無料ブログはココログ

2019年3月22日 (金)

この30年間の洋画界

1989年 ラストエンペラー、レインマン、ニュー・シネマ・パラダイス
1990年 シザーハンド
1991年 羊たちの沈黙 ターミネーター2 ゴースト/ニューヨークの幻 美しき諍い女
1992年 ボディガード 天使にラブ・ソングを
1993年 許されざる者 ジュラシック・パーク
1994年 スピード クリフハンガー パルプ・フィクション シンドラーのリスト
1995年 ショーシャンクの空で ピアノ・レッスン フォレストガンプ一期一会 レオン
1996年 ミッション・インポッシブル
1997年 タイタニック イングリッシュ・ペイシェント
1999年 恋におちたシェイクスピア スターウォーズ フォースの覚醒 マトリックス アルマゲドン アメリカン・ビューティー
2000年 シックス・センス あの頃ペニー・レインと
2001年 ハリー・ポッター賢者の石 グラディエーター トゥームレイダー アメリ
2002年 ロード・オブ・ザ・リング王の帰還 バイオハザード スパイダーマン
2003年 ラスト・サムライ パイレーツ・オブ・カリビアン シカゴ
2005年 レジェンド・オブ・ゾロ
2006年 チャーリーとチョコレート工場 007カジノ・ロワイヤル ダヴィンチ・コード
2007年 テラビシアにかける橋
2008年 ダークナイト
2009年 アバター
2010年 アリス・イン・ワンダーランド
2011年 英国王のスピーチ
2012年 アベンジャーズ 世界にひとつのプレイブック 007スカイフォール レ・ミゼラブル
2013年 アルゴ
2014年 アナと雪の女王 それでも朝はくる
2015年 ミニオンズ バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)6才のボクが大人になるまで
2016年 スポットライト世紀のスクープ
2017年 美女と野獣 ラ・ラ・ランド ムーンライト ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ハドソン川の奇跡
2018年 ボへミアン・ラプソディ シエイプ・オブ・ウォーター インターキラー潜航せよ バイス ある少年の告白

2019年3月21日 (木)

なつぞら

春ドラマのラインナップ。やっぱり注目は朝ドラ「なつぞら」広瀬すず演じるヒロインの奧原なつは大空襲を生きるものの、両親を戦争で失い、北海道の十勝の酪農家で育つ。やがて7年が経ち、なつが高校生となる。1961年の朝ドラ「娘と私」から100作目ということで、小林綾子、松嶋菜々子、山口智子、比嘉愛未、貫地谷しほり等これまでの朝ドラ女優が多数出演しているのも見どころの一つ。民放では戦慄の交換殺人ミステリー、原田知世主演の「あなたの番です」が話題作。「インハンド」は山下智久の医療物。「わたし、定時で帰ります」吉高由里子、「集団左遷」福山雅治、「東京独身男子」高橋一生、「パーフェクトワールド」松坂桃李・山本美月、「きのう何食べた」西島秀俊・内野聖陽、「平成物語」山崎紘菜、「ラジエーションハウス」窪田正孝、「白衣の戦士」中条あやみ、「スパイラル」玉木宏。「週休4日でお願いします」岡山天音。3月末のスペシャルドラマも注目作品が多い。「ひょっこ2」「二つの祖国」小栗旬、「砂の器」東山紀之、「僕が笑うと」井ノ原快彦・上戸彩、「大奥最終章」木村文乃・浜辺美波

2019年3月 7日 (木)

人生、シネマで乾杯

  あたり前の話だが、ひとりの人間が世界中の映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどすべての映像作品を観ることはできない。名作といわれるよい映画だけにしぼっても無理だ。なぜならつねに世界中で新しい映画がつくられているから。もし世界のすべての映像作品を朝から晩までネット配信などで観ることができたとしても、その量に押しつぶされて数カ月で中毒症かパニックに陥るだろう。昨今のシネコンの隆盛で劇場用映画の制作本数は増加している?だが映画の制作数の正確な統計データはない。少し古いが2015年の国別の映画制作本数をあげる。

インド       1907
ナイジェリア 997
アメリカ    791
中国      686
日本      581

  およそ全世界で1年間に1万本以上の映画がつくられている。ナイジェリアやインドのボリウッド映画が多い。そのなかで日本で劇場公開される映画は1割ほどで、2018年は邦画613本、洋画579本、合計1192本の映画が劇場公開されている(日本映画製作者連盟の統計)。映画評論家は年間500本くらいは見ているそうだ。国別の世界的な作品をあげる。
アメリカ 風と共に去りぬ 1939年 ヴィクター・フレミング
メキシコ 皆殺しの天使 1962年 ルイス・ブニュエル
メキシコ 赤い薔薇ソースの伝説 1992年 アルフォンソ・アラウ
フランス 天井桟敷の人々 1945年 マルセル・カルネ
フランス ショア 1985年 クロード・ランズマン
イギリス 第三の男 1949年 キャロル・リード
ドイツ  嘆きの天使 1930年 ジョセフ・フォン・スタンバーグ
ドイツ  朝な夕なに 1957年 ヴォルフガング・リーベンアイナー
ドイツ  橋 1959年 ベルンハルト・ヴィッキ
イタリア 道 1954年 フェデリコ・フェリーニ
スペイン 汚れなき悪戯 1955年 ヴァイダ・ラースロー
ポルトガル 青い年 1963年 パウロ・ローシヤ
オランダ 美しい人妻 2015年 アントワネッテ・ブーマー
スウェーデン カール・フレードリク統治す 1934年 グスタヴ・エードグレン監督
スウェーデン ペンション「楽園」 1937年 ヴェイレル・ヒルデブランド監督
スウェーデン 春の悶え 1951年 アルネ・マットソン監督
スウェーデン 野いちご 1954年 イングマル・ベルイマン
ノルウェー  妹の体温 2015年 アンネ・セヴィツキー
フィンランド ル・アーヴルの靴みがき 2011年 アキ・カウリスマキ
デンマーク  バベットの晩餐会 1987年 ガブリエル・アクセル監督
デンマーク  ある戦争 2015年 トビアス・リンホルム監督 ピルー・アスべック
ロシア  戦艦ポチョムキン 1925年 セルゲイ・エイゼンシュテイン
ロシア ラン・スルー・ザ・ナイト 2016年 アンナ・チポフスカヤ
ジョージア 青い山 本当らしくない本当の話 1995年 エルダル・シェンゲラーヤ監督
ポーランド 灰とダイヤモンド 1958年 アンジュイ・ワイダ
ポーランド 砂時計 1973年 ボイチェフ・イエジー・ハス 
ハンガリー 連隊長レドル 1985年 サボー・イシュトヴァーン
セルビア  思春期 2012年 マヤ・ミロス監督 イシドラ・シミヨノヴィッチ 
スロベニア スロベニアの娼婦 2009年 ダムヤン・コソレ
ギリシャ  春のめざめ 1963年
ナイジェリア アラロミレ 呪いの女神像 2010年 グレン・アフォラヤン監督
イラク・トルコ サイの季節 2012年 バフラン・ゴバディ監督
イラン  友だちのうちはどこ? 1987年 アッバス・キアロスタミ監督
インド  大地のうた 1955年 サタジット・ライ
インド  ガンジスの流れる国 1960年
インド  ムトゥ、踊るマハラジャ 1995年 K・S・ラヴィクマール
タイ  ブンミおじさんの森 2010年 アピチャサボン・ウィーラセタクン
ベトナム 青いパパイアの香り 1993年 トラン・アン・ユン
中国  菊豆 1990年 張藝謀
香港・中国合作 さらば、わが愛 覇王別妃 1993年 チェン・カイコー
韓国  太白山脈 1994年
韓国  八月のクリスマス 1998年 ホ・ジノ
日本  七人の侍 1954年 黒澤明

   現存する最古の日本映画「紅葉狩」(1899)から滝田洋二郎監督「ラストレシピ」(2017)まで何でも観ちゃうぞ!▽「アメリカアメリカ」(1961)ギリシャ人青年が苦難の末にトルコから渡米するまでの苦難のロードムービー。▽「西部戦線異状なし」(1978年CBS)リチャード・トーマス、アーネスト・ボーグナイン。第一次世界大戦中、ドイツの小さな町の学校では戦争の話でもちきりだった。先生は生徒たちの愛国の精神を説き、それにのせられたポールら6人が出征志願する。しかし、現実の戦場はなまやさしいものではなかった・・・・。1930年の映画をリメイクしたエリッヒ・マリア・レマルク原作のドラマ化。主役のリチャード・トーマスは「去年の夏」「朝やけの空」など青春スターだった。▽「日本のいちばん長い日」(1967)原作は大宅壮一。阿南惟幾に三船敏郎、米内光政に山村聡。今年夏にも同名の映画が公開される。原作は半藤一利。阿南に役所広司、米内に柄本明、昭和天皇に本木雅弘、鈴木貫太郎に山崎努。ほか松坂桃季、堤真一らオール男優スターの超大作らしい。▽「陽だまりの彼女」(2013)上野樹里、松本潤。真緒は猫だった…。▽「ナイルの宝石」(1985)マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー。▽「スフィンクス」(1981)レスリー・アン・ダウン、フランク・ランジェラ、モーリス・ロネ▽「大いなる西部」(1958)グレゴリー・ペック、チャールトン・ヘストン、パール・アイヴス、チャールズ・ビッグフォード▽「富士に立つ影」(1942)阪東妻三郎。幕府は富士の裾野に築城を命じた。牛車合戦はベン・ハーのチャリオット・レースのようで圧巻の迫力がある。▽「滅びのモノクローム」(2003)国仲涼子が若くて可愛い。▽「紙屋悦子の青春」(2004)原田知世、永瀬正敏。▽「薄化粧」(1985)別子銅山の社宅で起きた妻子惨殺事件の犯人の逃亡生活を描く。逃走中に関わった4人の女たち、なかでも藤真利子の官能的な濡れ場がよい。▽「影なき男」(1934)ウィリアム・パウエル、マーナ・ロイ、モーリン・オサリバン。▽「初雪の恋」宮崎あおい、イ・ジュンギ。▽「ポーリンの冒険」(1947)連続活劇の女王パール・ホワイトの伝記。ベティ・ハットンが演じるミュージカル映画。▽「女子ーズ」(2014)山本美月、藤井美菜、桐谷美玲、高畑充希、有村架純。怪人カメムシゲルゲが臭くて戦隊から「うんこ、うんこ」と連呼される▽「ぼっちゃん」(2012)水澤伸吾。▽「学校」(1993)山田洋次監督。西田敏行、田中邦衛、裕木奈江。▽「私の愛した女」(1983)伊藤かずえ、小野寺昭。▽「ホットロード」能年玲奈。▽「江ノ島プリズム」(2013)福士蒼汰、本田翼。▽「ドグラ・マグラ」(1988)夢野久作の小説の映画化。松田洋治、桂枝雀。▽「もらとりあむタマ子」(2013)前田敦子、康すおん。▽「100回泣くこと」(2013)桐谷美玲。▽「love letter」(1995) 中山美穂、豊川悦司、酒井美紀。▽「遺体 明日への十日間」西田敏行。▽真木栗ノ穴(2007)西島秀俊。

Marawilson「マチルダ」(1996)マーラ・ウィルソンも28歳になった。▽「グエムル 漢口の怪物」(2006)韓国初のモンスター・ムービー。ソン・ガンホ、ぺ・ドゥナ。怪物に咥えられ連れ去れる少女にコ・アソン。▽「レ・ミゼラブル」(1998)リーアム・ニーソン、ユア・サーマン。▽「ぼくたちの家族」(2013)妻夫木聡、原田美枝子▽「悪い奴ほどよく眠る」(1960)三船敏郎。▽「ハウスメイド」(2010)チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ。▽「ジェレミー」(1973)ロビー・ベンソン、グリニス・オコナ―。▽「卒業」(1967)ダスティン・ホフマン、キャサリン・ロス。▽「スーパーマン」(1978)クリストファー・リーヴ、マーロン・ブランド―。▽「海炭市叙景」(2010)熊切和嘉監督 谷村美月。▽「洟をたらした神」(1978)神山征二郎監督 樫山文枝。▽「海のふた」(2015)豊島圭介監督 菊池亜希子。▽「グッド・ストライプス」(2015)菊池亜希子。▽「神様はバリにいる」(2015)堤真一、尾野真千子。▽「一粒の麦」(1958)吉村公三郎監督 菅原謙二。▽「豆大福ものがたり」(2013)菊池亜希子。▽「あの空の果てに星はまたたく」(1962)丘さとみ、水木襄。

▽「サンクタム」(2011)アリスター・グリアソン監督。▽「バンド・ワゴン」(1953)ビンセント・ミネリ監督 フレッド・アステア シド・チャリシ―。▽「空飛ぶ戦闘艦」(1961)ウィリアム・ウィットニー監督 ヴィンセント・プライス、チャールズ・ブロンソン。▽「サンタモニカの週末」(1967)トニー・カーティス、クラウディア・カルディナーレ、シャロン・テート。▽「トリコロールに燃えて」(2004)シャーリーズ・セロン、ペネロペ・クルス、スチュアート・ダウンゼント。▽「スタンド・バイ・ミー」(1986)ロブ・ライナー監督 ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリ―・フェルドマン。▽「合衆国最後の日」(1977)バート・ランカスター、リチャード・ウィドマーク。▽「スカイフォール」(2012)ダニエル・クレーグ007が好きになってきた。▽「ハミングバード」(2013)ジェイソン・ステイサム。▽「セイフヘイヴン」(2013)ジョシュ・デアメル、ジュリアン・ハフ。▽「存在の耐えられない軽さ」(1988)ダニエル・デイ・ルイス、ジュリエット・ビノシュ。▽「ツイン・ピークス 劇場版」(1992) カイル・マクラクラン。▽「ストックホルムでワルツを」(2013)スウェーデンのジャズ歌手モニカ・ゼタールンドの伝記映画。▽「江南ブルース」(2015) イ・ミンホ、キム・レウォン。▽「ムーンライト」(2016)。▽「ペギー・スーの結婚」(1986)。▽「ギヴァー 記憶を継ぐ者」(2014)ジェフ・ブリッジス、メリル・ストリープ。▽「チャリング・クロス84番地」(1986)アン・バンクロフト、アンソニー・ホプキンス。▽「金融腐蝕列島」(1997)役所広司、椎名桔平▽「暁の挑戦」(1971)幻の映画といわれる川崎市の誕生期を描いた実録もの。中村錦之助、渡哲也、若林豪、財津一郎など出演。大正14年に実際に起こった鶴見騒擾事件をもとにフィクションを加えている。▽「カラスの親指」阿部寛、石原さとみなど主演の詐欺師の話。ブレイク前の能年玲奈やピコ太郎が出演しているのも面白い。▽「石榴坂の仇討」(2014)中井喜一、阿部寛。▽「バードマンむあるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」(2014)アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、マイケル・キートン。▽「マリッジリング」(2007)小橋めぐみ、保阪尚希、高橋一生。▽「島々清しゃ」(2017)▽「きみに読む物語」(2004)レイチェル・マクアダムス、ライアン・ゴズリング。▽「パラサイト・イヴ」(1997)三上博史、葉月里緒菜。▽「新婚道中記」(1937)ケーリー・グラント、アイリーン・ダン、ラルフ・ベラミー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月23日 (土)

ダコダ・ファニングの誕生日

    本日はハリウッド女優ダコダ・ファニングの誕生日。7歳でデビューした彼女も25歳のお年頃。新作は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」1969年夏のロサンゼルスが舞台であのシャロン・テート殺人事件を題材にしている話題作。レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットら豪華スターが多数出演する。(2月23日)

2019年2月18日 (月)

素晴らしきかな映画

「ラ・ラ・ランド」を観たけどイマイチ感動しなかった。自分も老いたのかもしれない。昨夜の映画は主人公ウィル・スミスがドミノ倒しの名人。幼い子供を亡くして、その痛手から心を閉ざしている。「愛」「時間」「死」へ手紙を送っている。人は「愛・時間・死」よりも、衣食住や株価や経済的成功、地位や出世、評価に関心を寄せて生きている。しかし誰でも死によってそれらを一瞬に失う。ドラマは体調不良で最後まで見れなかったが、希望あるラストらしい。次会があれば見たい。「素晴らしきかな、人生」

2019年2月15日 (金)

無名時代の大スター

Friday13   「ヒッチコック劇場」の「13日は金曜日」(1962)デューク(ギグ・ヤング)はギャンブルで成功した。しかし妻はそんな生活を嫌い、足を洗ってほしいと願う。デュークは妻に侘びて、2人でハワイに行こうと約束する。だが大学進学を援助した弟のチャックがギャンブルにはまっていた。デュークは賭け事の怖さを思い知らせるためイカサマをする。この弟の役はなんと、ロバート・レッドフォードである。当時25歳。映画「雨のニューオリンズ」(1965)やブロードウェー「裸足で散歩」(1963)で注目される前。テレビの出演をしていた下積み時代。若くて青二才という感じ。映画「アメリカン・グラフィティ」を見ていると、ハリソン・フォードが端役ででいる。31歳だった。ハリソン・フォードの下積み時代は大工だった。「スターウォーズ」のハン・ソロの4年前である。「プラトーン」(1986)では23歳ころのジョニー・デップが通訳の米兵士として端役で出演している。(Harrison Ford)

2019年2月12日 (火)

「燃えよ剣」と「新選組」

   司馬遼太郎の「燃えよ剣」がまた映画化される。主演の土方歳三は岡田准一。新選組の醍醐味は群像劇なので他の配役も気になる。鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明、柴咲コウが決定している。豪華キャストでも面白いとは限らない。フジテレビ昭和48年版は先の「新選組血風録」「燃えよ剣」(NET)と配役が重なることろもあるが(三作品とも栗塚旭=土方歳三)だいぶん先の二作品に比べて劣っている感じがする。当時トップスターの鶴田浩二なのに何故なのかを考えてみたい。もちろん鶴田ファンならこの「新選組」が一番というだろう。しかし「新選組血風録」「燃えよ剣」を見たファンにはどうにも不満の残る作品であった。最大の弱点は近藤勇(鶴田浩二)と土方歳三(栗塚旭)との人間関係の描きかたである。義兄弟の契りを交わした二人であるが、その親密さが「新選組」には見られない。むしろ鶴田は栗塚をあまり信用せずに単独行動にでることが多い。意見や思想の違いもはっきりしていて、一枚岩ではない。もちろん「燃えよ剣」は土方が主役で近藤(舟橋元)は土方の傀儡のようなところが、かえって面白かった。スター鶴田浩二によって一人だけの見せ場をつくることになり、集団時代劇としての面白さを半減した。思えば舟橋元もかっては映画スターであった。新東宝が倒産し、古巣東映に戻り、テレビ出演が多くなった。愛嬌ある朴訥さが武州多摩の田舎農家の出の雰囲気があった。(舟橋は糖尿病を患い、後半は痩せてきて悲壮感がでていた)鶴田浩二ではカッコ良すぎる近藤勇で、これでは任侠映画のようであった。また沖田総司=島田順司というイメージがつよく、有川博では健康的すぎる感じがする。映画「燃えよ剣」は岡田・鈴木の相性にかかっている。

2019年1月28日 (月)

焼跡と映画館

06_01_01
 名古屋栄町のバラック(昭和20年)

  昭和20年8月、日本は太平洋戦争に敗れて、混乱と絶望におちいっていた。終戦後、配給は1人1日1合だった。不法だが闇市で買うしかない。近郊農家への買い出しが男の仕事だった。「戦後いちはやく復興し始めたのは、陸の玄関名古屋駅前であった。焼跡にはバラックやマーケットが建ち始め、大がかりな闇市、納屋橋河畔の大道市、笹島東北角にずらりと並んだアロハ・アーケードなど現在の姿からは想像もつかない状景であった」(名古屋中村区誌)

     戦後の混乱のなかで広小路にいちはやく目をつけた人物がいる。今は無き日本ヘラルド・グループの創業者である古川為三郎(1890-1993)だ。焼跡に立ち、戦後は必ず映画の時代が来ると予想した彼は、昭和21年に「今池国際劇場」「メトロ劇場」、昭和35年には「毎日ホール大劇場」「毎日地下劇場」を開館する。古川の予想どおりどの映画館も長蛇の列ができた。

2019年1月18日 (金)

リメイク作品はオリジナルを超えられるか?

A0212807_159554

   市川崑や木下恵介が晩年、自らの作品をカラーで再映画化した。なぜ大監督は再映画化したがるのかその心理はよくわからない。リメイク作品がオリジナルより良いという例はほとんどない。アクションや特撮ものであれば技術の向上により面白い作品に仕上がるケースはある。しかし小津安二郎などの名作をリメイクすることは、かなり冒険に近いことである。山田洋次はここ数年、小津作品に関心を示している。既に舞台の演出で「麦秋」「東京物語」を手がけてきた。そして「東京物語」をモチーフに、舞台を現代に移し、家族の在り方を描く「東京家族」の制作を発表している。映画「東京物語」は世界の映画監督が選んだ「最も優れた映画」の第1位に選ばれた作品である。英国BBCは「その技術を完璧の域に高め、家族と時間と喪失に関する非常に普遍的な映画をつく上げた」と評価した。

 小津作品のリメイクには高いハードルがあるだろう。当初予定していた主演演級の菅原文太、市原悦子、室井滋らは降板するという異例の事態となった。そして小津作品リメイクに対して「天を恐れぬ所業」(河谷史夫)との批判も噴出した。映画は観てから批判すべきだと思うのだが、なにやら暗雲がただよう。芸術は既成の名作を破壊して新しいものを創造していくことに真価があるとおもうのだが、80歳を過ぎた巨匠にはやはり過去をよりどころにするしかないのであろう。映画界も話題性と安全性とでリメイク映画が生れるのだろうか。

   ハリウッドも最近リメイクブームが続いている。CG技術の向上で、スペクタクル作品が安価で作られるようになり、知名度の高い作品は映画興行だけでなく、ソフトコンテンツの収益が見込まれるからだろう。「ベンハー」「オリエント急行殺人事件」、テレビ版「戦争と平和」などなど。1964年「メリー・ポピンズ」の続編をエミリー・ブラント主演で「メリー・ポピンズ リターンズ」(2018)。1967年にボニーとクライドを主人公にした映画「俺たちに明日はない」をクロエ・グレース・モレッツとジャック・オコンネルで撮影が行われている。はたして旧作を超えることができるだろうか。

2019年1月17日 (木)

2019年の正月テレビ番組

 レモンを持った嵐が表紙のテレビガイドを購入し、年末年始の番組をチェックする。クラッシック音楽やドキュメンタリーや深夜番組もいっぱい観たい。紅白はサザン&ユーミンの共演で41.5%の高視聴率で演出成功。フジテレビ「レ・ミゼラブル終わりなき旅路」。大河ドラマ「いだてん」が低視聴率で大コケ。かなり時代錯誤なしろもの。杉咲花「ハケン占い師アタル」好調発進。斎藤飛鳥主演の「ザンビ」残念ながら関西では見れない。今年活躍が期待される女優は、本命「浜辺美波」、対抗馬「清原果耶」と「上白石萌歌」。

1日(火)ニューイヤー駅伝▽東京フレンドパーク▽ニューイヤーコンサート▽嵐にしゃがれ

2日(水)新春ドレミファドン▽家康、江戸を建てる▽平成ネット史▽細野晴臣イエローマジックショー(103)

3日(木)アナと雪の女王▽大沢たかおインカ帝国▽石原さとみinスペイン▽VS嵐

6日(日)いだてん▽レ・ミゼラブル▽3年A組▽モンローが死んだ日▽崖っぷちホテル一挙放送

7日(月)忘却のサチコ最終話

12日(土)世界ふしぎ発見「始皇帝」

13日(日)大相撲初場所

18日(金)トクサツガガガ

19日(土)ゾンビが来たから人生見つめ直した件

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31