無料ブログはココログ

2019年6月15日 (土)

梅雨はどうしてあるのか

Img

 

 関西はまだ梅雨入り宣言されていませんが、雨やくもりのお天気が続いています。夜更けにかけて激しい雨が降るもよう。小学生の頃、絵が上手だと先生に褒めらけて職員室の前の掲示板にイラストを描かせてもらったことがある。ハリキッてかいた。6月だったので、カエルをたくさんかいて「カエルの合唱」だった。もちろんほめられた。だが人は半世紀たつと能力は衰える。朝近くの市役所に行くと水道週間のポスターが飾っている。どれも稚拙だが元気いっぱいの絵だ。いろいろアイデアを工夫して、楽しそうだ。下手でいいから根気と集中力、そして描く楽しさを取り戻したい。戯れにむかしを思い出し描く。出来上がりはへタッピーだった。

   それでも画材はスワン・スタビロというドイツ製の高級水彩色鉛筆を使っている。そうは見えないだろうが、池のところを筆に水を含ませて広げて、水の透明感を表現している。紙は古いレポート用紙。今度はクレヨンで描いてみよう。実は使わないがパステルもある。高級な画材があってもその特長を十分に生かしきれない。

「梅雨前線」は、オホーツク海高気圧がもたらす令湿な空気と、太平洋高気圧がもたらす暖湿度な空気の境目にできます。質の異なる2種類の空気の勢力が拮抗しているために停滞します。

 

 

 

 

2019年6月14日 (金)

フラッグ・デー

800pxflag_of_the_united_states_svg   連続クイズ・ホールドオン最終回の問題。「アメリカ合衆国の国旗「星条旗」。星の色は?」答えは白。四角に区切った左上部(カントン)に青地に50の白い星が配置されている。

  1777年のこの日、「星条旗」を正式にアメリカ合衆国の国旗と定めた。アメリカが独立宣言を行った頃の旗にはイギリスの国旗が入っていた。しかし、独立戦争で戦った相手の国旗が畑に入っていては国民の士気に影響するということで、ワシントンらがフィラデルフィアの旗作り職人ベッツィ・ロスに依頼し、星条旗を完成させた。他方、アメリカの国歌「星条旗」は、1814年、米英戦争のとき、交渉のためイギリス軍艦を訪問したF・S・キーが、要塞にひるがえる星条旗を見て感激し、詩をつくった。曲はイギリスのJ・S・スミスの乾杯歌「天なるアナクレオン」からの流用。1931年に「星条旗」がアメリカの国歌として正式に採用された。(6月14日)

2019年5月31日 (金)

ロンドン雑記帳

   ロンドンのウェストミンスター宮殿のビッグ・ベンの大時計は現在修理中だが、時計が動き始めたのは1859年5月31日のこと。ロンドンという地名の語源について、イギリスでも定説はない。紀元前43年、ブリタニアを占領したローマ人がテムズ川北岸に交易所ロンデニウムを設置した。だがこれはローマ人がつけた地名ではなく、おそらくケルト語の一種である古代アイルランド語のロンド(「野性味のある」「勇敢な」)が、人名か部族名に用いられて、ロンデヌスになり、その形容詞形ロンデニウムが地名になったと推定される。

  「ロンドンに飽きた者は、人生に倦きた者だ」といったのは18世紀の文学者サミュエル・ジョンソン博士だが、ロンドンの街は大英帝国のおもかげを今に残しながら、ビートルズからローリングストーンズ、ミニスカート、パンク、とここで生まれた音楽やファッションはつねに時代をリードしている。観光地もバッキンガム宮殿の衛兵交代式、ロンドン塔、タワー・ブリッジ、英国国会議事堂のビッグベン、セント・ポール寺院、トラファルガー広場、ハイドパーク、ピカデリーサーカス周辺といった有名なスポットから、ロンドン・アイの観覧車、サザーク地区にあるバラ・マーケットまで見所が豊富である。Borough Market、5月31日

 

 

パリの空の下、セーヌは流れる

Tour_eiffel_pont_iena   パリを東から西へと流れるセーヌ川には、37の橋が架っている。最古の橋は1578年5月31日から起工し、1607年まで30年を費やして完成したポン・ヌフ(新橋)である。パリ中心部のシテ島の対岸に店を連ねる古書店はパリの観光名所の一つでもあるが、1606年にポン・ヌフ橋上で露店を開いたのがきっかけで広がったといわれる。街の東外れにあるベルシー駅方面がセーヌ川の上流にあたる。一番初めに上流に架かる橋はアモン橋。アモンとは上流という意味である。続いて、ナシオナル橋、トルビアック橋、シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋、ベルシー橋、シャルル・ドゴール橋、オステルリッツ高架橋、オステルリッツ橋、シュリー橋、マリー橋、ルイ・フィリプ橋、トゥオネル橋、サン・ルイ橋、アルコル橋、ノートルダム橋、プティ・ポン、シャンジュ橋、サン・ミッシェル橋、ポン・ヌフ、ポン・デ・ザール、カルーゼル橋、ロワイヤル橋、レオポール・セダール・サンゴール歩道橋、コンコルド橋、アレクサンドル三世橋、アンヴァリッド橋、アルマ橋、ドウビリ橋、イエナ橋、ビラケム橋、ルエル橋、グルネル橋、ミラボー橋、ガリリアーノ橋、アヴァル橋、イッシー橋。37番目がタンカルヴィルとマレ・ヴェルニエ間に架かる吊り橋「タンカルヴィル橋」。

 

 

2019年5月 9日 (木)

世界の民族と言語

Img_0002 世界の民族分布 およそ15世紀~16世紀ころ

 

Image307 世界の言語

 

    民族とは現実の社会・経済関係を基礎に一定の地域において歴史的に成立し、その存続の条件はさまざまだが、しばしば共通の祖先に由来するとの信仰に支えられており、独自の伝統文化ことに独立の言語を発達させ、歴史を生きる基本的単位をさす。民族は語族で分類される。インド・ヨーロッパ語族、セム語族、ハム語族、ウラル語族、アルタイ語族、シナ・チベット語族、オーストロネシア語族など。言語学の分類に基づくと、地球上には現在2000以上の民族と6500の言語が存在するといわれている。第二次世界大戦におけるアジア・アフリカの新独立国は、植民地の解体によって、単族国をうちたてたものである。しかし、すべての民族が独立国を成立させたわけではない。

   たとえばインド、中国など多民族国家を形成している。強大国家が少数民族を包含するのが常である。世界はこのように1つの民族だけで国家を形成することは困難なことが多い。しばしば一つの居住地に多くの民族が住み、争いや紛争が起こる。人種と民族との区分はしばしば混合される。「スラブ人種」「ユダヤ人種」などと用いられるが、これらは誤った用法であり、「スラブ人」とは言語上の、「ユダヤ人」とは文化上の分類であり、生物学的な分類である「人種」とは何ら関係ない。たとえば、ヨーロッパにはゲルマン、ラテン、ギリシア、スラブ、ケルトなど様々な民族が住んでいる。ある民族の分布地域に異民族が孤立的に分布する場合を「民族島」という。たとえばスラブ民族圏に居住するルーマニア、ゲルマン民族圏に居住するフィン族やマジャール族は、モンゴル人種であるが、ヨーロッパ人の中に「民族島」を形成している。

 

 

2019年5月 6日 (月)

人間社会と自然環境

   きようは立夏、暦の上では夏が始まる日とされるが、気温は温暖で爽やか、10連休ラストの行楽日和となっ。近ごろ、新元号ブームで「風土」という言葉をよく耳にする。しかし地理学で風土を研究することは難しい。万葉風土というような情緒的な文学の世界ならいざ知らず、自然科学や人文科学で風土が何たるか解明することは困難を要する。しかし人間生活がそれをとりまく自然環境と密接な環境があることは、すでにギリシアの時代の昔から説かれていた。ギリシアの地理学者ストラボンは、その著「地理学」の中で、気候が人間生活に大きな影響を与えることを、いたるところで強調している。くだって近世にはいると、フランスの学者モンテスキューは、その著「法の精神」の中で、自然環境、特に気候が人間の肉体や精神に影響を及ぼし、また自然環境によって、社会の諸制度や政治形態が決められると論じた。人間活動は自然環境の強い影響を受け、それに対する適応の結果として地域性が生じる。このような地理学の概念を環境決定論と称し、代表的学者としてドイツのフリードリヒ・ラッツェル(1844-1904)があげられる。

 

Paul_vidal_de_la_blache   これに対して、フランスの地理学者ポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュ(画像、1845-1918)は自然環境は人間に可能性を与える存在であり、人間が環境に対して積極的に働きかけることができるとし、ブラーシュの弟子リュシアン・フェーヴル(1878-1956)が、ブラーシュの説を環境可能論と名付けた。

2019年5月 5日 (日)

震災復興を遂げた古都アンディグア(グアテマラ)

Photo_10  2012年9月、中米のグアテマラで首都グアテマラ市南西45㎞のフエゴ火山が噴火し、住民3万5000人が避難。フエゴとはスペイン語で「炎の火山」を意味する。グアテマラは過去に何回も大地震が起きている。アンティグア・グアテマラは度重なる震災にもかかわらず復興した都市として知られ、1979年ユネスコ世界遺産に登録されている。ラ・アンティグア・グアテマラとは「古いグアテマラ」を意味する。特に1717年9月29日にこの町を襲った大地震により、壊滅的な被害を受け、政府は首都の移転を考慮するようになった。そして1773年7月29日に起きたサンタ・マルタ地震により、町は廃墟となった。1776年に首都をヌエバ・グアテマラ・デ・ラ・アスンシオン(現グアテマラシティ)に遷都された。アンティグア・グアテマラは、この町を愛する人々の尽力で色彩豊かなに復興した。(Guatemala,Fuego)

2019年5月 4日 (土)

世界地理クイズ

問1.スカンディナビア半島西岸などにみられる、氷河の浸食によってつくられた地形を何というか?

 

問2.ヘルヴェティア共和国は、かつて現在のどの国に存在した?

 

問3.かつて「セカンドシティ」と呼ばれたアメリカ合衆国第2の都市は?

 

問4.サッカー、日本対ウズベキスタン戦。ところでウズベキスタン、どこにあるの?ユーラシアの国々を9地域に区分すると、どこにあるのか答えよ。

 

Eurasia 

 

①ウズベキスタン

 

②アンドラ

 

③リトアニア

 

④カタール

 

⑤ブータン

 

⑥ベラルーシ

 

問5.南米には海をもたない内陸国が2カ国ある。パラグアイとどこの国か?

 

問6.マダガスカル共和国は1960年どこの国から独立したのか?

 

問7.チリのアタカマ砂漠にある銅の埋蔵量世界一といわれる銅山は?

 

問8.ポルトガル語で「1月の川」という意味の名前がある南米の大都市といえばどこ?

 

問9.毎年マントンで特産品のレモンで作ったオブジェで祝うレモン祭りが開催される国は?

 

問10.アメリカ合衆国50州を日本語カナ表記で50音順に並べるとアイオワ(Iowa)が一番初めに並ぶが、ABC順でトップにくる州は?

 

問11.北アメリカ大陸東部を北東から南西に全長2600キロ以上にわたって延びている山脈は?

 

問12.北アメリカ北東部にある世界最大の島は?

 

問13.日本時間は午前9時。北京はいま何時?

 

問14.韓国のソウルから仁川(インチョン)間は京仁工業地帯と呼ばれ製造業が盛んである。では釜山を中心とした造船業、鉄鋼、機械、繊維などが発達した南東部沿岸の工業地域を何と呼ぶか?

 

答え:問1.フィヨルド。問2スイス。問3シカゴ。問4①MC ②MW ③NW ④SW ⑤SC ⑥NW。問5.ボリビア。問6.フランス。問7.チュキカマタ銅山。問8.リオデジャネイロ。問9.フランス。問10.アラバマ(Alabama)。問11.アパラチア山脈。問12.グリーンランド。問13午前8時。問14ナムトン工業地帯。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月16日 (火)

ノートルダム・ド・パリ

Img_   花の都パリは、芸術、科学、ファッション、美食といった多様な現代文化の中で存在感を見せているが、同時に数々の歴史的大事件が繰り広げられた街でもある。フランス革命、ナポレオンの第一帝政期、パリ・コミューンと第三共和政など19世紀の世界史を動かす震源地となった。ゴシック様式の代表的建築物ノートルダム寺院の尖塔が2019年4月15日、大規模な火災はに見舞われた。1163年春、パリ司教モーリス・ド・シュリ―によって建築が始まった。そもそもパリの歴史は、現在ノートルダム寺院のあるセーヌ川の中州「シテ島」に始まる。パリの名も、このシテ島に紀元前1世紀ごろ住みついていたケルト人の一部族パリシー人に由来している。パリ市の紋章には波に浮ぶ帆船と「たゆたえども沈まず」の銘が記されているが、シテ島は古く紀元前のガリア時代から、東西に流れるセーヌと南北にのびる陸路の交わる水運交通の要衝であった。ガリアがローマの支配下におかれると、パリはローマ都市として発展するが、現在のフランスに相当する国の首都としてパリが出現するのは、フランク族のメロビング王朝時代である。カペー王朝の時代には、はじめてセーヌ両岸にまたがる城壁が築かれ、パリは要塞都市となった。

Photo    カペー歴代の王の中で、パリの歴史上忘れられないのはフィリップ2世である。王は道路の舗装、上下水道の工事、教会、修道院の建設に力をいれ、パリの最も美しいゴシック建築であるノートルダム寺院も、大部分はその治世の1345年に完成を見た。16世紀になると、政治・経済の中心は左岸から右岸へと移っていく。王家の宮殿ルーヴル宮、ブルボン宮、そしてマリー・アントワネットの最後の住まいであったコンシェル・ジュリー宮がある。18世紀末に始まるフランス革命、ナポレオン時代に際して、パリはいくたの劇的事件の舞台となり混乱をきわめた。現在のパリは右岸は政治・経済の街で高級住宅街、左岸は学問と芸術の街で庶民的で自由な雰囲気にあふれている。もし一日中、パリをぶらりとひとりで散歩するならルーブル美術館やシャンゼリゼ通りなどがある右岸よりも、ノートル・ダム教会前の広場からブキニスト(古書露天商)たちのいる左岸のカルチェラタンやサンジェルマンデュプレに足を運んでみよう。ソルボンヌ周辺は、今も昔もフランスの学問の中心地として、その伝統を保ち続けている。

5729158_2460248
 イザボー・ド・バヴィエール

 

 

2019年4月10日 (水)

ビッグベンの時計は止まっている

_g59ncmjwcr160

 

 ロンドンのウェストミンスター寺院の北東に建つ英国国会議事堂の大時計。愛称のビッグベンとは、工事責任者のベンジャミン・ホール(1802-1867)の名にちなんで命名された。1858年4月10日に完成したが、時計塔は老朽化し、傾きが大きくなってきたことから、2018年から大規模な改修工事が行われており、2021年まで時計は止まっている。

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30