無料ブログはココログ

« 楽聖忌 | トップページ | 吉田松陰が渡米に失敗 »

2024年3月26日 (火)

カチューシャ由来考

 大正3年のこの日、芸術座がトルストイの「復活」を初演した。劇中歌「カチューシャの唄」を松井須磨子が歌って大ヒットした。今日カチューシャ(Katyusha)といえば、金属やプラスチックで作ったC字形の女性用ヘアバンドのことである。「カチューシャの唄」といってもZ世代には馴染みがないようで、「ああ、AKB4のEveryday,カチューシャですね」といわれるだろう。「カチューシャの唄」作詞は島村抱月・相馬御風、作曲は中山晋平。

♪カチューシャかわいいや別れのつらさ

せめて淡雪、とけぬまに

神に願いを、ララかけましょうか

    1990年頃の広辞苑には、カチューシャの項目にはなぜかトルストイの「復活」だけで、装身具としてのカチューシャの説明は無かった。もちろんこの時代も一般化した商品だった。現在の広辞苑には「大正初期上演の復活で、カチューシャ(松井須磨子)が着けたことから広まった」とある。ヘアバンドのカチューシャという称呼は日本独自の呼び名で、海外では通用しない。松井須磨子がつけたカチューシャは、「カチューシャどめ」という髪留めで商品化されたもので、現在のシュシュに近いものである。ただしその由来など、松井須磨子説に疑問視する説もあるようだ。カチューシャとはエカテリーナの愛称である。カーチャ、カーニカ、カチューシャ、カーチュニカとだんだんと上品な呼び名になるらしい。このあたりの話はロシア語の詳しい方でないとわからない。(3月26日)

 

« 楽聖忌 | トップページ | 吉田松陰が渡米に失敗 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽聖忌 | トップページ | 吉田松陰が渡米に失敗 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31