無料ブログはココログ

« 源頼朝没す | トップページ | 近代作家と映画黄金時代 1930-1952 »

2023年1月14日 (土)

額田大王の歌

  万葉集初期の女流歌人。鏡王の娘で、はじめ大海人皇子の愛を受けて十市皇女を産んだが、のちに天智天皇に愛されて近江大津宮に仕えた。壬申の乱後は、大和遷都に伴って大和に帰り住んだらしい。661年のこの日、斉明天皇が百済救援軍を見送るために伊予・熱田津(にぎたつ)の石湯(道後温泉)に宿泊した。有名な歌「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ。今は漕ぎ出でな」は661年1月14日の作。大意は「伊予の熟田津で、舟遊びをしよう、と月の出を待っているうちに、月も昇り、潮もいい加減になってきた。さあもう漕いで出ようよ。」

 

« 源頼朝没す | トップページ | 近代作家と映画黄金時代 1930-1952 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 源頼朝没す | トップページ | 近代作家と映画黄金時代 1930-1952 »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29