無料ブログはココログ

« 印象派の巨匠モネ | トップページ | 龍馬暗殺の謎 »

2022年11月14日 (月)

後三年の役終わる

 前九年の役で奥州地方を制覇した清原武則の子武貞の没後、真衡と家衡・清衡の間で紛争があり、真衡の死後には家衡と清衡が争った。この頃、陸奥守として源義家が入国して両者の調停をはかったが失敗し、清衡の請に応じてこれをたすけ、家衡と対抗した。戦役は、1087年11月14日、清衡方の勝利に終わった。清原一族は全滅した。この役の後、源氏は東国に勢力を確立した。

 

« 印象派の巨匠モネ | トップページ | 龍馬暗殺の謎 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 印象派の巨匠モネ | トップページ | 龍馬暗殺の謎 »

最近のトラックバック

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31