無料ブログはココログ

2019年5月31日 (金)

「糀」この漢字、読めますか?

  新大阪駅改札横のカフェでランチ。お店の名前が「糀」、この漢字、読めますか?「こうじ」です。読めない漢字を見つけると、手帳に書き留めておく。あとで辞書を引いていろいろと調べる。「女三人寄れば姦しい」女性はおしゃべりだが、寄り集まるとさらにうるさい、という意味だが、なぜ三人か。「姦(かしま)しい」という字が「女」の字三つからなっていることに通わせて言ったものらしい。この漢字、読めますか?

1 蚯蚓

 

2 守宮

 

3 

 

4 

 

5 栄螺

 

6 章魚

 

7 

 

8 若布

 

9 萱草

 

10 枳殻

 

11 蛞蝓

 

12 海月

 

13 公魚

 

14 杜若

 

15

 

16 蜀魂

 

17 雲丹

 

18 

 

19 海鼠

 

20

 

21

 

22 這般

 

23 剴切

 

24 真秀

 

25 孑孑

 

26 飛蝗

 

27 天牛

 

28 螽斯

 

29 壁蝨

 

30 蝦蛄

 

31 熨斗

 

32

 

33 覆盆子

 

34 胡獱

 

35 木賊

 

36 素面

 

37 羚羊

 

38 裾濃

 

39

 

40

 

41 水雲

 

42

 

43 縷蛄

 

44 牛蒡

 

45 淪落

 

46 虎杖

 

47 忝し

 

48 楸

 

49 柳葉魚

 

50 菟葵

 

51 鴇

 

52 雲脂

 

1みみず 2やもり 3いたち 4むじな 5さざえ 6たこ 7ぶり 8わかめ 9わすれぐさ 10からたち 11なめくじ 12くらげ 13わかさぎ 14かきつばた 15ひわ 16ほととぎす 17うに 18しじみ 19なまこ 20まぐろ 21かじか 22しゃはん 23がいせつ 24まほ 25ぼうふら 26バッタ 27かみきりむし 28きりぎりす 29だに 30しゃこ 31のし 32ともづな 33いちご 34とど 35とくさ 36しらふ 37れいよう 38すそご  39そひ 40インチ 41もずく  42ふいご 43けら 44ごぼう 45りんらく 46いたどり 47かたじけなし  48ひさぎ  49ししゃも 50いそぎんちゃく 51とき  52ふけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月21日 (火)

字形類似の漢字の話

   クイズ番組。「回答」か「解答」か。漢字の使い分けは難しい。テレビなどのテロップ文字で誤字をよくみかけることがある。ことに漢字には多くの種類があり、字形がよく似ている字がある。「焉馬(えんば)の誤り」という言葉がある。「焉」と「馬」とは字形が似ていて間違いやすいことから文字の誤りのことを意味する。

 今年の箱根駅伝のテレビ中継のテロップ」。「たすき」を「欅」と誤って表示。「襷(たすき)」と「欅(けやき)」の漢字はつくりが同じで間違いやすい。

林修先生がNHKで「雹(ひょう)」という漢字を間違える。「雨」かんむりの下の字が「包」となっていた。「包」と「苞」は似ている。「同胞」と「雹」も要注意!「包」「泡」「飽」「港」は「己」、「雹」「鮑」「鞄」は「巳」。天皇皇后両陛下に対する「国民代表の辞」を読み上げる際、安倍首相は「願って已みません」が読めなかった。痛恨の極みである。

巳 シ み

已 イ すでに・やむ

己 キ・コ おのれ

 これらの文字は、とくに蛇と糸すじの象形で字形が似ているので紛れやすい。「土」と「士」、「未」と「末」、一画の長さでまったく異なった意味の文字になる。むかし新聞などで「天皇陛下」を「天皇陸下」を誤字したことがあった。

    とかく漢字には紛らわしいものが多い。「微」と「徴」。「門」と「問」。「紛失」の「紛」と「粉」。「牛」と「午」。「宣」と「宜」。「壁」と「璧」。「樋」と「桶」。「冒」と「昌」。「欧」と「殴」。「萩」と「荻」。「刺(し、名刺)」と「剌(らつ、溌剌)」。「貪」と「貧」も似ているが、「貧」は、分+貝、貧しいという意味。「貪」は、今+貝、むさぼるという意味で、まったくの別字である。「弊」と「幣」。「弊」は、破れてボロボロになる、つかれる。「弊害」。一方、「幣」は神に供える絹、客への贈り物、宝物、おかねといった尊いものを表す字。「貨幣」。「冷」と「泠」 にすいとさんずい。

    杮落しの「杮」と「柿」。崇徳天皇の「崇」と「祟(たたり)」。[鳥(とり)」と烏(からす)」。「己(き)」と「已(やむ)」「巳(み)」、「戊(ぼ)」「戌(いぬ)」「伐(ばつ)」「戍(じゅ)」「戎(えびす)」「戉(まさかり)」が紛らわしい。紛らわしい漢字の覚え方として、「瓜にツメあり、爪にツメなし。牛にツノあり、午にツノなし」という歌がある。

     「僕」「撲」「樸」も紛らわしい漢字の1つ。これらはみな「ボク」と読む同音異字。僕は「しもべ」という意味で熟語には「家僕」がある。撲は「うつ」という意味で熟語は「撲滅」がある。樸は「切り出したままの材木」という意味で「朴」と同じで「樸訥」(飾り気がなく、口べた)という熟語がある。

 「嬴」「贏」「蠃」「羸」「臝」という漢字もある。「嬴(エイ)」は秦の姓。「贏(エイ)」は儲ける、勝つの意味。「蠃」は螺(ラ)の本字。「羸(ルイ)」は痩せるの意味。「臝(ラ)」は虎、豹のたぐい。このほかに、「驘」は騾の異体字もある。

 儒家の「荀子」と「筍(たけのこ)」。「壁ドン」と「完璧」。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月 5日 (日)

慧眼

  慧眼とは、物事を見ぬく力がするどいこと。手元にある旺文社標準国語辞典には「慧」の文字の横に△が付けられている。常用漢字表にない漢字という意味だ。子供の名前には常用漢字表と人名用漢字表にある漢字が使える。陸上選手に高瀬慧がいる。ケイと読む漢字は常用漢字で28字、人名用漢字で8字ある。人名用漢字は「勁」「卿」「圭」「奎」「慧」「桂」「繋」「馨」である。

漢字の意味がわからない「憩室」

 「チコちゃん叱られる」に「なつぞら」の広瀬すず、吉沢亮がゲスト出演。恒例のチコちゃんの意地悪な漢字テスト。「休憩」という漢字が書けない2人。最近の若者は漢字を正確に書けなくなった。その理由は携帯電話やメールなどITが普及し、文字を手書きする機会が減ったことが影響している。ところで「憩」の漢字は画数も多く、あまり馴染みがない。常用漢字に含まれるのは、労基法なとで「休憩」の漢字が不可欠だからだろうか。「憩」の漢字が入り構成されている熟語には「休憩」のほかには「少憩」「小憩」「憩息」「憩室」がある。「憩室」というのはあまり聞きなれない言葉だ。腸などの一部分が飛び出る症状を意味する。「憩室炎」「大腸憩室症」という医学用語もある。漢字をあまく見てはいけない。常用漢字でも知っていると驕らず、毎日漢字を書くことをお奨めする。読解力を支えるのは語彙力であり、さらにその根幹となるのは漢字力である。

人名用漢字「龍」はややこしい

002ryuold   5675

 

    お父さんが、生れた男の子に「龍馬」と名付けた。早速、役所に出生届を提出すると、窓口で係員から「人名用漢字表の龍の左上の1画目は、横棒の「一」である」といわれた。多くの漢和辞典が「龍」の1画目を縦棒「|」で掲載しているのに、お父さんは不承不承で横棒で提出した。でもやっぱり縦書きで書くとき、縦棒のほうがカッコいい。なんとかならないのだろうか。

 

 

2019年3月 3日 (日)

「若気る」 この漢字読めますか?

 クイズ番組「ネプリーグ」原田泰造が林修先生に漢字を出題した。ところが残念なことに先生でも「にやける」という漢字が書けなかった。漢字が読めなかったり、書けないと笑われたり恥をかくことがある。漢字学習は毎日ひたすらトレーニングするほかない。

    石原裕次郎の映画主題歌。「♪あの娘が窃っと瞼を拭いた赤いハンカチよ~」「窃(そ)っと」と読む。「窃盗」などの熟語があるように「ぬすむ」の意があるが、ここでは「ひそかに」という意味。だが「そっと」という訓読みはほとんどの漢和辞典には見えない。作詞家・萩原四朗の当て字であろうか。

   次の漢字、全部読めますか?

1 夢寐にも忘れない

2 眼路を限る

3 を決する

4 

5 盥回

6 車前草

7 墓を発く

 明礬石

9 象潟

10 鹵簿

11 縹緻良し

12

13 死者への手向け

14 お相伴に与る

15 が緩む

16 屁理屈をねる

17 口を

18 跡をます

19 鼬ごっこ

20 一籌を輸する

21 掉尾を飾る

22 を叩く

23 素見

24 良心の呵責に苛まれる

25 手紙をめる

26 遏雲の曲

27まる

28 微酔

29 り泣く

30 響動

31 蕁麻疹

32 滾る

33 篳篥

1むび 2めじ 3まなじり 4かたじけない 5たらいまわし 6おおばこ 7あばく 8みょうばんせき 9きさかた 10ろぼ 11きりょうよし  12 ふ 13たむけ 14おしょうばんにあずかる 15たががゆるむ 16へりくつをこねる 17くちをつぐむ 18あとをくらます 19いたちごっこ 20いっちゅうをゆする 21ちょうびをかざる 22おとがいをたたく 23ひやかし 24さいなまれる 25したためる 26あつうん 27とりしまる 28ほろよい 29すすりなく 30どよめく 31じんましん 32たぎる 33ひちりき

「手紙を認める(したためる)」どうして「認」という字を使うのか?むかしは殿さまとかえらい人は自分で手紙を書くことはめったになかった。たいてい、祐筆等の書記が書いていた。殿さまたちは、口述筆記された手紙をサイン(花押)するだけだった。そこから、手紙の内容を確認する、という「認(みと)める=認(した)ためる」という意味で「認」という字が用いられられるようになったと考えられている。遏雲の曲とは、流れていく雲を遏(とど)めるほどの美しい音楽のこと。

2019年2月 6日 (水)

漢字3000年の歴史と漢字制限

    漢字はもともと中国でうまれたもので長い歴史のため現在伝えられる漢字は、5万字以上(「康熙字典」)あるいは8万5000字(「中華字海」1994)あるといわれるが、実際に日常生活で使われるのは7000字前後(JIS第2水準)だろうか。戸籍で用いられる漢字は、IPAによると、5万8861文字ある。

    NHK「美の壺 漢字」台湾国立故宮博物院所蔵の顔真卿が安史の乱で非業の死をとげた甥を悼んで撰した祭文の草稿「祭姪文稿」が東京国立博物館で公開されている。ほかに王義之、欧陽詢、懐素、空海らの作品が一堂に会する。番組では漢字の歴史をコンパクトにまとめている。現代中国では簡体字のほかに、繁体字復権の兆しがあるのも興味深い。

    わが国の所謂「国語国字問題」での大きな節目となるのは幕末維新、文明開化の明治初期、昭和20年の敗戦時、そして現在であろう。前島密は郵便制度を日本に創った人物として知られているが、将軍徳川慶喜に「漢字御廃止の儀」を上申している。ついで明治になって、南部義籌(よしかず)や西周らは漢字を廃止しローマ字採用を唱えた。敗戦後、GHQは日本人の識字率が高かったので、ローマ字国字論は消えた。志賀直哉のように日本語そのものをなくしてフランス語にという極論も許されるほど価値観は混乱していた。文部省は昭和21年、戦前の常用漢字、標準漢字を修正して、当用漢字1850字を定めた。このとき当用漢字以外に人名用として特別に漢字92字が定められた。(その後も人名漢字285字と増加し、現在983字)。当用漢字は昭和54年に見直され、常用漢字1945字となった。つまり常用漢字と人名漢字と合わせた2928字が赤ちゃんの名前に使える漢字なのである。本年6月には改定常用漢字2136字、と増加する。

   漢字には長い年月にわたる東洋文化の英知が込められている。国民教育の普及に障害となるので明治以来、漢字制限と漢字普及で揺れているが、現代のような高学歴社会では逆に難読漢字を駆使しようとする漢字検定ブームも見られる。これから漢字の運命はどうなるのだろうか。漢字制限への批判を考慮してか、「改定常用漢字答申案」には「漢字表内の漢字だけで文章を書かねばならないという制限的なものではなく、振り仮名などを用いれば表外の漢字も使える」としている。

2019年1月 3日 (木)

外国人名の漢字表記

Xinsrc_25212042516062651073532_2   シェイクスピアを「沙翁」と書かれるのはよく知られているが、「卓別麟」「基辛格」を、「チャップリン」「キッシンジャー」と読めるだろうか。欧米人名を漢名あるいは漢訳名で表記することは明治の日本や中国で幾種類の表記がされてきた、ここではおよそ中国でなされている一般的な表記をあげる。 中国では西洋人名・事物をすべて音訳して、もとの発音に近い漢字で表記する。

アインシュタイン 愛因斯坦

アウグスティヌス 奥古斯丁

アウグストゥス 奥古斯都

アクバル 亜格伯

アーサー 亜撒

アショーカ 阿育

アムンゼン 阿夢森

アルキメデス 阿基米得

アレキサンダー 亜歴山

アンデルセン 安得仙  安従生

イエス  耶蘇

イソップ 伊曽保

イプセン 易卜生

ウィリアム・テル 維廉・底爾

ウェーバー 韋伯

ウェブスター 韋白斯特

エジソン 愛迪生(恵智遜)

エマーソン 愛黙生

エリザベス 以利沙伯

エンゲルス 恩格思

オバマ 奥巴馬

カエサル 該撒

ガリバルディ 加里波地

ガリレオ 伽利略

ガンディー 甘地

カント 康徳

キッシンジャー 基辛格

キリスト 基督

グーテンベルク 哥天百格

グラッドストーン 虞蘭得将軍

グリム 格林

クレオパトラ 久麗王葩都羅

クロムウェル 格朗穵

ゲーテ 歌徳

ケネディ 肯尼迪

ゴーゴリ 果戈里

ゴッホ 梵高

コロンブス 哥倫布(閣龍)

ザビエル 雑未耶

シーザー 獅威挫

シェークスピア 沙士比阿

シーボルト   施福多

ジャンヌ・ダルク 惹安達克

シューベルト 叔伯特

シューマン 叔曼

ショパン 蕭邦(肖邦、暁邦)

ショーペンハウアー 叔本華

シラー 席勒 昔爾列爾

ジンギスカン 成吉思汗

スターリン 斯達林

ソクラテス 瑣格刺底

ゾラ   佐拉

ダーウィン 达爾文

ダンテ    丹第 、丹丁

チェーホフ  柴霍甫

チャイコフスキー 柴可夫斯基

チャーチル 察赤爾、丘吉尓

チャップリン 卓別麟

チョーサー 綽塞

ディケンズ 迭更斯

ディズニー 迪斯尼

デカルト 笛卡児

テニソン 丁尼生

デュマ 仲馬 杜馬

トゥルゲーネフ 屠格涅夫

ドゴール     載高東

ドストエフスキー 陀斯妥以夫斯基

ドビュッシー    徳布西

トルストイ 托爾斯泰

ナイチンゲール 奈亭給爾

ナポレオン 拿破崙 奈破崙 奈破翁 那破翁

ニーチェ 尼妥

ニュートン  奈端 牛頓 紐頓

ヌルハチ 奴児哈赤

ネルソン 寧耳遜

ネロ     尼禄

ノーベル   諾貝尓

ハイドン   海頓

ハイネ   海涅

バイロン  拜倫 

パスカル  巴斯格

バッハ    巴哈 巴赫

バルザック 巴爾扎克

ピョートル大帝 彼得大帝

ヒラリー・クリントン 希拉里克林頓

フォーレ  佛瑞 

プーシキン 普希金

プーチン  普京

ブッダ    仏陀

フビライ   忽必烈

プラトン   普拉土 柏拉図

ブラームス 勃拉姆斯

フロイト    弗洛伊徳

ヘーゲル   海格爾

ヘッセ     蘇塞

ベートーベン 貝多芬 比沙文

ペリー     彼理

ホッブズ    霍布斯

ホメロス     荷馬

マッキーバー 馬雪浮

マテオ・リッチ 利瑪竇

マホメット 馬何美 馬哈黙

マーラー 馬勒

マルクス 馬克思

ミケランジェロ 弥開爾安曰洛

ミルトン  彌爾敦

メーテルリンク 梅徳林克

メンデルスゾーン 孟徳爾頌

モーゼ    摩西

モーツァルト 莫扎特

モリエール 莫里哀

モンテーニュ 孟泰尼

ユゴー 維夕爾

ライプニッツ 来布尼疵

ラスキン 拉斯金

ランボー 蘭波

リスト   李斯特

リンカーン 林肯 琳閣倫

ルター 路徳

ルソー 盧騒

ルノワール 雷諾同

レオナルド・ダ・ヴィンチ 達芬奇 雷渥那徳

レーニン    列寧

ロダン    羅丹

ロック    洛克

ロッシーニ 羅西尼

ロムニー  羅姆尼

ワシントン 華盛頓、華聖頓

ワット    瓦徳

ワレンシュタイン 華倫斯坦

参考:漢訳・漢名西洋人名字典 仙田正雄等編 天理大学学芸部図書館研究室 1964

2018年12月18日 (火)

行雲流水

Iseiseimei

   Qさま。天明麻衣子が難問を「行雲流水」と見事に解答して優勝。意味は自然のままに動き回るもののこと。行く雲、流れる水、という。物事に執着しない意味にも用いる。夏目漱石・吾輩は猫であるに「なあに、二、三行ばかりですがね。その文は行雲流水のごとしとありましたよ」とある。幕末から明治にかけて四字熟語が流行した。西郷隆盛の「敬天愛人」ほど知られていないが、大久保利通は「為政清明」をモットーにしていた。明治11年5月11日朝、福島県令山吉盛典に「為政清明」と揮毫したあと、暗殺に遭い、不慮の死を遂げた。

0005_l 0181
  為政清明       敬天愛人

2018年11月19日 (月)

大木伸夫「鉃路の男」

180pxokinobuodsceptetsuronootoko

   ネプリーグの漢字問題で吉岡里帆や井浦新が「率直」を「卒直」と書いて間違えた。しかし広辞苑などを引くと「率直」の項には「卒直ともいう」とあり、「卒直でも可」と容認する意見も一部にはある。「率」には、こだわらない、素直なという意味があるが、「卒」にはこうした意味がないことから「卒直」が国語的には不正解である。だが「卒」のほうが「率」よりも字画が少なく書きやすいことや、むかしから誤字が多くて、まあ大目に見ようというものらしい。もちろん書き取りテストでは「卒直」は×である。むかしTBSの「アッコにおまかせ」峰竜太のコーナーで「変なレコード・ジャケット」を紹介していた。古いレコードには様々な思いでがあって懐かしいものだが、ここでは基本的には大阪弁でいう「オチョクリ」が基本テイストだ。ある日、紹介された曲が大木伸夫の「鉃路の男」。浪曲師出身の有名な歌手だったが、そのころ既に過去の人として忘れられていた。ジャケットの文字「鉃」の字が間違っているというのである。たしかに「鉄」の字は「金」へんに「失」が正しい。学校の先生ならば、×をつけるだろう。なぜわざと「鉃」の字を使ったのか鉄道関係者ならわかっている。むかしから、鉄道の世界では「金」が「失う」では縁起がわるいので、わざと「鉃」の字を書くことがあった。

  国鉄赤字の分割・民営化のとき、鉄道会社のデザインの文字に「鉃」の字が使われた。これに対して、朝日新聞の投書で「小学五年の長女から「どうして変えるの」と聞かれて困まりました。国鉄が「字体の縁起が悪い」のを理由に変える前例となれば、ほかの鉄道会社などもまねするかもしれないし、漢字の乱用にもつながります。大人たちが自分の都合で変えるのは、子どもの教育にもよくありません。」(「金より良識失う」)として反対の声が上がった。国鉄は「鉃の字は常用漢字にはないが、「難字大鑑」(柏書房)には俗字として載っており、旧字体からみれば鉄も俗字で、決して誤字ではありません」と強弁した。これに対して漢字学者からは、「鐡」の略字に「鉄」があてられたのは「秩」「跌」「迭」など「-ツ」とういう音がすべて「失」にもとづいているからである。「鉃」という字では「テツ」という音は出てこない。縁起をかついだだけの「ウソ字」「誤字」であるとされた。ポスターやデザインで使うだけならそれほど問題はないと思うのだが、この「鉃の字」問題はヒステリックな状況の中で忘れ去られていった。もちろん法務局の通達などで「戸籍の氏名欄に記載されている誤字・俗字の一覧表」にあるので、いつでも改正が認められる。またJIS第二水準の漢字にもあるので、このように表記できる。日本独自の伝統としてはかすかに残っているのである。JRではいまでも正式名称として「東日本旅客鉃道株式会社」というように、よく見ると「鉃」の字の右側は「「失」ではなく「矢」となっている。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31