無料ブログはココログ

« ポライオロ「貴婦人の肖像」 | トップページ | 1杯のコーヒーと電話 »

2024年3月 9日 (土)

バイデン対トランプ

 今年は米大統領選挙がある。投票日は「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」と法律で決まっている。なぜ「11月」で「火曜日」なのか?アメリカはかつて農業国だった。そのため、農繁期を避け、収穫を本格的な冬が到来する前の時期として11月が選ばれた。そして、日曜日は安息日で、しかも投票所は都市にしかなく移動手段が馬車だったため、移動に時間がかかった。そこで、月曜日に出発して投票できる火曜日を投票日としたのである。2024年の投票日は11月5日で、民主党のバイデン対共和党のトランプの再対決となる公算が大きい。両者による高齢者の対決をもう観たくないという米国民は7割に及ぶという。

 先ずは二人のプロフィールを簡単に紹介する。ジョー・バイデンは1942年生まれで81歳。ペンシルベニア州スクラントン生まれ。ドナルド・トランプは1946年生まれで77歳。ニューヨーク市のクイーンズ区生まれ。

  2020年米大統領選挙、共和党トランプと民主党バイデンの戦いは激戦であった。むしろ悪名高いトランプが予想に反して7300万票を獲得し善戦したともいえる。なぜ地方の田舎州にトランプ支持者が多いのか?それは彼が、地方の産業を振興し、人々の生活を改善したからという理由があげられる。ところで民主党と共和党との違いは? 共和党の基礎は南北戦争時のリンカーンが確立し、奴隷制に反対する北部の勢力が結成し、政権を獲得するに至った。共和党は長らく保護関税等の伝統的な資本擁護策をもって大衆は繁栄に魅せられて共和党を支持していた。しかし1929年大恐慌の到来とともにこの繁栄の夢はくずれ、共和党は野に下らざるをえなかった。民主党フランクリン・ルーズヴェルトは1933年3月9日、ニューディール政策を発表し、これによって大衆を受益者化することに成功し、共和党は長らく政権から遠ざかった。1952年、共和党はアイゼンハワー人気で勝利したが、1960年、民主党は若きケネディが出現した。だがベトナム戦争の敗北を経た1970年代には、共和党のニクソンが登場し、以降の共和党の大統領はフォード、レーガン、ブッシュ、ジョージ・ブッシュ、トランプの5人。民主党の大統領はカーター、クリントン、オバマ、そしてバイデンを加えて4人となった。だいたい共和党は国家の強化を図る高額所得者、保守の政党というイメージがあるといってよい。

  なぜ共和党が赤で民衆党は青なのか?いつ頃から両党のイメージカラーが定着したのか、古い慣例ではなく、比較的新しいものである。2000年大統領選挙の際に、報道番組において共和党ブッシュが勝利した州を赤、民主党ゴアが勝利した州を青に色分けて表示していたため、その後もこの色の割り当てが定着したといわれる。共和党(Repubticans)はRから始まり、赤(Red)もRから始まるためともいわれる。 

このほか共和党はゾウ、民主党はロバというシンボルマークがある。起源は古く、19世紀後半のトーマス・ナイトの風刺漫画といわれる。

 

« ポライオロ「貴婦人の肖像」 | トップページ | 1杯のコーヒーと電話 »

世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポライオロ「貴婦人の肖像」 | トップページ | 1杯のコーヒーと電話 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31