無料ブログはココログ

2022年9月25日 (日)

81人のスターたち

N0029784

 安室奈美恵が引退。彼女は「平成の歌姫」と呼ばれた。昭和のアイドルの多くは「スター誕生」という番組から生まれた。スタ誕は、1971年10月3日から1983年9月25日までに亘って放送された、日本テレビの視聴者参加型歌手オーディション番組。12年間に200万人がスターを夢みて応募し、その中から、森昌子を第1号に、三橋ひろ子、コスモス、南陽子、最上由紀子、桜田淳子、菅原昭子、山口百恵、シルビア、藤正樹、城みちる、伊藤咲子、しのづかまゆみ、片平なぎさ、小林美樹、岩崎宏美、黒木真由美、北村優子、新沼謙治、神保美喜、朝田のぼる、浦部雅美、清水由貴子、ピンク・レディー、神田広美、太川陽介、渋谷哲平、石野真子、大橋恵理子、金井夕子、北野玲子、ポップコーン、井上望、甲斐智枝美、柏原芳恵、杉田愛子、小泉今日子、中野美紀、河上幸恵、中森明菜、水谷絵津子、吹田明日香、松本明子、太田貴子、高橋美枝、岡田有希子など81人もの歌手がデビューした。そのうちで現在まで第一線の歌手として活躍しているのは森昌子、岩崎宏美、新沼謙治、伊藤咲子、柏原芳恵、中森明菜の5人くらいか。(ほか俳優としては数名いる)それまで(天地、小柳、南)アイドルはあくまでその名の通り偶像であり、憧れの対象でしかなかった。が「スター誕生!」から生まれたアイドルは、より親しみやすく、ファンの日常に入り込んできた。「百恵ってイイよなあ」「え!?百恵はオレのものだ。お前は淳子にしとけよな。」などという会話が学校でかわされ、「親衛隊」が結成され始めたのもこの頃だ。中三トリオというネーミングも、まさに、そこを狙ったものだろう。中三が高一になり高二になり、ファンとともに成長を続けたアイドルたちだった。81人のスターたちの中でいちばん選考が分かれたのは中森明菜だろう。阿久悠、都倉俊一、松田敏江などは明菜を評価しなかった。中村泰士ただ一人だけが「点をつけられないほど良い」と100点満点をつけた。掲示板には三ケタがないので実際は99点だった。結局、中村の強い後押しで中森明菜が誕生した。

 

 

 

 

2022年9月24日 (土)

秋ドラマ

連続テレビ小説「舞いあがれ!」福原遥、高橋克典、永作博美。「PICU 小児集治療室」吉沢亮、生田絵梨花、高杉真宙。「エルピス」長澤まさみ、鈴木亮平、眞栄田郷敦。「商店街のピアニスト」優希美青、駒木根葵太。「つまらない住宅地のすべての家」井ノ原快彦、夏川結衣。「差出人は、誰ですか?」幸澤沙良、柄本時生。「束の間の一花」京本大我、藤原さくら。「科捜研の女 2022」沢口靖子、小池徹平。「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」松岡広大、中尾暢樹。「君の花になる」本田翼、高橋文哉、志田彩良。「北欧こじらせ日記」本田仁美。「ぴーすおぶけーき」下田公太、中村直。「ファーストペンギン」奈緒、堤真一。「親愛なる僕へ殺意をこめて」山田涼介、川栄李奈。「夫婦円満レシピ」佐津川愛美、千賀健永。「帰らないおじさん」光石研、高橋克実、清水麻璃亜。「ザ・トラベルナース」中井貴一、岡田将生、松平健。「silent」川口春奈、目黒蓮。「Sister」山本舞香、瀧本美織、溝端淳平。「自転車屋さんの高橋くん」鈴木伸之、内田理央。「永遠の昨日」井上想良、小宮璃央。「記憶捜査3」風間俊介、北大路欣也、上白石萌音。「クロサギ」平野紫耀、黒島結菜。「「最初はパー」市川猿之助、小籔千豊。「一橋桐子の犯罪日記」松坂慶子、岩田剛典。「最果てから、徒歩5分」岡田結実、内山理名、柳俊太郎。「祈りのカルテ」玉森裕太。「ボーイフレンド降臨!」高橋海人、田中みな美、桜井ユキ。「お父さん、私、この人と結婚します!」内田理央。「最高のオバハン中島ハルコ」大地真央、「アトムの童」山崎賢人、岸井ゆきの、松下洸平。「霊媒探偵・城塚翡翠」清原果耶、小芝風花。「サワコ」深川麻衣、趣里。「階段下のゴッホ」SUMIRE、朝井大智。

 

新作映画&旧作映画紹介

 毎年何百本と世に送り出される映画の中で、永遠に人々の記憶に残るであろう名作や、映画史に長く残るような傑作となるものはごく少数といえるでしょう。今月も邦画作品は小品が多いようです。

 2022年10月封切り映画。「もっと超越した所へ」前田敦子、菊池風磨。「耳をすませば」清野菜名、松坂桃李。「バッド・ガイズ」。「アフター・ヤン」コリン・ファレル。「スペンサー ダイアナのダイアナの決意」クリスティン・スチュワート。「七人の秘書」木村文乃、広瀬アリス。9月「沈黙のパレード」福山雅治、柴咲コウ。「さかなのこ」のん、柳楽優弥。「ヘルドッグス」岡田准一、坂口健太郎。「川っぺりムコリッタ」松山ケンイチ、ムロツヨシ。「百花」菅田将暉、原田美枝子。「LAMB ラム」ノオミ・ラパス。「ブレット・トレイン」ブラット・ピット。「ダウントン・アビ― 新たなる時代へ」ヒュー・ボネヴィル。8月。「ハウ」田中圭、池田イライザ。「TANG タング」二宮和也、満島ひかり。「異動命令は音楽隊!」阿部寛、清野菜名。「長崎の郵便配達」イザベル・タウンゼンド、谷口稜曄。「野球部に花束を」醍醐虎太朗、黒羽麻璃央。「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」クリス・ブラット。「ソニック・ザ・ムービー」ジェームズ・マースデン。7月。「コースブックおばけずかん」新垣結衣、城桧吏。「破戒」間宮祥太郎、石井杏奈。「ビリーバース」礒村勇人、北村優衣。「ベイビー・ブローカー」ソン・ガンホ。「ブラック・フォン」イーサン・ホーク。「リコリス・ピザ」アラナ・ハイム。「エルヴィ」オースティン・バトラー。6月。「メタモルフォーゼの縁側」芦田愛菜。「恋は光」神尾楓珠、西野七瀬。「神は見返りを求める」ムロツヨシ、岸井ゆきの。「峠」役所広司、松たか子。「オフィサー・アンド・スパイ」ジャン・デュダルジャン。「FREE」アニメ。5月。「鋼の錬金術師」山田涼介、本田翼。「流浪の月」広瀬すず、松坂桃李。「ハケンアニメ!」𠮷岡里帆。「死刑に至る病」阿部サダヲ。「シング・ア・ソング」クリスティン・スコット・トーマス。「オードリー・ヘプバーン」長編ドキュメンタリー。4月。「とんび」阿部寛。「やがて海へと届く」岸井ゆきの、浜辺美波。「英雄の証明」アミル・ジャディディ。「カモン・カモン」ホアキン・フェニックス。「ヒットマンズ・ワイプズ・ボディガード」ライアン・レイノルズ。「チタン」ヴァンサン・タンドン。3月。「ウェディング・ハイ」篠原涼子、中村倫也。「愛なのに」瀬戸康史、さとうほなみ。「猫は逃げた」山本奈依瑠。「ナイトメア・アリー」ブラッドリー・クーパー。「ベルファスト」ケネス・プラナー監督 カトリーヌ・バルフ。「THE BATMAN ザ・バットマン」ロバート・パティンソン。「MEMORIA メモリア」アピチャッポン・ウィーラセタクン監督。 2月。「ちょっと思い出しただけ」池松壮亮、伊藤沙莉。「ノイズ」藤原竜也。「嘘喰い」横浜流星。「Pure Japanese」ディーン・フジオカ、蒔田彩珠。「君が落とした青空」福本莉子、松田元太、横田真悠。「ゴーストバスターズ アフターライフ」マッケナ・ブレイス。「ウエストサイド・ストーリー」アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー。「フレンチ・ディスパッチ」ビル・マーレイ。1月。「決戦は日曜日」窪田正孝、宮沢りえ。「99.9・刑事専門弁護士」松本潤。「コンフィデンスマンJP英雄篇」長澤まさみ。「クライ・マッチョ」クリント・イーストウッド。「ハウス・オブ・グッチ」レディー・ガガ。「スパイダーマン:ノー・ウェイj・ホーム」トム・ホランド。2021年12月。「偶然と想像」古川琴音、中島歩。「彼女が好きなものは」神尾楓珠、山田杏奈。「ヴェノム・レット・ゼア・ビー・カーネイン」トム・ハーディ。「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」ティム・ロス。「ダーク・ウォーターズ」マーク・ラファロ。「ラストナイト・イン・ソーホー」トーマシン・マッケンジー。11月。「そして、バトンは渡された」永野芽郁、田中圭。「ボクたちはみんな大人になれなかった」森山未來、伊藤沙莉。「老後の資金がありません!」天海祐希、草笛光子。「カオス・ウォーキング」トム・ホランド。「ディア・エヴァン・ハンセン」ベン・ブラット。「リスペクト」ジェファー・ハドソン。10月。「CUBE一度入ったら、最後」菅田将暉、杏。「護られなかった者たちへ」佐藤健、阿部寛。「ルパンの娘」深田恭子。「G.I.ジョー」ヘンリーゴールディング。「キャッシュトラック」ジェイソン・ステイサム。9月。「マイ・ダディ」ムロツヨシ。奈緒。「空白」古田新太。松坂桃李。「総理の夫」田中圭。中谷美紀。「アナザーラウンド」マッツ・ミケルセン。「MINAMATA」ジョニー・デップ。真田広之。「モンタナの目撃者」アンジェリーナ・ジョリー。8月。「子供はわかってあげない」上白石萌歌。「ドライブ・マイ・カー」西島秀俊。「孤狼の血」松坂桃李。「キネマの神様」沢田研二。「すべてが変わった日」ダイアン・レイン、ケビン・コスナー。「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」ヴィン・ディーゼル。7月。「犬部」林遣都。「東京リベンジャーズ」北村匠海。「竜とそばかすの姫」アニメ。「17歳の瞳に映る世界」シドニー・フラナガン。「イン・ザ・ハイツ」アンソニー・ラモス。「プログラミング・ヤング・ウーマン」キャリー・マリガン。6月。「明日の食卓」菅野美穂。「キャラクター」管田将暉。アニメ「漁港の肉子ちゃん」明石家さんま、大竹しのぶ。「るろうに剣心 最終章」佐藤健。「Arc アーク」芳根京子。「ハチとパルマの物語」アレクサンドル・ドモガロフJr。「クワイエット・プレイス」ジョン・クラシンスキー、エミリー・ブラント。「Mr.ノーバデイ」ボブ・オデンカーク。「1秒先の彼女」リウ・ヴァンティン「グリーンランド」ジェラルド・バトラー。「カムバック・トゥ・ハリウッド」ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン。5月「いのちの停車場」吉永小百合が122本目の映画出演にして初の医師役に挑戦する。「地獄の花園」永野芽郁、広瀬アリス。「ヒノマルソウル」田中圭、土屋太鳳。「コジラvsコング」アレクサンダー・スカルスガルド。「ジェントルメン」マシュー・マコノヒー。「ファーザー」アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン。4月。「るろうに剣心 最終章」佐藤健。「ホムンクルス」成田凌、岸井ゆきの。「ゾッキ」吉岡里帆。「街の上で」若葉竜也、穂志もえか。「パーム・スプリング」アンディ・サムバーグ。「21ブリッジ」チャドウィック・ボースマン。「アンモナイトの目覚め」ケイト・ウィンスレット。3月「騙し絵の牙」大泉洋、松岡茉優。「まともじゃないのは君も一緒」成田凌、清原果耶。「奥様は、取り扱い注意」綾瀬はるか、西嶋秀俊。「モンスター・ハンター」ミラ・ジョヴォウィッチ。「トムとジェリー」クロエ・グレース・モレッツ。「アウトポスト」スコット・イーストウッド。「ノマランド」フランシス・マクドーマンド。2月。「哀愁シンデレラ」土屋太鳳、田中圭。「セトウツミ」池松壮亮、菅田将暉。「ファースト・ラブ」北川景子、中村倫也。「あの頃、」松坂桃李。「すばらしき世界」役所広司、長澤まさみ。「マーメイド・イン・パリ」二コラ・デュヴォシェル。「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」。「秘密への招待状」ジュリアン・ムーア。1月。「花束みたいな恋をした」菅田将暉、有村架純。「AWAKE」吉沢亮。「さんかく窓の外側は夜」岡田将生、志尊淳。「新解釈・三國志」大泉洋、ムロツヨシ。「おもいで写真」深川麻衣。「大コメ騒動」井上真央。「おとなの事情スマホをのぞいたら」東山紀之。「新感染列島」カン・ドンウォン。「KCIA 南山の部長たち」イ・ビョンホン。「ザ・スイッチ」ヴィンス・ヴォーン。「43年後のアイ・ラヴ・ユー」ブルース・ダーン。2020年12月。「私をくいとめて」のん、林遣都。「天外者」三浦春馬。「サイレント・トーキョー」佐藤浩市。「約束のネバーランド」浜辺美波。「ビルとテッドの時空旅行」キアヌ・リーブス。「ネクスト・ドリーム」ダコタ・ジョンソン。「魔女がいっぱい」アン・ハサウェイ。11月「おらおらでひとりいぐも」田中裕子、蒼井優、東出昌大。「罪の声」小栗旬、星野源。「461個のおべんとう」井ノ原快彦。「さくら」北村匠海、小松菜奈。「ドクター・デスの遺産」綾野剛、北川景子。「ホテルローヤル」波瑠、松山ケンイチ。「ばるぼら」稲垣吾郎、二階堂ふみ。「ストックホルム・ケース」イーサン・ホーク、ノオミ・ラパス。「エイプのキッチンストーリー」ノア・シュナップ。「ミッシング・リング英国紳士と秘密の相棒」。10月「望み」堤真一、石田ゆり子。「星の子」芦田愛菜。「浅田家!」二宮和也、妻夫木聡。「生きちゃった」仲野大賀、大島優子。「82年生まれ、キム・ジョン」チョン・ユミ、コン・ユ。「キーパー ある兵士の奇跡」デヴィッド・クロス。「ナイル殺人事件」ケネス・ブラナー、ガル・ガドット、アーミー・ハマー、エマ・マッキー。

4月28日。「市民ケーン」(1941年、アメリカ)鬼才オーソン・ウェルズの主演・監督作。「薔薇のつぼみ」という謎の言葉を残し世を去った新聞王ケーンの栄光と悲しみの生涯を描く。映画史上のベストワンに、これを選ぶ批評家も多く、技術的にも傑出している作品。5月25日。「バニー・レークは行方不明」(1965年、イギリス) オット・プレミンジャー監督 キャロル・リンレイ。5月31日。「戦場」1949年 ヴァン・ジョンソン。1944年12月ベルギー戦線を舞台にドイツ軍の攻撃に耐えながら反攻する兵士たちを描く。アカデミー脚本、撮影賞受賞。6月10日。テレビ大阪。「グランド・ピアノ 狙われた黒鍵」2013年 イライジャ・ウッド。ディズニーチャンネル放送。「スチュワート・リトル」(1999年)ジーナ・デイヴィス。8月5日「レッドクリフ」(2008年)ジョン・ウ。金城武。8月28日「君のいた永遠」(1999年、香港)金城武、シルヴィア・チャン、ジジ・リョン、カレン・モク。8月30日「友だちのうちはどこ?、イラン」アンバス・キアロスタミ監督。

 

 

2022年9月20日 (火)

カンヌ国際映画祭

Thethirdmanlastshot     第75回カンヌ国際映画祭が5月に南仏カンヌで開催され、スウェーデン出身のリュ―ベン・オストルンド監督の「Triangle of Sadness」がパルムドールを受賞した。

  1946年9月20日、第1回カンヌ国際映画祭が開催された(10月5日まで)。1939年から開催の予定だったが、当日に第二次世界大戦勃発のため中止、終戦後の1946年に正式に開催。長編映画40本、短編映画68本、21ヵ国が参加した。まだパルムドールという名称は生れておらず、同賞に当たるグランプリ該当作が選ばれたる「失われた週末」「田園交響楽」「無防備都市」など。男優賞にレイ・ミランド、女優賞にミシェル・モルガンが選ばれた。第3回に出展されたイギリス映画「第三の男」(1949)がグランプリを獲得し、世界でも興業的に成功し、映画史に残る傑作となった。

何度でも観たくなる!映画とは?

Img_0026_2

 

  ストーリーや結末がわかっていても、何度観ても楽しめる映画がある。その反対に面白くても一度観たら十分という映画もある。その違いはどこにあるのか。第1のポイントはカタルシス効果のある、なしがその違いを生むと考える。たとえば映画「スピード」(1994)。主役はキアヌー・リーブスで見所はアクションであることは言うまでもないが、実は女性のサンドラ・ブロックがバスを運転することで全編に緊張感が生れている。このようなカタルシスを生む映画は何度観ても楽しめることができる。第2のポイントは主演者が豪華であること。パニック映画の代表作「ポセイドン・アドベンチャー」は顛覆した豪華客船が舞台の群像劇で、一種のグランドホテル形式である。「ナバロンの要塞」や「大脱走」(1963)のようなオールスターの戦争アクションも楽しい。マックイーンが草原をバイクで疾走することでカタルシスが生ずる。「ターミネーター」(1984)「インディー・ジョーンズ魔宮の伝説」(1985)「トップガン」(1986)などヒットシリーズの第1作は新鮮さがある。だがアクション映画だけにカタルシスがあるのではない。韓国映画のハン・ソッキュの「八月のクリスマス」(1998)やイ・ビョンホンの「我が心のオルガン」(1999)にも清涼感がある。カタルシスとは抑圧されて無意識の中にとどまっていた精神的外傷によるしこりを、言語・行為または情動として外部に表出することによって消散させようとする心理療法の技術をいう。アリストテレスは悲劇を見て涙をながしたり、恐怖を味わったりすることによって心の中のしこりが浄化できると考えた。アルフレッド・ヒッチコックは現代人の不安や恐れという心理をドラマ化して、スリラーやサスペンスという分野を開拓した。「ダイヤルMを廻せ」(1954)「めまい」(1958)「北北西に進路を取れ」(1959)「鳥」(1963)など何度観ても楽しめる。第2は多くのスターが出演する映画。「大脱走」(1963)はそれぞれの個性ある俳優の名前を覚えるだけでも楽しみがある。「大脱走」の出演者の多くは故人となった。存命している俳優は?土処理を考案したアシュレー役のデヴィッド・マッカラムは83歳になる。暗いトンネル工事のためトラウマになる青年ウィリーはジョン・レイトン。現在80歳。当時は歌手として有名で「霧の中のジョニー」が大ヒットしていた。1963年には映画主題歌「大脱走のマーチ」をリリースしている。第3のポイントは「永遠のマンネリズム」。渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズや勝新太郎の座頭市などは、一度見た映画でもすぐに忘れて2度見しても楽しめる。恋愛ものは「ローマの休日」「ある愛の詩」「ノッティングヒルの恋人」など何度も観れる。定番で王道なのにスターの魅力があるからだろうか。昨日のNHKBSプレミアム。1000人の乗客を乗せた大陸横断列車内に広まる細菌感染の危機と事件の隠蔽を謀る軍の恐るべき陰謀を描く「カサンドラ・クロス」(1976)。カサンドラ・クロスとは大鉄橋の名前。これまで何度もプレミアムで再放送しているが、パニック&サスペンス&豪華キャストでついつい見てしまう。「恐怖の報酬」や「ダイヤルMを回せ」「手錠のままの脱獄」のような古いサスペンス。アニメ「この世界の片隅に」(2016)も2度観たがその都度発見がある。第4のポイントは映像がエネルギッシュであること。フランシス・コッポラの「ゴッドファーザー」3部作や「地獄の黙示録」(1979)などが典型である。

 

 

 

 

 

 

2022年9月16日 (金)

ピーター・フォークの謎

 1927年のこの日、米俳優ピーター・フォークはニューヨーク州オシニングで生まれた。「刑事コロンボ」がイタリア系という設定だが、ピーター・フォークの両親はユダヤ系である。父親はロシア系ユダヤ人、母親はポーランド・チェコ・ハンガリー系ユダヤ人でいわゆるアシュケナジムと呼ばれる人たちである。 

   リチャード・レヴィンソンとウィリアム・リンクが刑事コロンボを構想したのは何時頃であったか明らかではない。嘗てのラジオの人気番組「エラリー・クイーンの冒険」(1939ー1948)の影響があるといわれるが日本人のわたしたちには真偽のほどはわからない。リンクは短編小説「DEAR CORPUS DELICTI」を書いた。二人はそれをテレビ用に脚色し、「ENOUGH ROPE」というタイトルで放送される。このとき生れたばかりのコロンボ刑事を演じたのは、バート・フリード(1903‐1977)という俳優だった。

   その後、1962年「ENOUGH ROPE」は舞台化される。「殺人処方箋」の誕生である。犯人である精神科医を演じたのはジョゼフ・コットン。対するコロンボに抜擢されたのは、70歳前後のトーマス・ミッチェル(1892‐1962)だった。

    数年後、レヴィンソン&リンクは、「刑事コロンボ」をテレビムーヴィーの企画として提案する。かくして「殺人処方箋」のテレビ化はスタートしたが、肝心のコロンボ役がなかなか決まらない。舞台でコロンボを演じたトーマス・ミッチェルは故人となっていた。ピーター・フォークの名も候補者に上がっていた。しかしコロンボは年輩の俳優が演じるべきと考えていたレヴィンソン&リンクは、リー・J・コッブとビング・クロスビーが有力だった。だがオファーは双方とも断わられる。一度は「若すぎる」ということで選に漏れたピーター・フォークの名が再浮上することになった。かくして3人目のコロンボ刑事ピーター・フォークが1967年に誕生した。(9月16日)

 

 

2022年8月27日 (土)

映像化された世界文学作品(戦後)

 戦争が終って、平和が訪れると、第一線の監督たちは腰をすえて仕事をはじめ、すぐれた作品を作るようになった。文芸作品では、スタンダール、ゾラ、ディケンズ、モーム、カミュなどの映画化にも優れた映画が生まれた。戦後第一作の文芸映画はアンドレ・ジッド原作の「田園交響楽」(ミッシェール・モルガン主演)。わがベストはトーマス・マンの名作をルキノ・ヴィスコンティが映画化した「ベニスに死す」。「アンナ・カレーニナ」は戦後だけでも8回映画化されている。21世紀に入ると映像化文芸作品は激減する傾向にある。近年はテレビドラマで世界文学の映像化がさかんである。

 

「シーザーとクレオパトラ」 ガブリエル・パスカル監督 1945年(バーナード・ショー脚本)

 

「田園交響楽」 ジャン・ドラノワ監督 1946年

 

「子鹿物語」 クラレンス・ブラウン監督 1946年

 

「剃刀の刃」 エドマンド・グールディング監督 1946年

 

「大いなる遺産」 デーヴィッド・リーン監督 1946年

 

「肉体の悪魔」 クロード・オータン・ララ監督 1947年

 

「パルムの僧院」 クリスチアン・ジャック監督 1947年

 

「美貌の友」 アルバート・リュ―イン監督 1947年(モーパッサン「ベラミ」)

 

「ボヴァリー夫人」Carlos Schieper監督 1947年(アルゼンチン)Mecha Ortiz

 

「凱旋門」 ルイス・マイルストン監督 1948年

 

「マクベス」 オースン・ウェルズ監督 1948年

 

「ハムレット」 アイリーン・ハーリー監督 1948年

 

「アンナ・カレニナ」 ジュリアン・デュヴィヴィエ監督 1948年

 

「情婦マノン」 アンリ―・ジョルジュ・クルーゾー監督 1948年

 

「オリヴァー・ツィスト」 デビッド・リーン監督 1948年

 

「忘れじの面影」 マックス・オフェルス監督 1948年

 

「カルメン」 チャールズ・ヴィダー監督 1948年

 

「若草物語」 マーヴィン・ルロイ監督 1949年

 

「ボヴァリー夫人」 ヴィンセント・ミネリ監督 1949年 ジェニファー・ジョーンズ

 

「第三の男」 キャロル・リード監督 1949年(グレアム・グリーンの戯曲)

 

「シラノ・ド・ベルジュラック」 マイケル・ゴードン監督 1950年

 

「輪舞」 マックス・オフュルス監督 1950年

 

「令嬢ジュリー」 アルフ・シェーベルイ監督 1950年

 

「クオ・ヴァディス」 マーヴィン・ルロイ監督 1951年

 

「文化果つるところ」 キャロル・リード監督 1951年

 

「欲望という名の電車」 エリア・カザン監督 1951年(テネシー・ウィリアムズの戯曲)

 

「レ・ミゼラブル」 ルイス・マイルストン監督 1952年

 

「三文オペラ」 ピーター・ブルック監督 1952年

 

「嵐」 ルイス・ブニュエル監督 1953年

 

「キリマンジャロの雪」 ヘンリー・キング監督 1953年

 

「嘆きのテレーズ」 マルセル・カルネ監督 1953年

 

「青い麦」 クロード・オータン・ララ監督 1953年

 

「雨に濡れた欲情」 カーティス・バーンハート監督 1953年(モーム「雨」)

 

「黄金の馬車」 ジャン・ルノワール監督 1953年(メリメ「黄金の馬車」)

 

「雨の朝巴里に死す」 リチャード・ブルックス監督 1954年

 

「海底二万哩」 リチャード・フライシャー監督 1954年

 

「ロミオとジュリエット」 レナート・カステッラーニ監督 1954年

 

「ユリシーズ」 マリオ・カメリーニ監督 1954年

 

「カルメン」 オットー・プレミンジャー監督 1954年

 

「エデンの東」 エリア・カザン監督 1955年

 

「足ながおじさん」 ジーン・ネグレスコ監督 1955年

 

「女優ナナ」 クリスチャン・ジャック監督 1955年

 

「オセロ」 セルゲイ・ユトケーヴィッチ監督 1955年

 

「ロメオとジュリエット」 エリ・アルンシタム監督 1955年

 

「チャタレイ夫人の恋人」 マルク・アレグレ監督 1955年

 

「戦争と平和」 キング・ヴィダー監督 1956年

 

「罪と罰」 ジョルジュ・ランバン監督 1956年

 

「居酒屋」 ルネ・クレマン監督 1956年

 

「ジャイアンツ」 ジョージ・スティーヴンス監督 1956年(エドナ・ファーバーの小説)

 

「八十日間世界一周」 マイケル・アンダーソン監督 1956年

 

「白鯨」 1956年

 

「武器よさらば」 チャールズ・ヴィダー監督 1957年

 

「陽はまた昇る」 ヘンリー・キング監督 1957年

 

「レ・ミゼラブル」ジャン・ポール・ル・シャノワ監督 1957年 

 

「ドン・キホーテ」 グリゴーリ・コージンツェフ監督 1957年

 

「悲しみよこんにちは」 オットー・プレミンガー監督 1958年

 

「老人と海」 ジョン・スタージェズ監督 1958年

 

「女の一生」 アレクサンドル・アストリュック監督 1958年

 

「静かなるドン」 セルゲイ・ゲラーシモフ監督 1958年

 

「白痴」 イワン・プイリエフ監督 1958年

 

「ベン・ハー」 ウィリアム・ワイラー監督 1958年

 

「カラマゾフの兄弟」 リチャード・ブルックス監督 1959年

 

「緑の館」 メル・フェーラー監督 1959年

 

「危険な関係」 ロジェ・ヴァディム監督 1959年

 

「小犬をつれた貴婦人」 ヨーゼフ・ヘイフイツ監督 1959年

 

「アッシャー家の惨劇」 ロジャー・コールマン監督 1960年

 

「オセロ」 セルゲイ・ユトケヴィッチ監督 1960年

 

「ガリバーの大冒険」 カーウィン・マシューズ 1960年

 

「復活」 ミハイル・シュヴァイツェル監督 1961年

 

「尼僧ヨアンナ」 イェジー・カヴァレロヴィチ監督 1961年(イヴァシュヴィッチの小説) 

 

「長距離ランナーの孤独」 トニー・リチャードソン監督 1962年

 

「審判」 オーソン・ウェルズ監督 1962年

 

「三文オペラ」 ヴォルフガング・シュタウチ監督 1963年

 

「軽蔑」 ジャン・リュック・ゴダール監督 1963年(アルベルト・モラヴィアの小説)

 

「トム・ジョーンズの華麗なる冒険」 トニー・リチャードソン監督 1963年

 

「ハムレット」 グリゴリー・コーシンツェフ監督 1964年

 

「人間の絆」 ケン・ヒューズ監督 1964年(モームの小説)

 

「マイ・フェア・レディ」 ジョージ・キューカー監督 1964年(バーナード・ショー「ピグマリオン」)

 

「戦争と平和 第一部」 セルゲイ・ボンダルチュク監督 1965年

 

「ロード・ジム」 リチャード・ブルックス監督 1965年

 

「オセロ」 スチュアート・バージ監督 1966年

 

「ドリトル先生と不思議な旅」 リチャード・フライシャー監督 1967年

 

「異邦人」 ルキノ・ヴィスコンティ監督 1967年

 

「昼顔」 ルイス・ブニュエル監督 1967年

 

「アンナ・カレーニナ」 アレクサンドル・ザルヒ監督 1967年

 

「二十五時」 アンリ・ヴェルヌイユ監督 1967年

 

「遥か群衆を離れて」 トマス・ハーディ原作 ジョン・シュレシンジャ―監督 1967年

 

「ロミオとジュリエット」 フランコ・ゼッフィレッリ監督 1968年

 

「カラマーゾフの兄弟」 イワン・プイリエフ監督 1968年

 

「うたかたの恋」 テレンス・ヤング監督 1968年

 

「チップス先生さようなら」 ハーバート・ロス監督 1969年

 

「クリスマス・キャロル」 ロナルド・ニーム監督 1970年

 

「ジェーン・エア」 デルバート・マン監督 1970年

 

「嵐が丘」 ロバート・ヒューズ監督 1970年

 

「罪と罰」 レフ・クリジャーノフ監督 1970年

 

「マクベス」 ロマン・ポランスキー監督 1970年

 

「ベニスに死す」 ルキノ・ヴィスコンティ監督 1971年

 

「デカメロン」 ピエロ・パオロ・パゾリーノ監督 1971年

 

「三銃士」 リチャード・レスター監督 1973年

 

「人形の家」 ジョゼフ・ロージー監督 1973年

 

「華麗なるギャッビー」 ジャック・クレートン監督 1974年

 

「遠雷」 イェジー・ホフマン監督 1974年

 

「デイジー・ミラー」 ピーター・ボグダノヴィッチ監督 1974年

 

「星の王子さま」 スタンリー・ドーネン監督 1974年

 

「アンナ・カレーニナ」 バレエ映画 1975年 マイヤ・プリセッカヤ

 

「バリー・リンドン」 スタンリー・キューブリック監督 1975年(サッカレーの小説)

 

「ラスト・タイクイーン」 エリア・カザン監督 1976年(フィッツジェラルドの小説)

 

「ウイズ」 シドニー・ルメット監督 1978年

 

「テス」 ロマン・ポランスキー監督 1979年

 

「ブリキの太鼓」 フォルカー・シュレンドルフ監督 1979年

 

「チャタレイ夫人の恋人」 ジュスト・ジャカン監督 1981年

 

「スワンの恋」 フォルカ―・シュレンドルフ監督 1983年(プルースト「失われた時を求めて」)

 

「カルメンという名の女」 ジャン・リュック・ゴダール監督 1983年

 

「カルメン」 カルロス・サウラ監督 1983年

 

「インドへの道」 デヴィッド・リーン監督 1984年

 

「剃刀の刃」 ジョン・バライラム監督 1984年(モームの小説)

 

「赤毛のアン」 ケヴィン・サリヴァン監督 1985年

 

「肉体の悪魔」 マルコ・ベロッキオ監督 1986年

 

「ガラスの動物園」 ポール・ニューマン監督 1987年

 

「危険な関係」 スティーヴン・フリアーズ監督 1988年(ラクロ「危険な関係」)

 

「恋の掟」 ミロス・フォアマン監督 1989年(ラクロ「危険な関係」)

 

「レディ・チャタレー」 ローレンス・ウェーバー監督 マル― 1989年

 

「ヘンリー五世」 ケネス・プラナー監督 1989年

 

「チャタレイ夫人の恋人」 フランク・デ・ニーロ監督 ランバ・マル 1991年

 

「ファウスト」 ヤン・シュヴァンクマイエル監督 ベトル・チェペック 1991年

 

「ボヴァリー夫人」 アレクサンドル・N・ソクーロフ監督 1991年

 

「ボヴァリー夫人」 クロード・シャブロル監督 1991年

 

「美しき諍い女」 ジャック・リヴェット監督 1991年(バルザック「知られざる傑作」)

 

「嵐が丘」 ピーター・コズミンスキー監督 1992年

 

「二十日鼠と人間」 ゲイリー・シニ―ズ監督 1992年

 

「愛人 ラマン」 ジャン・ジャック・アノー監督 1992年

 

「チャタレイ夫人の恋人」 ケン・ラッセル監督 1993年 シャーリー・アン・フィールド

 

「いつか晴れた日に」 アン・リー監督 1995年

 

「ジエイン・エア」 フランコ・ゼフィレッリ監督 1996年

 

「日陰のふたり」 マイケル・ウィンター・ボトム監督 1996年

 

「ロビンソン・クルーソー」 ロッド・ハーディ、ジョージ・ミラー監督 1996年

 

「アンナ・カレーニナ」 バーナード・ロス監督 1997年 ソフィー・マルソー

 

「赤と黒」 ジャン・ダニエル・ヴェラーゲ監督 1997年(テレビ)

 

「レ・ミゼラブル」 ビレ・アウグスト監督 1998年

 

「虚栄の市」 マーク・マンデン監督 1998年

 

「オネーギンの恋文」マーサ・ファインズ監督 1999年(プーシキン「エヴゲーニイ・オネーギン」)

 

「サウダ―ハウス・ルール」 1999年(ジョン・アーヴィングの小説) 

 

「真夏の夜の夢」 マイケル・ホフマン監督 1999年

 

「クオ・ヴァディス」 イエジ―・カヴァレロヴィッチ監督 2001年

 

「イザベル・アジャーニの惑い」 ブノワ・ジャコー監督 2002年(コンスタン「アドルフ」)

 

「飛ぶ教室」 トミー・ヴィガント監督 2003年

 

「ウォーク・トゥ・リメンバー」 アダム・シャンクマン監督 2003年

 

「カルメン」 ヴィセンテ・アランダ監督 2003年

 

「チボー家の人々」 ジャン・ダニエル・ヴェルハージェ監督 2003年(テレビ)

 

「きみに読む物語」 ニック・カサヴェテス監督 2004年

 

「ゴリオ爺さん」 ジャン・ダニエル・ヴェラーゲ監督 2004年(テレビ)

 

「悪女」 ミーラー・ナーイル監督 2004年(サッカレー「虚栄の市」)

 

「オリバー・ツイスト」 ロマン・ポランスキー監督 2005年

 

「プライドと偏見」 ジョー・ライト監督 2005年

 

「ベラミ」 フィリップ・トリボワ監督 2005年(テレビ)

 

「レディ・チャタレイ」 パスカル・フェラン監督 マリナ・ハンズ 2006年

 

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 デヴィッド・フィンチャー監督 2008年(フィッツジェラルドの短編)

 

「嵐が丘」 2009年(テレビ)

 

「ガリヴァー旅行記」 ロブ・レクーマン監督 2010年

 

「ジエーン・エア」 キャリー・ジョージ・フクナガ監督 2011年

 

「ファウスト」 アレクサンドル・ソクーロフ監督 2011年 ヨハネス・ツァイラー

 

「レ・ミゼラブル」 トム・フーパー監督 2012年

 

「危険な関係」 ホ・ジノ監督 2012年

 

「アンナ・カレーニナ」 ジョー・ライト監督 2012年 キーラ・ナイトレイ

 

「ベラミ」 デクラン・ドネラン&ニック・オーメロッド監督 2012年

 

「華麗なるギャツビー」 バズ・ラーマン監督 2013年

 

「ボヴァリー夫人」 ソフィー・バルデス監督 2014年 ミア・ワシコウスカ

 

「マクベス」 ジャスティン・カーゼル監督 2015年

 

「チャタレイ夫人の恋人」 2015年(テレビ) ジェド・マーキュリオ監督 ホリデイ・グレンジャー

 

「戦争と平和」 2015年(BBC)

 

「ソフィア・コッポラの椿姫」 ソフィア・コッポラ監督 2017年

 

「アンナ・カレーニナ」ロシア エリザベータ・ボヤルスカヤ 2017年

 

「若草物語」 グレタ・ガーウィグ監督 2019年 エマ・ワトソン、シアーシャ・ローヤン、エリザ・スカンレン、フローレンス・ピュー

 

「レ・ミゼラブル」 ラジ・リ監督 2019年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月16日 (火)

夏ドラマがつまらないのは朝ドラのせいだ!?

  本を読まなくなるとか、テレビを見てもスポーツならわかるけど、ドラマの筋が追えず内容が理解できないというのは、認知症の予備軍に当たる軽度認知障害(MCI)であるといわれる。でも2022年の夏ドラマは全体的にパッとしなかった印象がある。高視聴率とか話題作、大ヒット作がなかった。NHKの「プリズム」杉咲花、「あなたのブツが、ここに」仁村紗和、毎田暖乃、TBS系の「石子と羽男」有村架純・中村倫也、「ユニコーンに乗って」永野芽郁。テレビ朝日系の「六本木クラス」竹内涼真・新木優子・平手友梨奈。韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメイク。「遺留捜査」上川隆也。フジテレビ系の「競争の番人」坂口健太郎・杏、「純愛ディソナンス」中島裕翔・吉川愛。テレビ東京「量産型リコ」与田祐希。「イケメン共よ メシを喰え」筧美和子。日本テレビ系の「家庭教師のトラコ」橋本愛・中村蒼、「オクトー感情捜査官心野朱梨」飯豊まりえ、など。テレビ東京が英国SFドラマ「宇宙戦争」(全4回、2019年)を再放送、日本語吹き替え。20世紀初頭のイギリスが舞台で、火星人が地球を攻撃するさまを描く。特集ドラマ「二十四の瞳」土村芳。7月25日「定年オヤジ改造計画」郷ひろみ。「事件は、その周りで起きている」小芝風花。「生き残った6人によると」桜田ひより。

 石子と羽男 第7話」石子が司法試験に落ち続けた理由が明らかになる。交通事故目撃のトラウマだった。「石子」有村と「羽男」中村の共演相性がピッタリかな。

  夏ドラマの連鎖的な不振は、NHKの朝ドラが影響しているという人がいる。「ちむどんどん」があまりにつまらないので、夜ドラマも悪循環しているらしい。

  我が家にテレビが来てから65年が経つが、いまは放送業界は危機的な状況にある。系列というのがややこしい。関東では4=日本テレビ、5=テレビ朝日、6=TBS、8=フジテレビ。関西では4=MBS(TBS系)、6=ABS(テレビ朝日系)、8=関西テレビ、10=読売テレビ。MBSとTBSがとくにややこしい。在阪のわたしはMBS毎日放送が馴染みがあって、大阪のお笑い番組をよく見ていた。「番頭はんと丁稚どん」、「ヤングおーおー」。テレビ朝日は、かつてNETで1975年のいわゆる「腸捻転」でややこしくなった。TBS系列は石井ふく子プロデューサーのドラマ番組が人気だった。「ザ・ドリフターズ全員集合」、夏の高校野球が看板。フジテレビ系は「東京ラブストリー」などの月9といわれるトレンディードラマ、「サザエさん」などのアニメ、夕やけニャンニャンなどのバラエティ、夜のヒットスタジオ、FNS歌謡祭などの歌番組。日本テレビ系は民放の雄といわれ経営的に安定している。「シャボン玉ホリデー」、「巨泉前武ゲバゲバ90分」、「スター誕生」、「愛は地球を救う」などが看板番組である。

2022年8月15日 (月)

花の98年組

 よくジンクスをかつぐ芸能界では、生まれ年の同じスターが同時期にブレイクすることを「花の〇〇組」などということがある。広瀬すずは1998年6月9日生まれの24歳。そのほか今、「鎌倉殿の13人」で泰時の妻比奈を演じている堀田真由を筆頭に、飯豊まりえ、平祐奈、上白石萌音、福原遥、葵わかな、佐藤栞、今泉佑唯、白石聖、横田真悠、齋藤飛鳥、長濱ねる、宮脇咲良、朝花美穂などなど有名どころで10人はくだらない。それから1999年生まれだが橋本環奈は遅生まれの学年が同じで、花の98組に入れてもらっているとある番組で本人が言っていた。ハリウッドでは1997年生まれだが、クロエ・グレース・モレッツがいる。1998年生まれはエル・ファニングである。

 

2022年8月12日 (金)

映画こそは夢の世界

  あたり前の話だが、ひとりの人間が世界中の映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどすべての映像作品を観ることはできない。名作といわれるよい映画だけにしぼっても無理だ。なぜならつねに世界中で新しい映画がつくられているから。もし世界のすべての映像作品を朝から晩までネット配信などで観ることができたとしても、その量に押しつぶされて数カ月で中毒症かパニックに陥るだろう。21世紀になってフィルム上映からディジタル上映へ、そしてシネコンの増加で劇場用映画の制作本数は増加している。だが映画の制作数の正確な統計データはない。少し古いが2020年の国別の映画制作本数をあげる。

インド         1288
アメリカ    694
中国      475
日本      448
ロシア     253
フランス    230
ドイツ     216
韓国      158
イタリア    131 

  およそ全世界で1年間に5000本以上の映画がつくられている。そのなかで日本で劇場公開される映画は1割ほどで、2021年は邦画469本、洋画469本、合計959本、コロナの影響で減少した日本映画製作者連盟の統計)。映画評論家は平均年間500本くらいは見ているそうだ。国別の世界的な作品をあげる。


アメリカ 風と共に去りぬ 1939年 ヴィクター・フレミング
アメリカ 市民ケーン 1941年 オーソン・ウェルズ
アメリカ ゴッドファーザー 1972年 フランシス・フォード・コッポラ
アメリカ ショーシャンクの空に 1994年
メキシコ 皆殺しの天使 1962年 ルイス・ブニュエル
メキシコ 赤い薔薇ソースの伝説 1992年 アルフォンソ・アラウ
フランス 天井桟敷の人々 1945年 マルセル・カルネ
フランス 禁じられた遊び 1951年 ルネ・クレマン
フランス ショア 1985年 クロード・ランズマン
イギリス 第三の男 1949年 キャロル・リード
ドイツ  嘆きの天使 1930年 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
ドイツ  朝な夕なに 1957年 ヴォルフガング・リーベンアイナー
ドイツ  橋 1959年 ベルンハルト・ヴィッキ
イタリア 道 1954年 フェデリコ・フェリーニ
スペイン 汚れなき悪戯 1955年 ヴァイダ・ラースロー
スペイン ビリディアナ 1961年 ルイス・ブルニュエル
ポルトガル 青い年 1963年 パウロ・ローシヤ
オランダ 美しい人妻 2015年 アントワネッテ・ブーマー
スウェーデン カール・フレードリク統治す 1934年 グスタヴ・エードグレン監督
スウェーデン ペンション「楽園」 1937年 ヴェイレル・ヒルデブランド監督
スウェーデン 春の悶え 1951年 アルネ・マットソン監督
スウェーデン 野いちご 1954年 イングマル・ベルイマン
ノルウェー  妹の体温 2015年 アンネ・セヴィツキー
フィンランド ル・アーヴルの靴みがき 2011年 アキ・カウリスマキ
デンマーク  バベットの晩餐会 1987年 ガブリエル・アクセル監督
デンマーク  ある戦争 2015年 トビアス・リンホルム監督 ピルー・アスべック
ロシア  戦艦ポチョムキン 1925年 セルゲイ・エイゼンシュテイン
ロシア ラン・スルー・ザ・ナイト 2016年 アンナ・チポフスカヤ
ジョージア 青い山 本当らしくない本当の話 1995年 エルダル・シェンゲラーヤ監督
ポーランド 灰とダイヤモンド 1958年 アンジュイ・ワイダ
ポーランド 水の中のナイフ 1962年 ロマン・ポランスキー
ポーランド 砂時計 1973年 ボイチェフ・イエジー・ハス 
ポーランド 戦場のピアニスト 2002年 ロマン・ポランスキー
ハンガリー 連隊長レドル 1985年 サボー・イシュトヴァーン
チェコ   マルケータ・ラヴロヴァ 1967年 フランナシエク・ヴラーチン監督
セルビア  思春期 2012年 マヤ・ミロス監督 イシドラ・シミヨノヴィッチ 
スロベニア スロベニアの娼婦 2009年 ダムヤン・コソレ
ギリシャ  春のめざめ 1963年
ナイジェリア アラロミレ 呪いの女神像 2010年 グレン・アフォラヤン監督
イラク・トルコ サイの季節 2012年 バフラン・ゴバディ監督
イラン  友だちのうちはどこ? 1987年 アッバス・キアロスタミ監督
インド  大地のうた 1955年 サタジット・ライ
インド  ガンジスの流れる国 1960年
インド  ムトゥ、踊るマハラジャ 1995年 K・S・ラヴィクマール
インド バーフバリ 王の凱旋 2017年 タマンナー
タイ  ブンミおじさんの森 2010年 アピチャサボン・ウィーラセタクン
ベトナム 青いパパイアの香り 1993年 トラン・アン・ユン
ベトナム 第三夫人と髪飾り 2018年 アッシュ・メイフェア
ベトナム 姉姉妹妹 2019年 キャシー・ウエン
中国  菊豆 1990年 張藝謀
香港・中国合作 さらば、わが愛 覇王別妃 1993年 チェン・カイコー
韓国  太白山脈 1994年
韓国  八月のクリスマス 1998年 ホ・ジノ
日本  七人の侍 1954年 黒澤明

   現存する最古の日本映画「紅葉狩」(1899)や「ピストル強盗清水定吉」(1899)横山運平が最も古い作品。▽最新作は「私はいったい、何と闘っているのか」李闘士男監督、安田顕、小池栄子主演(2021)まで何でも観ちゃうぞ!▽「アメリカアメリカ」(1961)ギリシャ人青年が苦難の末にトルコから渡米するまでの苦難のロードムービー。▽「西部戦線異状なし」(1978年CBS)リチャード・トーマス、アーネスト・ボーグナイン。第一次世界大戦中、ドイツの小さな町の学校では戦争の話でもちきりだった。先生は生徒たちの愛国の精神を説き、それにのせられたポールら6人が出征志願する。しかし、現実の戦場はなまやさしいものではなかった・・・・。1930年の映画をリメイクしたエリッヒ・マリア・レマルク原作のドラマ化。主役のリチャード・トーマスは「去年の夏」「朝やけの空」など青春スターだった。▽「日本のいちばん長い日」(1967)原作は大宅壮一。阿南惟幾に三船敏郎、米内光政に山村聡。今年夏にも同名の映画が公開される。原作は半藤一利。阿南に役所広司、米内に柄本明、昭和天皇に本木雅弘、鈴木貫太郎に山崎努。ほか松坂桃季、堤真一らオール男優スターの超大作らしい。▽反戦映画では「軍旗はためく下で」(1972)が名作。軍人だった夫の死刑の真相を妻の左幸子が関係者を訪ねて歩く物語。▽「陽だまりの彼女」(2013)上野樹里、松本潤。真緒は猫だった…。▽「ナイルの宝石」(1985)マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー。▽「スフィンクス」(1981)レスリー・アン・ダウン、フランク・ランジェラ、モーリス・ロネ▽「大いなる西部」(1958)グレゴリー・ペック、チャールトン・ヘストン、パール・アイヴス、チャールズ・ビッグフォード▽「富士に立つ影」(1942)阪東妻三郎。幕府は富士の裾野に築城を命じた。牛車合戦はベン・ハーのチャリオット・レースのようで圧巻の迫力がある。▽「硫黄島」(1959)宇野重吉監督。大坂志郎。▽「滅びのモノクローム」(2003)国仲涼子が若くて可愛い。▽「紙屋悦子の青春」(2004)原田知世、永瀬正敏。▽「薄化粧」(1985)別子銅山の社宅で起きた妻子惨殺事件の犯人の逃亡生活を描く。逃走中に関わった4人の女たち、なかでも藤真利子の官能的な濡れ場がよい。▽「影なき男」(1934)ウィリアム・パウエル、マーナ・ロイ、モーリン・オサリバン。▽「初雪の恋」宮崎あおい、イ・ジュンギ。▽「ポーリンの冒険」(1947)連続活劇の女王パール・ホワイトの伝記。ベティ・ハットンが演じるミュージカル映画。▽「女子ーズ」(2014)山本美月、藤井美菜、桐谷美玲、高畑充希、有村架純。怪人カメムシゲルゲが臭くて戦隊から「うんこ、うんこ」と連呼される▽「ぼっちゃん」(2012)水澤伸吾。▽「学校」(1993)山田洋次監督。西田敏行、田中邦衛、裕木奈江。▽「私の愛した女」(1983)伊藤かずえ、小野寺昭。▽「ホットロード」能年玲奈。▽「江ノ島プリズム」(2013)福士蒼汰、本田翼。▽「ドグラ・マグラ」(1988)夢野久作の小説の映画化。松田洋治、桂枝雀。▽「もらとりあむタマ子」(2013)前田敦子、康すおん。▽「100回泣くこと」(2013)桐谷美玲。▽「love letter」(1995) 中山美穂、豊川悦司、酒井美紀。▽「遺体 明日への十日間」西田敏行。▽「真木栗ノ穴」(2007)西島秀俊。▽「そこのみにて光輝く」(2014)呉美保監督、綾野剛、菅田将暉、池脇千鶴。▽「駆け込み女と駆け出し男」(2015)大泉洋、戸田恵梨香。▽「エイプリルフールズ」(2015)戸田恵梨香、松坂桃李。▽「パーフェクト・ワールド」(2018)杉咲花主演の純愛ものだが平凡。ドラマ版のほうが中村ゆりの介護ヘルパーが恋敵で展開が面白かった。▽「居眠り磐根」(2019)松坂桃李、木村文乃。▽「チワワちゃん」(2019)吉田志穂、門脇麦。▽「アルプススタンドのはしの方」(2020)小野莉奈。▽「野良猫とパパ活」(2020)乃木栄、奈良坂篤。

Marawilson「マチルダ」(1996)マーラ・ウィルソンも28歳になった。▽「グエムル 漢口の怪物」(2006)韓国初のモンスター・ムービー。ソン・ガンホ、ぺ・ドゥナ。怪物に咥えられ連れ去れる少女にコ・アソン。▽「レ・ミゼラブル」(1998)リーアム・ニーソン、ユア・サーマン。▽「ぼくたちの家族」(2013)妻夫木聡、原田美枝子▽「悪い奴ほどよく眠る」(1960)三船敏郎。▽「ハウスメイド」(2010)チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ。▽「ジェレミー」(1973)ロビー・ベンソン、グリニス・オコナ―。▽「卒業」(1967)ダスティン・ホフマン、キャサリン・ロス。▽「スーパーマン」(1978)クリストファー・リーヴ、マーロン・ブランド―。▽「海炭市叙景」(2010)熊切和嘉監督 谷村美月。▽「洟をたらした神」(1978)神山征二郎監督 樫山文枝。▽「海のふた」(2015)豊島圭介監督 菊池亜希子。▽「グッド・ストライプス」(2015)菊池亜希子。▽「神様はバリにいる」(2015)堤真一、尾野真千子。▽「一粒の麦」(1958)吉村公三郎監督 菅原謙二。▽「豆大福ものがたり」(2013)菊池亜希子。▽「あの空の果てに星はまたたく」(1962)丘さとみ、水木襄。

▽「サンクタム」(2011)アリスター・グリアソン監督。▽「バンド・ワゴン」(1953)ビンセント・ミネリ監督 フレッド・アステア シド・チャリシ―。▽「空飛ぶ戦闘艦」(1961)ウィリアム・ウィットニー監督 ヴィンセント・プライス、チャールズ・ブロンソン。▽「サンタモニカの週末」(1967)トニー・カーティス、クラウディア・カルディナーレ、シャロン・テート。▽「トリコロールに燃えて」(2004)シャーリーズ・セロン、ペネロペ・クルス、スチュアート・ダウンゼント。▽「スタンド・バイ・ミー」(1986)ロブ・ライナー監督 ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリ―・フェルドマン。▽「合衆国最後の日」(1977)バート・ランカスター、リチャード・ウィドマーク。▽「スカイフォール」(2012)ダニエル・クレーグ007が好きになってきた。▽「ハミングバード」(2013)ジェイソン・ステイサム。▽「セイフヘイヴン」(2013)ジョシュ・デアメル、ジュリアン・ハフ。▽「存在の耐えられない軽さ」(1988)ダニエル・デイ・ルイス、ジュリエット・ビノシュ。▽「ツイン・ピークス 劇場版」(1992) カイル・マクラクラン。▽「ストックホルムでワルツを」(2013)スウェーデンのジャズ歌手モニカ・ゼタールンドの伝記映画。▽「江南ブルース」(2015) イ・ミンホ、キム・レウォン。▽「ムーンライト」(2016)。▽「ペギー・スーの結婚」(1986)。▽「ギヴァー 記憶を継ぐ者」(2014)ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ。▽「チャリング・クロス84番地」(1986)アン・バンクロフト、アンソニー・ホプキンス。▽「金融腐蝕列島」(1997)役所広司、椎名桔平▽「日本の黒幕 フィクサー」(1979)佐分利信▽「暁の挑戦」(1971)幻の映画といわれる川崎市の誕生期を描いた実録もの。中村錦之助、渡哲也、若林豪、財津一郎など出演。大正14年に実際に起こった鶴見騒擾事件をもとにフィクションを加えている。▽「カラスの親指」阿部寛、石原さとみなど主演の詐欺師の話。ブレイク前の能年玲奈やピコ太郎が出演しているのも面白い。▽「石榴坂の仇討」(2014)中井喜一、阿部寛。▽「バードマンあるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」(2014)アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン。▽「マリッジリング」(2007)小橋めぐみ、保阪尚希、高橋一生。▽「島々清しゃ」(2017)▽「きみに読む物語」(2004)レイチェル・マクアダムス、ライアン・ゴズリング。▽「パラサイト・イヴ」(1997)三上博史、葉月里緒菜。▽「新婚道中記」(1937)ケーリー・グラント、アイリーン・ダン、ラルフ・ベラミー。▽「ディア・ハンター」(1978)マイケル・チミノ監督 ロバート・デ・ニーロ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30