無料ブログはココログ

« 2月なのに春の陽気 | トップページ | 消えゆく義理チョコ »

2024年2月13日 (火)

月夜釜

Kama

 

  「月夜に釜を抜かれる」(江戸いろはかるた) 

 

明るい月夜に釜を盗まれる意から、ひどく油断することのたとえ。

   これとは別に中国には「月夜に釜を掘り出す」という故事がある。意味は「思いがけない幸運に出会う」。後漢の郭巨は妻とともに貧しい中で老母に孝養を尽くしていた。ふたりの間に男の子が生まれたが、子を育てると母への孝養が尽くせないと相談した。わが子を埋め死なせようと、穴を掘ったところ、「天郭巨に賜ふ」と書かれた黄金の釜が出たという。天がその孝心に感じて黄金の釜を与えたと伝える話である。子殺しなので現代では通用しない故事である。

« 2月なのに春の陽気 | トップページ | 消えゆく義理チョコ »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月なのに春の陽気 | トップページ | 消えゆく義理チョコ »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30