無料ブログはココログ

« チンボラソ山 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

2024年1月 4日 (木)

「おやつ」はなぜ3時に食べるのか?

Teyaki_img17_2000000000000000016252100821125010286_1P1020344sMizumanju1      

 

   江戸時代に茶道が発達し、昼食と夕食との間に、小昼(こひる)というお茶を飲む習慣が生れる。八つ時(午後2時)に食べることから、その時、お菓子を食べることを「おやつ」というようになった。「おやつ」という古風な言葉はいつまでも残り、決して死語になることはない不滅の日本語だろう。英語で「おやつ」「お菓子」はsweetsと表現するが、他にも snacksやcandy,coffee breakなどある。日本語の「おやつ」は女性語で男子は使わなかった。

   大阪では「おちん」という。語源は2つの説がある。使いの子供に与える駄賃から転じて「お賃」となった。もう一つは、おやつを知らせる鐘の音が、ちんちんと鳴ったから。

« チンボラソ山 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チンボラソ山 | トップページ | ナポレオンのエジプト遠征とロゼッタ・ストーン »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31