無料ブログはココログ

2020年11月10日 (火)

リヴィングストンのアフリカ探検

Img_0017   ディヴィッド・リヴィングストン(1813-1873)は宣教師及び医師として最初中国に向うつもりであったが、1840年ロンドン伝道教会からアフリカ・ベチュアナランドにおもむくよう命ぜられた。さらに1849年この地を発した彼は北へカラハリ砂漠を縦断ヌガミ湖に達し、また1852年にはザンベジ川を中流からさかのぼりカタンガにおいてコンゴ川の支流カサイ川に達し大西洋岸に出た。さらに彼は同じ道を経てザンベジ上流におもむきヴィクトリア瀑布発見の後1856年5月インド洋岸に達し、史上最初のアフリカ大陸横断を達成した。1866年彼はニヤザ、タンガニーカを経て遂にコンゴ川上流のルアラバ川を発見しているが、これをナイル川の上流と見なしている。(のちスタンレーによってヴィクトリア湖がナイルの源流であるとほぼ確定された。その後の調査によると、ルヴィロンザ川やカゲラ川などが源流といわれる。)以後一時彼の消息は不明となるがその探索のため、1871年ニューヨーク・ヘラルド社からスタンレー(1841-1904)が派遣された。11月10日、彼はタンガニーカ湖畔のウジジで病めるひとりの白人の衰えた姿をみとめた。「リヴィングストン先生ではありませんか」スタンレーの感動にふるえる一声に、老人はうなずき、しっかりとスタンレーの手をにぎった。若きスタンレーとアフリカに一生をささげた老雄の劇的な出会いの一瞬であった。しかしその2年後の1873年5月、リヴィングストンは60年の波瀾の生涯をおえた。

2020年10月26日 (月)

定住圏構想

   「♪僕の恋人東京へ行っちっち 僕の気持ちを知りながら 東京はそんなにいいんだろう 僕も行こう あの娘の住んでる東京へ」守屋浩の「僕は泣いちっち」が流行ったのは1959年のことである。おそらく娘は東京に憧れて家出したのだろうか。この歌は当時の都市・農村関係を端的に表現している。戦後わが国における地域開発が本格的に開始されたのは、この歌が作られた3年後、1962年に策定された第1次全国総合開発計画である。これは、1960年にスタートした所得倍増計画らよって生じた地域格差の是正と、過密の弊害除去を主たるねらいとしたものである。都市への人口流入は、産業化や近代化の結果であり、世界各国でみられる現象である。日本では1960年代に世界史上まれな急激な経済成長がみられた。そのため日本の歴史上最大の人口の国内移動が、農村から都市への移動となってあらわれた。

1969年に第2次全国開発計画をスタートする。この計画も石油ショックや1972年の「日本列島改造論」に端を発した地価の高騰に拍車をかけ、空中分解に終わった。そして、1977年に第3次全国総合開発計画が出される。これは大都市への人口と産業の集中を抑制し、一方、地方を振興し、過密過疎問題に対処しながら、全国土の利用の均衡を図りつつ、人間居住の総合的環境の形成を図るための方式(定住構想)を打ち出した。「地方の時代」「田園都市構想」「定住自立圏構想」等々といった用語が変わりつつも現在に至るまで都市圏への人口集中と過密・過疎の問題を解決するには至らない。

2020年10月24日 (土)

なぜ三色旗が多い?

 世界各国にはさまざまな色や形をした国旗がある。でも基本法則があることに気づきませんか?例えば、3つの色を使った、通称「三色旗」。青・白・赤のフランス国旗はトリコロールとも呼ばれますが、フランス国旗の青を緑にすると、イタリアの国旗に。1色違うだけでデザインは全く同じなんです。また、黒・黄・赤を縦に並べるとベルギーで、同じ色を横に並べて順番を変えるとドイツになります。三色旗の縦横&順番が異なるパターンが多くあります。本日はトリコロール記念日です。1794年のこの日、フランス国民公会が、現在のフランス国旗となっている青・白・赤の三色旗を国家の象徴と定めた。

 では、なぜ三色旗が多いのか?先日放送されたNHK「チコちゃんに叱られる」では簡単に「オランダの真似をしたから」と解答していました。世界の独立国197ヵ国のうち三色旗と呼ばれる国は55ヵ国あり、およそ4割の国で三色旗が使われています。歴史的にはオランダが初めて三色旗を使用しました。ではなぜこのように広まったのか。キリスト教の三位一体(Trinity)の教義を表す、という説もありますが、第一次大戦後、イラク、エジプト、シリアなどのアラブ諸国(イスラム教国)なども三色旗であるため、キリスト教義と関係を求めることは否定されている。10月24日

2020年10月 1日 (木)

国勢調査

01010010

 

 今日は五年に一度の「国勢調査の基準日」です。国勢調査といえばやはり人口。人口4人に1人が65歳以上という超高齢化社会の日本。大正9年10月1日、第1回の国勢調査が実施された。その時の人口5596万3053人だった。  わが国の人口は単調に増加し続けたのではなく、増加と停滞、あるいは減少を何度か繰返しながら、発展してきた。人口増加は、弥生時代から10世紀にかけてみられる稲作農耕とその普及による人口増加と、19世紀から現代にいたる工業化に支えられた人口増加という2つの大きな流れがある。「少子化」が社会用語として使用されだしたのは、1989年に合計特殊出産率が1.57を記録し「1.57ショック」という言葉で社会問題化された。

   縄文時代には約10万~約26万人であり、弥生時代には約60万人であった。奈良時代には約450万人、平安時代には約550万人となり、室町から戦国時代にかけて人口は1000万人を超えるようになった。慶長時代は約1220万人といわれている。江戸時代には17世紀に人口が増加し、2000万人を超え、18世紀には停滞して、おおむね3100万人から3300万人で推移した。明治になって4000万人を超えて、大正9年には5596万人、昭和15年には7193万人、昭和35年には9342万人、昭和41年3月31日、日本の総人口は1億人を突破した(法務省住民登録集計による)    昭和55年には1億1706万人、平成12年には1億2638万人となった。平成22年に1億2800万人をピークに達し、その後、人口は減少に転じている。総務省統計局発表によると、令元年6月1日現在(確定値)の日本の総人口は、1億2625万2千人で、2010年から11年連続で減少している。世界の国の中で第10位です。(10月18日)

2020年9月26日 (土)

アフリカの「ん」の話

 

 


5072321877_64d049137b   古代の日本語には「ん」という発音はなかったらしい。仏教伝来とともにサンスクリット語の阿吽(あ・うん)が入ってきた。しかし「ん」はあまり普及せず、「ん」から始まる人名・地名・固有名はほんどない。しかしグローバル時代になると「ン」から始まる言葉は多く散見するようになった。「ンゴニ族」「ンデベレ族」▽南アフリカとジンバブエのンデベレ人の民族人形はビーズ細工の可愛いもので「ンデベレ人形」としてお土産に人気である。カメルーンのバナナを焼いた郷土料理は「ンドンバ」という。タンザニアのキリマンジャロは本当は「キリマ・ンジャロ」という。ザンビア共和国の都市ンドラ。ナイジェリアの都市ングル。チャドの首都ンジャメナ。タンザニアの動物自然保護地域「ンゴロンゴロ」は世界遺産に登録されている。南アフリカのズールー族(ングニ族)に伝わる武術「ングニ棒術」は近年、スポーツとして世界に広まりつつある。防御用の「ウブホコ」という長い棒と、攻撃用の「インヅク」という短い棒を使う。「アフリカの太陽」といわれたガーナの初代大統領エンクルマは、「ンクルマ」と発音するほうが現地音に近いという。本名は長くて、フランシス・ニイア・コフィー・クワメ・エンクルマという。英語表記ではNkrumahである。赤道ギニアの初代大統領はフランシスコ・マシアス・ンゲマ。(Ndola,Uboko,isiquili)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月21日 (月)

世界の人口と国々

Sekaijin

 

    世界の総人口は、西暦1年に約1億人だったのが1000年後には約2億人に増え、17世紀の終わりごろには6億人ほどであった。しかし18世紀に産業革命がおこると人口増大がスタートし、19世紀の終わりごろには16億人ほどになった。そして、その後は人口爆発が急激に増え続け、現在では約77億人の人々がこの地球上に住んでいる。さらに現在のような人口増加がこのまま続くと、2050年には、世界の人口は90億人に達すると考えられる。そのため、食料をはじめとする資源の不足が予想され。今日では、このことが世界全体の大きな問題となっている。世界の人口は、地球上に一様に分布しているのではない。自然の条件や開発の程度、生活のしかたなどによって、人口密度の高い所と低い所がある。一般に平地で、気温や降水量に恵まれ、生産活動の活発な所には、人口が集中している。世界には、ニューヨーク、ロンドン、東京などのように、人口の集中がいちじるしい都市がある。最近は、都市への人口集中が世界的に目立っており、各地で、人口100万人以上の巨大都市が生れている。

  現在、世界には195の独立国がある。世界の人々は皮膚の色、髪、骨格などがちがっている。このような身体上の特徴によって区分すると、世界の人々はコーカソイド、モンゴロイド、ネグロイド、オーストラロイドに大別される。これに対して、世界の人々を、言語・習慣・宗教など、歴史的・文化的な違いによって区分したものが民族である。世界の国々の多くは、一つの国の中に複数以上の民族をふくんだ多民族国家である。(純粋な単一民族国家というのは存在しえず、ほとんどの国家が多民族国家であるということもできる)

2020年8月15日 (土)

日本難読地名の話

Img_1464510_58854395_0  かつて沖縄北方担当相の島尻安伊子が、北方領土の1つである「歯舞」の漢字を読めなかった。「はぼまい」は中学校の社会科の教科書にも出ていて義務教育レベルの話でそれほどの難読地名ではない。日本には難読地名は多い。古代、中世の地名が現在も苗字、町名などに残ってる場合がある。畔蒜(千葉県袖ヶ浦市)、枳原(宮城県高千穂) 訓覔(広島県高田郡高宮町) 不入斗(神奈川県横須賀市、千葉県富津市) 挙母(愛知県豊田市) 寒河江(山形県)。「あびる」「げずはら」「くるめき」「いりやまず」「ころも」「さかえ」。千葉県匝瑳市(そうさし)、鹿児島県姶良市(あいらし)、埼玉県加須市(かぞし)、山口県下松市(くだまつし)などもなかなか読めない地名である。奈良県五條市の賀名生。梅の名所で「あのう」と読む。

 

 長野県と群馬県の県境に跨る山、四阿山。標高2354mで日本百名山の一つ。「あずまさん」と読む。大分県高島にある海獺碆灯台。「あしかばえ」と読む。千葉県船橋市鈴身町に「行行林」という地名(字名)がある。その読み方はたいへん難しくて「おどろばやし」と読む。淡路島にある弥生時代の遺跡「五斗長垣内(ごっさかいと)遺跡」。考古学の遺跡名は字(あざ)を使用することがあるので難読名が多くある。大阪の靭公園。「うつぼ」と読む。山形県の及位(のぞき)。岡山県真庭市にある呰部(あざえ)。岩手県猊鼻渓(けいびけい)。東京都麻布の狸穴(まみあな)。大阪市西区の立売堀(いたちぼり)。大分県の玖珠(くす)、佐賀県の目達原(めたばる)、京都府の祝園(ほうその)、茨城県牛久市の女化(おなばけ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月14日 (金)

浴衣まつり

4_large   夏の風物詩「姫路浴衣まつり」。その起源は寛保2年(1742年)の話。3代目藩主、榊原政岑(1713-1743)は江戸の吉原の高尾大夫を落籍するほどの遊女遊びが好きだった。これが徳川吉宗の怒りを買い、懲罰的な越後高田へ転封が命ぜられる。政岑は長源寺に長壁神社を移し、遷座祭を開催し、町人に浴衣姿での参加を認めたことから「姫路ゆかた祭り」が始まったとされる。今年はコロナ感染の影響で中止された。オリコンニュースでは「浴衣が似合う女性タレント」で新垣結衣が吉永小百合をおさえて第一位に輝いた。私的には和装の所作を総合すると祇園の紗月が一番か。また本物はんなり京美人のAKB横山由衣。

 

 

2020年8月10日 (月)

意外な国内生産量第1位

Imagecamn5vk6   栃木県といえば干瓢。巻き寿司の具材のほか、ロールキャベツや餅巾着をしばる紐などとしても使われるが、食材のなかでは、地味な脇役としての役回りが多く、脚光を浴びることはほとんどない。 手袋の年間生産量日本一は香川県。スキー靴の生産量第1位は奈良県(雪国でもないのに)。そして釣針の生産量第1位は兵庫県で、全国の90%を占めいている。

 

うめ(和歌山)

 

柿(和歌山)

 

学生服(岡山)

 

辛子明太子(福岡)

 

乾しいたけ(大分)

 

干瓢(栃木)

 

キャベツ(群馬)

 

牛乳(北海道)

 

薬瓶(滋賀)

 

靴下(奈良)

 

グローブ(奈良)

 

鯉のぼり(埼玉)

 

コンニャク(群馬)

 

サクランボ(山形)

 

将棋駒(山形)

 

真珠(愛媛)

 

すいか(熊本)

 

墨(奈良)

 

タイル(岐阜)

 

卵(茨城)

 

足袋(埼玉)

 

タマネギ(北海道)

 

たんす(福岡)

 

茶(静岡)

 

チューリップ(富山)

 

手縫い針(広島)

 

トイレットペーパー(静岡)

 

なし(鳥取)

 

日本酒(兵庫)

 

花(愛知)

 

歯ブラシ(大阪)

 

刃物(岐阜)

 

ピアノ(静岡)

 

ビール(愛知)

 

麻雀牌(和歌山)

 

マッチ(兵庫)

 

眼鏡フレーム(福井)

 

木炭(岩手)

 

やすり(広島)

 

リンゴ(青森)

 

割り箸(奈良)

2020年8月 9日 (日)

ピサの斜塔とガリレオ

   イタリアのピサにある大聖堂の鐘塔。パレルモ沖でサラセンの艦隊を破ったことを記念して、1173年のこの日、ボナンノ・ピサーノ(1150-1200)の設計で着工された。建設途中から徐々に傾斜したが、そのまま建て、1350年に完成。16世紀にガリレオ・ガリレイがここで落下の実験をしたというエピソードは有名であるが、実際には行われていないと考える研究者が多い。(8月9日)

 

 

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30