無料ブログはココログ

« 初心忘るべからず | トップページ | クラナダ陥落 »

2023年1月 1日 (日)

平山常陳事件

 1620年、バタビアから日本に向かったイギリス船ムーン号、オランダ船バンタン号などは、台湾の付近で北航している日本の朱印船に出会い、船中に2人のヨーロッパ人のいることを発見して、この日本船の船頭は、堺出身の商人平山常陳というキリシタンであった。平戸で入牢したこの外人は、宣教師ペトロスンニがとルイス・フローレンスと判明。2年後船主平山と2人の宣教師は火刑。日本人乗組員12人は斬首に処せられる。

« 初心忘るべからず | トップページ | クラナダ陥落 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初心忘るべからず | トップページ | クラナダ陥落 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30