無料ブログはココログ

« 意外と知られていない有名人が広めた言葉 | トップページ | なぜ日本ではクリスマス・イブは恋人と過ごすものというイメージが根強いのか »

2022年12月22日 (木)

「胸キュン」雑学365日

   少女漫画や韓国恋愛ドラマなどを見て、「胸がキュンとする」という意味合いで用いられる語。心のときめきやノスタルジーなどにより催される、胸の締め付けられるような切ない感情を指す表現である。「胸キュン」の語源はいつだろうか。1980年の河合奈保子の楽曲「ヤング・ボーイ」(作詞:竜真知子)に「胸がキュンとなるの」という表現が初出である。同年に山下久美子も「胸のここんとこがキュウンとなるような歌が唄いたのよね・・・」とキャッチコピーで使っている。さらに、ファンクラブの名称「胸キュンClub」と用いているなど、「胸キュン」の普及に大きく貢献している。1983年にYMOの楽曲「君に、胸キュン」(作詞:松本隆)に使用され、一般的な言葉として定着した。楽曲タイトルに採用された際には、山下久美子の許可を得たとされている。

 

« 意外と知られていない有名人が広めた言葉 | トップページ | なぜ日本ではクリスマス・イブは恋人と過ごすものというイメージが根強いのか »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意外と知られていない有名人が広めた言葉 | トップページ | なぜ日本ではクリスマス・イブは恋人と過ごすものというイメージが根強いのか »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30