無料ブログはココログ

« 三国干渉問題 | トップページ | アメリカ議会図書館 »

2024年4月23日 (火)

始皇帝と郡県制

  中国で周の「封建」にたいして秦の統治方式を「郡県」という。周は、殷を滅ぼしたのち一族および功臣に土地人民を分け与え、その封国あるいは封邑の領有をそれぞれの子孫に相続させたのにたいして、秦の始皇帝は天下統一すると、すべての土地人民を自分一人で領有し、中国全土を36の郡に分け、郡をいくつかの県に分け官吏を派遣して郡・県を統治させた。郡県制では、行政官として郡に守、県に令を派遣する一方で、尉に軍事力を掌握させ、守への権力集中を防ぎ、そして監により守と尉を監察して、すべての権力が皇帝に集まるようにした。さらに、最も権力が集中しやすい郡の行政官の守には、県令を所属させず、それぞれ別々に皇帝に直属するようにさせたのです。こうして郡県制は、こののち隋・唐より州県制と名前を変えながらも、基本的な仕組みは、宋でも形成され、清まで継承されました。二千年続く中国の皇帝支配を支えたものは、郡県制なのです。以下書きかけ



« 三国干渉問題 | トップページ | アメリカ議会図書館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三国干渉問題 | トップページ | アメリカ議会図書館 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31