無料ブログはココログ

« 英語: いろいろな魚貝を表す語 | トップページ | 野球伝来150年 »

2023年3月10日 (金)

花の御所

 足利義満は、永和4年のこの日、かねてから土御門内裏の北西に造営がすすめられていた新御所室町第に移った。この地には、もともと室町李顕の邸があったが、義満の父義詮が買い取って院の御所としていた。前年に火災のため焼失したあと、義満が譲りうけたものである。鴨川の水を引き、花がたくさん植えられた庭園の美しさから「花の御所」と呼ばれた。場所は、現在の上京区室町通今出川あたりである。「花営三代記」という室町幕府の日記が残っている。「武家日記」あるいは「室町記」ともいう。一巻。著者はわからないが、おそらく室町幕府の右筆であろうと思われる。題名の、「花営」は三代将軍足利義満の室町の「花の御所」からきており、将軍義満・義持・義量の三代の記事を収めているので、「三代記」と称する。ただし、現在伝えられているのは、貞治三年(1381)から康暦三年(1381)までの15年間と、応永28年(1421)から応永32年(1425)までの5年間の記事のみである。全体として記事は簡単だが、幕府に関する記事はおおむね正確で、とくに貞治~康暦の時期においては、将軍をはじめ幕府重臣の動静、幕府の法令、評定始・内談始・弓場始などの幕府諸行事はもちろん、応安元年6月の有名な半済令や、応安4年11月の諸国段銭、応安5年7月の日吉社神輿造替要脚段銭などの施行については、拠らざるをえない重要な記事を収めている。本書は「群書類従」雑部に収められている。花の御所は1476年の応仁の乱の戦火で焼失した。(1378年3月10日)

 

 

 

 

« 英語: いろいろな魚貝を表す語 | トップページ | 野球伝来150年 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
嬉しいです。頑張って下さい。今日のお昼は、「さくら」の再放送の第85回と第86回を見ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語: いろいろな魚貝を表す語 | トップページ | 野球伝来150年 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29