無料ブログはココログ

« ジョーにはJoとJoeの綴りがある | トップページ | 霜降 »

2022年10月22日 (土)

映画スターが輝いていたころ

Photo_3

 いつの時代も人気スターは現れるが、映画スターが最高の輝きを放っていたのは1930年代から50年代末にかけてであろう。

 映画の主題歌を日本語訳詞でカバーリングすることは戦前の昔からある。ペギー葉山が1961年に自ら訳詞・歌唱した「ドレミのうた」(サウンド・オブ・ミュージック)が、もっとも広く知られている楽曲かもしれない。洋画主題歌を日本語カバーするのは最近はディズ二ー作品しか見られないのがちょっと寂しい。

 

Fall in Love Agin (嘆きの天使) 1930 川畑文子

 

巴里の屋根の下 1930 田谷力三

 

La Violetera (街の灯) 1931 川畑文子

 

ただ一度だけ(会議は踊る) 1931 奥田良三

 

時の過ぎゆくままに (カサブランカ) 1943 フランク永井

 

枯葉 (夜の門) 1946 越路吹雪

 

ボタンとリボン (腰抜け二挺拳銃) 1948 池真理子

 

遥かなる山の呼び声 (シェーン) 1953 雪村いづみ

 

帰らざる河 1954 美空ひばり

 

Love is a many splendored-thing (慕情) 1955 ウィリー沖山

 

ケ・セラ・セラ(知りすぎた男) 1955 ペギー葉山

 

ラブレター 1957 ジェリー伊藤

 

アフリカの星のボレロ 浜村美智子 1957

 

河は呼んでいる 1958 中原美沙緒

 

四月の恋 1957 雪村いづみ

 

夏の日の恋 (避暑地の出来事) 1959 スリー・グレイセス

 

ラノビア (恋愛専科) 1962 ペギー葉山

 

シャレード 1963 八代亜紀

 

ブーべの恋人 1963 ザ・ピーナッツ

 

北京の55日 1963  克美しげる

 

史上最大の作戦  克美しげる

 

シェルブールの雨傘 1964  ザ・ピーナッツ

 

ドレミの歌(サウンド・オブ・ミュージック) 1965 ペギー葉山

 

愛は限りなく 1968 倍賞千恵子

 

サークル・ゲーム(いちご白書) 1970 アグネス・チャン

 

ボタンとリボン 1970 木の実ナナ

 

ゴッドファーザー 愛のテーマ 1972 尾崎紀世彦

 

ブラザー・サン・シスター・ムーン 1972  桑原一郎

 

そうなつたら素敵(マイ・フェア・レディより) 桜田淳子

« ジョーにはJoとJoeの綴りがある | トップページ | 霜降 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョーにはJoとJoeの綴りがある | トップページ | 霜降 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30