無料ブログはココログ

« 人類と酒の起源 | トップページ | グレタ・ガルボ結婚!? »

2023年1月15日 (日)

登誉上人と祖洞和尚

 「どうする家康」第2話「兎と狼」。永禄3年(家康19歳)。織田軍に包囲され、絶対絶命の松平元康。だが、なぜか信長は兵を引く。元康は故郷の三河へと進む。岡崎城には今川の残兵がいたため、元康は自害しようとするが、大樹寺の住職、登誉上人に止められる。彼が説く「厭離穢土欣求浄土」は生涯を通じての家康の精神的な支えとなり、徳川家の馬印になる。このほか、寺僧の一人、祖洞了伝は怪力の持ち主で、総門のかんぬきで、敵を退却せしめた挿話が有名だが、ドラマでは取り上げられなかった。

 

« 人類と酒の起源 | トップページ | グレタ・ガルボ結婚!? »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人類と酒の起源 | トップページ | グレタ・ガルボ結婚!? »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29