無料ブログはココログ

« 富士山と日本人 | トップページ | 英語になった日本語 »

2024年2月24日 (土)

まぼろしの配役

Thewizardofozjudygarland535484_650_

 

 

   1939年に製作されたミュージカル・ファンタジー「オズの魔法使い」は、当時無名だった16歳のジュディ・ガーランドを一躍スターダムにのし上げた。しかし、企画されていた当初は、天才子役の名をほしいままにしていたシャーリー・テンプルを主演にするつもりでいた。が断られ続けしかたなくジュディー・ガーランドが抜擢されての主演となり、作品は大ヒット。一方、10歳で年収100万ドルだったテンプルは、後世に代表作を残せないまま、その後23歳で引退した。 

 

   ハンフリー・ボガートの「カサブランカ」も当初はロナルド・レーガンやジョージ・ラフトが企画されていたし、ジェームズ・ディーンの「エデンの東」もモンゴメリー・クリフトだった。ぺ・ヨンジュンの「冬のソナタ」は最初リュ・シュウォンを主演するつもりであったが、多忙のため断った。もしリュ・シュウォンが受けていたら、韓流ブームはなかったかもしれない。

 

 

« 富士山と日本人 | トップページ | 英語になった日本語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山と日本人 | トップページ | 英語になった日本語 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31