無料ブログはココログ

« 犀星忌 | トップページ | 天狗党の乱(1864年) »

2023年3月27日 (月)

如拙「王右軍書扇図」

Img_163761_3133699_1

 

 

 

   中国の書聖王羲之が扇売りの老婆の扇に書をかいてやったので人が競って買ったという故事を描い作品。如拙は室町時代初期の画僧で、相国寺の僧であったと考えられるが、出身地など伝記を窺うに足る史料はじつに乏しく、生没年など一切不明である。この作品のほか、「瓢鮎(鯰の古字)図」「三教図」など三点が残っているが、南宋の梁楷を学んだ跡がうかがえる。雪舟は彼を師と呼んで敬仰したのである。「王右軍書扇図」(1423年以前)はかっては守屋孝蔵のコレクションであったが、現在は京都国立博物館が所蔵している。

 

 

« 犀星忌 | トップページ | 天狗党の乱(1864年) »

日本史」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
嬉しいです。頑張って下さい。今日のお昼は、「さくら」の再放送の第115回と第116回と第117回を見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 犀星忌 | トップページ | 天狗党の乱(1864年) »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29