無料ブログはココログ

2023年2月 8日 (水)

ご冥福お祈り申し上げます

  新しい年を迎えた。「人生100年時代」というけれど、新聞の訃報記事の載る著名人で100歳を超えた人は数えるほどしかいない。「人生100年時代」とは政府と企業のたくらんだ大ウソである。

1月

5日、米俳優アール・ボーエンがハワイで死去した。81歳。「ターミネーター」や「9時から5時まで」等ヒット映画に多数出演した。▽10日、前ギリシャ国王のコンスタンティノス2世がアテネで死去した。82歳。▽10日、イギリスのロックギタリスト、ジェフ・ベックが死去した。78歳。「恋はみずいろ」「レッド・ブーツ」など。▽12日、米国歌手のリサ・マリー・プレスリーさんが死去した。54歳。エルヴィス・プレスリーの娘、女優ライリー・キーオの母。▽11日、ミュージシャンの高橋幸宏が誤嚥性肺炎により死去した。70歳。80年代にテクノブームを巻き起こしたYMOのメンバーで日本を代表するドラマー。代表曲「ライディーン」。▽12日、作家で精神科医の加賀乙彦さんが老衰で死去した。93歳。「フランドルの冬」「宣告」「帰らざる夏」。▽15日、俳優の三谷昇さん死去した。90歳。片目の特異な風貌で脇役が多い。「軍旗はためく下に」「ミンボーの女」など。▽16日、伊俳優ジーナ・ロロブリジーダさんが死去した。95歳。「パンと恋と夢」「ノートルダムのせむし男」「花咲ける騎士道」「夜ごとの美女」などに出演。「世界一美しい女性」とも呼ばれた。▽19日、地球物理学者の上田誠也さんが老衰のため死去した。93歳。「弧状列島」「新しい地球観」。▽23日、元プロ野球選手、門田博光さんが死亡した。74歳。現役通算567本塁打、1678打点はNPB歴代3位。▽24日、ザ・リリーズの妹、燕真由美さんが死去した。62歳。1975年に姉・奈緒美とともに「水色のときめき」でデビュー、2作目の「好きよキャプテン」がヒットした。▽29日、元官僚の石原信雄さんが死去した。96歳。歴代最多7内閣7年3ヶ月、官房副長官を務めた。▽29日、元プロ野球選手、岡村浩二さんが死去した。82歳。阪急で捕手として活躍した。▽29日、米女優のアニー・ワーシングさんが死去した。45歳。ドラマ「24」「タイムレス」「スタートレック:ピカード」など数々の作品に出演。俳優のスティーブン・フルは夫。▽31日、米国歌手のチャーリー・トーマスさんが死去。85歳。元ドリフターズのメンバーの一人。

2月

3日、デザイナーのパコ・ラバンヌさんがフランス・ブルターニュ地方の自宅で死去した。88歳。1934年、スペイン北部バスク地方で生まれ、フランスへ移住する。アルミニウム製のドレスなど革新的なデザインで知られた。▽3日、経済学者の水田洋さんが死去した、103歳。日本における社会思想史研究の第一人者で、特にアダム・スミスの研究で知られる。「社会思想史」(有斐閣)。▽7日、政治評論家・森田実さんが死去した。90歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年2月 5日 (日)

アレッサンドロ・アキリーニ

   アレッサンドロ・アキリーニ Alessandro Achillini。1463-1512。イタリア・ルネサンス期の解剖学者、哲学者。ボローニャで学び、哲学教授としてアリストテレスに詳しく「アリストテレス2世」や「第二のアリストテレス」と呼ばれた。著書に「解剖学注釈」(1521)があり、耳小骨を構成するツチ骨、キヌタ骨の発見・命名者としても知られている。日本語版ウィキペディアには記事がない。

2023年2月 2日 (木)

「え」 ファースト・ネームから引く人名一覧

   エイナル・ゲルハルセン(1897-1987)はノルウェーの政治家。オスロ市長となるが、ナチスの侵略後、罷免され、強制収容所で暮らした。戦後、首相となりノルウェーの戦後改革に貢献した。▽「エウジェ―ニオ・モンターレ」1896-1981。イタリアの詩人。代表作「うなぎ」。▽「エドウィン・フォレスト」1806-1872。米舞台俳優。▽「エドウィン・アボット・アボット」1838-1926。イギリスの神学者。1884年の小説「フラットランド」で知られる。▽「エドワード・ギボン」1737-1794。イギリスの歴史家。「ローマ帝国興亡史」。▽エドワード・G・ロビンソンは戦前のギャング映画スター。ルーマニア出身のユダヤ人で、本名はエマニュエル・ゴールデンベルク。Gとはゴールデンベルクだった。▽エドワード・テラー(1908-2003)Edward Tellerはハンガリー出身の核物理学者で「水爆の父」と呼ばれる。▽エドワード・テイラー(1642-1729)Edward Taylor アメリカの牧師・詩人。▽19世紀の小説家エミール・ガボリオは「ルコック探偵」などフランス第一の大衆的人気作家となり、今日の大衆文学の源流のひとつといえる。▽「エライジャ・クレイグ」1738-1808。アメリカのバブテスト派の牧師。1789年バーボンウイスキーを最初に製造したことで知られる。▽「エリアス・カネッティ」(1905-1994)ブルガリアのユダヤ系小説家。代表作「眩暈」「群衆と権力」。1981年ノーベル文学賞。▽「エル・ファニング」米国女優。ダコタ・ファニングの妹。「メアリーの総て」▽「エルマンノ・ヴォルフ・フェラーリ」はイタリアの作曲家。喜歌劇の多くは今日あまり演奏されないが、「マドンナの宝石」間奏曲はよく知られる。

エアハルト・エッツラウプ
エイヴィンド・ユーンソン
エイダ・ラブレス
エイナル・ヘンリー・ゲルハルセン
エウジェーニオ・モンターレ
エウセビウス・ソポロニウス・ヒエロニムス
エヴァ・アウリン
エヴァ・グリーン
エーヴァ・マグダレナ・アンデション
エヴァ・メンデス
エヴァ・ロンゴリア
エヴァリスト・ガロア
エヴァン・レーチェルウッド
エヴァンジェリスタ・トリチェリ
エウゲニウス3世
エウジェーニオ・モンターレ
エヴリヤ・チェレビー
エクトール・アンリ・マロ
エクトール・ギマール
エゴン・シーレ
エスコ・アホ
エスター・ウィリアムズ
エスター・ラルストン
エストラーダ・カブレラ
エズラ・ルーミス・パウンド
エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲル
エディー・アルバート
エディー・タウンゼント
エディー・フィッシャー
エディー・マーフィー
エディー・レッドメーン
エティエンヌ・カルジャ
エティエンヌ・マルセル
エティエンヌ・ピヴォール・ド・セナンクール
エティエンヌ・ブーオ
エティエンヌ・ルイ・アルチュール・ファロー
エディット・ピアフ
エド・ウェストウィック
エド・サリバン
エド・シーラン
エド・ハリス
エドヴァルド・ハーゲルッブ・グリーグ
エドゥアルト・トゥルナイゼン
エドゥアルト・ベルンシュタイン
エドヴァルト・ムンク
エドウィージュ・フイエール
エドウィン・アボット・アボット
エドウィン・アームストロング
エドウィン・ハッブル
エドウィン・フォレスト
エドウィン・ライシャワー
エドゥアルド・ウスベンスキー
エドゥアール・ダラディエ
エドゥアール・ミシュラン
エドゥワール・マネ
エドガー・エイドリアン
エドガー・アラン・ポー
エドガー・ドガ
エドガー・ライス・バローズ
エドガートン・ハーバート・ノーマン
エードリアン・ブロディー
エドアルド・キヨッソーネ
エドアルド・シェワルナゼ
エドアルト・フリードリヒ・メーリケ
エドアルト・メーリケ
エドナ・パーヴァイアンス
エドマンド・カートライト
エドマンド・キーン
エドマンド・スペンサー
エドマンド・バーク
エドムンド・ウィリアム・ロス
エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール
エドモン・ロスタン
エドモント・カートライト
エドモンド・デ・アミーチス
エドモンド・ハレー
エドワード4世
エドワード6世
エドワード・アップルトン
エドワード・アーノルド
エドワード・アレキサンダー・ウェスターマーク
エドワード・R・マロー
エドワード・イシンバエワ
エドワード・ウィッテン
エドワード・ウィンパー
エドワード・エルガー
エドワード・オールビー
エドワード・ギボン
エドワード・クック
エドワード・G・サイデンステッカー
エドワード・G・ロビンソン
エドワード・サイード
エドワード懺悔王
エドワード・ジェームス・オルモス
エドワード・ジェンナー
エドワード・シルベスター・モース
エドワード・ズウィック
エドワード・スタイケン
エドワード・スノーデン
エドワード・ソーンダイク
エドワード・テイラー(詩人)
エドワード・デボノ
エドワード・テラー
エドワード・ドミトリク
エドワード・ノートン
エドワード・バーンズ
エドワード・ヒース
エドワード・ファーロング
エドワード・フォックス
エドワード・フォーブス
エドワード・ホッパー
エドワード・ベレゴー
エドワード・モンタギュ
エドワルド・ハーゲルーブ・グリーグ
エバ・ガードナー
エバ・マリー・セイント
エバリスト・ガロア
エフィミー・ヴァーシリエヴィチ・プチャーチン
エフィム・プチャーチン
エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プリマコフ
エフゲニー・ムラヴィンスキー
エフゲニア・メドベージェワ
F・マーレー・エイブラハム
エフモント伯ラモラル
エフレム・ジンバリスト JR
エマ・ストーン
エマ・チャンバース
エマ・トンプスン
エマ・マッキー
エマ・ロバーツ
エマ・ワトソン
エマニュエル・アルサン
エマニュエル・ウンガロ
エマニュエル・ジョゼフ・シエイエス
エマニュエル・セイナー
エマニュエル・ド・クルーシー
エマニュエル・ベアール
エマニュエル・マクロン
エマニュエル・リバ
エマヌエル・デ・ウィッテ
エミ―・ロッサム
エーミー・アーヴィング
エーミー・アダムズ
エーミー・マディガン
エーミー・ロケイン
エミリア・クラーク
エミリア・フォックス
エミリアーノ・サパタ
エミリー・タラコウスキー
エミリー・デュ・シャトレ
エミリー・ドゥケンヌ
エミリー・ブラント
エミリー・ブロンテ
エミリー・ロイド
エミリー・ロッダ
エミリー・ワトソン
エミリオ・アギナルド
エミリオ・エステヴェス
エミール・アドルフ・フォン・ベーリング
エミール・アントワーヌ・ブールデル
エミール・ガボリオ
エミール・ガレ
エミール・クストリッツァ
エミール・ザトペック
エミール・テオドール・コッハー
エミール・デュルケーム
エミール・ハーシュ
エミール・ブルンナー
エミール・ベーリング
エミール・ヤニングス
M・ナイト・シャマラン
エラ・フィッツジェラルド
エライジャ・クレイグ
エラリー・クイーン
エラリー・チャン
エリア・カザン
エリアス・カネッティ
エリアス・ハウ
エリアス・リョンロート
エリウド・キプチョゲ
エリオ・ディルボ
エリオット・グールド
エリサ・ランディ
エリザベス・ヴァイニング
エリザベス・ウォーレン
エリザベス・オルセン
エリザベス・シュー
エリザベス・テーラー
エリザベス・パーキンス
エリザベス・バークレー
エリザベス・ハーリー
エリザベス・バンクス
エリザベス・ブラックウェル
エリザベス・ボウエン
エリザベス・マクガバン
エリザベス・モンゴメリー
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エリザベータ・ボヤルスカヤ
エリシャ・オーチス
エリック・クラプトン
エリック・サティ
エリック・ストルツ
エリック・バーナ
エリック・ロメール
エリナー・パーカー
エーリヒ・ケストナー
エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム
エーリヒ・フォン・シュトロハイム
エーリヒ・フロム
エーリヒ・ヘッケル
エーリヒ・ホフマン
エーリヒ・ホーネッカー
エーリヒ・マリア・レマルク
エリファレット・レミントン
エル・グレコ
エル・ファニング
エルヴィス・プレスリー
エルヴィン・シュレディンガー
エルヴィン・フォン・ベルツ
エルヴィン・ロンメル
エルケ・ソマー
エルザ・スキャバレッリ
エルザ・マルティネッリ
エル・シド
エルズワース・ハンティントン
エルダル・シェンゲラーヤ
エルデール・イレネー・デュポン
エルナン・コルテス
エルノー・ルービック
エルバン・ルヴェリエ
エルビス・プレスリー
エルマー・バーンスタイン
エルマンノ・ヴォルフ・フェラーリ
エルマンノ・オルミ
エル・リンツキー
エルンスト・アッベ
エルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス
エルンスト・エンゲル
エルンスト・カッシーラー
エルンスト・ギデオン・フォン・ラウドン
エルンスト・クレッチマー
エルンスト・ブロッホ
エルンスト・ベルンハイム
エルンスト・ユンガー
エルンスト・ルスカ
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エルンスト・ルビッチ
エレイン・ローブル・カニグズバーグ
エレオノーラ・ロッシ・ドラーゴ
エレン・バーキン
エレノア・ルーズベルト
エレン・バーンスティン
エレン・ページ
エロール・フリン
エンヴェル・ホッジャ
エンゲルベルト・ケンペル
エンゲルベルト・フンパーディンク
エンツォ・アンゼルモ・フェラーリ
エンリケ航海王子
エンリケ・ボラニョス
エンリコ・カルーソ
エンリコ・ダルガス
エンリコ・フェルミ

 

 

2022年12月31日 (土)

ご冥福をお祈りいたします

 2022年も残すところあとわずかとなlりました。今年も新型コロナの猛威が続き多くの命が奪われた。また災害や事故など不慮によって亡くなられた方々も多くいる。謹んでご冥福をお祈りいたします。テレビ朝日の「徹子の部屋」も年末恒例となった追悼特集。今年お亡くなりになった方々をありし日の映像で振り返る。9月27日午後、日本武道館で安倍晋三元首相の国葬が行われた。海外からは218の国と地域・機関の約700人の要人が出席した。国内からは約3600人が参列した。それにしても安倍晋三、エリザベス女王、ゴルバチョフ、三遊亭円楽、アントニオ猪木、仲本工事、村田兆治と・・・2022年は、有名人も多数亡くなられ、ことのほか悲しい年となった。われわれの生まれ方は1つだが、死に方はさまざまである。死はある日、突然にやってくる。予期せぬ死に方で多いのは、転倒や転落、航空機や車などの交通事故死。通り魔に刺殺されることや銃撃されることもある。歩行中に鉄パイプが落下したり、熱中症で死んだり、遊泳中に鮫に襲撃されたり、落雷に遭ったりする。生きているものすべては、常に死の恐怖と隣り合わせである。とにかく何もしないことが一番である。 

 スペインのオペラ歌手テレサ・ベルガンサさんが5月13日に死去した。享年89歳。数多いレパートリーの中でもカルメンが代名詞として名高い。1977年にエディンバラ音楽祭で初めて披露した。訃報記事を書いていると、次々に訃報が飛び込む。▽3月5日、俳優・志垣太郎さんが死去。70歳。▽6月11日に松平直樹さんが肺炎で亡くなった。88歳。1959年和田弘とマヒナスターズは「誰よりも君を愛す」で第二回日本レコード大賞を受賞している。▽フランスの俳優ジャン・ルイ・トランティニャンさんが17日死去した。91歳だった。クロード・ルルーシュ監督の「男と女」(1966年)は代表作である。▽「ボヘミアン」で知られる女性ロックシンガー葛城ユキさんが6月27日病気のため死去した。昔のことだがテレビで芸能人の運動会を見ていたら、葛城ユキさんが走り高跳びで優勝されたことを鮮明に記憶している。番組は石川秀美などのアイドル中心で、若手の歌手が活躍するほうが番組的には視聴率がよかったのだろうが、ロック歌手がガチで勝負したのが気持ちよかった。そのことはネットでは確認できなかった。ただし葛城さんはバレーボール選手で国体に出場経験があるスポーツ少女で芸能人相手の競技で勝つのはたやすい事だろう。▽「水戸黄門」などで知られる俳優の佐野浅夫さんが6月28日、老衰のため京都市内の自宅で死去した。96歳だった。

7月▽人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」や「家政婦は見た!」などで知られる名わき役、野村昭子さんが7月1日、自宅で倒れているのを親族が発見した。死因は熱中症と思われる。95歳だった。映画デビューは左幸子主演の「思春の泉」(1953年)。岩崎加根子さんは俳優座養成所第1期生の同期。▽台湾の歌手ミウ・チュウ(朱俐静)さんが3日、病気のため死去した。40歳だった。代表曲には「存在的力量」「一千万次的涙水」「我会在称身辺」などがある。▽4日、シンガーソングライターの山本コータローさんが、脳内出血で死去した。72歳だった。代表作「走れコウタロー」「岬めぐり」。▽6日、「遊戯王」で知られる漫画家、高橋和希さんの損傷した遺体が、沖縄県名護市沖で発見された。シュノーケリング中の事故死と思われる。60歳だった。▽6日、ハリウッドの俳優、ジェームズ・カーンさんが死去した。「ゴッドファーザー」では悲劇的な最期を遂げる長男ソニー役で知られ、ほかに「シンデレラ・リバティー」「ローラー・ボール」「ミザリー」などがある。82歳だった。▽安倍晋三元首相が8日、参院選遊説先の奈良市で演説中に銃撃を受け死去した。その動機であるが、銃撃容疑者の家庭は母親が宗教にのめりこみ破産したという。この団体を国内に広めたのが安倍氏だと思い込み、恨んでいた。安倍氏の戦後レジームや憲法改正などの政治信条に対するテロではないと供述しているが、安倍政権が国民を騙してきた真実が明るみに出る結果となる。(この記事は進行中のため書きかけです)。▽12日、東京都内の病院で石川忠久さんが死去した。NHK漢詩番組で知られた中国文学者。90歳だった。▽16日、元横綱2代目若乃花の下山勝則さんが死去した。69歳だった。幕内優勝4回。▽21日、考古学者の大塚初重さんが、肺炎のため死去した。95歳だった。▽24日、英国の俳優デビッド・ワーナーさんががんで死去した。80歳だった。「オーメン」や「タイタニック」に出演した。▽バイオリニストの佐藤陽子さんが肝臓がんのため死亡した。72歳だった。池田満寿夫さんのパートナーとしても知られた。▽25日、女優の島田陽子さんが、都内の病院で死去した。69歳だった。国際派女優として活躍した。▽26日、元大蔵省事務次官の吉野良彦さんが死去。91歳だった。竹下内閣の下で89年4月に消費税が導入される道筋を付けた。▽31日、フィリピンの元大統領フィデル・バルテス・ラモスさんが死去した。94歳だった。1986年、エドゥサ革命で政権崩壊に貢献した。

8月▽8月1日、早稲田大学教授の川岸令和さんが死去。60歳だった。「知る権利」や「学習の自由」など憲法学を基盤にした論稿が多い。▽1日、市田ひろみさんが死去。90歳だった。大映の専属女優から服飾評論家に転向し、テレビ・著作などで活躍した。▽5日、ファッション・デザイナーの三宅一生さんが肝細胞がんで死去した。84歳だった。▽5日、ブラジルで中林順さんが多臓器がんのため死去した。76歳だった。ブラジル労働党(PT)の創立者の一人。▽7日、米匡の作家、歴史家のデビッド・マカレールさんが死去した。89歳だった。「ジョンズタウン洪水」「ブルックリン橋」「パナマ運河」「セルジア・ルーズベルト」「ライト兄弟」などの伝記などの著作が多数ある。▽7日、米国の俳優ロジャー・E・モズレーさんが死去した。83歳だった。「私立探偵マグナム」「ラブボート」「刑事スタスキーハッチ」「刑事コジャック」などテレビ作品が多数ある。▽6日、作家の青木新門さんが死去。85歳だった。葬儀屋での体験をもとにして書かれた「納棺夫日記」(1993)がベストセラーとなる。▽8日、オーストラリアの歌手・女優のオリビア・ニュートン・ジョンさんが死亡した。73歳だった。代表曲「ジョリーン」「カントリーロード」「そよ風と誘惑」「グリース」「ザナドゥ」など。「知性と美貌の歌姫」といわれたが、イルカ問題で来日を拒否したこともある。▽8日、精神科医の中井久夫さんが死去した。88歳だった。「兵庫県こころのケアセンター」の設立に尽力したり、ギリシアの詩人「カヴァフィス全詩集」などを出版した。▽9日、英国のイラストレーター、レイモンド・ブリッジズさんが死亡した。88歳だった。「さむがりやのサンタ」「スノーマン」「風が吹くとき」。▽9日、英国の作家ニコラス・エヴァンズさんが心臓発作のため死亡した。72歳だった。「モンタナの風に抱かれて」(1995)は映画化もされた。▽11日、ファッションデザイナーの森英恵さんが老衰で死亡した。96歳だった。1996年にはファッション界で初の文化勲章を受章している。▽12日、アメリカ女優のアン・ヘッシュさんがロサンゼルスで交通事故で死去した。53歳だった。「6デイズ/7ナイツ」「フェイク」「ラストサマー」などの映画に出演。▽12日、ウォルフガング・ペーターゼン監督が膵臓がんで死去した。81歳。「U・ボート」「エアフォース・ワン」▽14日、漫画家の牧野圭一さんが胃がんのため死去した。84歳。街の薬屋さんの店頭にある小象「サトコちゃん」のデザインなど漫画文化の普及に広く活躍した。▽15日、報道写真家の笹本恒子さんが老衰のため死去した。107歳だった。▽21日、演歌歌手の新川二郎さんが死去した。82歳だった。東京五輪が開催した64年、「東京の灯よいつまでも」がヒットした。▽劇団四季の久野綾希子さんが乳がんで死去した。71歳だった。「キャッツ」「ウエストサイド物語」舞台だけでなくテレビのサスペンス物のヒロインだった。▽23日、古谷一行さんが死去した。78歳だった。代表作に「探偵・金田一耕助シリーズ」「失楽園」、2時間サスペンスドラマ多数ある。▽24日、京セラの稲森和夫さんが死去した。90歳だった。▽27日、落語家の三遊亭金翁さんが死去した。93歳だった。小金馬、4代目金馬として知られ、テレビ番組「お笑い3人組」や「ミスター・エド」の吹替えで人気者だった。▽28日、芸能レポーターの前田忠明さんが死去した。81歳。梨本勝さんとともにお茶の間にも親しまれた。▽30日、元ソ連の大統領ミハイル・セルゲーヴィチ・ゴルバチョフさんが病気で死去した。91歳だった。▽30日、歌手の三條町子が老衰のため死去した。97歳だった。「かりそめの恋」がヒットした。

9月▽9月5日、歌手おおたか清流さんが病気のため死去した。69歳だった。喜納昌吉さんの曲をカバーした「花」などで知られた。▽8日、英王エリザベス女王が死去した。96歳。在位70年は、神武天皇の76年、フランスのルイ14世の72年に次で、史上3番目の長さであった。▽10日、アメリカの写真家ウィリアム・クラインさんがパリで死去した。96歳。▽11日、スペインの作家ハビエル・マリアスさんが肺炎のため死去した。70歳だった。代表作「すべての魂」「白い心臓」。▽12日、ジャズ・ピアニストのラムゼイ・ルイスさんが死去した。87歳だった。65年のアルバム「ジ・イン・クラウド」が大ヒットし、グラミー賞を獲得する。▽作家の宮沢章夫さんがうっ血性心不全で死去した。65歳だった。著書に「時間のかかる読書」「わからなくなってきました」など。▽13日、映画監督ジャン・リック・ゴダールさんが死去した。91歳だった。1959年に「勝手にしゃがれ」を発表し、ヌーヴェルバーグを牽引する監督して脚光を浴びた。▽13日、東洋フライ級の王者プロボクサー矢尾板貞雄さんが小脳出血のため死去した。86歳だった。▽14日、ギリシャの女優イレーネ・パパスさんが死去した。93歳だった。「ナバロンの要塞」「その男ゾルバ」で国際的名声を得た。▽16日、作曲家の彩木雅夫さんが肺炎のため死去した。89歳だった。「花と蝶」「長崎は今日も雨だった」「なみだの操」「夫婦鏡」など200曲以上を作曲した。▽16日、俳優の梶田冬磨さんが急逝した。22歳だった。「恋する週末ホームステイ」などに出演した。▽17日、韓国の歌手パク・ジョンウンさんが肝硬変のため死去した。57歳だった。「今日みたいな夜は」(1991年)などのヒット曲を残した。▽17日、漫画家の石井いさみさんが急性心不全で死去した。80歳。「750ライダ―」で知られる。▽22日、イギリスの作家ヒラリー・マンテルさんが死去した。70歳だった。「ウルフ・ホール」「罪人を召し出せ」でブッカー賞を受賞した。▽23日、アメリカ女優ルイーズ・フレッチャーさんが死去した。88歳だった。「カッコーの巣の上で」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した。▽24日、ジャズ・サックス奏者ファラオ・サンダースさんが死去。81歳。代表作は「ザ・クリエイター・はず・ア・マスター・プラン」(69年)など。▽25日、プロ野球西鉄ライオンズの投手、池永正明さんが癌で死去した。76歳。1970年「黒い霧事件」で永久失格処分を受けたが、2005年に解除されて復権した。▽26日、ノンフィクション作家の佐野真一さんが肺癌のため死去した。76歳だった。「旅する巨人」「東電OL殺人事件」など。▽27日、将棋の有吉道夫さんが誤嚥性肺炎のため死去した。87歳だった。攻めの棋風で「火の玉流」と呼ばれた。▽27日、俳優の江原真二郎さんが死去した。85歳。映画「米」「純愛物語」。▽28日、元新党さきがけ代表、武村正義さんが死去した。88歳だった。1993年の非自民連立による細川護熙政権の誕生に貢献した。▽29日、絵本画家の山脇百合子さんが死去した。80歳。姉の中川李枝子さんとの共作の絵本シリーズ「ぐりとぐら」のイラストで広く知られている。▽30日、落語家の三遊亭円楽さんが死去した。72歳だった。日本テレビの「笑点」の大喜利メンバーとしてお茶の間の人気者だった。▽評論家の渡邊みどりさんが自宅で死去した。88歳だった。皇室報道など60余年にわたり活躍した。

10月1日、「燃える闘魂」のうたい文句で人気があった元プロレスラーのアントニオ猪木さんが心不全で死去した。79歳だった。1976年、ボクシングのモハメド・アリーとの格闘戦は注目を浴びた。▽2日、漫画家のかざま鋭二さんが膵臓がんのため死去した。75歳だった。ゴルフ漫画「風の大地」など。▽4日、カントリー歌手ロレッタ・リンさんが死去した。90歳だった。「コール・マイナーズ・ドーター」などヒット。1980年に「歌え!ロレッタ愛のために」が伝記映画化された。▽4日、1951年のボストンマラソンで日本人初優勝を果たした田中茂樹さんがせ心不全などのため死去した。91歳だった。▽7日、作曲家でピアニストの一柳慧さんが死亡した。89歳だった。代表作は交響曲「ベルリン漣詩」、オペラ「愛の白夜」など。オノ・ヨーコさんは最初の妻だった。▽8日、女優の松原千明さんがハワイで死去した。64歳没。▽8日、プロ野球選手・藤尾茂さんが死去した。巨人の捕手として活躍した。▽11日、女優のアンジェラ・ランズベリーさんがロサンゼルスの自宅で死去した。96歳。初の映画出演作「ガス燈」でアカデミー助演女優賞にノミネートされている。テレビシリーズ「ジェシカおばさんの事件簿」では主役を演じ、人気を博した。▽12日、淡路島のわらび餅の移動販売業、川西俊一さんが老衰で死去した。102歳。タイガースと阿波踊りをこよなく愛した。▽12日、沖縄のラジオパーソナリティー比嘉美由紀さん、急性白血病のため死去した。46歳だった。FMよみたんの情報番組などを担当した。▽14日、俳優ロビー・コルトレーンさんが死去した。72歳。ハリー・ポッターシリーズ8作品全てに出演した。▽15日、ハイチの歌手ミカベン(本名ミカエル・ベンジャミン)がパリで急死した。41歳だった。▽17日、ドイツ出身の米ピアニスト、マイケル・ボンティーさんが死去した。84歳だった。▽19日、ザ・ドリフターズのメンバーの仲本工事さんが前日に車にはねられ、病院で死去した。81歳だった。「8時だョ!全員集合」で人気を集めた。▽19日、漫画家の永田竹丸さんが老衰のため死去した。88歳没。「トキワ荘」に住んだ漫画家たちとの交流で知られ、初めてスクリーントーンを使ったとされる。▽21日、講道館柔道十段、大沢慶己(おおさわよしみ)さんが死去した。96歳だった。小柄ながら、体重無差別の大会で活躍し、その軽快な身のこなしから「今牛若丸」と呼ばれた。▽26日、文化人類学者の小山修三さんが肺炎のため死去した。83歳没。国立民族学博物館、吹田市立博物館を務めた。▽27日、撮影監督の金宇満司(かなうみつじ)さんが死去した。89歳。主な作品に「黒部の太陽」「サンダ館八番娼館 望郷」テレビドラマ「大都会」「西部警察」など。▽28日、米国歌手のジェリー・リー・ルイスが死去した。87歳没。「火の玉ロック」など数々のヒット曲を世に送り出した。▽28日、漫才師の酒井くにおさんが死去した。74歳没。▽31日、経済学者の小宮隆太郎さんが老衰で死去された。93歳だった。高度成長の分析で優れた研究業績を残す。著作「戦後日本の経済成長」「現代日本経済研究」。

11月1日。作曲家の普久原克恒勇さんが死去した。89歳没。代表作「芭蕉布」。▽2日、元福音館書店の社長、松居直さんが老衰のため死去した。96歳没。戦後、児童文学の発展に貢献した。▽4日、作詞家の松本一起さんが死去した。73歳没。80年代アイドル全盛期にヒットチャートを席捲した。代表作「急いで!初恋」(早見優)、「ジプシー・クイーン」(中森明菜)など。▽5日、米歌手アーロン・カーターさんが死去した。34歳没。アルバム「アーロンズ・パーティ」は3000万枚を超えるヒットとなった。▽9日、ブラジルの歌手ガル・コスタさんが死去した。77歳没。代表曲「ベイビー」など。▽11日、プロ野球選手、村田兆治さんが自宅火災で死去した。72歳没。オーバースローで、鉞を打ち下ろす豪快なフォームから、「マサカリ投法」の異名をとった。通算215勝。▽12日、写真家の芳賀日出男さんが死去した。101歳。日本各地の祭りを撮影した。著「日本の民俗」など。▽12日、映画監督の大森一樹さんが死去した。70歳没。「ヒポクラテスたち」「風の歌を聴け」「恋する女たち」など80年代森田芳光、相米慎二らと共に若い映画監督の旗手と呼ばれた。▽16日、バレーボール女子のイザベル・ザルガドさんが死去した。62歳没。ブラジル女子バレー界の第一人者で、日本リーグにも在籍した。▽24日、作家の佐川一政さんが死去した。73歳。パリ人肉事件(1981年)の犯人として知られる。▽24日、文芸評論家の樋口覚さんが死去した。74歳。著書「三絃の誘惑 近代日本精神史」など。▽25日、歌手のアイリーン・キャラさんが死去した。63歳没。1983年「フラッシュ・ダンス」の主題曲を歌い大ヒットした。▽27日、映画監督の崔洋一さんが死去した。73歳。「月はどっちに出ている」「血と骨」など在日コリアンの物語をリアルに描いた作品で知られる。▽28日、俳優の渡辺徹さんが死去した。61歳。「太陽にほえろ!」でデビュー。妻は榊原郁恵。▽30日、江沢民・元国家主席が死去した。96歳。共産党では毛沢東、鄧小平に続く世代の最高指導者だった。中国の高速経済成長を成し遂げた。

12月1日。フランスの俳優ミレーヌ・ドモンジョさんがパリの病院で死去した。1950年代から活躍し、「サレムの魔女」「お嬢さんお手やわらかに」「上と下」など。日本でも人気が高く、アニメ「ヤッターマン」のドロンジョ様は彼女がモデルといわれる。▽6日、仏文学者の山田兼士さんが死去した。69歳。著書「ボードレール パリの憂鬱論」など。▽6日、歌手の水木一郎さんが肺がんのため死去した。「マジンガーZ」「バビル2世」などアニメソングの帝王と呼ばれた。▽8日、映画監督の吉田喜重さんが死去した。89歳。代表作「秋津温泉」「戒厳令」「エロス+虐殺」。▽10日、俳優の佐藤蛾次郎さんが死去した。78歳。映画「男はつらいよ」で車寅次の弟分源吉を務めた。▽11日、女優の藤山陽子さんが死去した。80歳。若大将シリーズではスミちゃんのライバル役だった。▽12日、漫画家の桜多吾作さんが肺炎のため死去した。74歳。代表作「釣りバカ大将」。▽14日、漫画家の御厨さと美さんが死去した。74歳だった。代表作「裂けた旅券」「イカロスの娘」。▽14日、バンドCCBのドラマー・笠浩二さんが死去した。60歳。1985年「Romanticが止まらない」が大ヒットした。▽18日、俳優の仲田育史さんが急死した。47歳という若さだった。舞台「親父の記憶」の公演中に倒れ、救急搬送されたが帰らぬ人となった。映画「フラガール」「さくらん」「勝手にふるえてろ」にも出演している。▽19日、イギリスの歌手テリー・ホールが死去した。63歳。英バンド「ザ・スペシャルズ」のメンバーで、「ギャングスターズ」(79年)は伝説の名作とされる。▽19日、漫才師の新山ノリローさんが死去した。86歳。テレビ草創期、新山ノリロー・トリローとして活躍した。▽20日、女優あき竹城さんが死去。75歳。明るいキャラクターと山形弁で知られた。映画「楢山節考」。▽21日、タレントの高見知佳さんが死去した。60歳。▽米国音楽プロデューサーのトム・ペル(トーマス・ランドルフ)さんが死去した。79歳。スタイリスティックスの「愛がすべて」(1975年)などが広く知られる。▽23日、英歌手のマキシ・ジャズさんが死去した。65歳。1995年、電子音楽バンド「フェイスレス」を結成し、ダンス音楽で知られた。▽25日、歴史家の渡辺京二さん死去した。92歳。著書「逝きし世の面影」「黒船前夜」。▽25日、フランス文学者の篠田浩一郎さんが老衰で死去した。94歳。「ロラン・バルト 世界の解読」文芸評論家としても活躍した。「小説はいかに書かれたか」。▽26日、女優の絵沢萌子さんが老衰で死去した。83歳。「濡れた唇」「月はどっちに出ている」。▽28日、建築家の磯崎新さんが死去した。91歳。代表作「北九州市立美術館」「ロサンゼルス現代美術館」▽29日、サッカーの元ブラジル代表ペレさんがサンパウロで死去した。82歳。▽28日、天体写真家の藤井旭さんが死去した。81歳。著書「星になつたチロ」。▽29日、英ファッション・デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドさんがロンドンで死去した。81歳。▽30日、ジャーナリストの矢崎泰久さんが死去した。89歳。元「話の特集」編集長。▽31日、民俗芸能研究家の山崎一司さんが死去した。83歳。著書「隠れ里の祭り」「失われた祭り」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年12月23日 (金)

有名人になる前の職業

Chuckconnorsdodgers  ウクライナの大統領ゼレンスキーは政治家になる前、俳優でありコメディアンだった。菅義偉は18歳で秋田の田舎から上京して板橋の段ボール工場に2年間住み込みで働いた。全世界の元首の経歴を見回してみてもゼレンスキーや菅のようにゼロから身を起こした例は少ない。歴史上、豊臣秀吉、漢の劉邦、朱元璋くらいか。そこで著名人の前歴を調べよう。「独眼竜政宗」で知られる脚本家ジェームズ三木は若い頃、レコード歌手だった。陶芸家の北大路魯山人は帝国生命保険のサラリーマン。「有楽町で逢いましょう」フランク永井はトレーラー運転手、三橋美智也は温泉のボイラーマン。料理研究家平野レミはシャンソン歌手。村上春樹は作家になる前はジャズ喫茶の経営者だった。タレント友近は松山で旅館の仲居をしていた。おのののかは野球場のビール販売員。壇蜜は葬儀屋の社員。演歌歌手の羽山みずきは出羽三山神社の巫女。建築家の安藤忠雄はプロボクサー。竹内力は銀行員。「純烈」の白川裕二郎は大相撲の力士だった。「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンはチヂミの行商人。

   ハリウッド・スターの前歴は多彩である。男優はフットボール、プロレス、ボクシングなどスポーツ関係が多い。ジョン・ウェイン、リチャード・ウィードマークはフットボールの選手だった。「ライフルマン」のチャック・コナーズは大リーガー。身長は2m2㎝もある。カーク・ダグラスは本名をハサー・デニロビッチ・デムスキーといい、貧しいロシア移民の子で、売れない時代プロレスラーだった。ウディ・ストロードもプロレスラー。ラフ・ヴァローネはトリノ大学時代、国際的なサッカーの選手として鳴らしていた。ロバート・ライアン、ジャック・バランス、リノ・ヴァンチュラはプロ・ボクサー、マイケル・ランドンは槍投げ。ユル・ブリンナーは空中ぶらんこ。ピーター・オトゥール、アラン・ラッド、コーネル・ワイルドは新聞記者。リチャード・ベースハート、ロナルド・レーガンはラジオのアナウンサー。マルチェロ・マストロヤンニは家具職人。ハリソン・フォードは端役で映画に出るが大成せず、一時は大工をしていた。

 

600fullgregorypeck   ロック・ハドソンは郵便配達夫。ショーン・コネリーは棺桶みがき。ロバート・レッドフォードは画家志望。グレゴリー・ペック(画像)は学生時代ボート部に在籍していたが1938年のレガッタに出場して背中を痛めたため兵役を免除された。出征で男優がいなくなっていた映画会社からハンサムなペックが注目されてスターの道を歩む。最近では「ハムナプトラ2」「スコーピオン・キング」のザ・ロックのように映画俳優の合間にプロレスを続けてやっているスターもでている。「エド・サリバンショー」テレビのバラエティショーの司会者エド・サリバンはスポーツ新聞の記者だった。ロサンゼルス市警の刑事コロンボ役で世界的スターになったピーター・フォーク。実際はインテリで高学歴。名門シュラキューズ大学院で行政学の修士号を得て官庁に勤務していたが、演劇に興味を覚えて俳優を志した。

 

 

2022年12月15日 (木)

「い」 ファースト・ネームから引く人名一覧

600fullirinademick   「い」から始まる英語圏の外国人名は少ない。「ドリナの橋」で知られるイヴォ・アンドリッチはユーゴスラビアを代表するノーベル賞作家。▽「史上最大の作戦」のイリナ・デミック(画像)フランス女優だが、実はロシア人。イ・ビョンホン、イ・ヨンエなど韓国姓「李」は大数なので省く。▽「イエジ―・カヴァロヴィッチ」ポーランドの映画監督。代表作「影」「夜行列車」「尼僧ヨアンナ」1922-2007。▽「イーゴリ1世」865-945。キエフ公国の大公。▽「イレネウス・アイブル・アイベスフェルト」1928年オーストリア生まれの動物行動学者。

E・G・マーシャル
イアン・ソープ
イアン・フレミング
イアン・ホルム
イアン・マキューアン
イアン・マッケラン
イヴ・クライン
イヴ・モンタン
イヴァン・モジュヒン
イヴォ・アンドリッチ
イヴォンヌ・ジョルジュ
イヴォンヌ・ストラホフスキー
イヴォンヌ・プランタン
イーヴリン・アンダーヒル
イーヴリン・ウォー
イヴリン・ヴェネブル
イヴリン・ブレント
イエジ・J・ヴィアトル
イエジ―・アンジェイエフスキー
イエジー・カヴァロヴィッチ
イオアニス・メタクサス
イオアニス・ラリス
イオアン・ヴェニアミノフ
イオセブ・ベサリオニス・ジュ・ジュガシヴィリ(スターリン)
イグナツィ・ヤン・パデレフスキー
イグナティウス・デ・ロヨラ
イクノ・アムラク
イーゴリ1世
イーゴリ・ストラヴィンスキー
イゴール・タム
イサイアス・アフェウェルキ
イサーク・バーベリ
イサドラ・ダンカン
イザベラ・デステ
イザベラ・バード
イザベラ・ロッセリーニ
イザベル・アジャニー
イザベル・ユペール
イーサン・ホーク
イスマーイール・パシャ
イスメト・イノニュ
イズライル・ゲルファント
イタリア・アルミランテ・マンツィーニ
イタロ・ズヴェーヴォ
イーデス・ハンソン
イーデス・シットウェル
イナ・バウアー
イナマ・シュテルネック
イビチャ・オシム
イブン・アラビー
イブン・アル・ハイサム
イブン・サウード
イブン・シーナー
イブン・ハズム
イブン・バットゥータ
イブン・ハルドゥーン
イブン・ファドラーン
イブン・マイムーン
イブン・マージド
イブン・ルシュド
イベット・ジロー
イベンダー・ホリフィールド
イポリット・テーヌ
イポリット・プティジャン
イメルダ・マルコス
イーライ・ウォラック
イライザ・タルカット
イライザ・ドゥシュク
イライジャー・ウッド
イリア・カザン
イリア・トラベルグ
イリエール・ジェルマン・エドガー・ドガ
イリナ・デミック
イリヤ・エフィーモヴィチ・レーピン
イリヤ・グリゴリエビッチ・エレンブルク
イリヤ・フランク
イレーヌ・ジャコブ
イレーヌ・ジョリオ・キュリー
イレーネ・パパス
イレネウス・アイブル=アイベスフェルト
イワン・アイワゾーフスキー
イワン・ゴンチャロフ
イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ
イワン・ニコラーイェヴィチ・クラムスコイ
イワン・パブロフ
イワン・ピエトロビッチ・パブロフ
イワン・プイリエフ
インガー・スティーブンス
インキジノフ
イングマール・ベルイマン
イングリッド・クリスチャンセン
イングリッド・バーグマン
インディラ・ガンディー
インノケンティウス3世
インノケンティウス4世
インラック・シナワトラ

 

Evelyntorchlookalike
 イヴリン・ヴェネブル

 

 

2022年12月 7日 (水)

有名人の戒名

Bagpgv8ceail7qk   戒名・法名を眺めていると、故人の生き様、思想、人柄、社会的業績を垣間見ることができる。長い戒名は、無念の思いが現れている。例えば、浅野長矩の戒名は長い。「冷光院殿前少府朝散太夫吹毛玄利大居士」。凶弾で路上に倒れた安倍晋三さんの戒名は「紫雲院殿政誉清浄晋寿大居士」。

   だが最近は葬式もせず、骨を散骨することを希望する人も増えた。志賀直哉も無宗教で戒名はない。白洲次郎も「葬式無用、戒名不要」と遺言した。石原慎太郎は「戒名不要」と遺言したが、結局盛大な葬儀で戒名がつけられた。

落語家の立川談志は生前から自ら戒名を考えていた。立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)。ところが納骨のさい「うんこくさい(雲黒斎)では引き取れない」とお寺に断られた。1年以上も自宅に置かれたままだったが、数年してようやく小石川に受け入れてくれるお寺がみつかった。お墓の側面にはあの戒名が刻まれている。

戒名中には、辞典にも見られない漢字も使われることがある。棟方志功の戒名は「華厳院慈航真カイ志功居士」カイは「毎」の下に「水」がある漢字が使われている。

位牌は、宋の時代に儒教・禅宗の中で生前の皇帝に対する皇帝碑として発生し、やがて禅宗の日本への伝播とともに、鎌倉時代から室町時代にかけて上層階級の間で普及した。室町幕府を開いた足利尊氏が、院殿号を最初に用いた人物とされている。江戸時代になって、元禄から享保年間の頃、広く一般化されたものである。(参考:保坂俊司「戒名と日本人」祥伝社)

   有名人の戒名調べるが、坂本竜馬や松尾芭蕉のようにわからない人物もいる。一説によると「芭蕉桃青法子」とあるが信憑性はない。

 

足利尊氏 等持院殿仁山妙義大居士

 

楠木正成 霊光院大圓義龍卍堂

 

武田信玄 法性院機山信玄

 

織田信長 惣見院殿贈大相国一品泰巖尊儀

 

明智光秀 秀岳宗光禅定門

 

豊臣秀吉 国泰裕松院殿霊山俊龍大居士

 

石田三成 江東院正軸因公大禅定門

 

真田幸村 大光院殿月山伝心大居士

 

徳川家康 東照大権現安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士

 

宮本武蔵 新免武蔵居士

 

石川五右衛門 融仙院良岳寿感禅定門

 

新井白石 慈清院殿釈浄覚大居士

 

近松門左衛門 阿耨院穆矣日一具足居士

 

本居宣長 高岳院石上道啓居士

 

小林一茶 釈一茶不審退位

 

二宮尊徳 誠明院功誉報徳中正居士

 

平賀源内 智見霊雄居士

 

田沼意次 隆興院殿耆山良英大居士

 

国定忠治  長岡院法誉花楽居士

 

清水次郎長 碩量軒雄山義海居士

 

高杉晋作  全義院東行暢夫居士

 

近藤勇   貫天院殿純義誠忠大居士

 

土方歳三  歳進院誠山義豊大居士

 

西郷隆盛 南州寺殿徳隆盛大居士

 

勝海舟 大観院殿海舟日安大居士

 

福沢諭吉 大観院独立自尊居士

 

山県有朋 報國院釋高照含雪大居士

 

大隈重信 鳳猷院殿尚憲重信大居士

 

森鷗外   貞献院殿文穆思斎大居士

 

夏目漱石 文献院古道漱石居士

 

国木田独歩 天真院独歩日哲居士

 

板垣退助 邦光院殿賢徳道圓大居士

 

萬鉄五郎  法雅院霊鑑居士

 

芥川龍之介 懿文院龍之介日崇居士

 

岸田劉生 清秀院殿劉誉到岸居士

 

中原中也 南無放光院賢空文心居士

 

与謝野晶子 白桜院鳳翔晶耀大姉

 

山本五十六 大義院殿誠忠長陵大居士

 

東条英機 光寿無量院英機居士

 

吉田茂   叡光院殿徹誉明徳素匯大居士

 

太宰治   文綵院大猷治通居士

 

高村光太郎 光珠院殿顕智照居士

 

谷崎潤一郎 安楽寿院功誉文林徳潤居士

 

石坂洋次郎 一乗院殿隆誉洋潤居士 

 

林家三平  志道院釈誠泰

 

美空ひばり 茲唱院美空曰和清大姉

 

石原裕次郎 陽光院天真寛裕大居士

 

森繁久彌  慈願院釋浄海

 

松本清張  清閑院釈文帳

 

司馬遼太郎 遼望院釋浄定

 

手塚治虫  伯藝院殿覚圓蟲聖大居士

 

三島由紀夫 彰武院文鑑公威居士

 

大鵬    大道院殿忍受練成曰鵬大居士

 

淀川長治  長楽院慈眼玉映大居士

 

植木等    宝楽院釋等照 

 

田村高廣  慈照院俊岳廣道居士

 

宮脇俊三  鉄道院周遊俊妙居士

 

塩月弥栄子 陽和院温光弥栄大師

 

西城秀樹  修音院釈秀樹

 

樹木希林  希鏡啓心大姉

 

石原慎太郎 海陽院文政慎栄居士

 

瀬戸内寂聴 燁文心院大僧正寂聴大法尼

 

安倍晋三 紫雲院殿政誉清浄晋寿大居士

 

三遊亭円楽 泰通圓生上座

 

アントニオ猪木 闘覚院機魂寛道居士

 

 

 

2022年11月30日 (水)

「あ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Ina_claire_by_blood_of_the_dragond4 「広辞苑」「マイ・ペディア」など総合事典の多くの外国人名の配列は、ファミリー・ネーム(日本の姓にあたる)のカナ表記の50音順であるが、本項ではファースト・ネームの50音順で配列した。▽「アアフメス」前16世紀中頃のエジプトの書記官。▽「アイディード」1934-1996。ソマリアの内戦のきっかけを作った人物。▽「アイナ・クレア」 Ina Claire(1893-1985)はアメリカの舞台女優(右画像)。▽「アイベックス」ヤギ属に属する哺乳類の一種。主にアルプス山脈に生息する。▽「アレクサンデル・セウェルス」第24代ローマ皇帝。▽「アインハルト」770?ー840。カール大帝とルートヴィヒ1世の2代に仕えた廷臣。教育者・歴史家。「カール大帝伝」が有名。▽「アーヴィング・バーリン」1888-1981。アメリカを代表する音楽家。代表曲「ホワイト・クリスマス」「ブルー・スカイ」「イースター・パレード」「オールウェイズ」。▽「アダム・ゴットロープ・エーレンシュレーゲル」1779-1850。デンマークの詩人・劇作家。「アラディンまたは魔法のランプ」「北欧詩集」「ハーコン・ヤール」「コレッジョ」。▽「アティージャ」982ー1054。中央チベット仏教の中興の祖。ディーパンカラシュリ―ジュニャーナ Dipankara Srijnana。▽「アニー・エドソン・テイラー」1901年樽に入ってナイアガラ滝を下り、無事生還した女性。▽「アベル・ガンス」フランスの映画監督。代表作「鉄路の白薔薇」。▽「アミルカル・カブラル」1924-1973。アフリカ独立運動の指導者。▽「アムル・イブン・アル=アース」583-664。第二代カリフ・ウマールの将軍で東ローマを破り、ミスル・アル・フスタート(カイロ市)を建設した。▽「アンリ・ミルヌ・エドワード」は1844年潜水服を着て探検した最初の科学者。▽「A・A・ミルン」1882-1956。「クマのプーさん」フルネームはアラン・アレクサンダー・ミルン。▽「アルドゥス・ピウス・マヌティウス」ルネサンス時代の出版人。▽「アル・キンディー」800ころ~870ころ。イスラム哲学者。「知性論」。▽「アルビン・ワード・グールドナー」1920ー1980。アメリカの社会学者。代表作「産業における官僚制」ダイヤモンド社 1954年。▽「アルベルト・エバリスト・ヒナステラ」1916-1983。アルゼンチンの作曲家。代表作はバレエ音楽「エスシア」(1941)。▽「アルベルト・モッセ」1846-1925。ドイツの法学者。明治初期伊藤博文らの招きで来日。憲法・諸法令の起草をした。▽「アレクサンダー・アーキペンコ」1887-1964。ロシア出身のアメリカの彫刻家。キュビスムの影響を受けた独創的な彫刻スタイルで最もよく知られる。代表作「メドラノⅡ」(グッゲンハイム美術館)。▽「アレクしウス・マイノング」1853-1920。オーストリアの哲学者・心理学者。▽「アン・ブラドストリート」1612-72。詩的感性をもった最初のアメリカ詩人。▽「アルフレート・フォン・ティルピッツ」1848-1920。ドイツの海軍軍人。▽「アーロン・コープランド」1900-1990。米国の作曲家。「エル・サロン・メヒコ(酒場メキシコ)」で名声を高め、「ビリー・ザ・キッド」「ロデオ」「アパラチアの春」などのバレエ音楽で現代アメリカ作曲界の第一人者となった。▽「アンゲラ・ドロテア・メルケル」2005年11月22日、第8代ドイツ連邦共和国首相に選出される。ドイツ史上初めてとなる女性首相。▽「アンジェラ・カーター」1940-92。イギリスの小説家。▽「アンディ・マレー」イギリスのプロテニス選手。▽「アンドリュー・セス」1856-1931。イギリスの観念論の哲学者。▽「アンナ・パブロワ」1881-1931。ロシアのバレエダンサー。▽「アンネグレート・クランプカレンバウアー」キリスト教民主同盟の新党首。▽「アンリ・アルカン」1909-2001。映画「ローマの休日」の撮影者。▽「アンリ・デュナン」1828-1910。スイス・国際赤十字創始。

アアウセルラー・アペピ
アアシェフイトエムワセト
アアフメス
アアヤバータ
アイヴァン・ライトマン
アイヴス・マガフィー
アイザック・アシモフ
アイザック・ウォルトン
アイザック・オリヴァー
アイザック・スターン
アイザック・ニュートン
アイザック・メリット・シンガー
ア・イ・シフマン
アイス・キューブ
アイスキュロス
アイスリング・フランシオン
アイソポス
アイダ・ルピーノ
アイダン・クイン
アイディード
アイナ・クレア
アイナル・ハンスン
アイバン・ライトマン
アイラ・フィッシャー
アイリス・チャン
アイリーン・キャッスル
アイリーン・キャラ
アイリーン・グー
アイリーン・ダン
アイリーン・プリングル
アイリーン・ヘッカート
アイリーン・リッチ
アイリン・セジヴィック
アイルトン・セナ
アインハルト
アーヴィング・バーリン
アウグスティン・ルイ・コーシー
アウグストー・ジェニーナ
アウグスト・ストリンドベリ
アウグスト・フェルディナント・メビウス
アウグスト・フォン・ワッセルマン
アウグスト・マッケ
アウド・エゲーテ・ニッセン
アウラングゼーブ
アヴリル・ラヴィーン
アウルス・ウィテッリウス(ローマ皇帝)
アウレリウス・アウグスティヌス
アウレリウス・マクシミアヌス
アウレリオ・ペッチェイ
アウン・サン・スー・チー
アーヴィング・ラングミュア
アエミリウス
アーガー・ムハンマド・カーン
アガサ・クリスティー
アガト(第79代ローマ教皇)
アキ・カウリスマキ
アクエンアテン(古代エジプト王)
アクセリ・ガレン=カレラ
アクタン・アリム・クバト
アクバル
アグネス・スメドレー
アグネス・ムーアヘッド
アゴスティーナ・セガトーリ
アゴスティーノ・カラッチ
アゴスティーノ・キージ
アーウィン・ショウ
アーヴィン・ウェルシュ
アーサー・ウィリアム・テッダー
アーサー・ウェイリー
アーサー・ウェルズリー(ウエリントン卿)
アーサー・キース
アーサー・ジョン・エバンズ
アーサー・ジョン・クロンキスト
アーサー・ケストラー
アーサー・コナン・ドイル
アーサー・コンプトン
アーサー・C・クラーク
アーサー・ストリートン
アーサー・デヴィス
アーサー・ネビル・チェンバレン
アーサー・バルフォア
アーサー・ヒュー・クラフ
アーサー・ヒラー
アーサー・ペン
アーサー・ボイド
アーサー・ホリー・コンプトン
アーサー・マッカーサー・ジュニア
アーサー・マッケン
アーサー・ミラー
アーサー・ルイス
アーシア・アルジェント
アシュトン・カッチャー
アーシュラ・ティリット
アシュリー・グリーン
アシュリー・ジャッド
アシュリー・ティスデール
アショーカ
アーシル・ゴーキー
アスガー・ヨルン
アスタ・ニールセン
アストリッド・リンドグレーン
アストル・ピアソラ
アスパシア
アタナシウス・キルヘル
アダム・エルスハイマー
アダム・ゴットロープ・エーレンシュレーゲル
アダム・サンドラー
アダム・シャール
アダム・スミス
アダム・ミツキエヴィチ
アダム・ラクスマン
アーダルベルト・シュティフター
アーチボルド・コーチャン
アーチボルド・コックス
アーチボルト・ヒル
アーチボルト・プリムローズ
アーチボルト・マクマード
アーチャボールド・ジョゼフ・クローニン
アッシュル・バニパル
アッテリオ・ガッティ
アッテリオ・モミリアーノ
アッバス・キアロスタミ
アティージャ
アート・カーニー
アート・ガーファンクル
アドリアーン・ファン・オスターデ
アドリアーン・ファン・デ・ヴェルデ
アドリアーン・ファン・デル・ウェルフ
アドリアーン・ファン・デ・フェンネ
アドリアーン・ブラウエル
アドリアン・マリ・ルジャンドル
アドルフ・アイヒマン
アドルフ・ヴァレット
アドルフ・サックス
アドルフ・ティエール
アドルフ・バスチャン
アドルフ・ヒトラー
アドルフ・フォン・バイヤー
アドルフ・フォン・ヒルデブラント
アドルフ・ブーグロー
アドルフ・ベーム
アドルフ・マンジュー
アドルフ・ワーグナー
アナ・ケンドリック
アナ・デ・アルマス
アナ・パキン
アナ・ファリス
アナイス・ニン
アナイリン・バーナード
アナクシメネス
アナクシマンドロス
アナス・フォー・ラスムセン
アナスタシア・二コラエヴナ
アナスタシウス1世(東ローマ皇帝)
アナスタス・ミコヤン
アナソフィア・ロブ
アナトーリイ・ステッセル
アナトール・フランス
アナベラ
アナベラ・シオン
アニー・エドソン・テイラー
アニー・ジラルド
アニー・ローラック
アニエス・バルダ
アニシウス・マンリウス・セベリヌス・ポエティウス
アニセー・アルビナ
アニタ・オデイ
アニタ・エクバーグ
アニタ・ムイ(梅艶芳)
アニタ・ルイーズ
アニヤ・テーラー・ジョイ
アーニョロ・ブロンズィーノ
アブル・ワリ―・イスマエル
アベ・プレヴォ
アベリー・ブランデージ
アヌーク・エーメ
アーネスト・ヴァインシェンク
アーネスト・ウォルトン
アーネスト・クライン
アーネスト・サトウ
アーネスト・シェードザック
アーネスト・トレンス
アーネスト・ダウソン
アーネスト・トンプソン・シートン
アーネスト・バージェス
アーネスト・フランシスコ・フェノロサ
アーネスト・ボーグナイン
アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ
アーネスト・メイスン・サトー
アーネスト・ラザフォード
アーネスト・ローレンス
アネット・ベニング
アーノルド・シュワルツェネッガー
アーノルド・シューンベルク
アーノルド・ジョゼフ・トインビー
アーノルド・パーマー
アーノルド・ファンク
アビー・コーニッシュ
アビゲール・アダムズ
アビゲール・セーケ
アビゲール・ブレスリン
アピチャッボン・ウィーラセタクン
アビラ・ヒロン
アービン・カーシュナー
アービング・バーリン
アブデュル・ハミト2世
アブド・アル・カリーム・カーシム
アブドゥルラザク・グルナ
アプトン・シンクレア
アフマッド・スバルジョ
アブラハム・オルテリウス
アブラハム・ブルーマールト
アブラハム・ホンディウス
アブラハム・リンカン
アブラ―ム・ド・モアブル
アベベ・ビキラ
アベラール・エリウゲナ・アンセルムス
アベリー・ブランデージ
アベル・ガンス
アベル・ヤンスゾーン・タスマン
アマル・クルーニー
アマンダ・サイフリッド
アマンダ・スタントン
アマンダ・バインズ
アマンダ・プラマー
アーマンド・アサンテ
アーミー・ハマー
アミルカル・カブラル
アミルカレ・ボンキエッリ
アムル・イブン・アル=アース
アムルサナー
アメデオ・アボガドロ
アメデオ・モディリアーニ
アーメッド・スカルノ
アメリア・メリー・エアハート
アメリカ・フェレーラ
アメリゴ・ベスプッチ
アーヤットラー・ルーホッラー・ホメイニー
アラ・ナジモヴァ
アーラ・プガチョワ
アラ・ボリソヴナ・プガチョワ
アラム・ハチャトリアン
アラルート・ファン・エーフェルディンゲン
アラン・アーキン
アラン・アレクサンダー・ミルン
アラン・J・パクラ
アラン・シェパード
アラン・タネール
アラン・チューリング
アラン・ドロン
アラン・ドワン
アラン・パーカー
アラン・ベイツ
アラン・ラッド
アラン・リックマン
アラン・レネ
アラン・ロブ・グリエ
アリ・マッグロー
アリー・シーディ
アリー・ラーター
アリアナ・グランデ
アリエノール・ダキテーヌ
アリエル・ラミレス
アリギエーリ・ダンテ
アリシア・ヴィキャンデル
アリシア・シルヴァーストーン
アリス・ウォーカー
アリス・オシュデ=モネ
アリス・ジーン・ウェブスター
アリス・ヒリアード
アリス・フェイ
アリス・マンロー
アリスタルコス
アリスティア・マクリーン
アリスティード・ブリアン
アリストテレス
アリストファネス
アリソン・フェリックス
アリダ・バリ
アリソン・スドル
アリッサ・ミラノ
アリーナ・イルナゾヴナ・ザギトワ
アリーナ・カバエワ
アリーヌ・ルノワール
アリーヤ
アル・カポネ
アル・キンディー
アル・ジャザリー
アル・ジョルスン
アル・スミス
アル・パチーノ
アル・ビルニ
アル・マルティーノ
アルヴァ・アールト
アルヴィーゼ・ダ・カダモスト
アルカンゲロ・コレルリ
アルキメデス
アルクイン
アルジャー・ヒス
アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン
アルチュール・ランボー
アルテュール・オネゲル
アールト・ファン・デル・ネール
アルドゥス・ピウス・マヌティウス
アルトゥール・シュニッツラー
アルトゥール・ショーペンハウアー
アルトゥル・ニキシュ
アルトゥール・ランボー
アルトゥール・ルービンシュタイン
アルトゥーロ・トスカニーニ
アルナルド・モミリアーノ
アールネ・トンプソン
アルノルト・シェーンベルク
アルノルト・ゾンマーフェルト
アルノルト・ベックリン
アルハゼン
アルバート・アーノルド・アル・ゴア・ジュニア
アルバート・オブ・ザクセン・コーブルク・ゴータ
アルバート・スポルディング
アルバート・スミス
アルバート・セービン
アルバート・タッカー
アルバート・フィニー
アルバート・ムーア
アルバロ・オブレゴン
アルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラ
アルビン・トフラー
アルビン・ハーベイ・ハンセン
アルビン・ワード・グールドナー
アルフィーアス・ハーディー
アルフォンス・ガブリエル・カポネ(アル・カポネ)
アルフォンス・デーケン
アルフォンス・ド・ラマルティーヌ
アルフォンス・ドーデー
アルフォンス・ミュシャ
アルフォンス・ルゲロ
アルフォンソ10世(カスティーリャ王)
アルフォンソ・ガルシア・ロブレス
アルフォンソ・デ・アルブケルケ
アルフレッド・アドラー
アルフレッド・ヴェーバー
アルフレッド・キンゼイ
アルフレッド・ジョーゼフ・ヒッチコック
アルフレッド・ド・ミュッセ
アルフレッド・ドレフュス
アルフレッド・ニューマン
アルフレッド・ハウゼ
アルフレッド・ハーシェイ
アルフレッド・ヒッチコック
アルフレッド・ビネー
アルフレッド・マーシャル
アルフレッド・ラッセル・ウォーレス
アルフレッド・ワルデルゼー
アルフレート・フォン・ヴァルダーゼー
アルフレート・フォン・ティルピッツ
アルフレート・フリート
アルフレート・ロタール・ヴェーゲナー
アルフレート・ローラー
アルブレヒト・ヴェンツェル・オイゼービウス・フォン・ヴァレンシュタイン
アルベール2世(モナコ公)
アルベール・カミュ
アルベール・カルメット
アルベール・マルケ
アルベール・ルーセル
アルベルト・アインシュタイン
アルベルト・エバリスト・ヒナステラ
アルベルト・カイプ
アルベルト・クラウデ
アルベルト・ケンヤ・フジモリ・フジモリ
アルベルト・ザッケローニ
アルベルト・サントス・デュモン
アルベルト・ジャコメッテ
アルベルト・シュバイツァー
アルベルト・トンバ
アルベルト・フジモリ
アルベルト・モッセ
アルベルト・モラヴィア
アルベルト・ルス
アルベルヒト・コルネリウス
アルブレヒト・アルトドルファー
アルブレヒト・ケンペル
アルブレヒト・デューラー
アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン
アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク
アルフレッド・アイゼンスタット
アルフレッド・キンゼイ
アルフレッド・コルトー
アルフレッド・シスレー
アルフレッド・ブーシェー
アルフレッド・ベルンハルト・ノーベル
アルフレッド・テニソン
アルフレート・ロータル・ヴェーゲナー
アルマン・ギヨマン
アルマン・ジャン・デュ・プレシ・ド・リシュリー
アルマン・ダヴィッド
アルマン・ヒッポリト・ルイ・フィゾー
アルマンド・マンサネーロ
アルレッティ
アレイスター・クロウリー
アレキサンダー・アガシ
アレキサンダー・アーキペンコ
アレキサンダー・アグリコラ
アレキサンダー・ウィリアムソン
アレキサンダー・セルカーク(ロビンソン・クルーソーのモデル)
アレキサンダー・ポープ
アレクサンダ―・カートライト
アレクサンダー・カルダー
アレクサンダー・グラハム・ベル
アレクサンダー・ハミルトン
アレクサンダー・フォン・フンボルト
アレクサンダー・フレミング
アレクサンデル6世(教皇)
アレクサンデル・セウェルス(ローマ皇帝)
アレクサンデル・ドゥプチェク
アレクサンドラ・コロンタイ
アレクサンドラ・フョードロヴナ
アレクサンドラ・ダダリオ
アレクサンドル1世
アレクサンドル3世
アレクサンドル・アーキペンコ
アレクサンドル・イサエビチ・ソルジェニツィン
アレクサンドル・イヴァノビッチ・オパーリン
アレクサンドル・イワーノフ
アレクサンドル・ウリヤノフ
アレクサンドル・オストロフスキー
アレクサンドル・ギュスタブ・エッフェル
アレクサンドル・ケレンスキー
アレクサンドル・ゲルツェン
アレクサンドル・セルゲイビーチ・プーシキン
アレクサンドル・ニコラエビチ・スクリャービン
アレクサンドル・ソクーロフ
アレクサンドル・ソルジェニーツィン
アレクサンドル・デュマ
アレクサンドル・ネフスキー
アレクサンドル・ボロディン
アレクサンドル・ミルラン
アレクサンドル・ヤコブレフ
アレクサンドル・ルカシェンコ
アレクサンドル・ロトチェンコ
アレクサンドル・ロバノフ
アレクサンドロス3世(大王)
アレクシ・ド・トクヴィル
アレクしウス・マイノング・リッター・フォン・ハントシュースハイム
アレクシオス1世コムネノス(東ローマ皇帝)
アレクシス・スミス
アレクセイ・オクラドニコフ
アレクセイ・シリッチ・ノビコフプリボーイ
アレクセイ・ナワリヌイ
アレクセイ・ニコラエビチ・コスイギン
アレクセイ・フェオフィラクトヴィチ・ピーセムスキー
アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー
アレクセイ・ボリソヴィッチ・ロバノフ=ロストフスキー
アレクセイ・ミハイロヴィチ
アレサ・フランクリン
アレック・ギネス
アレック・コックス
アレック・ボールドウィン
アレックス・インケルス
アレッサンドル・エヴァリスト・フラゴナール
アレッサンドロ・アキリーニ
アレッサンドロ・アローリ
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ
アレッサンドロ・ヴェルテッロ
アレッサンドロ・チコニーニ
アレッサンドロ・ディ・カリオストロ
アレッサンドロ・デル・ピエロ
アレッサンドロ・バリニャーノ
アレッサンドロ・ボルタ
アレッサンドロ・マンゾーニ
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
アレン・ギンスバーグ
アロイス・アルツハイマー
アロイス・リーグル
アーロン・エッカート
アーロン・カーター
アーロン・コープランド
アロンソ・デ・オヘーダ
アン・アーチャー
アン・サリヴァン
アン・シェリンダン
アン・ドヴォラク
アン・トッド
アン・バクスター
アン・ハサウェー
アン・ハーディング
アン・バンクロフト
アン・プライス
アン・ブラドストリート
アン・フランシス
アン・ブーリン
アン・ヘッシュ
アン・マーグレット
アン・ミラー
アン・ライス
アン・ラドクリフ
アン・リー
アンゲラ・ドロテア・メルケル
アンジー・ディッキンソン
アンジェー・ワイダ
アンジェイ・ズラウスキー
アンジェラ・カーター
アンジェラ・バセット
アンジェラ・ヒューイット
アンジェラ・ランズベリー
アンジェリカ・ヒューストン
アンジェリーナ・ジョリー
アンジェロ・ベオルコ
アンジェロ・ポリツィアーノ
アンジャネット・カマー
アンゼルム・キーファー
アンソニー・アシュレー・クーパー・シャフツベリー
アンソニー・イーデン
アンソニー・ヴァン・ダイク
アンソニー・クイン
アンソニー・ニューリー
アンソニー・パーキンス
アンソニー・バージェス
アンソニー・ハピントン
アンソニー・ホプキンス
アンソニー・マン
アンソニー・ミンゲラ
アンティ・アールネ
アンディー・ガルシア
アンディー・フグ
アンディー・マクダウェル
アンディ・マレー
アンディー・ラウ
アンティオコス2世テオス
アンティミウス(西ローマ皇帝)
アンデルス・セルシウス
アントナン・アルトー
アントニー・アシュリー・クーパー
アントニ・タピエス
アントニ・フォン・ダイク
アントニ・ファン・レーウェンフック
アントニー・ブリンケン
アントニア・ブレンターノ
アントニオ・ヴィセンティーニ
アントニオ・ガウディ
アントニオ・カルロス・ジョビン
アントニオ・グテーレス
アントニオ・サランドラ
アントニオ・サリエリ
アントニオ・ストラディバリウス
アントニオ・デル・ボッライオーロ
アントニオ・バンデラス
アントニオ・ビバルディ
アントニオ・フォンタネージ
アントニオ・ボライウォーロ
アントニオ・マリア・アッバティーニ
アントニオ・メウッチ
アントニオ・ロッセリーノ
アントニオ・ロペス
アントニヌス・ピウス
アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク
アントネッラ・ルアルディ
アントネロ・ダ・メッシーナ
アンドラーシュ・シフ
アンドリア・モホロヴチッチ
アンドリュー・カーネギー
アンドリュー・カミン・アーヴィン
アンドリュー・クオモ
アンドリュー・パーソンズ
アンドリュー・セス
アンドリュー・V・マクラグレン
アンドリュー・ロイド・ウェーバー
アンドリュー・ローソン
アンドルー・ガーフィールド
アンドルー・ジャクソン
アンドルー・マーヴェル
アンドルー・マッカーシー
アンドレ・カイヤット
アンドレ・ガルメット
アンドレ・ギャニオン
アンドレ・ジード
アンドレ・ジャック・ガルヌラン
アンドレ・ブルトン
アンドレ・マッソン
アンドレ・マリ・アンペール
アンドレ・ミシュラン
アンドレ・モーロワ
アンドレ・ル・ノートル
アンドレア・オルカーニャ
アンドレア・デル・ヴェロッキオ
アンドレア・デル・サルト
アンドレア・ドッティ
アンドレア・パラーディオ
アンドレア・ピサーノ
アンドレア・フルヴィオ
アンドレア・ボッツオ
アンドレア・マンテーニャ
アンドレア・ミア・ゲズ
アンドレア・リーズ
アンドレアス・ヴェサリウス
アンドレアス・ルドルフ・ボーデンシュタイン・フォン・カールシュタット
アンドレイ・アンドレーエヴィチ・グロムイコ
アンドレイ・サハロフ
アンドレイ・タルコフスキー
アンドレ・マジノ
アンドレ・ル・ノートル
アンドレス・ボニファシオ(フィリピン革命指導者)
アントワーヌ・アンリ・ベクレル
アントワーヌ・ヴァトー
アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ
アントワーヌ・フランソワ・プレヴォ
アントワーヌ・ブールデル
アントワーヌ・ラヴォアジエ
アントン・イェルチン
アントン・ヴェーベルン
アントン・カラス
アントン・コーベルガー
アントン・ドボルザーク
アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ
アントン・フランチェスコ・グラッツィーニ
アントン・ブルックナー
アントン・ヘーシンク
アントン・ラファエル・メングス
アンナ・イヴァノヴナ
アンナ・カタリーナ・エンメリヒ
アンナ・カリーナ
アンナ・ガリエナ
アンナ・クラムスキー
アンナ・シュウエル
アンナ・ステン
アンナ・チポフスカヤ
アンナ・ネトレプコ
アンナ・パキン
アンナ・パブロワ
アンナ・マニアーニ
アンナ・メイ・ウォン
アンナトン・アルトー
アンニーバレ・カラッチ
アンヌ・パリロー
アンヌ・ビアゼムスキー
アンヌ・ブロシェ
アンネ・フランク
アンネグレート・クランプカレンバウアー
アンネシュ・ベーリング
アンバー・ハード
アンバリアナムボイメリナ
アンブロシウス・ホルバイン
アンブロージオ・ロレンツェッティ
アンブローズ・ビアス
アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ
アンブロワーズ・ヴォラール
アンリ・アルカン
アンリ・エミール・ブノワ・マティス
アンリ・エドモン・クロス
アンリ・シャトリエ
アンリ・ジョルジュ・クルーゾー
アンリ・デュナン
アンリ・ド・サン・シモン
アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック
アンリ・ド・モンテルラン
アンリ・ドカエ
アンリ・ナヴィエ
アンリ・バルビュス
アンリ・バンジャマン・コンスタン・ド・ルベック
アンリ・ピレンヌ
アンリ・ファンタン=ラトゥール
アンリ・フィリップ・ペタン
アンリ・フレデリック・アミエル
アンリ・ベクレル
アンリ・ベルクソン
アンリ・ベルヌイユ
アンリ・ポアンカレ
アンリ・マティス
アンリ・マンギャン
アンリ・ミュルジェール
アンリ・ミルヌ・エドワード
アンリ・モアッサン
アンリ・ルイ・ベルクソン
アンリ・ルシャトリエ
アンリ・ルソー
アンリ・ロート
アンワル・サダト

 

 

 

 

 

 

2022年11月18日 (金)

「ひ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Peterdrucker   「ピーター・フェルディナント・ドラッカー」1905-2005。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人の経営学者。現代経営学あるいはマネジメントの創始者と呼ばれる。▽「ピーター・ドイグ」ミステリアスな風景を描く現代画家。▽「ピーター・ヘンライン」1479-1542。ドイツ・ニュルンベルクの時計職人。▽「ピーター・ボグダノヴィッチ」1939-2022。映画評論家出身で監督となる。愛人が殺されるという事件で一時期低迷した。代表作は「ラスト・ショー」「おかしなおかしな大追跡」「ペーパー・ムーン」▽「ビョルンスティエルネ・ビョルンソン」ノルウェーの作家。代表作「日向丘の少女 アルネ」。▽「ピエール・ベール」1647ー1706。フランスの哲学者。「歴史批判辞典」などを著わして神学的な歴史観を懐疑的に分析、啓蒙思想の先駆けとなった。

ピア・アンジェリ
ピアス・バトラー
ピアース・ブロスナン
ピエト・モンドリアン
ピエトロ・ジェルミ
ピエトロ・マスカーニ
ピエトロ・ロレンツェッティ
ピエール・アベラール
ピエール・オーギュスト・ルノワール
ピエール・カルダン
ピエール・クロソウスキー
ピエール・コルネイユ
ピエール・シモン・ラプラス
ピエール・テイヤール・ド・シャルダン
ピエール・ド・クーベルタン
ピエール・ド・フェルマー
ピエール・ド・マリヴォー
ピエール・ド・ロンサール
ピエール・パオロ・バゾリーニ
ピエール・フランソワ・ブシャール
ピエール・ペール
ピエール・ボナール
ピエール・ラルース
ピエール・ロチ
ピエロ・デッラ・フランチェスカ
ヒエロニムス・ボッス
ビクター・シルバースター
ビクター・マクラグレン
ビクター・マチュア
ビクター・ヤング
ビクトリア・アブリル
ピコ・デラ・ミランドラ
ビージー・アデール
ヒース・レッジャー
ビセンテ・アレクサンドレ
ピーター・ウィアー
ピーター・ウェラー
ピーター・オトゥール
ピーター・カッシング
ピーター・クラース
ピーター・グリーナウェー
ピーター・グレイブス
ピーター・コヨーテ
ピーター・サースガード
ピーター・ジャクソン
ピーター・ゼーマン
ピーター・セラーズ
ピーター・ドイグ
ピーター・バウル・ルーベンス
ピーター・バラカン
ピーター・フィンチ
ピーター・フェルディナント・ドラッカー
ピーター・フォーク
ピーター・フォンダ
ピーター・フランクル
ピーター・フランプトン
ピーター・ブリューゲル
ピーター・ヘンライン
ピーター・ボグダノヴィッチ
ピーター・ミニュイット
ピーター・ヤンス・サーンレタム
ピーター・ユスチノフ
ピーター・ローフォード
ピーター・ローレ
ビック・モロー
ビットリオ・ガスマン
ビットリオ・グレゴッティ
ビットリオ・デ・シーカ
ヒッパルコス
ピーテル・ブリューゲル
ピーテル・パウル・ルーベンス
ピート・コンラッド
ピート・ハミル
ピート・プティジェッジ
ピート・ローズ
ビビアン・リー
ビビアンヌ・ロマンス
ビーブ・ダニエルズ
ビームラーオ・アンべードカル
ヒュー・オニール
ヒュー・グラント
ヒュー・ジャックマン
ヒュー・ダンシー
ヒュー・ボネヴィル
ヒュー・ロフティング
ヒューイ・ロング
ヒューゴー・ウィーヴィング
ピューディパイ
ヒューバート・ホレイショー・ハンフリー
ビュル・オジェ
ピョートル・アレクセイヴィッチ・クロポトキン
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ピョートル・ウスペンスキー
ピョートル・クロポトキン
ピョートル・ストルイピン
ピョートル・チャーダーエフ
ピョートル・リコルド
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン
ビヨンセ・ノールズ
ヒラリー・クリントン
ヒラリー・スワンク
ヒラリー・ダフ
ヒラリー・マンテル
ビリー・アイリッシュ
ビリー・クリスタル
ビリー・ザ・キッド
ビリー・ジョエル
ビリー・ボブ・ソーントン
ビリー・ホリデイ
ビリー・マーチン
ビリー・ワイルダー
ビル・コスビー
ビル・ナイ
ビル・パクストン
ビル・ブルマン
ビル・ヘイリー
ビル・マーレー
ビルイェル・ヤール
ヒルデガルド・クネフ
ビルナ・リージ
ビング・クロスビー
ビンセント・プライス

 

0404_bebe_daniels
ビーブー・ダニエルス(1901-1971) サイレント期の人気スター

2022年11月 8日 (火)

人名エポニム研究

Mainimg 1895年のこの日、ドイツの物理学者レントゲンはX線を発見した。X線は体の内部の様子を撮影することができるので、発見者の名前を使って「レントゲン撮影」と呼ばれる。たとえば、パンなどに肉や野菜等の具を挟んだサンドイッチがイギリスの貴族、第4代サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギュー(1718-1792)に由来している話は有名だが、このようにすでに存在する物の名前を使って命名された新しい物の名前をエポニムという。賭博好きのサンドイッチ伯爵はトーストにコールドビーフをはさんで、食事をしながら賭博をできるよう工夫した。これがサンドイッチの始まりである。

建築
このほか考案者の名前が命名されたものに立体パズル、ルービックキューブがある。ハンガリーの建築家エルノー・ルービックは、川の流れる様子から発明のヒントを得て作られたという。もっとも代表的な人名エポニムの一つにエッフェル塔がある。この世界一のノッポの塔を設計したアレクサンドル・エッフェルの身長は152㎝と小柄であった。

社会
競馬のダービーとは、1780年英国のダービー伯が、エプソムの競馬に多額の賞金をかけたのがはじまりという。フランスの要塞マジノ線は国防相アンドレ・マジノにちなむ。ナウマン象はハインリッヒ・ナウマンというドイツの地質学者に由来する。回転連発銃はその発明者ガトリングに由来する。女性の外部生殖器「バルトリン腺」。デンマークの解剖学者カスパール・バルトリヌス(1655-1738)に由来する人名エポニム。団結して排斥することを「ボイコット」というが、イギリスの横暴な大尉チャールズ・カニンガム・ボイコットの名前に由来している。ブーゲンビリアという花は探検家ブーガンヴィル(1729-1811)に因んでいる。19世紀のラッダイツ運動とネッド・ラッド。影絵のことを「シルエット」というが、フランスの大蔵大臣エティエンヌ・ド・シルエット(1709-1767)に由来する。彼は、倹約家で、肖像画を描かせるのに高価な絵の具は使わずに、黒一色のものにせよと主張し、輪郭だけの肖像画が流行したためシルエットの名前が使われた。

科学 ディーゼルエンジンは発明者のルドルフ・ディーゼルに因む。ハレー彗星は発見者エドモンド・ハレー、ハッブル宇宙望遠鏡は宇宙の膨張を発見したエドウィン・ハッブルに因んでいる。周波数の単位ヘルツや電気抵抗の単位オーム、温度の単位「華氏(ファーレンハイト)」、放射能の単位キュリー、放射線量の単位シーベルト、ドップラー効果、ラマン効果、モンロー効果、ゼーベック効果もみんな人名エポニム。

経済 株価指標「ダウ」チャールズ・ダウ

服飾 女学生がはくスポーツ用のブルマはアメリカの女性解放運動家アメリア・ジェンクス・ブルーマー(1818-1894)の名前に因んでいる。

音楽 ピアノの教則本バイエル。音楽家フェルディナント・バイエル。サクソフォン発明者アドルフ・サックス。

医学 X線の発見者レントゲン(1845-1923)、モールス信号のサミュエル・モールス(1791-1872)、鉛筆(コンテ)のニコラ・ジャック・コンテ、視力検査表ランドルト環のエドマンド・ランドルト(1846-1926)など。医学には人名エポニムが多い。マルピーギ小体、パーキンソン病、ハンセン病、アルツハイマー病、ベーチェット病、メニエール病、レイノー病、アスペルガー症候群、ダウン症、バセドー病、ギラン・バレー症候群、サルモネラ菌など。ドルビー・サラウンド技術開発者レイ・ドルビー(1933-2013)。ゴルジ腱器官。バビンスキー反射。

日本 川柳の柄井川柳、金時豆の坂田金時、隠元豆の隠元隆琦などが人名に由来する代表例である。ちなみに日本で溺死体のことを土佐衛門と呼んだり、馴れ合い勝負を八百長といったり、覗き魔のことを出歯亀といったりするのは、エポニムなのだろうか。ハヤシライスは丸善の創業者である早矢仕有的(はやし・ゆうてき)に由来する。歌舞伎の佐野川市松(1722-1762)は1741年「高野心中」で衣装に用いた、白と紺の袴の柄が人気をよび、「市松模様」と呼ばれるようになった。避妊法のオギノ式は産婦人科医荻野久作が考案。参考:「英語エポニム事典 人名をルーツにした英語」シリル・ビーチング著 法学書院 (11月8日)

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28