無料ブログはココログ

« ニクソン大統領辞任 | トップページ | ヒゲの歴史 »

2023年8月 8日 (火)

そろばんの日

Img_476536_9115357_9
毛利重能の顕彰碑(兵庫県西宮市)

 

    西宮市の熊野神社に「算学神社」がある。毎年8月8日は「そろばんの日」でソロバン供養祭が開催される。この日になったのは、「パチパチむというのが、ソロバンを弾く音に似ているからだという。算盤は中国では2世紀に作られた。日本に伝来したのは安土桃山時代の頃。「日本風土記」(1570年代)には「そおばん」と表記されている。豊臣秀吉の家臣の毛利重能が明から伝来したとも言われる。重能は京都でそろばん道場を開いて、多くの塾生を育てた。吉田光由、今村知商、高原吉種などの弟子が輩出した。江戸時代、商業が盛んになると算盤は普及した。三国時代の関羽が算盤を発明したと信じられ、華僑によって商売の神となり、世界各地に関帝廟が建てられている。本当の算盤の発明はギリシャ・ローマ人であろう。ローマ帝国時代にシルクロードを通って中国に伝来したと考えられる。

 ソロバンを習うと、「願いましては」のかけ声を合図に読み上げ算が始まり、室内にはパチパチという音が響く。ところで、この「願いましては」という掛け声、いったい何を願っているのだろうか。珠算史を研究している専門家に聞くと、じつは単なる語呂合わせで、とくに意味はないという。もともと、ソロバンの読み上げ算の前に掛ける声は、地域らよってマチマチだった。「上げては」「置いては」「始めて」などが使われていたが、昔から「願いましては」と言っていたのが、三重県内の珠算競技会。昭和三十年代、その語感がいいと評判になり、全国へと広がった。やがて「願いましては」で、全国的に統一されたという。

06_abacus
  古代ローマの算盤

 

 

« ニクソン大統領辞任 | トップページ | ヒゲの歴史 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニクソン大統領辞任 | トップページ | ヒゲの歴史 »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31