無料ブログはココログ

2019年6月 9日 (日)

愛しのモナリザ

Mona_lisa

   世界でいちばん愛されている絵画はレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」であろう。レオナルドはこの作品を描くとき、モナリザの気持ちをさわやかにするために、音楽師をそばに置いて、静かな美しい極を演奏させたという。これまで世界の芸術家たちがこの絵に憧れて、幾多の模作、偽作を残している。2008年イタリアで「ダビンチ幻の肖像画」が見つかった。科学鑑定の結果、「ルカニアの肖像画」はダビンチの真筆と考えられる。

F0166288_21124153 Img_994972_20283834_1 Img16dda2f0zik7zj Img_1035881_37688435_1 E383a2e3838ae383aae382b6e3839ee383a 20050328173243 Davich200606195d Img37013457zik7zj E383a2e3838ae383aae382b6e382a2e383b 39b5969b9f28751c8edf1d8b54217432500 1447fc6d 1985 20080523t12_16_28e3c41 070428b 73803_170308446314547_1484154218371 20070129_1_1170034453_atgb A302_z1 Bebfb07d Bigfootmonalisa Cmyeouxalwa E383a2e3838ae383aae382b63 Image16 Img100218103725 Img_37_1633_2 Img_1023207_25508209_2_2 Img__2 Img_0013 Img_ Imgfcf47e0azik3zj_2 K25195053 M_e383a2e3838ae383aae382b6efbca1 Monalisa0 Monalisa1_s Monalisa2 Monariza O0397060011333555703 O0397060011341908980 O0397060011346302185 Pw04991l Qlxwkzq2ihs Time_04 Wiremeshmonalisa002 1001 1002 1003 1004 1006 1005 1008 1009 10010

2019年6月 3日 (月)

日本にある印象派シスレーの絵画

Img_0002
「サン・マメス6月の朝」
1884年 ブリジストン美術館蔵 

    印象派の巨匠シスレーの「サン・マメス六月の朝」は東京・ブリヂストン美術館の至宝である。6月の朝の光のさわやかさを、遠近法のうちに、鮮やかな光と影の入念な描き分けによって惜しみなく表現している。樹葉のひろがりに点綴された色斑の筆触も制御されたものであり、色彩も豊潤である。サン・マメスはパリ近郊の田舎町で何度も描いているが、シスレーは一度も住んだことはなかった。

   「彼はすぐれた空の画家であり、エーテルの奥行きを表現し、この広がりの中に雲の群れを浮ばせることを知っていた。彼は、晴れやかな自然への愛をもって、ある一日の風景の魅力や穏やかさを彼なりに表現した」(ギュスターヴ・ジェフロワ)

東京のブリジストン美術館にはほかに2枚のシスレーの作品がある。

 

Sislay
 「シュレーヌのセーヌ河」1879年

 

1
 「森へ行く女たち」 1866年

2019年5月 8日 (水)

この名画はジャンヌ・ダルクではない

Marianne20de20delacroix フマキラーのゴキブリ革命のCM。教科書にも載っているドラクロワの有名な絵画「民衆を導く自由の女神」が使用され、「フランス革命」というナレーションがつけられる。これは間違い。フランス革命より40年くらい後の七月革命に想を得て描かれた作品である。もっと酷いのはジャンヌ・ダルクに間違われることがある。広瀬すずの ドラマ「学校のカイダン」第7話。謎の男、雫井彗を演ずる神木隆之介がドラクロワの絵を指して「ジャンヌ・ダルクも下からのし上がってきた」と説く。このドラマには仏百年戦争の英雄ジャンヌ・ダルクの名前がしばしば引き合いに出される。ジャンヌ・ダルクにしては乳房が豊満すぎるし、百年戦争当時はまだフランス国旗や銃はなかった。ルーヴル美術館にあるこの絵画を観て、なぜかジャンヌ・ダルクだと勘違いしている日本人観光客は多いという。三色旗を持っている女神は、戦闘で弟を失い、仇を討とうと奮戦したアンヌ・シャルロットという洗濯女の伝説をモデルにしているという説がある。(7月27日)

 

 

2018年5月11日 (金)

ダリの窓

Img_0013 窓辺の人物 1925年

   本日はサルバドール・ダリ、1904年の誕生日。この絵はダリがマドリードの美術学校を退学処分された青年時代の作品。キリコのような不可解で不安をかきたてるような雰囲気。少女がうしろ向きで外の景色をながめているが、何を思っているのだろう。モデルはおそらく妹のアナ・マリアであろう。動物的本能で窓辺よりも女性のお尻に目がいってしまう。(5月11日)

2017年8月 4日 (金)

ローマの美術館

D0187477_22212818
  ローマのドリア・パンフィリ邸

  永遠の都ローマには、世界に誇る貴重な芸術・遺跡があふれています。そして長い歴史ゆえに、多くの美術館や博物館がある。ローマ国立博物館、国立近代美術館、カピトリーニ美術館、ローマ文明博物館、ボルゲーゼ美術館、バチカン博物館、ドーリア・パンフィーリ美術館、コロナ宮、ローマ現代アート美術館。

 ドリア・パンフィーリ美術館はローマのヴェネツィア広場寄りのコルソ通りにある。この絵のようにローマの松は下の部分がごっそりと刈り込まれていて上のほうがブロッコリーのような形に葉が整えられている。

アラ・パキス美術館は帝政ローマの初代皇帝アウグストゥスが建造した「平和の祭壇」がある。

2016年10月18日 (火)

逆さまの絵

Yoshihara    具体美術協会の吉原治良(1905-1972)の作品に、禅画の円相図を思わせるようなただ円を描いただけの単純な絵がある。美術館で逆さまに飾っても誰もおかしいと気がつかないかもしれない。実際にアメリカの美術館でマチスの絵が逆さまに飾られたことがあった。1961年10月18日からニューヨーク近代美術館でマチス展が開催された。12月3日の夕方、美術館を訪れたある人が、カタログの絵と展示された「舟」を見比べて、ある間違いに気づいた。ヨットが水面に映されている単純な絵だが、何と、逆さまに展示されていた。それまで11万6000人の来客があったのに、誰一人として気づかなかった。結局、絵が正しく展示されたのは最終日の1日だけであった。

 

Fune
  アンリ・マチス「舟」

2016年9月 7日 (水)

カミーユ・ピサロ

Img_0003
 ピサロ
 「朝のコーヒーを入れる農家の娘」1881年
 シカゴ・アート・インスティテュート蔵

    ピサロは、この作品と「棒切れを持って坐る農家の娘」を一時最高の出来栄えの作品と言っている。息子に宛てた手紙には次のようにある。「お前は、私がもし再び出品するなら最高の作品をロンドンに送るべきだという。…しかし最高作が何かと自問するとき、誰でも大いに困るのだということはお前にもわかるだろう。「朝のコーヒーも入れる農家の娘」と「棒切れを持って坐る農家の娘」をロンドンに送っているのかというが、もちろんこれ以上完成された会心の作品を私には送れない。けれどもこれらはロンドンでは無器用とみなされた。…私が、田舎者の気質をもち、陰気な人間で、絵が荒削りの野性味をもっていることを思い出してくれ…」

    カミーユ・ピサロ(1830-1903)は西インド諸島のセント・トーマス島に生まれた。1855年、画家を志してパリに出て、アカデミー・シュイスに学ぶ。万国博覧会の美術展でコローの作品に感激してから、風景画一筋の制作を始め、サロンに出品するがいずれも落選。1863年の落選画展にはじめて並んだ。1870年の普仏戦争の時はロンドンに難を逃がれ、そこでモネとともにターナーらのイギリスの風景画を研究。戦後パリ北西郊外のポントアーズに居を構えて、ふたたび質朴な田園風景を連作。モネらと印象派グループ展に参加し、以後同派の最年長者としてただ一人毎回これに出品しつつげた。その作風は、印象派独特の技法を用いながら地味な堅実さを示し、モネやシスレーよりいっそう構成的な点に特色がある。

Photo
   「川のほとり」

Pikouen
 「公園」

2016年8月29日 (月)

今日の名画

Img_0007
ピサロ 「ルーアンの波止場」 1883年

   1883年9月から11月の間にルーアンで制作され、眺めは、ラクロワ島からセーヌ沿いに東側を見ている。そして河の彼方には、ケイ・ド・パリの工場群が見え、その背後の丘の上には、ノートル・ダム・ド・ボンスクール大聖堂のシルエットが現われている。カミーユ・ピサロ(1830-1903)は、1883年秋、ユージェーヌ・ミュレルの経営するホテルに3ヶ月間逗留した。ミュレルの本職はパン造りで、画家のアルマン・ギヨーマンの幼な友だちであったために、ギヨーマンを通じて他の印象派の画家たちとも知り合った。数年前、株式仲買人としての経歴を捨てて絵画に専念しようとしたゴーギャンも、1883年11月にルーアンにやってきてピサロと合流している。

2016年2月21日 (日)

セーヌ河のイエナ橋

Img_0011
 ゴーギャン セーヌ河のイエナ橋 1875年

   色彩も線もまだゴーギャンの特徴はみられない。広大な展望と緻密な描写による静寂な雰囲気がある。イエナ橋はパリのシンボル、エッフェル塔の下に架かる橋であるが、エッフェル塔が1889年に建設されたのでもちろん描かれていない。

2015年12月 2日 (水)

前田利長とサル

Img_0014

  来年の干支は申(さる)。この水墨画は長谷川等伯による重要文化財「枯木猿猴図」。枯れ木にぶら下がり、枝から枝へとわたろうとする、小猿の姿がいきいきと描かれている。このモデルのサルは、ある晩、絵の前で寝ていた前田利長(1562-1614)の髪をつまんだ。利長は、怒って即座に短刀でサルの腕を切り落とした、という伝説が残っている。「枯木猿猴図」は、もとは加賀の小松城に伝わる屏風であったが、現在は京都の龍泉庵にある。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30