無料ブログはココログ

« アイスクリームはもともと兵士の健康食だった? | トップページ | 参勤交代と大名行列 »

2024年5月 9日 (木)

黒板の日

Hanzoumon2001   神田孝平(1830-1898、かんだたかひら)は美濃国不破郡岩手村(現・岐阜県垂井町)に生れる。旧幕臣の学者で蕃書調所や開成所で勉学に努めた。日本で最初に黒板を使ったのは神田といわれる。明治期、兵庫県令や元老院議員を勤めた。「経済学」の訳語確定、考古学や金星観測など博学多才の学者であった。養子の神田乃武(かんだないぶ、1857-1923)は英学者となり、「コンサイス英和辞典」や教科書を多く著述し、東京外国語大学を創設した。(5月9日)

« アイスクリームはもともと兵士の健康食だった? | トップページ | 参勤交代と大名行列 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

ケペル先生。「神田乃武は・・・京外国語大学を創設した。」の部分を補足します。
*東京外国語大学の源流である東京外国語学校の創立は明治6年11月4日で伴正順が初代校長に就任。
①明治13年 神田乃武(24歳)、アメリカから帰国後、大学予備門で英語・歴史を教える。翌年より、東京大学にも出講。
*明治18年9月22日、東京商業学校(現在の一橋大学)へ合併され東京外国語学校は廃校となる。
②明治26年 神田乃武(37歳)、高等商業学校(東京商業学校の後身)教授に転じる。
*明治32年4月4日、東京外国語学校が高等商業学校より独立。
③明治32年4月21日 神田乃武(43歳)、東京外国語学校(新外語)初代校長に。
なお、私は養父の神田孝平の開明さと平等を尊んだ気風が好きです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アイスクリームはもともと兵士の健康食だった? | トップページ | 参勤交代と大名行列 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30