無料ブログはココログ

« 「お誕生日のうた」は最近、著作権が切れた | トップページ | 天気図記念日 »

2024年2月15日 (木)

春一番名付けの日

Photo 「春一番」とは立春を過ぎて最初に吹く強い南風のことで、気象予報官の創作ではない。最初にだれが言い出したか定かではないが、口から口に語り伝えられたらしい。一説によると、安政の頃、壱岐沖で船数隻が烈風を受けて沈没、50人以上が死亡した。この事件以来早春の南風わ「春一」または「春一番」と呼んで恐れられたという。ほかに平凡社の世界大百科事典によると、民俗学者の宮本常一が長崎県の郷ノ浦を訪れて語を採集し、壱岐で用いられている語として『俳句歳時記』(1959)で紹介したとある。これをきっかけに、「春一番」は新聞などマスコミで使われるようになったという。朝日新聞1962年2月15日の朝刊で「春の突風」という記事で「強い南風は春一番と名付けられているが、その時期は毎年二月から三月上旬にかけて吹出す」して、「春一番」という語が使われたことから、2月15日を「春一番名付けの日」とされている。「春一番」、英語では、the firtst spring 、映画「七年目の浮気」でマリリン・モンローのドレスがまくれ上がるのは、「春一番」ではなくて、地下鉄の通気口から吹き上げる風だが、巨大モニュメントでは自然の風のように見える。(2月15日)

« 「お誕生日のうた」は最近、著作権が切れた | トップページ | 天気図記念日 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「お誕生日のうた」は最近、著作権が切れた | トップページ | 天気図記念日 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30