのが非常に雑誌の保存に力を入れているところで、編集者に役に立つそうだ。しかし近年はインターネットの普及で利用者が減少し、経営難で存続の危機にある。お宝鑑定団で週刊テレビガイドを創刊から収集している人がいた。テレビ番組表などは一般には放送が済めば無価値に等しいが、テレビ史を研究する者には一級資料であろう。コレクションとしては、あまり経済的負担なしにユニークなコレクションができるであろう。ただし現在のように多チャンネル時代になり再放送ばかりとなって、テレビ番組表を保存する価値があるや、なしや、意見の分かれるところであろう。

Cd02aad5s   本日は「女性雑誌の日」。1693年のこの日、ロンドンで世界初の女性向けの週刊誌「ザ・レディズ・マーキュリー」が創刊された。日本では明治17年、婦人雑誌「女学新誌」が最初である。翌年「女学雑誌」が出た。続いて明治20年「以良都女(いらつめ)」、徳富蘇峰の明治25年9月25日創刊の「家庭雑誌」が有名である。内容は男性目線の「家庭」と「良妻賢母」である。明治44年平塚らいちょうによって「青鞜」が、大正5年に「婦人公論」が出された。これらは女性の地位の向上と女性解放を目的としていた。こうした流れに対して、明治41年に羽仁もと子が「婦人之友」を創刊し、新しく家庭生活の改善など実用性を前面に打ち出して成功したのが明治43年創刊の「婦女界」であった。以後、大正6年に「主婦之友」、大正9年に「婦人倶楽部」が創刊された。戦後、女性誌の普及は一般雑誌をしのぐほどになる。昭和45年に創刊した女性ファッション誌「an・an」。雑誌名の由来は、当時ロシアのモスクワ動物園にいたパンダ「アンアン」からとった。なぜパンダの名前が雑誌名になったかというと、当時an・an編集部のスタッフが、黒柳徹子からはじめてパンダという動物の存在を知らされたから。「ロシアにパンダという動物がいて・・・」と黒柳の話を聞いて感銘を受けたことから、雑誌のタイトルを「an・an」に決めたという。(2月27日)

 

 

 

 

2021年2月26日 (金)

二・ニ六事件

Img_71362_216092_0
反乱軍は赤坂の山王ホテルを占拠し、司令部にしていた

 

    ニ・ニ六事件を起こした将校たちは「陸軍歩兵大尉野中四郎外同志一同」の名をもって「蹶起趣意書」を遺している。そこには「万民の生々化育を阻害して塗炭の痛苦に呻吟せしめ」ている「元老重臣軍閥官僚政党」の「君側の奸臣軍賊を斬除して」「彼の中枢を粉砕する」とある。この実現のため軍隊組織を最大限に動かし、兵器・弾薬を使用して決行したクーデターがニ・ニ六事件(昭和11年)である。

    それは昭和5年ごろから、軍人や国家主義者は、クーデータを計画し、暗殺を決行した。その主な事件は次のものである。

浜口雄幸狙撃事件(昭和5年11月14日)決行

三月事件(昭和6年2月~3月)          未遂

十月事件(昭和6年9月~10月)        未遂

満州事変(昭和6年9月18日)           決行

血盟団事件(昭和7年2月、3月)      決行

五・一五事件(昭和7年5月15日)      決行

神兵隊事件(昭和8年1月~7月)    未遂

相沢事件(永田斬殺事件)(昭和10年8月12日) 決行

  そして昭和11年2月26日の複数の場所への一斉襲撃が、革新運動の最後・最大の事件であった。前夜から降り始めた雪は、東京で実に30年ぶりという大雪となり、その中を、第一師団隷下の歩兵第一、第三連隊の将校、兵を主力とする約1400名の兵士が決起した。岡田啓介首相、斉藤実内大臣、高橋是清蔵相、鈴木貫太郎侍従長、渡辺錠太郎教育総監の公邸、私邸を襲撃。河野大尉の一隊は湯河原の旅館に牧野伸顕前内大臣を襲った。いわゆるニ・ニ六事件である。

   参謀本部は、佐倉、甲府、高崎の連隊、約7000で叛乱軍を包囲し、説得を続けた。28日、天皇の奉勅命令が出されるや、反乱軍は降伏した。反乱軍を指揮した将校たちへの軍法会議は一審制、非公開、弁護士なし、であった。北一輝など民間人を含む19名の死刑、将校下士官は無期禁錮などに処せられる厳罰が下された。荒木貞夫、真崎甚三郎大将を頂点とする皇道派はここに壊滅し、陸軍はこの事件のもたらした脅威を最大限に利用して日本ファシズム体制を完成し、日本の全権力を握って、戦争へと突入していくのである。

2021年2月22日 (月)

猫の日

A0250573_16393

 本日2月22日は「にゃん、にゃん、にゃん」の語呂合わせで「猫の日」。世の中は空前の猫ブームなのだそうだ。あらためて猫の魅力を考えてみると、身近なペット犬とはまったく違う自由気ままさが癒しの血からになってくれるらしい。ネコの学名は「フェーリス・シルウェストリス・カトゥス」。血液型はA型、B型、AB型の3種類で、A型が多い。終日なにもしないでゴロゴロ過ごそう。慣用句も犬より猫に関する方が多い気がする。「猫に小判」「猫の額」「猫と鰹節」「猫の手も借りたい」「猫の目」「猫も杓子も」「猫を被る」などなど。

   むかしは路地のあちこちで野良犬や野良猫を見かけたが、最近は見かけなくなった。動物捕獲業者が夜中に攫っていくのだろう。とくに猫は三味線の皮にするので高く売れる。動物愛護の観点から問題があるが、野良犬・野良猫が減ることは衛生上からは望ましい。犬・猫の居住率が高まったの世話をする飼い主が増えたこともあるだろう。猫カフェ、猫タクシー、グーグーだって猫である、などなどの映画・漫画も作られ、猫好きの人が増えた。ほかに近年のネコ作品「ぬくぬく」(温水洋一)「ねこばん」(伊武雅刀)「先生と迷い猫」(イッセー尾形)「猫が教えてくれたこと」(トルコ)が゜グーグーだって猫である」(小泉今日子)、「ネコナデ」「猫なんかよんでもこない」「レンタネコ」「ネコタクシー」「こっぴどい猫」「猫弁と透明人間」「旅猫リポート」。

2021年2月19日 (金)

あさま山荘事件とは何だったのか

Imgp466711
 あさま山荘

  日本列島、おそらくほとんどの日本人がその地名も知らない場所が、あるとき急に有名になることがある。成田市の三里塚も空港反対運動が起こるまでは日本人が誰も知らない場所だった。御巣鷹山や雫石も航空機事故が起きるまでは誰も知らない場所だった。吉野ヶ里も遺跡が発見されるまでは誰も知らない場所だった。100年、200年、1000年と歳月が過ぎれば、また元のように誰も知らない場所に戻るのだろうか。軽井沢の浅間山荘は事件から48年が過ぎ、何事もなかったかのように静かに建っている。

  1972年2月16日、群馬県妙義山中で連合赤軍の2人逮捕。17日2幹部(永田洋子、森恒夫)逮捕。2月19日、連合赤軍の坂東国男ら5人があさま山荘の管理人の妻、牟田泰子さんを人質にとり籠城。28日、警察が山荘破壊を含む強行作戦で人質救出、全員逮捕。この年、札幌冬季五輪(2月)とミュンヘン五輪(8月)が開催される。NHK番組「連合赤軍」を見る。植垣康博(スナック経営)、加藤倫教(農業)、吉野雅邦(木工おもちゃ製造)らがインタビューを受け当時の心情を淡々と語る。みな穏やかな日々を過ごしていることに驚きを感じる。歳月は流れたのだ。

 

 

2021年2月18日 (木)

嫌煙運動の日

    昭和58年2月18日、東京四谷で市民グループが「嫌煙権確立をめざす人々の会」を結成し、日本でも本格的な嫌煙運動がスタートした。この日にちなんで「嫌煙運動の日」がある。さらにそれより74年も前の明治38年、東京の市電で車内禁煙が実施された日でもある。いまではドラマでタバコを吸っている場面はほとんど見ないが、古い映画やドラマをみると刑事がみなカッコいいスモーカーだった。

ハイライト 昭和は遠くなりにけり

 

File200912302129330

 

 

2021年2月16日 (火)

天気図記念日

Weather_map002   1883年のこの日、東京気象台が日本初の天気図を作成。ドイツ人の気象学者エリヴィン・クニッピング(1844-1922)の指導のもと、7色刷りの天気図が作成された。2000年に発行された20世紀デザイン切手シリーズ第12集に、1959年の伊勢湾台風当日の天気図が描かれている(2月16日)

 

 

 

 

 

 

 

Knipping_l
 Erwin Knipping

2021年2月11日 (木)

建国記念の日

Img_525475_28026371_0   本日は「建国記念の日」。1874年以来、紀元節として奉祝されてきたが、1948年に姿を消す。その後、1967年に「建国記念の日」として復活。いまだこの日は全国各地で、紀元節奉祝行事と建国記念の日に反対する集会に分裂している。「日本書紀」にみえる辛酉年春正月庚辰朔に由来する西暦紀元前660年といえば、お釈迦さまも孔子もまだ登場していない時代から皇室が「万世一系」であるとは考えにくい。神日本磐余彦尊が日向の高千穂から東へ向かい、大和の豪族長髄彦を破り、橿原の地で即位した。戦前、津田左右吉は神武天皇以前の神代史の記述は帝紀を基礎とした、8世紀初頭の天皇制を正当化するための創作であると実証したが、有罪判決を受けた。もちろん他の学者も神話であることは理解しながらも、皇国史観批判に繋がるため、タブーとされてきた。戦後、津田は左翼からも支持されるに至るが、津田自身は雑誌「世界」に論文「建国の事情と万世一系の思想」を発表し、天皇制維持論を展開し、左翼勢力を落胆させる。津田は記紀の創作性は実証したが、日本神話そのものを否定したわけではない。どこの国にも建国説話はある。「出雲の国譲り」「天照大神の岩戸開き」「瓊瓊杵尊の天孫降臨」「海幸彦・山幸彦」など日本神話は日本人の心のよりどころである。世界各国の建国記念日をみると、アメリカは7月4日。1776年に独立宣言が公布された。中国は10月1日。1949年の国慶節。フランスは7月14日。イギリスは建国記念日にあたる祝日がない。(2月11日)

 

 

2021年2月10日 (水)

日露戦争開戦

Img_1464000_56323562_3

 

    1895年、下関条約に対する三国干渉で日本に遼東半島を還付させたロシアは、代償として旅順・大連を租借し、東清鉄道を敷設して、着々と満州へ進出していたが、1900年に義和団の乱が起こると、いよいよ兵力を増強した。日本は、ロシアの南下に同じ脅威を抱く英国と日英同盟を結ぶとともに、内に軍備の増強に努めた。1904年2月10日、日本はロシアに対して宣戦布告した。実際はその2日前、連合艦隊が仁川港に入港し、夜襲によりロシア軍艦2隻を撃沈し、火蓋は切られている。日露戦争は翌年に終結し、ポーツマス条約で、南満州の諸権益を譲渡させたほか樺太南半を割譲させた。戦後は欧州の国際政局の変動もあり、両国は1907年に日露協約を結んで接近し、鮮満蒙の勢力範囲を協定した。大正時代には第一次世界大戦中に日本は大陸で帝国主義政策をすすめ、ロシア革命に際してはシベリア出兵を敢行したが、1925年の日ソ国交回復とともに撤兵した。昭和時代に入ると、日本の政策は軍国主義に傾き、1931年には満州事変を起こして、1933年に国際連盟を脱退したのち、翌年から日華事変を戦って米英との対立を深めると、1941年には日ソ中立条約を結んで南進策に転じた。その結果、太平洋戦争が起こったが、ソ連は米英と1945年にヤルタ協定を結んで突如参戦し、樺太・千島を占領した。戦後のサンフランシスコ講和条約にソ連は調印せず、1956年に日ソ協同宣言が採択されて国交は回復されたが、ロシアとなった現在も南千島を固有の領土と主張する日本との間に北方領土問題がまだ懸案として残っている。

2021年2月 8日 (月)

郵便マークの日

Ishikawa_hitomi_06    本日は「〒マークの日」。明治20年2月8日、逓信省は郵便マークを制定した。逓信省の頭一文字、片かな「テ」を図案化したものといわれる。「逓」とは「つたえる」という意味。「次々と横に渡していく。リレーする」という意味がある。唐代駅伝の制度は都長安を中心に整備されたが、郵による官文書の逓送が行われた。「長安を出で逓に乗じて行く」と白居易の詩にもある。明の洪武帝は官物の輸送を担当した役所「逓運所」を設置している。日本では江戸時代、飛脚制度が整備され、江戸・大坂間は「定六」といわれて6日間が通例で急行が4日間であった。逓信省の語源は明らかでないが、郵便・電信・船舶管理・灯台業務を処理する機関であることから、駅逓+電信から逓信となったのか、本来から逓信という漢語が使用されていたのか定かではない。しかしながら、「逓」という字は戦前は小学生でも読めただろうが、現在では大人でも読めない人がいるだろう。〒マークは最初は甲乙丙丁の「丁」だったという。ところが外国では郵便料金不足の表示「T」と紛らわしいとわかり、14日に「〒」に変更したといわれる。

2021年2月 3日 (水)

喜望峰発見

Bartolomeu_dias

 

 

   喜望峰はアフリカ最南端ではない。最南端はアガラス岬だが、歴史的理由で喜望峰の方が有名である。ポルトガルのバルトロメウ・ディアス(画像)が1488年のこの日、ヨーロッパ人で初めて喜望峰に到達した。

   ポルトガル国王ジョアン2世の命を受け、ディアスがリスボンから出航したのが前年8月のことである。ディアスを乗せた2隻のカラベル船は暴風に流されて陸地から離れ、13日間の漂流ののち、フレッシュ湾にたどり着いた。嵐のなか、知らず知らずのうちに喜望峰を回っていたのである。ディアスはさらに北東進するが、グレート・フィッシュ川の河口で、引き返すことをよぎなくされた。悪天候と食糧不足で、乗組員たちの忍耐はもはや限界に達していた。帰途、往路に気づかなかった大陸南端に立ち寄り、遭遇した嵐にちなんで「大嵐の岬」と命名し、12月に帰国した。同岬は、のちにインド航路発見の願を込めて、ジョアン2世により「喜望峰」と改名された。バスコ・ダ・ガマが喜望峰を通過し、インド南西岸のカリカットに到着したのは、それから9年後の1497年11月22日のことである。(2月3日)

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28