無料ブログはココログ

2024年5月24日 (金)

カーリング女子はなぜ可愛いのか?

  本日は、カーリング選手・藤澤五月さんの32歳のお誕生日。5月生まれなので五月なのだ。北海道北見市出身。ロコ・ソラーレ所属。平昌五輪銅・北京五輪銀メダルを獲得。趣味は500円玉貯金。カーリングの試合は3時間くらいあって長時間だが、顔がクローズアップされるので、藤澤五月選手を初めとする同チームの可愛さに男性視聴者はテレビにくぎ付けで萌えまくったことであろう。藤澤の大転倒すらも可愛い。なぜカー娘はそんなに可愛いのか?モデルや乃木坂のような清楚系アイドルではなく、ネクストドアー型のお姉ちゃんタイプだから親近感がある。ちっちゃくて、ややぽっちゃり型が多い。声が高くて、ややおっとり。ひたむきだけど、悲壮感がない。やはり笑顔が最高だね。ロコ・ソラーレだけでなく他チームにも必ず一人は可愛い子がいる。SC軽井沢の上野美優は多部未華子かと思ったほど可愛いかった。昭和40年代半ばに起こった女子ボーリングブームに似た現象であろう。(5月24日)

ノーヒット・ノーラン

 巨人の戸郷翔征が阪神相手に史上89人目のノーヒット・ノーランを達成した。巨人の投手が阪神相手に甲子園でノーヒット・ノーランを達成するのは1936年9月25日の沢村栄治以来、88年ぶり。岸田行倫捕手のリードも見事だった。

 

2024年5月16日 (木)

ホームラン・ブギ

朝起きてテレビつければ Ohtani (凡児)

 朝、目覚めてテレビをつけると大谷翔平がホームランを打っていた。日本の野球も開幕して1ヵ月が過ぎて、そろそろ各チームの実力が見えてきた。若手を中心とした新生巨人は打線に迫力がなく貧打に苦しんでいる。

5月17日、ドジャースの大谷翔平が13号2ラン本塁打を放つ。

5月15日、ヤクルトの村上宗隆が9号ソロ本塁打を放ち、史上最年少で通算200号を達成した。

5月14日、ドジャースの大谷翔平が12号ソロ本塁打を放つ。

5月12日、巨人の岡本和真が8号ソロ本塁打を放つ。

5月11日、巨人の岡本和真が6号・7号と連続本塁打を放つ。

5月8日、ブレーブスのマルセル・オズナが12号ソロ本塁打を放つ。

5月6日、ドジャースの大谷翔平が11号ソロ本塁打を放つ。

5月5日、ドジャースの大谷翔平が9号・10号本塁打を放つ。

5月4日、ドジャースの大谷翔平が8号ソロ本塁打を放つ。

5月3日、巨人の岡本和真が5号2ラン本塁打を放つ。

27日、巨人の岡本和真が4号ソロ本塁打を放つ。

26日、ドジャースの大谷翔平が7号ソロ本塁打を放つ。

25日、巨人の坂本勇人が3号逆転3ランを放つ。

23日、ドジャースの大谷翔平が6号ホーランを放つ。

21日、ドジャースの大谷翔平が5号2ランを放つ。MLB通算176本塁打となり、松井秀喜を超えた。

13日、ドジャースの大谷翔平が今季第4号ホームランを放ち、日本人最多の通算175本となり、松井秀喜に並んだ。解説者の田淵幸一が「日本のプロ野球の天才バッターはみんなB型だよ」と語る。野村克也、長嶋茂雄、イチロー、古田敦也、山本浩二、そして大谷翔平。ちなみに田淵自身はA型である。 

 13日、ソフトバンクの山川穂高は2打席連続満塁ホームランを放つ。 1試合の満塁本塁打2発は大映の飯島滋弥、巨人の二岡智宏に続く3人目。

 14日、ヤクルトの村上宗隆。開幕から13試合目、54打席目にして待望の今季初ホームランを放つ。

  スポーツ番組が盛んである。野球にサッカー、ラグビー。大相撲。そして今年夏にはパリ五輪がある。ある「スポーツ観戦をしますか?」というアンケート調査によると、
  よくする   45.5%
  全くしない  20.3%
  ある程度する 20%
  ほとんしない 13.9% 

 

2024年5月12日 (日)

大相撲は群雄割拠の時代へ

 いよいよ本日から大相撲夏場所が始まる。だが横綱照ノ富士、霧島、豊昇龍、貴景勝、琴櫻の5人の横綱・大関が初日からみんな敗れて黒星スタートとなった。なお先場所優勝した尊富士は足首怪我のため休場している。過去の記録として、上位陣全敗は平成18年秋場所6日目、1横綱5大関が揃って黒星という例がある。2日目から照ノ富士と貴景勝が休場する。

今場所も上位力士の星のつぶし合いとなるため、平幕力士から優勝者が出るかもしれない。大相撲の世界は下剋上だ。

 

2024年5月11日 (土)

ヒマラヤ登山の歴史(20世紀後半)

  1945年、第二次大戦が終わると、これまで厳重な鎖国政策をとり続けていたネパールが開国し、1950年、ネパール入りしたフランス隊は、たった一度の攻撃で、人類初の8000m峰アンナブルナに初登頂してしまった。これを皮切りに53年、世界最高峰エベレストが悲願のニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリーとテンジンによってようやく落ち、同年、ナンガパルバットもドイツ・オーストリア隊によって登られた。こうして第二次大戦前には1つとして登られなかった8000m峰が、次々と登られ、56年5月9日、日本隊も宿願のマナスルの初登頂に成功した。そしてチベット領内にそびえる8000m峰の最後を飾るゴサインタンが、64年、中国隊によって登られた。これをもってヒマラヤの黄金時代はあっけなく去った。1970年5月11日、松浦輝夫、植村直己が日本人とし初登頂に成功する。1978年アンナプルナⅠ峰登頂に成功するも、下山で2名が転落死した。今日、100座を超す7000m峰も、目ぼしいものはほとんど登りつくされ、新しい処女峰を地図の上で見つけることもむずかしくなった。これからはすでに登られた山の別ルートによる開拓、とくにカラビナ・ハーケン・アイゼンなどを用いる人工登山、すなわち鉄の時代にはいりつつある。またスキーを使った娯楽・スポーツといった観光化と、ヒマラヤはしだいに大衆化しようとしている。

 

 

2024年5月10日 (金)

オリンピックと聖火リレー

Img_4

 

   7月26日に開幕するパリ五輪の聖火が、ギリシアから地中海を渡って8日、南仏マルセイユに到着した。聖火リレーは9日に始まり、開会式まで約1万人のランナーがトーチを運ぶ。オリンピックで聖火を灯したのはアムステルダム大会(1928年)が最初であるが、聖火リレーはベルリン大会(1936年)が最初である。聖火リレーのコースは、ギリシアのオリンピアを出発して、ブルガリア、ユーゴスラビア、ハンガリー、オーストリア、チェコスロバキアを経由してドイツ国内にやって来る。ドイツ政府は聖火リレーのルート調査のためにルート途上の各国の道路事情を綿密に調査していた。この調査報告書は1939年に始まった第二次大戦のドイツ軍侵攻にたいへん重要な資料となったことは言うまでもなかろう。それとヒトラーには「ドイツ民族は古代ギリシア人の直系子孫である」とアーリアン学説を信奉しており、ギリシアとドイツとを結びつけるのに聖火リレーは有効であった。ベルリンオリンピックは聖火リレーのほかにも、国旗掲揚・国歌演奏といったセレモニーをスポーツ競技に加えることによって、国威発揚をねらった。実験段階ではあるが初めてテレビ放送されたのもベルリンオリンピックである。その後のオリンピックはヒトラーの遺産をそのまま継承している。レニ・リーフェンシュタール(1902-2003)の公式記録映画「オリンピア」がある。開会式に集まった10万人のドイツ国民が右手を掲げ、開会宣言をするヒトラーに対し「ハイル、ヒトラー!」と叫ぶ。この映画は世界中で絶賛され、日本でも「民族の祭典」「美の祭典」として公開され話題となった。独裁者ヒトラーにとって、聖火は権力の象徴であり、オリンピックは権力を世界に誇示するための格好の舞台であった。

 

 

2024年4月11日 (木)

ハワイ相撲の生みの親・柏原喜八

 第64代横綱・曙太郎さんが11日、逝去した。幕内最高優勝11回は、白鵬45回を筆頭に第10位にランキングしている。ハワイ出身の力士といえば高見山、小錦、曙、武蔵丸などみんな大相撲で大活躍した。なぜハワイ人は角界で成功したのだろうか。それは明治期の日本人が移民したとき、ハワイで相撲を普及させたからである。高見山が子どものころにはすでにハワイに相撲の伝統があった。1890年代、モイリリ地区には日系1世がおおく住んでいた。開拓者の柏原喜八は山口県生まれで若いころ大阪相撲を経験していた。しこなは千田川という。最高位は前頭5枚目。彼は自宅の庭に土俵をつくり、近所の子どもたちに相撲を教えた。いつしかハワイでも相撲大会が開かれるほど普及していった。柏原喜八の相撲海外普及の功績は大きい。(参考:森戸由久「ハワイ風物誌」 創価大学女子短期大学紀要37  2008年)

2024年3月21日 (木)

近代スポーツのはじまり(明治事物起源)

 テレビ中継のスポーツ番組が人気である。大相撲、大リーグ、プロ野球オープン戦、高校野球、サッカー、競泳、カーリング、ジャンプなどなど多彩である。明治42年のこの日、神戸ー大阪間で日本初のマラソン「マラソン大競走」(大阪毎日新聞社主催)が行われた。参加者は20名で、優勝者は岡山の金子長之助だった。アメリカで生まれた野球がいつ日本に紹介されたかは諸説ある。一番よく知られるのは、明治6年、開成学校の生徒が、アメリカ人教師ホーレス・ウィルソン、同校予備門のイギリス人教師ストレンジドらに教えられて行ったのが最初とされる。野球は明治18年、19年ごろから学生野球を中心として発展、普及し、明治36年には早慶戦が始まり、今日の六大学リーグに発達した。なおベースボールを初めて野球と訳したのは、中馬庚である。

 

サッカーは明治6年、工学寮教師イギリス人のライメル・ジョーンズが紹介した。

 

テニス競技が日本に導入されたのもいつかはっきりとわからない。明治11年ごろ、アメリカの宣教師によってもたらされたといわれる。

 

ラグビーは明治32年慶応義塾に赴任したエドワード・プラムウェル・クラークとケンブリッジ大学の留学から帰国した田中銀之助により慶応の学生に対して初めて指導が行われた。

 

ゴルフは、明治34年に神戸在住のイギリス人アーサー・グルームによって導入された。神戸ゴルフ倶楽部としてオープンした。

 

バスケットボールは、明治41年スプリングフィールドYMCA体育学校を卒業し帰国した大森兵蔵が日本に初めて紹介した。

 

スキーは明治44年軍事研究のため来日していたオーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐が高田連隊の青年将校のスキー専修員に技術を教授したことに始まる。

 

   陸上競技は明治7年に東京築地の海軍兵学寮で開催された「生徒競走遊戯会」が、日本で最初の運動会であるといわれている。明治16年にイギリス人教師ストレンジの指導によって東京大学で運動会が行われる。陸上種目は100ヤード、200ヤード、440ヤード、880ヤード、120ヤードハードル、クリケットボール投げ、走り高跳び、走り幅跳び、砲丸投げ、ハンマー投げ、棒高跳び、慰め競走の12種目が行われた。(参考:宮本孝「わが国における陸上競技の導入について」 彦根論叢人文科学特集35、1976年) xyt@Z3月21日

 

 

 

 

 

 

2024年1月31日 (水)

雷電はなぜ横綱になれなかったのか

Save30106 琴ノ若が大関に昇進する。祖父は琴桜、父は琴ノ若。政治家の世襲はいけないが、大相撲の親子三代はいい。令和六年になって初めての明るいニュース。史上最も強い大関といえば雷電。雷電為右衛門(1767-1825)は信濃国小諸郡大石村(現・東御市)の生まれ。197cm、160㎏の巨漢。向かうところ敵なしの怪力力士で、土俵生活21年間で、254勝10敗、優勝相当成績28回、勝率0.962は歴代第1位である。10回の敗因は、すべて二日酔いのためだったという。張り手、かんぬき、突っ張りの三つを禁止されたという。これだけの成績を残しながら雷電がなぜ横綱になれなかったのか、今もって謎の一つである。一説では、免許する吉田司家が外様大名細川家の臣であったので、松平家が申請しなかったためといわれる。また当時の力士の最高位は大関であり、現在のように横綱は最高位ではなかったとする説もある。当時の横綱は、将軍上覧相撲の儀式のためのもので、強豪力士という条件はあっても成績や番付とは関係がなかった。ただ雷電には上覧相撲の儀式にあう縁がなかっただけといわれる。

 

 

 

 

2024年1月 1日 (月)

皇居ランニング

Img_beauty_06_01 皇居の総面積は1150.346㎢。東京ドームの24倍、東京ディズニーランドの約3倍ある。皇居外周は1周およそ5㎞といわれ、首都圏ランナーのジョギングコースとなっている。一周は正確には4,977㎞、あるいは4.93㎞といわれ5㎞に少し足りないが、キロ6分ペースでゆっくり走ると30分以内で走れる。時計の針と反対の左を回るのが一般的である。コースは桜田門時計台広場をスタート地点に、二重橋、皇居外苑、大手門、竹橋、代官町、千鳥ヶ淵公園、半蔵門、三宅坂を下ってコールするのが定番コースだ。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31