無料ブログはココログ

2017年5月25日 (木)

英国貴族の書斎の実態

    ロンドンには「ブックメイカー」という看板をみかける。これは製本屋ではない。賭博屋である。つまり競馬やドッグレース、サッカーなどの賭博を請け負う店である。なんでも賭けの対象になるようで、次の首相は誰か、ダイアナ妃は離婚するか、相撲の優勝は誰か、など何でもあるらしい。これは今に始まったことではなく、中世以来、イギリス人は賭博が好きだった。賭博に入れあげて、名家が落ちぶれたという話は五万とあるらしい。

    ところで、英国貴族の象徴といえば、豪華な革表紙、天金入りの本がズラリと天井まで並んだ書斎のある邸宅であろう。だが、貴族にあまり読書家はいない。単なる飾りに過ぎず、それが証拠にページは一度も開かれた形跡がなく、ひどいのになると、装丁だけで中は木箱というのが多いのだそうだ。

2017年4月16日 (日)

明窓浄几

   人類は地球上における動物の進化の過程で、その一分岐として出現した。近年エチオピアで発見された440万年前のラミダス猿人と呼ばれる化石は、明らかにチンパンジーとは異なる特徴をもっており、これが現在知りうる最古の人類=猿人 Ape man とされている。その特徴は直立して二足歩行し、両手で道具を用い、火を扱い、労働して、言語を基礎とする文化をもつことだといわれている。だがこのような特徴だけであれば部分的には他の動物でも行える。ペンギンやカンガルーは直立して歩くし、動物園のゴリラやチンパンジーなどでもテレビを見る。室内で飼っているイヌやネコはテレビを見る。人間だけが行い、他の動物が絶対にマネできない行為とは何か。それは、読書するということである。人間以外の動物は本を読まない。ではケータイやアイ・パッドで読書すればよいのか。近頃、スマホを診ながら町を歩いている人をよくみかける。まるで人をやめた、サルがケータイを手にしているような感覚にとらわれる。読書とは毎日同じ時間にする生活習慣でなければならない。明窓浄几、明るい窓と清らかな机、書斎があってはじめて行える行為である。

2017年4月 9日 (日)

神保町に恋して

    関西に住んでいるケペルは三宮の後藤書店や大阪の浪速書林、中尾書店などの東洋史関係の本を渉猟することはあった。だがそれも30年以上も昔の話で今では、大阪へも神戸へも行くことがない。近所のブック・オフは、なるほどベストセラー本は105円と安いが、教養書、専門書はいい本がないし、高い。やはり専門書は新刊書店で買うしかない。そんなとき「新本特価情報」という目録が来たので買ってみた。定価の35%ぐらい。従来の古書店に比べると格安でしかも在庫本の処分なので新本(バーゲン・ブック)である。若い頃、東京へ行くと先ず、めざすは神田の古書店街へ、神保町の店に入る。だが若造には敷居は高かった。京都・大阪の専門書店とはスケールが違う。あまりの品揃えのよさと、高価なのに驚き、結局は一冊も買えないで退散した。日本で出版された本の何パーセントが東京にあるのか知らないが、殆どの出版社が東京にあることを思うと、本の世界の東京一極集中はなんとか改善できないものだろうか。誰かが神保町で買えない本はたぶん日本で買うことがむずかしいと言っていたが、これは少しも誇張ではない。

2016年10月 4日 (火)

書斎で愉しむ

Img_0010
 文学者の書斎は仕事場であるが知的空間の創造性はたいへん参考になる

   台風18号が接近している雨の秋の一日。そんな時、一人で自分の時間を過ごすのもいい。読みたい本に囲まれて、すきな音楽を聴きながら、ゆったりと過ごす。小さな空間を利用した理想的な条件の書斎を考えてみたい。

1.ちょうどよいスペース。狭すぎず、かといって広すぎると空虚感や落ち着かない感じになる。書斎は図書館と違って、心地よい、ちょうどよい広さが絶対条件である。

2.本が密集している。好みにもよるが、天井までいっぱいに本があると異空間、知的な空間が眼前にあり、読書に耽る雰囲気がでてくる。

3.渾然一体感。古い本と新しい本。仕事に役立つ本と趣味の本。写真集と辞書・事典。学術書と絵本。ともかく対照的にものがあると新しい発想が生まれる。

4.本だけでなく小物が大切。写真や旅先で買った土産品。古いポスター、ぬいぐるみ、子どもの頃に遊んだおもちゃ。プラモデル。吉本隆明の書斎をみると民芸品がたくさん書棚にある。さすがに知の巨人である。

5.季節感も大切。これから秋。どんぐり、落葉などさりげなくあるとイイ感じ。

6.換気。網戸のある天窓があり、天気のいい日は自然の外気も取り入れる。換気扇もある。密閉した空間なので空調設備は大切。

   これらすべて満たすと、掃除もめんどうだけど、清潔が一番なので小まめにティシューなどでほこりをとることは健康上大切である。

2016年5月28日 (土)

雨の日の読書

Photo

    当読書施設にご来館される方のなかには、明確な読書目的をもって来られるとはかぎらない。時間つぶし、たまたまの気まぐれに、あるいは雨宿りに。実は雨宿りが結構多い。傘をもたずに外出して、驟雨に遭い、よそ行きの服を着ていたりしたので、雨宿りに入ってみるというケース。それでもいい。雨はうれしい。

本ぶりになって出て行く雨やどり

   ☆ ☆ ☆ ☆

林達夫「歴史の暮方」、柳宗悦「蒐集物語」、三枝博「日本の思想文化」、小林秀雄「人生について」、鏑木清方「こしかたの記」、武井武雄「本とその周辺」、岡茂雄「本屋風情」、出久根達郎「古本綺譚」、藤木九三「雪、岩、アルプス」、増田義郎「インカ帝国探検記」、梅棹忠夫「文明の生態史観」、レッシング著、大庭米次郎訳「賢者ナータン」、リッケルト著、野上豊一郎訳「春の目ざめ」、安倍能成「綱島梁川集」、谷川徹三「教養と人生」、堀秀彦「恋愛」、秋山英夫「人間ニーチェ」、ヒルティ「希望と幸福」、シュヴァイツァー「愛と思索の日々」、山室静「世界文学小史」、神宮輝夫「子供に読ませたい本」、カザミヤン「イギリス魂」、和歌森太郎「歴史の見かた」、吉田光邦「江戸の科学者たち」、中村浩「糞尿博士世界漫遊記」、賀川豊彦「聖書の謎」、庄司浅水「奇談千夜一夜」、川合彦充「日本人漂流記」、江戸川乱歩「探偵小説の謎」、宮本常一「伊勢参宮」、近野不二男「幻島の謎」、ウェスターマーク「人類婚姻史」、ゴルドマン「隠れたる神」、松田修「植物世相史」、篠田統「米の文化史」、金森健生「マンガ昭和史」、串田孫一「博物誌」、長尾久「ロシヤ十月革命の研究」、呉濁流「泥棒に生きる」、吉岡三平「岡山の女性」、高峰秀子「いいもの見つけた」、常石茂「中国の故事と名言」、栃折久美子「モロッコ革の本」、中島梓「美少年学入門」、西口克己「山宣」、クルプスカヤ「児童教育論」、山崎謙「人間論」、ルカーチ「レーニン論」、「ことわざ名言事典」、「翻訳家列伝101」、「眠る盃」、「早わかり日本文学」、「不肖の息子」

2016年3月10日 (木)

紙文明1900年、印刷文明560年

Photo   トーマス・フランシス・カーター(1882-1925)は、その著書「中国における印刷の発明とその西漸」のなかで「紙の発明とその伝播は印刷の発明とともに、宗教改革の道をひらき、教育の普及を容易にし、火薬・羅針盤の発明とならんで、近代世界を形成する上に大きな役割を果した」と述べている。今日いうところの紙は、中国において後漢の宦官・蔡倫が樹皮・麻くず・ぼろ・魚網くずなどの植物繊維を原料としてつくつたのが最初であると後漢書が伝えている。紙文明は、15世紀のグーテンベルクの印刷術の発明とともに、近代文明と教育の普及を担ってきた。いわば紙は約500年間中国人の独占物であり、その後500年間は、もっぱらイスラム教徒のほとんど排他的ともいうべき支配下におかれていた。紙がヨーロッパに導入された後、その受け入れにはいくつかの障害があった。まず第1つに、パーチメントがまだ十分評価に耐えうる素材であり、ヨーロッパ製の初期の紙よりはるかによいものであった。第2に、ヨーロッパでの教育は、遅れており、字の読める人間の数は僅少であった。さらに、当初、教会は紙の受け入れに難色を示した。というのは、それがもっぱらイスラム教徒ないしユダヤ教徒に起源をもつものであったがためである。そこから、公的な記録や重要な証書として紙の使用を禁ずる法令が出ている。1221年における皇帝フレデレック2世の布告は、紙に書かれた証書は、法律的に無効であるとうたっている。したがって、紙は長い間、君主然たるパーチメントに対して臣従的なきわめて低い地位を占めていたに過ぎない。だがヨーロッパの舞台に印刷術が出現するとともに、紙のもつ本来の有用性が日の目をみることになる。だが21世紀以降の印刷物の氾濫は膨大な量に達し、その保存・整理が問題視されてきた。今年、日本でもアイ・パッドの発売により、紙の図書をめぐる状況は大きな変化をみせている。自分でスキャナーを購入して、紙の本を裁断機で切断して、スキャンして、自分で電子書籍をつくる人も出てきた。愛書家が聞いたら卒倒しそうな話だが、狭いマンション暮らしの人にとっては本の保管スペースなどをコストで換算すれば、処分するほうが得策と考えるのだろう。税金で運営される公共図書館でも書庫の収納限界に達した館では、電子化が促進される時代になってきた。本に対する専門的な知識を持たない職員の多いところでは、貴重な書籍が失われていく現状を知っているものにとっては、電子書籍元年という呼び声(新商品の販売戦略の営利行為)が愚行、蛮行の時代の時代の到来であることを確信している。なおカーターの大著は「中国の印刷術」として東洋文庫の一冊として翻訳されているが、執筆動機にはフランスのぺリオ(1878-1945)の千仏洞の経典の発見などの影響もみられる。つまり欧米人が砂漠の敦煌から東西文明の交渉史に衝撃を受けた著作なのである。文化史や文明論、および文化行政は1000年スパンの巨視的な態度でみなければいけない。

2016年3月 6日 (日)

夢の文庫、理想の図書館

富士の山ほど願って蟻塚ほど叶う

 大きい願いをもっても、実際にかなうのはきわめて僅かなものである。この諺は江戸中期あたりからあったらしい。若い頃は理想の図書館とは広大で世界一の蔵書を誇る図書館だと信じて疑わなかった。しかしインターネットの時代を迎えて、必要な資料の多くがデジタル化されると、必ずしも大部な本を集積することは意味が無くなった。むしろ本でなくては味わえない資料をコレクションすること、いつでも手近かにあって読みたいときに読める、というのが理想の図書館の一要件となった。いまアメリカでは郵便ポストのような小さな本棚を庭先につくり、地域の人たちに無料貸出するリトル・フリー・ライブラリーが流行している。つまり図書館は規模の大小ではなく、収集家が長い年月をかけて愛情をもって精選されたコレクションであればどんな図書館も選ばれる資格があるといっていい。

Screenshot20120614at4_57_21pm_2

   「図書館は成長する有機体である」という有名な言葉があり、たえず更新していなければ、それは死んだ書庫、あるいは本の保管庫にすぎない。段ボール箱に何万個本を詰め込んで持っていようと、それは所蔵しているとはいえない。書斎と図書館との違いは、蔵書数の違いではなく、地域に公開されているか否かではないだろうか。図書館と文庫の違いはあまり問題ではない。子ども文庫であろうが、大人向けの本があろうが、みな図書館である。理想の図書館とは、ひとそれぞれに考えは異なるであろうが、私は「たえず変化し、成長している図書館」と考える。資料的に新しくとも、すぐに色褪せ新鮮度は失われる。ジャンルが決まっていれば、その分野に興味のない人にとっては単なる紙の束にすぎない。万人が興味をいだき、手にとってみたくなる蔵書構成。そして自宅のリビングのようにくつろげる空間、無機質な近代的図書館ではなく、書斎のようでありながら、読みたい本がたくさんある。そんな理想の図書館を一生追求していきたい。

   街角の本屋、オフィスの書棚、自宅の本棚、古本屋、地域文庫、さまざまな本のある空間を画像で見ていると、ちょっとした工夫でよくなるヒントが見つかる。

5fe1af0869ea368b5f1936d753bbd2951

65df7a47d95e34070350fb83e316aeaf

Tky201308210401




















2015年8月18日 (火)

今日の名画

Img_0013
  モネ  ザーンダム付近の風車  1871年

2014年10月13日 (月)

土のう積み

Image   台風19号が午前8時半、鹿児島県枕崎市付近に上陸した。この後、14日にかけて西日本にもやってくるのは確実となった。朝から店は休館で、台風への備えで汗だく。1階が店舗で、河川の氾濫による浸水を防ぐため、自家製の土嚢を積み上げる。

2014年5月22日 (木)

女性の書斎・ひとり好き

Why20is20chastity20important2020av0    私設図書館「女性の書斎・ひとり好き」は、アット・ホームな雰囲気の中で芸術・文化に親しみながら読書が楽しめる環境を提供します。ゆっくりと自習もできます。只今、「昭和レトロ展」を開催中。未曽有の敗戦を乗り越え、未曽有の繁栄を築いた昭和。平成もすでに26年になるが、昭和の記録をもう一度ふり返ってみてはいかがでしょう。

◆女性専用(ただし土・日曜は男性も入館できます)◆入館料200円(何時間でも均一料金)◆小学生以下無料◆営業時間 12時~18時◆場所:兵庫県宝塚市伊孑志3-16-26

03_2

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30