無料ブログはココログ

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月31日 (月)

包丁の話

_2     料理に使用する薄刃の刃物を包丁という。元々は中国の紀元前3世紀、魏の文恵君のもとに仕えていた料理人の名前である。(「荘子」) その刀さばきが素晴らしく、その様子をみた皇帝は感激して、包丁の名前は知れ渡り、彼をたたえて料理用の刃物のことを「包丁」と呼ぶようになった。

 

 世界の包丁、ナイフの単語を集める。

 

英語 knive  ナイフ

 

ドイツ語 Messer  メッサー

 

フランス語 couteau  クトー

 

イタリア語 coltello  コルテッロ

 

スペイン語 cuchillo  クチリョ

 

ラテン語  culter  クルテル

 

スウェーデン語 kniv  クニーヴ

 

韓国語  カル

日本茶の日

    1192年のこの日、栄西が宋から帰国し、茶の種子と製法を持ち帰ったことにちなむ。

    飲茶の風習は三国時代に始まり、南北朝時代にようやく盛んになり、唐代に至って普及した。ことに、開元天宝の盛世で有名な玄宗皇帝の頃まで時代が下ってくると、茶はもはや中国人にとって必需品化し、黄河以南の中国全土で栽培されたばかりでなく、この頃突厥に代ってモンゴリアで活動していたトルコ族、ウイグル族なども飲茶の風に馴染み、宋代には、北方の契丹・女真・党項(タングート)などの諸民族が盛んに中国の茶を買い入れた。日本への伝来は、宋代に中国にいった栄西が1192年10月31日茶の種をもって製法を持ち帰ったのがはじめだといわれる。

   こうして飲茶の風習は時の経過とともに中国周辺の諸民族の間に広まり、宋代以後茶は絹や陶磁器とならんで中国の重要な輸出品となったが、この風習をはじめてヨーロッパに伝えたのは、ポルトガルについで東洋に進出してきたオランダ人であった。やがてかれらに代わって東洋貿易の覇権をにぎったイギリス人は、最も盛んに中国の茶を買入れ、これをヨーロッパ諸国や新大陸の植民地に売りさばいて巨利をえた。七年戦争ののち、本国の財政をたて直す一手段として、植民地向けの茶に重税をかけたことは、アメリカ独立戦争のきっかけとなった。また茶貿易の発展につれて増大する中国への銀の支払をおさえるために、インドのアヘンを中国にもちこんだことは、清朝を自衛のための対外戦争に追いこんだ。いわゆるアヘン戦争がこれである。一方モンゴル人から飲茶の風習を学んだロシアは、中国とヨーロッパ諸国の最初の条約として知られるネルチンスク条約以後、陸路によって盛んに中国の茶を輸入した。シベリアとモンゴリアの国境に開かれたキャフタがその中心となった。イギリス人は、そののち、セイロンで大規模に茶を栽培してその輸入をおさえるようになったが、アメリカ人はいまでも主に中国の茶を輸入している。(参考:「世界史問題集」山川出版社 1976)

2022年10月30日 (日)

その名前にふりがなを!

   職場や学校で話をしているとき、人の名前を間違えたりするとけっこう恥ずかしい。高杉真宙(たかすぎまひろ)、宮沢氷魚(みやざわひお)。千葉真一の二人の息子が活躍しているが、名前が難しい。新田晋剣佑(24歳)と眞栄田郷敦(21歳)。「あらたまっけんゆう」「まえだごうどん」と読む。

  人の名前はややこしい。新垣結衣(あらがきゆい)と新垣里沙(にいがきりさ)、二宮和也(かずなり)と亀梨和也(かずや)。錦織圭(にしこりけい)と錦織一清(にしきおりかずきよ)、菅野智之(すがのともゆき)・菅野美穂(かんのみほ)・菅野スガ(かんのすが)、藤木直人(ふじきなおひと)、菅直人(かんなおと)と菅義偉(すがよしひで)とロザンの菅広文(すがひろふみ)、日銀総裁の白川方明(まさあき)。伊原剛志(いはらつよし)・内藤剛志(ないとうたかし)・宇梶剛士(うかじたけし)、みんな紛らわしい。小説家・万城目学(まきめまなぶ)と「リンゴの唄」の作曲家は万城目正(まんじょうめただし)。ウッチャンは内村光良(うちむらてるよし)。ダウンタウンの浜田雅功(まさとし)。内野聖陽(うちのまさあき)、大森南朋(おおもりなお)も難読人名。金本知憲(かねもとともあき)、梵英心(そよぎえいしん)、井口資仁(いぐちただひと)、筒香嘉智(つつごうよしとも)、馬場皐輔(ばばこうすけ)など野球選手は難読人名の宝庫だ。

紅葉忌

S0157r

紅葉忌 明治は遠くなりにけり(厄介)
   明治36年のこの日、尾崎紅葉没す。「二人比丘尼色懺悔」「伽羅枕」「三人妻」「金色夜叉」「三人女房」など明治を代表する人気作家だった。内田魯庵は「思ひ出す人々」(大正14年刊)のなかで、尾崎紅葉がつねに外国文学を読んでいたことを回想し、紅葉の小説には外国文学の影響を大きく受けていることを指摘している。門弟の徳田秋声も紅葉はいつも洋書を読んでいたと著作の中でふれている。事実、紅葉自身の日記「十千万堂日録」にはオストロフスキイの戯曲「ストオム」(英訳本)、メーテルリンクの戯曲、ダヌンチオの「死の勝利」などの書名があがっている。紅葉はあまり有名ではない通俗小説もたくさん読んでいる。そして小説のストーリーを日本に置き換えて自分の小説としていることもあったようである。これは今日の著作権に対する意識が未成熟であった当時においては、やむをえないところかもしれない。あの有名な「金色夜叉」も種本が見つかっている。バーサ・M・クレーの「女より弱者」というイギリスの通俗小説である。(1880年代に初版)たぐい稀なる美女が、ダイヤモンドに目がくらみ、恋人を捨てて金持ちの紳士と結婚するが、後悔するという話でほとんどストーリーは同じである。尾崎紅葉は日本橋の丸善の洋書売り場で購入したらしい。(10月30日)

2022年10月29日 (土)

インターネットの日

4e781b2ca4aaefce0486765a023e3b37   現代は情報の時代である。日本人のおよそ9割の人がインターネットやスマホを毎日1回以上、利用している(総務省2019年統計89.8%)。まさに高度情報社会である。これほど多くの人がテレビなどのように受け身で情報を得るのではなく、自ら必要な情報を求める時代になるとは誰が予測したであろうか。SNSが急激に普及して、情報を得ることや共有することが簡単になり、便利になっていく反面、「炎上」「バッシング」という言葉をよく目にしたり耳にする機会が多くなっきた。気象情報や防災情報など命を守る安全面においても重要度が増している。情報について基礎から学ぶことが大切になっている。ところで日本において「情報化社会」とか「情報社会」とか言われ出したのはいつ頃からであろうか。情報が新たな行動を起こすための原動力となりうるものとして意識されるようになったのは、1950年代以降のことである。インターネットは開発当初、軍事目的の情報通信媒体であったが、1990年代に商業利用が始まると急速に普及した。「新詳地理資料CPOMPLETE」6頁によると、

1990年代半ば 携帯電話が普及する
2007年ごろ スマートフォンが登場する

 10月29日は「インターネットの日」。1969年のこの日、インターネットの元型であるARPAネットで初めての通信が行われた。カリフォルニア大学ロサンゼルス校からスタンフォード研究所に接続し、「LOGIN」と入力して「LO」まで送信した所でシステムがダウンした。NPLサーチで「情報」「知識」をキーワードにして検索すると、初期の文献がヒットする。

1963年 藤川正信「第二の知識の本」

1967年 川添登「情報社会と思想の自立」 展望107

1968年 増田米二「情報社会入門:コンピュータは人間社会を変える」

1969年 林雄二郎「情報化社会:ハードな社会からソフトな社会へ」

 林雄二郎の著書は有名で「情報化社会」をわが国で最初に紹介したといわれる。しかし、それ以前からビジネスの世界では「情報収集」が企業の存立にとても重要との認識が広まっていた。それは1960年代の高度成長期であり、慶應図書館学科の藤川正信が情報の重要性を唱えた嚆矢である。その後、有田恭助の「情報の集め方」(カッパ・ビジネス、1964年)は梶山季之の産業スパイ物のブームを背景にベストセラーとなった。書き出しは「人間の一生は、情報収集の連続である。私たちは、この世に生を受けたときから、死に至るまでのあいだ、つねに、外部の情報を集め、それを分析して行動を決める、という仕事を行なっている」。著書は産業スパイが反社会的行為であり、いかに正々堂々と情報を収集するか、その意義を説いている。いまのような情報検索システムが普及する以前は、図書館の目録カードがこの役割を果たしていた。わたしは1970年代に図書館の整理業務にたずさわり、目録の編成に心血をそそいだ。しかし、書名目録、分類目録は機能したが、主題から検索できる件名目録は充分な成果をあげることができなかった。件名目録は日本図書館協会より刊行された基本件名標目表にある統制語によって構成される。つまり今のネット検索のように何でも思いつくワードで検索できるのではなく、限定されたワードしかヒットしない。利用者も件名目録の特性を十分に理解する人はなく、件名目録が十分に活用した図書館はほとんどなかった。現在このBSHが現場でどれくらい活用されているかしる由もないが、おそらく自然消滅のような状態になっているのだろう。しかし図書館学における検索機能が何らかの形で現代の情報検索機能に反映されているものと思っている。

    このような情報化社会にあって、反対に「情報はいらない」「新聞は読まない」と豪語する有名人がいる。タレントの長嶋一茂さんだ。元プロ野球選手で、現在はテレビのバラエティ番組などでその顔を見ない日はないほどの売れっ子タレントぶりの活躍である。発言内容の天然ぶりと苦労しらずの人柄が面白い。なぜコメンテーターをしながら、多くの知識を入れようとしないのか。ネットでエゴサーチをすると不快な記事を読むからかもしれない。「勉強しない」とかの発言も反知性主義とみることもできる。経済的な不安を知らずに育った一茂さんは、一種の貴族的な地位にあり、勉強したり、世間に認められようという立身出世主義は皆無の生き方をしてきた。広く多くの情報を入手して正しい結論を導くのではなく、自己の直感でコメントするようである。現代マスコミの寵児がこの情報の時代に情報を全否定することも面白い。つまり誰でもが簡単に情報が入手できるので、総合的な知識とか、いわゆる教養とは要らないと考える。反知性主義のようなものが若者たちの間に自然と広まっていることを憂慮している。

 

 

 

 

 

 

 

ソウル・ハロウィーンの惨劇

   仮装やコスプレをして、パーティを開いて楽しむハロウィーンもいつの間にかアジアにも定着してきた。今年は3年ぶりに自粛要請がなく、渋谷ハロウィーンがどうなるのか。だが雑踏にはくれぐれもご用心を!! 韓国ソウル龍山区の繁華街・梨泰院で29日の夜、ハロウィーンに集まった多数の若者たちが転倒した事故で158人が死亡した。韓国語では「イテウォナプササゴ」と呼ぶらしい。大半が20代から30代の若者たちである。なぜこれほど大数の若者が1カ所に集結したのであろうか。死因の多くが圧死という。厳しい受験競争や兵役がある韓国では、ストレス発散になるハロウィン・イベントは孤独な若者が自分を発散している側面がある。トックと呼ばれる若者たち(日本語のオタクが訛った言葉)が、大好きなことを、思いっきり楽しもう、という感覚がある。そもそもハロウィーンって何なのか?もとはアングロ・サクソン系の祭日。10月31日すなわちキリスト教の万聖節の前日をいう。古くはヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝の祭日「サウィン祭」で、ケルト暦の大みそかにあたり、ケルト伝説によればこの夜、悪霊たちが迫りくる長い冬を避けて遠くに飛び去り、魔術師たちが戸外を駆け巡って来年の予想を声高に叫び歩いたという。現在でもこれらの習慣が残されており、仮面をかぶって広場で踊り、子供たちがカボチャをくりぬいたランプを提げて行脚を行う。「ジャック・オ・ランタン」という。本来はカブのランタンをともしながら暗い道を歩き続けたというアイルランドの伝説に由来される。

  ハロウィーンが日本で知られるようになったのは1970年代になってのこと。でもレイ・ブラッドベリの小説「ハロウィーンがやってきた」(1975年)や映画「キャスパー」(1995年)などハロウィーンを題材とした作品はわずかである。東京ディズニーランドでイベントが催されたり、お菓子メーカーが作られて、次第に日本人にも90年代末頃から浸透してきました。さて、ここでハロウィーンに関する三択クイズです。ハロウィーンといえばカボチャですが、そのほかにも世界中で食べられるお菓子があります。それは何でしょうか?

A.クッキー

B.チョコレート

C.ケーキ

  ↓
  ↓
  ↓

答え A

 

 

 

 

 

 

「白夜」びゃくや、はくや、どちらでも正しい

  漢字につまわる話、いろいろありますよね。自分が正しいと思っているのに、異なる読み方をされると、戸惑いを感じます。フリーアナウンサーの有働由美子が買い物をしていると、店員さんが「ろうほのお茶があります」と勧められた。「老舗」(しにせ)ではないかと思ったが、このことをラジオで話すと、リスナーから「ろうほ」とも読みます、と多数のメールがラジオ局におくられた。あとで国語辞書を引くと載っていた。世論を「せろん」と読むか「よろん」と読むかの類である。「白夜」も「びゃくや」「はくや」どちらでも正しい。でも欠伸(あくび)を「けっしん」と読むと意味が少し違いので注意しよう!。「伸」に「のばす」の意味があるので、欠伸(けっしん)は「あくびと背のび」の意味になる。

   宮沢洋一経済産業相が川内原発を「かわうち原発」と言い間違えたことが問題になったことがある。鹿児島に「仙台よりも有名でない川内」といわれた市があった。紛らわしいので2004年に薩摩川内市と改称された。日本には漢字が同じで読み方が違う地名がいくつかある。とくに紛らわしいのが「川内」。青森県には川内町(かわうちちょう)が存在するが、愛媛県川内町、福島県川内村は「せんだい」と読む。

 

 

古事記

  8世紀初めに成立した現存するわが国最古の歴史書・文学書。その序文によれば、天武天皇は諸家に伝える帝紀・旧事に虚偽が多いので、これを正すため偽りを削り真実を定め、稗田阿礼に勅使してこれを誦み習わせたが、その時は完成に至らなかった。あらためて元明天皇のとき太安万侶に詔書して阿礼の誦み習うところの勅語旧辞を撰録させた。内容は天地開闢に始まり、伊邪那岐命・伊邪那美命の国生み神話、天照大神の天岩戸、須佐之男命の大蛇退治、大国主命神の国譲り、邇邇芸命の天孫降臨、神代より推古天皇に至る皇室の系図を中心に、わが国古代の神話・伝説。歌謡を広く収録する。

綺麗なのに「声が残念…」

Photo  「1000年に1人の逸材」や「天使すぎるアイドル」という冠言葉のつくなど愛らしさで大ブレイク中の橋本環奈だが紅白歌合戦の司会に抜擢された。でもカワイイけど「声が残念」という評価がある。一方で「そんなことはない。ハスキーで独特な「声」が魅力的という意見もある。ライブの映像をみると、ダンスでみせる表情がとても愛らしい。そしてトークが意外と気取らずズケズケとよくしゃべる。清楚派というかっこをつけず、若さで天真爛漫にふるまうほうが魅力が増すように感じた。

 

2482890769581913207_2  外見と声のギャップはむかしからよくある話である。ふるくは絶世の美女といわれたグレタ・ガルボはスウェーデン訛りとダミ声だった。ジューン・アリソンはガラガラのベチャ声。ジーン・アーサーはキンキン声。ヴィヴィアン・リーは美しく流暢な英語ながらペチャクチャとよくしゃべりまくる。韓国のチェ・ジウは低く野太い声である。吹替えの田中美里ほうが、たおやかな感じで顔にマッチしている。星由里子も内藤洋子も沢口靖子も皆「声が残念…」という感じがする。レコードも数枚出しているがやはりとても聞けたものではない。賀来千香子、夏川結衣、鶴田真由、長谷川京子、石原さとみ、水川あさみ、相武紗季、川口春奈、橋本愛も悪声女優。人気の壇蜜も気の抜けたような声で女優としてダメ。安達祐実、山瀬まみ、杉作咲花もキンキン声。前田敦子は声が割れている。反対に美声は薬師丸ひろ子、宮崎あおい、仲間由紀恵、瀧本美織。顔と声が一体となった女優は?東芝日曜劇場「美しい橋」(1977)をみた。偶然橋の上で知り合った若い男女の恋物語。山口百恵18歳。歌手以上に女優として成功したのは、やはりあの落ち着いた低い声にある。百恵のように顔と声がマッチしているのは珍しい。円地文子も絶賛していた。歌手ではやはりアジアの歌姫テレサ・テン。その甘く澄んだ歌声は没後20年を経った現在もアジアで幅広く根強い人気がある。

 

 

 

 

絵島生島

Photo_10  妻子あるNHKアナウンサーが不倫しているというネットのニュース。姦通罪があるわけではなし、なぜ日本では浮気や不倫で大騒ぎするのだろう。江戸時代の絵島生島の頃とあまり進歩していない。生島は三宅島に流れされたが、某アナはどこへ流されるのか。三宅島は東京から南南西175km伊豆諸島のほぼ中央で、大島、八丈島についで三番目に大きい島である。事代主命が渡島し、付近の島々を治めたという伝説があり、12の延喜式内社があることから宮家島といったのが島名の起源という。また8世紀に多治比直人三宅麿が流されたことによるとの説もある。源為朝の居住跡、竹内式部の墓などもある。江戸時代は流刑地で「絵島事件」の生島新五郎は正徳4年(1714)から寛保2年(1742)まで28年間、この島に流された。

    生島新五郎(1671-1743)は、寛文11年、大坂に生まれ、貞亨元年に野田蔵之丞の名で木挽町の芝居小屋・山村座の舞台に立つ。元禄4年、生島新五郎と改名。徳川家継の時、正徳4年1月12日、大奥御年寄の絵島(1681-1741)が寛永寺、増上寺へ参詣した帰途、当時人気絶頂の歌舞伎役者・生島新五郎の山村座に立ち寄ったことが露見し、大奥の門限に遅れ、いわゆる「絵島事件」にまで発展した。かくて絵島は1714年3月5日、信濃高遠(現・長野県伊那市)へ、生島は三宅島へ流され、そのほか処罰者は大奥・御用商人・歌舞伎界に及んで1500人にものぼった。28年間、囲屋敷幽閉の末、病に倒れた絵島は生島の名を呼びつづけて、その生涯を終わった。寛保2年2月、生島は徳川吉宗により赦免され、江戸に戻ったが翌年、小網町で没した。舟橋聖一の新聞小説「絵島生島」(東京新聞昭和28年9月~29年11月)を原作に淡島千景、市川海老蔵(11代目市川團十郎)主演で「絵島生島」(大庭秀雄監督、昭和30年)が映画化されている。近年では「大奥」(2006年)で仲間由紀恵、西島秀俊が演じる。

 

 

2022年10月28日 (金)

古事記で美人はわずか数名!?

   「古事記」にはたくさんの神々が登場する。その数はなんと321柱。でも美人と記されている女性は、意外と少なくて木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤビメ)や勢夜蛇多良比売(セヤダタラヒメ)、活玉依比売(イクタマヨリビメ)など数人のみ。考霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトヒモモソビメ)も美人とは記されていない。木花之佐久夜毘売りの姉、石長比売(イハナガヒメ)は醜女(しこめ)として語られる。

 木花之佐久夜毘売命は、邇邇芸命と一夜の契りによって身ごもった。日本一の活火山・富士山の神となる。

 

 

 

 

ハーバード大学図書館

   アメリカ最古の高等教育機関であるハーバード大学が、いつの時点で発足したのかは、はっきりとしていない。一般には1636年10月28日を創立年とみなしている。ハーバード大学図書館は1638年に創立され、アメリカで最も古い歴史がある図書館になっている。この大学と図書館は、イングランド生まれの聖職者ジョン・ハーバードが1638年に死去した際に、遺言で400冊の蔵書と所有不動産の半分をカレッジに寄付するとともに、自分も名前を遺すことになった。1790年ころの蔵書数はわずか1万2000冊を超すにすぎなかったが、図書館の飛躍は、1915年に総合図書館であるワイドナー図書館が創設されてからのことで、当時の蔵書数は56万冊を超えていた。現在、この大学図書館組織には70を超える図書館が所属しており、あわせた蔵書数は1310万冊に及ぶ。世界で米国議会図書館、大英図書館、フランス国立図書館に次いで4位となっている。

2022年10月27日 (木)

戯れに恋はすまじ

 ABEMAでは多彩な番組を無料で配信している。毎週月曜日に放送中の恋愛ドキュメンター番組「今日、好きになりました。」第38弾を見る。懐かしのプロポーズ大作戦、ねるとん紅鯨団など合コンあるいは集団見合い番組は定番ともいえる。「今日好き」は豪華なリゾート地で二泊三日、10人くらいの男女高校生の男女が食事やデートして、交際を深めて、最終日に告白するというもので長時間構成で若者たちの間で人気がある。カップルが成立すればめでたしめでたし。当世の若い男女の恋愛心理が面白いが、ふられて涙する女子もいる。でも出演者はみんなカッコイイ男女ばかりで一般人にはみえない。おそらく芸能事務所に所属するタレントだろう。ドキュメンタリーというよりは、プロの放送作家が脚色した台本があると思う。どことなく演技っぽい。たとえば、相手を選ぶ基準が、ルックスや話が合いそうだという理由ばかりだ。本当の交際相手を選ぶなら、家族構成とか親の職業とか本人の将来の希望などが質問されるはずである。現実的だが、恋愛番組には面白くないので、そういった打算的な面はスルーしているのだろう。ヤラセの番組から口説きのテクニックを学んでも、あまり幸せな人生が待っているとは思えない、というのは老人の僻みであろうか。本回の「りのちゃん」も遠距離恋愛のため別れたという。

吉田松陰先生御真影の謎

0045_r  大河ドラマ「花燃ゆ」は幕末・明治維新の精神的支柱であった吉田松陰の妹「文(ふみ)」の目を通して幕末・維新の動乱を描いたドラマだった。これまで吉田松陰の御真影は存在しないと思っていた。だが国立国会図書館の「近代日本人の肖像」に左のような画像が掲載されている。写実的な絵画のような、絵画に修正を加えた写真のような怪しげなシロモノである。実物と似ているのか、松下村塾生の渡辺嵩蔵にみせたところ、松陰のものではないと否定している。真相は謎に包まれている。

   1859年のこの日、安政の大獄で捕らえられた吉田松陰が小塚原刑場で処刑された。松陰が萩の野山獄から江戸に送られた理由は、安政の大獄で獄死した梅田雲浜が、萩で吉田松陰に会ったことを話したためだった。評定所が松陰に質問したのは、安政3年冬、雲浜と話した内容と、京都の御所に手紙を置いたのが松陰ではないのか、という2点。これは違うという松陰の主張が了解された。そこで、松陰は意見を聞いてもらえる絶好の機会だと思い、「倒幕のために公卿に手紙を出した。そして幕府の間部詮勝を迎え撃つことを計画した」と告白した。評定所の役人は、予想もしなかった老中暗殺計画に驚いた。評定所の判断は最初島流しだったが、大老井伊直弼が死罪に書き直したといわれている。死刑を受けると松陰は、辞世の詩を詠み、人々に別れを告げた。「吾れ今、国の為に死す。死して君親に負(そむ)かず。悠々たり、天地の事、鑑照、明神に在り」 維新の先覚者として種をまいた松陰は30歳でこの世を去った。(10月27日)

2022年10月26日 (水)

秋は灯火親しむべし

20081025_l  この一冊に、ありがとう

 10月27日から「秋の読書週間」が11月9日まで行われる。今年で第76回を重ねるが、第1回はまだ戦火の傷痕がいたるところに残っている1947年11月17日から開催された。それから70有余年、「読書週間」は日本の国民的行事として定着してきた。今年の標語は「この一冊に、ありがとう」、コロナ禍のなかでも全国各地でさまざまな本に関する展示や行事が開かれる。

   どうして読書の秋といわれるのだろうか?すでに1918年の読売新聞には「読書の秋」という表現が使われている(1918年9月21日付)から日本語としておよそ100年以上の歴史を経ている。それ以前から「燈火親しむの候」という時候のあいさつは定着していた。一説によると「読書の秋」はどうやら中国の風習にあるといわれる。故事は唐の詩人、韓愈が息子に贈った詩に由来する。

 

時 秋にして積雨霽(は)れ

新涼 郊墟に入る

燈火 稍 親しむべく

簡編巻舒すべし

 

降り続く長雨がやんで、空がすっきりと晴れ渡り、郊外の丘では、秋を感じさせる涼しさが感じられる。そんな秋の夜長は、明かりをつけて、そのもとで読書をするのに適した季節だ。図書館で一日おこもり読書も贅沢な時間のすごしかた。

  唐代の詩人、韓愈は愛息に対して詩を贈って勉強を勤しむことを励ましたのである。ここから「灯火親しむべし」という語が生まれた。

ドラマ「小夏日和」は高知オールロケ。2018年に建設された梼原町にある「ゆすはら雲の上の図書館」は隈研吾が設計した地元産のスギとヒノキがふんだんに使用されている木の香りがする図書館。

 

 

戸隠神社の神々

 古事記の最大のハイライトは天照大御神の天石屋戸隠れの場面であろう。このエピソードのこまごまとした場面設定や小道具が、いったい何を意味しているのか謎である。鶏の鳴き声、酒宴、玉、鏡、注連縄など何を意味するのであろうか。長野県にある戸隠神社の奥社には、天石屋戸を開いた怪力の神・手力男命が祀られている。思金命、思金命の御子の天表春命(アメノウワハルノミコト)の三神が祀られている。

 

観応の擾乱

 1350年のこの日、足利直義は兄・尊氏と対立し、京都を脱出して挙兵した。直義勢は南朝勢力と連絡をとりつつ勢力を挽回しようとしていた。観応の擾乱は、南北朝時代の1349年から1352年にかけて続いた将軍足利尊氏と弟直義両派の分裂によって引き起こされた全国的争乱。高師直・師泰の死、直義の毒殺によって収まった。

   室町幕府初期の政治体制は足利尊氏と弟直義による二頭政治で、尊氏は守護職の任命権や恩賞の授与、没収権をもち、直義は民事裁判権や所領を保証する権限をもっていた。尊氏は人間的に柔軟でよく衆を統御した。その権限を実際に執行し尊氏がもっとも信頼したのは執事の高師直である。師直は既成の権威や秩序を否定し実力主義で動乱の世を生きていく型の人物であった。尊氏、師直は荘園領主の権益をおかして自己の勢力を伸張しようとする武士たちの要望をくみあげ、荘園領主に対して急進的、否定的な政策を強行した。これにくらべ、直義は謹直で秩序を重んじ、政治理念としては鎌倉時代の執権政治を範とし、政策としては温和な漸進主義をとった。このような尊氏、師直と直義の権限、政策、性格などの相違はおのずからそれぞれの党派を形成し抗争することとなった。尊氏、師直の方には戦功、実力によって重用された武将が集まり、また足利一門のなかでも、家格の低い者や、足利氏譜代の家来も師直の方に属した。直義の方には、旧鎌倉幕府官僚系の吏僚的武士や足利一門のなかでも家格の高い有力者が集まった。族的関係からいえば、一族の庶子が尊氏方に属し、惣領が直義方に属した。地域的には畿内周辺の反荘園的な新興武士層が師直を支持し、関東、奥羽、九州など同族的結合の強い地域の武士たちは直義に属する者が比較的に多かった。もちろんこれらも原則的な区別で、武士たちの両陣営に対する離合はかなり頻繁で、流動性があった。

  師直は、1348年楠木正行を四条畷に破ってから、にわかに声望を高め、幕府部内で勢力を拡充していた直義と抗争を激化していった。翌年、直義は尊氏に迫って師直の執事をやめさせ、続いて師直は逆に直義を討とうとして、尊氏がようやく和解させた。直義は外様として養子直冬を中国に派遣していたが、直冬は九州に入って一時威を振った。尊氏は直冬討伐のため出陣し備前まで軍を進めたが、直義方の挙兵が各地に相次いだので1351年正月、急ぎ帰京した。直義方の部将が相次いで入京し、山名時氏らは直義方についた。二月、尊氏は直義に和を請い、師泰、師直兄弟は出家、助命させることで和義が成立したが、師直兄弟は上杉能憲に殺された。入京した直義は前からすすめていた吉野との和平交渉を続けたが不成立に終り、直義の立場は苦しくなり、幕府の再分裂がおこった。七月、直義は政務を辞し、尊氏、義詮父子は出陣して直義挟撃の態勢を示した。八月、直義は斯波高経らを率いて北国に向けて出立した。尊氏は南朝と和平交渉をし、直義追討の綸旨を得て東下し、相模で直義を降した。2月26日、直義は突如死去した。毒殺されたという。観応の擾乱は幕府の二頭政治の矛盾から生じたが、尊氏、直義の南朝に対する便宜主義的な態度とも相まって南朝の命運を長びかせ、南北朝の動乱を半世紀以上も続かせる主な原因ともなった。(10月26日)

 

 

 

 

 

 

 

伊藤博文暗殺さる

Essay17_1 Anjugun
  川上俊彦(としつね)        安重根

   明治42年10月26日、伊藤博文がハルビン駅で朝鮮の抗日運動家・安重根に暗殺された。伊藤は直ちに列車内のベッドに運ばれた。一杯のブランデーをすすめられ、のみほして若干気を取り直して伊藤は側近に、「誰がやったのか」と聞いた。「朝鮮人です」と答えると、「馬鹿な…」と言いかけて絶命した。撃たれて15分後のことである。安倍晋三が犯人について何も知らないままに死んだことを考えると大きな違いがあった気がする。このとき、伊藤博文の随行員の5人も被弾した。明治・大正の外交官、川上俊彦(1861-1935)もその場に居合わせて被弾した一人である。ここでは彼と関わりのあった3人の男とその死について述べる。1人目は伊藤博文(1841-1909)明治42年10月26日、暗殺される。2人目は乃木希典(1849-1912)大正元年9月13日、自殺。3人目はアドリフ・ヨッフェ(1883-1927)昭和2年11月16日、自殺。

    明治42年10月26日午前9時、伊藤博文はハルビン駅に到着し、待ち受けていたロシアの大蔵大臣ココフツェフと車中で会談した。列車を降りて各国外交団の前を進もうとした時、安重根(1848-1915)の拳銃から発射した6発のうち3発は伊藤に命中し、随行の川上、森、田中、室田、中村らも流れ弾があたった。伊藤博文は午前10時に絶命し、川上俊彦は重傷であった。森槐南はその傷がもとで数ヶ月のち死亡した。

    大正元年9月13日、乃木希典は明治天皇が没すると、妻静子とともに殉死した。川上俊彦は日露戦争の旅順陥落で乃木とステッセルとの水師営での会見のとき、ロシア語通訳をしていた。

    第一次大戦後のシベリア出兵でソ連との基本条約締結に向けた予備交渉を川上は後藤新平から命ぜられた。大正12年2月1日、ソ連のヨッフェが来日した。6月29日から始まった予備交渉はなかなか進まなかった。夏になり、ヨッフェの病状が思わしくなく8月10日に彼は帰国した。川上とヨッフェはその後、二度と会うことはなかった。ヨッフェはその後スターリンの大粛清によって追い込まれて、1927年11月16日、自殺した。

    川上俊彦は水師営の会見、伊藤博文暗殺、ヨッフェ会談など重要事件に遭遇している外交官である。(参考文献:西原民平編「川上俊彦君を憶ふ」昭和11年)

柿の日

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺  子規

   今日は「柿の日」。明治28年10月19日、正岡子規は静養先の松山から広島、須磨、大阪を経て奈良に至る。10月26日、宿泊した奈良の老舗旅館「對山楼」で御所柿という柿を食べた。そのうまさに感動したところ、東大寺の鐘が鳴った。東大寺としなかったのは、法隆寺の御所柿が有名だからだろう。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」いかにも秋だなぁと、しみじみ感じる句である。数年前に子規の妹の孫である造園家・正岡明が「子規の庭」を對山楼の跡地に造った。

 

里古りて柿の木もたぬ家もなし 芭蕉

 

熟れ柿を溜め若者の消えし村 古田舟水

 

これを見て美濃の豊かさ富有柿 誓子

 

渋柿も熟れて王維の詩集哉  漱石

 

 

2022年10月25日 (火)

数字の魔力

Ingridbergmaningridbergman515258134  「嫌よ嫌よも好きのうち」 184(いやよ)を6回足すと1104(いいわよ)になる。数字とは摩訶不思議なものである。

 

   とくに人の運命は時として数字と深くかかわっていることがある。たとえば、誕生日と死亡日が一致することがある。女優のイングリッド・バーグマンは1915年8月29日に生まれ、1982年8月29日に亡くなっている。これを「生没同日」という。著名人ではほかに小津安二郎と船越英二。坂本龍馬は旧暦の天保6年11月15日に生まれ慶応3年11月15日に亡くなっている。龍馬の命日は「没年月日データーベース」では12月10日となっているが、いまでも旧暦の11月15日を命日とする人もいる。龍馬は奇数と関係が深い。短命ではあったが、歴史的に見ると稀な幸運児だった。
 「ゼロの呪い」という言葉がある。アメリカ大統領には在職仲に暗殺もしくは急死をすることが多い。

 

1860年選出のリンカーン(暗殺)
1880年選出のガーフィールド(暗殺)
1900年選出のマッキンレー(暗殺)
1920年選出のハーディング(食中毒か肺炎)
1940年選出のルーズベルト(脳出血)
1960年選出のケネディ(暗殺) 

 

  7月4日といえばアメリカ独立記念日。この祝祭日に2代目大統領ジョン・アダムス、3代大統領トマス・ジェファーソン、5代大統領ジェームズ・モンローらはいずれも同日の7月4日に亡くなっている。長嶋茂雄と背番号3は縁起のいい数字の代表例であろう。昭和33年に巨人に入団、三塁手と数字「3」がラッキーナンバーだった。3が幸運な数字なのは世界共通の奇数信仰による。
   逆に獣の数字といわれる666は不吉な数字として嫌われている。ヨハネの黙示録に記述される数字666はローマ皇帝ネロとも関係するといわれる(ネロのギリシア語表記をヘブライ語に置き換え、これを数値化すると合計が666になる)が、一般にも適用されることがある。阪神大震災は1月17日だったが、1+17=18は獣の数字(6+6+6=18)と一致する。キリスト教では6と666は不吉に数であるが、他の民族でもだいたい悪い意味をもつ。マヤ族においても、6日目は雨と嵐の神々に属する不吉な数である。仏教においても「六(ろく)」は「殺人」「殺傷」、「六字(ろくじ)」は「死ぬこと」を意味する。これは「南無阿弥陀仏」が6文字であるためらしい。フジテレビで放送されたドラマ「ほんとうにあった怖い話」の中の「6番目の部屋」はカラオケボックスの6番という部屋で女高生が体験した奇妙な話であった。現代では「6」が最も不吉な数字とされるようである。
   太古の時代からモノを数える場合に指をつかう。バビロニアの十二進法は4本の指の節の数、つまり4×3=12 から生まれたという説がある。そして13という数が凶数とされるのは、12から「はみでた嫌な数」だからであるという。だがおおむね奇数は縁起の良い数字、偶数は不吉な数字という考え方が古代からどの国や民族にもあるようだ。男は奇数、女は偶数という考えも一般的である。女性は子どもを生むため、2でわれる偶数という考え方があるためという。
   3と7の奇数信仰は顕著にみられる。「三度目の正直」「三度目は定の目」「三度目はみんなうまく行く」(イギリスの諺)など数字にまつわることわざは多数伝えられている。小室圭さんが、昨年二度不合格となったニューヨーク司法試験に三度目で合格したことがニュースとして大きく取り上げられた。英米では「三度目の正直」が大好きなようだ。

アジア文化圏では古代中国の五行思想(木・火・土・金・水)に由来するものも多い。「七・五・三」「三三九度の盃」など3・5・7など奇数は縁起がよいものとしている。とくに7は「ラッキーセブン」「七福神」「七色の虹」「セブンスター」「ウルトラセブン」「女性セブン」など多い。
    太平洋戦争開戦日は昭和16年12日8日である。そして連合艦隊司令長官は山本五十六。つまり16、12、8、56と偶数並びだった。日本の敗北は数字で予言する限り、初めから明らかだった。偶数は不吉である。阪神大震災は午前5時46分、東日本大震災は午後2時46分と、同じ46という数字だった。
    やはり数字には科学では説明できない魔力のようなものが潜んでいるのではないだろう。

美人ほくろ

 「美人ほくろ」がある女優でナンバーワンは、元乃木坂46の白石麻衣だそうである。写真で確認すると小さなほくろが唇の上にある。最近は美容整形が発達しているので、大きなほくろなら除去しているだろう。むかしの女優には小暮実千代や久我美子のように大きなホクロがあった。歌手のちあきなおみもホクロが印象的だった。ワタクシ的には馬場ふみかの大きな目の下にあるホクロがとてもチャーミングである。

 

 

 

過去の物価の推移

Photo    秋から不二家ネクターやオロナミンCドリンクなど値上げがなされて、諸物価が高騰している。タバコを吸うシーンで男の色気を感じる映画は「恐怖の報酬」のイブ・モンタン。ニトログリセリンを運搬する恐怖の前に悠然とタバコを一服。こんな映画も少なくなった。なにせ世の中、健康志向を反映してかドラマの中でも喫煙シーンは消えてしまった。

    タバコの値段を決めるのは昔は「製造たばこ定価法」というものがあったが、1984年に専売改革関連法が成立し、たばこ事業法が制定され、「たばこ専売法」および「製造たばこ定価法」は廃止された。民主党政権時代、小宮山洋子大臣が「たばこ増税、700円程度とすべし」と気炎をあげた。だが700円にすると販売は減少し税収入増加に結びつかないという意見もあった。昭和25年、ピース50円、光40円。昭和35年ころ、バット30円、ピース・しんせい40円だった。これは少年マガジンが40円とほぼ匹敵する。だいたいタバコと週刊誌は同じだったが、1960年にハイライト70円がでてから、タバコのほうが高くなってきた。現在、少年マガジンなどだいたい300円くらいだが、メビウスは480円、マールボロは510円と2倍くらいの値段になっている。映画の入場料は昭和45年まではだいたい500円くらいだったが、1972年に800円、1975年1000円、1985年1500円。近年人件費の高騰や施設・設備の改装が増えて、一般の平日料金は、1900円である劇場が多い。これは世界的に見ても一番高い。

 

 

 

子役スターの呪縛が消えた理由は?

Img_0008 現在NHKドラ放送中の「舞いあがれ!」主演の福原遥はクッキンアイドル「まいんちゃん」である。むかしは「子役は大人になると売れない」というジンクスがあった。大林林宣彦監督の「さびしんぼう」(1985)に魚屋の売り子で柿崎澄子がワン・シーン出演している。「透明ドリちゃん」(1977)で人気子役だったが、当時13歳、「さびしんぼう」では21歳と美しく成長していた。最近どうしているだろう。

 あるランキング調査によると、歴代最強の子役第一位は芦田愛菜でした。以下、安達祐実、えなりかずき、神木隆之介、鈴木福、志田未来、加藤清志郎、井上真央、須賀健太、寺田心、美山加恋、本田望結、大橋のぞみ、内山信二、福原遥、間下このみ、ウエンツ瑛士、宮沢りえ、小林星蘭、吉岡秀隆。近年、子役スターの呪縛がとけたのは、もともと役者としての素質が高く、キャリアを早くから磨いてきたのでしっかりした役者としての基礎ができているから実力派として活躍できの環境になったのであろう。

Matusimatomoko     1900年代でも、日本映画やテレビで数多くの子役たちが登場し、楽しませてくれました。片山明彦、大泉晃、松島トモ子、二木てるみ、浜田光夫、市川好郎、太田博之、風間杜夫、江木俊夫、池田秀一、上原ゆかり、中山千夏、蔵忠芳、四方晴美、宮脇康之、金子吉延、雷門ケン坊、林寛子、斎藤こず恵、小林綾子。子役から大スターになったのは、高峰秀子、中村メイコ、美空ひばり、浅丘ルリ子、外国ではエリザベス・テーラー、ジュディー・ガーランド、ナタリー・ウッド、ジョディー・フォスター、ドルー・バリモアくらいで意外と少ない。クリステン・スチューワートも「パニック・ルーム」当時は12歳で子役がスタートだった。

 

2420   韓国ドラマ「太陽を抱く月」でヒロインのハン・ガインの少女時代を演じたキム・ユジョンに注目が集まる。2012MBC演技大賞を受賞した。髪を長くしてすっかり美しく成長している。新作「コンビニのセッピョル」(2020)も大好評のようだ。

 

 

 

 

 

Kimyoojung123

 

Photo

偶然にも被害者は同姓同名の別人!

 全米を震撼させた猟奇殺人事件。犯人マーク・ラトゥンスキーに終身刑が言い渡された。偶然にも被害者の名前が有名俳優と同姓同名である。「ケヴィン・ベーコン」なぜかNHKBSでケヴィン・ベーコン主演の映画「フットルース」が放送される。これも偶然か。イギリスにエリザベス・テーラーという有名な女流作家がいる。あの映画女優と同姓同名である。紛らわしいが、作家のほうが、1912-1975年で古い。最も有名な同姓同名かもしれない。ジーン・シモンズもイギリス出身の女優、1929-2010と、ロックバンドのキッス、1949年生まれがいる。

    「フレンズ」の俳優マシュー・ペリーは幕末に黒船を率いて来日した海軍軍人と同姓同名である。ジョージ・シーガルは彫刻家と、トーマス・デッカーはエリザベス朝時代の劇作家と、西部劇の俳優ベン・ジョンソンは詩人や陸上選手と同姓同名である。女優アン・ハサウェーはシェクスピアの妻の名前、ジェーン・シーモアはヘンリ8世の皇后と同姓同名。(Matthew Perry)

 

 

但馬王が眠る「茶すり山古墳」

 茶すり山古墳は古墳時代中期前半の大型円墳です。兵庫県朝来市和田山町筒江にあり、2002年に発掘調査が終了し、近畿地方最大の円墳であることがわかりました。主体部は2つあり、ともに木棺で、豊富な副葬品が収められていた。銅鏡4面(二仙四獣鏡)、勾玉・管玉、櫛、甲冑、刀剣や鉄鏃など多量の武器が出土しており、ここに葬られた人物が相当な武力を持って、この地域を収めていた人であることが想像されます。また中央のヤマト政権と強く結びついた首長の墓であることが確認されています。出土品は近くの「古代あさご館」に展示され、円墳は整備されて茶すり山古墳公園となっている。

 

チャイコフスキー、謎の死因

Img_503040_31003385_0   ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893)は11月6日(ユリウス暦10月25日)、生水を飲んで、当時流行っていたコレラにかかって死んだというのが一般に信じられている死因である。しかし、このことは死の当初から疑問があった。甥のユーリイ・ダヴィドフ(1876-1965)は、回想記の中で次のように述べている。

   「いくつかの新聞に死因に対する疑問が出た。毒殺、自殺、その他馬鹿げた説がささやかれ始めた。私は確信をもって証言する。ピョートルおじさんを死なせた病気は正真正銘のコレラで、その当然の余病が腎臓にきて尿毒症を引き起こし、そのために衰弱した体が回復できなかったのである」と。

   ところが最近出た国際的に権威のある音楽事典「ニュー・グローヴ」(1980年)が、チャイコフスキーの自殺説を支持する論文を採用したことで、死因に関する論争は再燃した。恐ろしい伝染病にもかかわらず、チャイコフスキーの死には多数の親戚、知人が集まり、死者の別れの接吻をしているが、誰一人としてコレラに罹ったものはいない。生水を飲んでコレラで死んだという話は捏造かもしれない。(Chaikovskii)

島原の乱

Martyres20japonenses20802  肥前島原・天草地方は、1634年以来凶作続きであったが、農民は島原領主松倉氏や天草領主寺沢氏の厳しい年貢取立てに苦しめられた。年貢未納者には「蓑踊り」「倒吊り」などの苛酷な処刑が行われた。寛永14年(1637年)のこの日、農民の怒りが爆発し一揆となった。島原・天草のキリシタン農民は、代官・林兵左衛門を殺し、神社仏閣を焼き、島原城下に放火して藩主松倉重政の居城を襲撃した。板倉重昌の率いる幕府軍と城代三宅藤兵衛らが約4万の一揆軍と戦うが敗死する。だが4か月後の寛永15年2月28日、武器・兵糧がつきた原城は陥落し、益田時貞も戦死した。幕府の戦後処理はきわめて厳しいものとなった。捕虜は婦女子を含めてすべて斬罪。一方、乱の原因をつくった島原藩主松倉勝家は改易、斬罪。唐津藩主寺沢堅高は天草を没収されるが、この裁定を不満としてのちに自害、御家断絶となる。幕府はこれを機にさらに禁教を強化した。(10月25日)

2022年10月24日 (月)

パチンコ物語

Img_0001_2
 来日のジュリアーノ・ジェンマもパチンコ

 パチンコ店はこの10年で急激に減った。その原因の一つは禁煙の流れ。二つ目は「ギャンブル等依存症対策基本法」による規制が強まったこと。そして最後はやはりコロナ禍で客足が減ったことだろう。

   むかし長門勇主演のドラマ「雲をつかむ男」(昭和39年)を見たおぼえがある。終戦直後の名古屋でパチンコで大もうけして、東京や大阪の繁華街にパチンコのチェーン店を経営する男のドラマだった。高度経済成長期には単純なサクセスストーリーが好まれた。ともかくパチンコの発祥地は名古屋というイメージは強かった。

   日本パチンコ史は大正期に舶来からの輸入品から始まる。大正9年に大阪のメーカーOS富貴家が、シカゴから輸入した模型のもの(現在のスマートボールのようなもの)からパチパチというものを考案した。当時は露店でおもに行なわれ、これを金沢の歳田弥一が図案化し、現在のパチンコに近いものにした。「パチンコ」という名称となったのは昭和7年である。昭和10年、1銭パチンコが禁止され、そのため昭和12年に名古屋の藤井文一が鋼球式(現在の11ミリのパチンコ玉)を考案する。景品交換もこのころ普及する。しかし、太平洋戦争になり、名古屋では昭和17年、1台15円の補償金をもらい一斉に閉店したという記録がある。

   戦後の昭和21年3月、名古屋にささやかな庶民のギャンブルが登場した。この当時のものは「小もの」と称されて、3個とか、5個とかの玉しか出ないものであったが、長崎一男が10個、15個の玉を出すようにした。これが「オールもの」であり、これの量産化を進めたのが「パチンコの神様」正村竹一(1906-1975)である。昭和22年名古屋、昭和23年東京とブームが広がり、やがて連発式、電動パチンコが現われた。そしてチューリップなどの「やくもの」の登場、フィーバー、パチスロなどさまざまな改良工夫がなされ今日に至っている。「パチンコは日本の文化」といわれるほどで、海外から来た著名人もパチンコ店をのぞく人は多い。

    大阪府は金属製品工業で全国一の生産額を誇っている。金属製品には多種多様なものがあるが、大東市は「パチンコ玉」の生産で全国一となっている。群馬県桐生市はパチンコ3大メーカーの本社があり、パチンコ関連工業のまちの一つである。

笹売り源五

Photo

 

   大高源五は風流を解する武士で、俳人としても知られ子葉と号し、宝井其角と交流があった。当時、江戸に四方庵という著名な茶人がいて吉良邸に出入りしていた。源五は町人になりすまして四方庵の門を叩き、内弟子となった。13日、こうして四方庵から上野介の動静をさぐるうちに12月14日吉良邸で茶会の催しがあることをつきとめた。源五はその日の暮れ、両国橋にさしかかったところで偶然に其角と出会った。だが煤払いの笹売りに変装していた源五は其角に気づかれぬようそのまま通り過ぎようとした。しかし其角は「年の瀬や水の流れと人の身は」と詠むと、源五も思わず、「あしたまたるる その宝船」と返歌した。源五からその報告を受けた内蔵助は、討ち入りを14日夜と決めた。

 源五の辞世の句がある。

 

  梅でのむ 茶屋もあるべし死出の山

 

  だがこの名高い逸話も事実ではなく、大高源五と其角とは面識はなかった。為永春水の「伊呂波文士」による虚構あたりが、出典とされる。史実は大高源五は水間沾徳の門弟である。沾徳は其角の没後、享保期の江戸俳壇の中心となった。代表句をあげる。

 

 帯ほどに川も流れて汐干かな

 

汐が遠く引いたので、海へ流れ込んでいる川が゛、干潟の中に細く帯のようにみられるという大意。

 

(参考:祖田浩一「なぞ解き忠臣蔵」)

 

 

神風連の乱

 1876年のこの日、熊本の士族・太田黒伴雄らが新政府の熊本鎮台を攻撃した。旧肥後藩の士族らによって結成された敬神党により、廃刀令への反対運動として起こっていた。24日深夜、種田政明、安岡良亮宅を襲撃した。その後、全員で熊本鎮台を襲撃し、砲兵営を制圧した。しかし翌朝になると、児玉源太郎ら政府軍が反撃し、鎮圧した。敬神党側の死者め自刃者は計124名。残りの約50名は逮捕された。この事件に呼応して秋月の乱や萩の乱も発生し、翌年の西南戦争へとつながる。(10月24日) 参考図書:神風連実記 荒木精之 新人物往来社 1981年

 

 

秋の京都名所観光

Kinkakuji1    年間約5000万人もの観光客が訪れる観光都市京都。旅行割引が開始され、紅葉シーズン、秋の京都は魅力がいっぱい。人気スポットは、清水寺、嵐山、祇園、鞍馬、貴船、八坂神社、鴨川、金閣寺、二条城、銀閣寺、南禅寺、相国寺、天竜寺、建仁寺、龍安寺、高台寺、平安神宮、嵯峨野、伏見稲荷大社。初めて寺の拝観料をとったのは、清水寺である。京都五山では1386年に南禅寺をその上位とした。でも修学旅行といえばやはり金閣と銀閣。国宝指定は、金閣ではなく銀閣である。銀閣寺の観音殿と東求堂は共に国宝指定。金閣は1950年7月2日、僧侶の放火により焼失。現在の建物は1955年に再建されたが、国宝指定は解除された。犯人の林承賢は「金閣寺の優美さを呪い、反感を抑えきれなかった」と動機を語ったが、いまだ不明な部分も多い。林は1955年に出所したが、翌年、26歳の若さで病死している。

ウェストファリア条約

774pxwestfaelischer_friede_in_muens     1648年のこの日、三十年戦争の講和条約ウェストファリア条約が締結された。その内容は、①フランスはアルザスの大部分とライン左岸の若干の都市を得る。②スウェーデンは西ポンメルンを得てドイツ議会の一員となる。③ドイツの新旧両教徒はともに同一の権利を認められる。④スイスとオランダの独立承認。これによってドイツの領邦国家の分立が完成し、近代ヨーロッパ国際関係の基礎が置かれた。この戦争では参加国が多かったことから、この講和会議は世界史上最初の大きな国際会議となった。ドイツとライン・ヴェストファーレン州にあるミュンスターで締結された。(Westfalia,Westfalischer,Munster)10月24日

 

 

2022年10月23日 (日)

新型コロナ猛威を振るう

 10月半ばを過ぎてオミクロン株対応のワクチン接種が開始され、ようやく新型コロナの感染の「第7波」が終息したとの見方が強まっているが、「第8波」も近づいている。私たちが生きている現代社会は、過去の長い歴史のなかで形成され、発展してきたものである。この現代社会は振り子のように大きく動き、単純な発展の一般法則があるわけではない。政治家や経済学者たちが未来を語るが、正しく未来を予言できる者は誰一人いない。コロナウイルス感染拡大で国家権力やマス・メディアが大衆操作を行い、国家や社会が全体主義的傾向に向かうが、貧富の拡大や失業問題、教育の低下など大きな課題が顕在化していく。先行きの見えない社会は人々に不安と混乱を与えている。コロナウイルス後の世界はどのように変貌するのであろうか。

 日本経済は、1955年ごろから73年までの間、毎年平均10%ほどの率で驚異的な経済成長を続けた。これを高度経済成長という。このような経済成長を可能にしたのは、技術革新が生産性を向上させたこと、教育の普及と向上で良質の労働力が豊富であったこと、政府の産業保護政策や公共投資の増加で、企業が設備投資を行い、生産規模を拡大したこと、所得倍増計画が実施されたことなどがあげられる。ところが1973年と79年の2度の石油危機によって、先進国はのきなみ経済不振におちいった。しかし1980年代後半には、バブル経済と呼ばれる好景気が到来した。1990年秋にはバブル経済は崩壊し、1990年代後半は景気の低迷が続いた。2004年になると、失業率も低下し始めるなど景気の回復がみられるようになった。2020年には東京五輪を予定し、オリンピック景気を夢に描いた。しかし2月からのコロナウイルス拡大により、生活・社会を一変せざるを得ない事態におちいる。ウイルス感染を阻止することは、命を守ることである。そのためには緊急事態宣言を出して、経済活動をひとまず停止しなければならない。新型ウイルス感染の世界的流行はまだまだ続く。高度経済成長期から人口は農村から大都市圏へ移動し、集中することで現代生活を謳歌することに慣れている。満員電車、学校、劇場、映画館、スタジアム、祭り、観光地、私たちはどこでも混みあっていることに慣れている。ところがコロナ対策では真逆の「密」であることを避けなければならない。職場へ出勤せずにテレワーク、休校による自宅学習。イベント参加や外食はせずに、なるだけ家に引きこもられねばならない。これに対しては慣れていない。都市は閑散とし、ネズミが荒らしまわっている。まるでSF映画のような惨状が現実に起こっている。開店するも地獄、閉店するも地獄という。コロナ禍の影響の業界は航空、旅行、飲食、運輸業だけではない。豊かであるはずの街の開業医も収入が大きく減少したという。経済活動の停止状態はやがて一般のサラリーマンにも影響するだろう。生活が不便になったとか、物質的な面だけではなく、健康面や精神的な悪影響が懸念される。人類は長い間、疫病と闘い克服してきたが、いままで築くいてきた価値観では元の状態を戻すことはできない。いまこそ自然と調和した生活様式が求められる。コロナが鎮静化して日常が戻ったとしてもポストコロナの世界は新しい構造や秩序が生まれていくだろう。ポスト・コロナの時代は大都市集中密集を避けた暮らし、人びとの価値観は、簡素・静謐・芸術重視へと向かうかもしれない。コロナの感染拡大はまだまだ続いている。この日、浴衣姿のガッキーが七夕イベントに登場し、「コロナなくなれ」と短冊に願いを込めた。だが残念ながら、東京は感染者が急増し、第7派に入った。7月13日、全国で確認された感染者数は9万4492人でした。9万人を超えるのは5カ月ぶりである。8月に入り、新型コロナの第7波は連日にわたり過去最高を更新した。

感染状況 現在感染者数
  506,127人  4月11日 
      513,749人  4月12日
  521,108人  4月13日
      531,080人      4月14日
      521,642人  4月15日 
  518,088人  4月16日
  514,898人  4月17日
     488,617人  4月18日 
  481,261人  4月19日
  480,608人  4月21日 
      470,651人  4月22日 
      448,055人      4月24日
      427,248人  4月25日
      428,840人  4月27日
  463,230人  4月29日
     351,073人  5月5日
  284,354人  5月29日
  334,543人  7月9日
 1,988,333人  8月19日 
 2,050,198 人   8月20日
 2,040,970人  8月22日
   43,587人     9月26日
   29,132人      10月7日
   33,868人      10月22日 
   16,498人      10月25日 

 

「この世はすべて舞台。そして男も女も役者に過ぎない」
   (シェイクスピア)

 

サンタの服が赤いのはコカ・コーラの広告がきっかけ

Photo_4     一般に、イエスは12月25日に生れたとされている。「クリスマス」は「キリストのミサ」、つまりキリスト降誕を祝うミサを意味する。しかし聖書にはイエスの誕生の日付は記されていない。12月25日は、農耕神サトゥルヌスを讃えるサトゥルナリア祭やローマのソルとペルシャのミトラという太陽神の祝祭を合体させたものである。それらの異教の祝祭日を教皇ユリウス1世が西暦350年にキリスト教の誕生日であると宣言したことにはじまる。研究者によると、実際のイエスの誕生日は古代ユダヤ暦のエタニムの月(9~10月)だそうだ。初期キリスト教の伝道者たちはイエスの誕生を祝ったりせず、イエスの死だけを記念して祝った。もちろんサンタクロースの話などはイエスと無関係。小アジア(現在のトルコ)のミラの聖ニコラウス大司教に由来する。聖ニコラウスを意味するオランダ語がなまって「シンテルクラース」から派生した。聖ニコラウスは西暦270年から345年(または352年12月6日)のミュラという地で大主教をつとめた立派なかたで実在した可能性が高い。2017年英国オックスフォード大学で遺骨を年代測定したところねその死亡時期がサンタクロース伝説と一致した。聖ニコラウスの墓とみられるものが2022年にトルコの教会遺蹟で発見されている。

  今日の、赤と白の衣裳に白いあご髭をたくわえた優しそうなおじいさんのサンタは、当時の有名な画家ハッドン・サンドプロムが描いたコカ・コーラの広告(1931年)が世界中に広がって、知られるようになった。クリスマスにプレゼントを贈ったり、ゲームを楽しんだり、パーティで馬鹿騒ぎすることは、古代ローマ人の太陽の誕生を祝うという偽りの宗教に由来する習慣である。教会の指導者たちは、真理を教えることよりも、教会の信者席をいっぱいにすることに熱心になり、コンサートとか行事を催している。クリスマスに愛する異性と夜を過ごすという日本の風潮も嘆かわしいもの。世俗化・商業化されたクリスマスは地域経済の活性化に大きく貢献していると人はいうかもしれない。しかし経済的負担をかけることは神の崇拝とは無縁のことである。最近ではデパートなどショッピング・センター以外にも公共の場でも大きなクリスマス・ツリーをみかける。ツリーを飾る習慣は、ドイツで行われていた樹木信仰を取り入れたもので、19世紀以降に北ヨーロッパや北米に広まった。イエスをたたえるはずの時が、子供をだます時になるのはおかしなことではないだろうか?

 

 

 

 

振り返ってみた

  北海道で一番人口の少ない村は、音威子府で、人口679人である。富良野はスキー場があり、北海道を代表する観光地となり人口2万人ある。 ドラマ「北の国から」が一挙放送されていた。田中邦衛の追悼番組。北海道富良野を舞台に黒板五郎の家族3人を中心に雄大な自然が美しい。成長した子供も様々な体験をし、出会いと別れがある。全編、北海道を走る鉄道風景も懐かしい。20年以上わたるドラマには流行、世相などが良く出ている。例えば84年にはパソコンやテレビゲームが、92年には純がラブホテルで初体験、02年は携帯、メル友。80年代から2000年にわたる様々な庶民の生活がよく描かれている。後半は純の成長譚(?)。「95秘密」すったもんだがあった宮沢りえが最高。1980年代後半から、強い円のもとで土地も株も値上がりが続くなかで、「バブル」と呼ばれた景気が生じたが、それは90年代に入って一挙にはじけた。90年代の日本経済は、長く続く反動不況に苦しみ、また住専問題やイトマン事件などの不祥事も噴き出した。そして2020年代以降はコロナ対策の緊急事態宣言で我慢の生活が続いている。現在を戦時中にたとえる記事をみるが、戦時中の苦労は比較できるものではあるまい。食料は配給で餓死する者がいたのだから。40年代から80年代まで。国家総動員令。学童疎開。ポツダム宣言。広島・長崎原爆投下。無条件降伏。財閥解体。ベルリンの壁。赤狩り。日米安保条約。キューバ危機。文化大革命。ベトナム戦争。公害。バブル経済。コロナ流行。ロシアのウクライナ侵攻。安倍晋三銃撃事件。円安。

宜候(ようそろ)

Shipaccident06

 

   「おもかじいっぱーい」「とりかじいっぱーい」「ようそろー」、これは航海用語で、操舵号令である。面舵は、船を右に向けること、取舵は左へ転進させること、宜候は、右左に向ける必要なく真っ直ぐに進め、というときに使う。読んで字の如く、「宜しく候」である。これは幕末海軍の名残であり、古くは足利時代の八幡船に使われていたのが、そのまま受け継がれたものとされている。ところでイタリア豪華客船転覆事故は驚かされることが多い。多くの死者、行方不明者をだし、船長は過失致死で逮捕された。乗員の6割超は船員の資格はなかったという。今年はあのタイタニック号の沈没事故から100年目にあたる。そしてコスタ・コンコルディアが座礁したのが13日の金曜日の夜のことだった。歴史は繰り返されるというが、われわれは過去の事故から教訓を学ばなければならない。

 

 

テレビの見過ぎは要注意!!

Pn2009092801000045___ci0003   1日のテレビの視聴時間は総務省の調査によれば平日3時間強、休日3時間半、高齢者ほど長い傾向にある(2020年国民生活時間調査)。オーストラリアのクイーンズランド大学の研究によると、「テレビを1日1時間見る生活を続けた場合、早死のリスクが8%高まる」。つまりテレビを1時間見ると寿命を22分縮めるという結果が出された。また英国の調査によると、「1日に3.5時間以上テレビ視聴で6年後に記憶力低下におちいる」テレビの見過ぎは要注意だ。

「こんなにテレビばっかり見ていると、ばかになっちゃう」。英語で表現すると。

If I keep watching so much TV,I'll turn into a zombie.「ばか」は「zombie(魂の抜けたような状態にある人)」

   といっても、地上波、BS、CS、4K、スカパー、ケーブルTV全91チャンネルのほかにもTver,Amazonプライムビデオ・U-NEXT・Huluなどによるインターネットの動画配信サービスでお好みの番組が視聴可能なので、見逃すのももったいない。毎日テレビを見続けても、制作された番組や映画の1%も見ることはできない。面白いものだけを選んで見るのが賢明である。テレビやインターネットは功罪半ばする機器である。テレビを見ながら食事をするのはマナー違反という意見もある。しかしある調査によると、「テレビを見ながら食事をするほうだ」と答えた人は、全体で71.3%という高い結果が出ていた。情報収集に活用したり、娯楽・リクレーションとして使う。最近の調査によると、「家にテレビはない」という子どもは国語力が低いという結果もでている。

  最近見た映画・ドラマなど。「クロサギ」「君の花なる」「拾われた男」「彼女はキレイだった」「PICU」「山女」「霊媒探偵」「アトムの童」「青春シンデレラ」「束の間の一花」「ボーイフレンド降臨」「祈りのカルテ」「ファーストペンギン」「トゥルーマンショー」「七人の秘書」「しもべえ」「サワコ」「監察医朝顔」「石子と羽男」「風よあらしよ」「柘榴坂の仇討」「梟の城」「突破口」「鎌倉殿の13人「おひとりさまでも家で死ねますか」「マンハッタン無宿」「今夜はコの字で」「海月姫」「コンフィデンションマン」「わたし、定時に帰ります」「嘘から始まる恋」「プラージュ 訳ありばかりのシェアハウス」星野源、石田ゆり子。「怨霊まだら猫」「累ヶ淵」。「だから私は推しました」「劇場版コードブルードクターヘリ緊急救命」「この世界の片隅に」呉の港に巡洋艦青葉が沈没していた。「チャイルド・プレイ」人形ホラー。「ディノシャーク」巨大サメのパニック映画。「ツイスター」ヘレン・ハントの竜巻パニック映画。「ダイ・ハード」村野武範吹き替え。「スパイダーマン2」トビー・マクワイア。「アイ・ロボット」ウィル・スミスの近未来のSF。「神の左手悪魔の右手」渋谷飛鳥。那須博之監督が制作中に急死。釘爪で殺さる少女を演じた紗綾。今年、代々木公園で蚊に刺され、デング熱になる。ホラーには不幸が付き纏う。ドラマ「妻たちの新幹線」藤井美菜に注目。「僕達急行 A列車で行こう」森田芳光の遺作。「春との旅」仲代達矢、徳永えり。「奇跡」。「水戸黄門」。「徳川家康」。「スピード2」は豪華客船海難事故。「三国志英傑伝関羽」。「ハイジャック」リー・トンプソンが元FBIのジャックの妻役で出演している。「河のほとりで」「今度は愛妻家」「宇宙大戦争」「奇跡のリンゴ」「項羽と劉邦」「世界にひとつのプレイブック」「鵜飼いに恋した夏」「あめゆきさん」「最後の自画像」「いのちの朝」「婚前特急」「東京おにぎり娘」「魔性の香り」「抜け忍」「夜がまた来る」「シャロン砦」「死霊のえじき」「ビッグ・フィッシュ」「ボアvsバイソン」「マーラー」「猛獣大脱走」「レッド・バロン」「ロシュフォールの恋人たち」「ロボコップ」「わが闘争」「愛の断層」「暗闇にベルが鳴る」「マーラー」「007ロシアより愛をこめて」

 

20110615200136

 

Irobot

 

B640x600

 

51q8z71dq3l

 

 

 

 

 

 

中国の北と南「曹操の時代」

   西暦200年のこの日、曹操が袁紹の烏巣の陣に夜襲、官渡の戦いに勝利した。

  曹操(155-220)。字は孟徳、一名吉利(きつり)、幼名を阿瞞(あまん)という。沛国譙県(安徽省)の人。魏の太祖、武帝。父の曹嵩は、宦官曹騰の養子に迎えられ、のち大尉の位を一億銭をもって買いとった人物である。曹操は、手のつけられぬ不良少年時代を過ごすが、やがて首都警備隊長に就任、厳格な取り締まりによって都中ふるえあがらせた。

   184年、黄巾の乱が起きると、近衛騎兵隊長として頴川の戦場に派遣され、功績をあげた。その後、いったん郷里に引きこもったが、首都防衛のため西園八校尉が新設されると、積極的意欲を示して典軍校尉となった。

   189年、大将軍の何進らが反宦官クーデターを起こしたが、曹操は傍観者の立場をとった。やがて都を制圧した董卓に協力を求められるが、その傍若無人の振舞いに嫌気がさし、これを断わり、変装変名して都を脱出、陳留で反董卓の兵をあげた。

  192年、董卓が呂布に殺され、英雄たちが争いあう戦国時代的状況が現出する。以後、曹操は、青州の黄巾軍を討伐して自軍に編入し、さらに大義名分を得るため献帝を本拠地の許に迎えて、袁紹と対抗する強大な勢力をきずきあげた。

   200年、官渡で袁紹を破り、ここで曹操の覇権はゆるぎないものとなった。ついで208年、荊州の劉琮を降伏させ、一気に呉をめざした。しかし、呉の孫権と劉備の連合軍に、赤壁で大敗をくらい、以後、魏・呉・蜀の鼎立時代を迎える。とはいえ、天下の三分の二は曹操の支配下にあり、216年には魏王となった。こうして群雄割拠の時代から三国時代が導かれた。中国の北と南という「概念」はこうして作られたわけである。だいたい3世紀から6世紀にわたる400年間は中国の分裂の時代である。そして曹操は220年、66歳で病死する。

    許劭は曹操を評して「治世の能臣、乱世の姦雄」と評している。屯田制を施行し、農業生産に安定をもたらすなど政治的手腕を発揮し、戦略論の大家(諸家の兵法を集めた「接要」、および孫武の兵法に注釈を施した書を著わしている)にして五言詩の基礎をつくった詩人であった。政治家としても、武人としても、詩人としても曹操は傑出した人物であった。しかし中国においては、「三国志演義」の強い影響により、曹操の悪玉的な一面だけがあまりに強調されてきた。その誤った、あるいは不完全な曹操評価を是正しようとする研究が近年進んでいる。(参考:丹羽隼兵・竹内良雄「三国志人物事典」別冊歴史読本中国史シリーズ1  10月23日)

フゴッペ洞窟

Fugodraw270x180

 

    フゴッペ洞窟(北海道余市郡余市町)は積丹半島東側入口部に位置し、日本最大級の岩面刻画が描かれている国指定の史跡である。昭和25年8月、当時、中学生だった大塚誠之助たちが発見し、その情報を受けた兄の大塚以和雄が調査したことがきっかけとなり、翌年から本格的な発掘調査が実施された。洞窟の奥行きは約5mあり、壁面に200以上の刻画がある。刻まれたものには、角や翼を持った人、仮装して踊る人など呪術的要素が強く、アムール文化との関連性がいわれている。その他、土器や石器、骨角器など、その数は千数百点に及び、約1700年前の続縄文時代の資料で、北海道開拓記念館(札幌市厚別区)に収蔵されている。フゴッペとはアイヌ語で「フムコイベ(浪声高き所)」が語源ではないかといわれる。

 

Img_0002

参考文献:「北海道フゴッベ洞窟の発掘」名取武光 民俗学研究16(2) 1951年

 

 

 

霜降

  二十四節気の1つ霜降(そうこう)。この頃になると、秋のもの寂しい風趣がかもされてきて、早朝など所によっては霜をみるようになり、冬の到来が感じられてくる。

 

2022年10月22日 (土)

映画スターが輝いていたころ

Photo_3

 いつの時代も人気スターは現れるが、映画スターが最高の輝きを放っていたのは1930年代から50年代末にかけてであろう。

 映画の主題歌を日本語訳詞でカバーリングすることは戦前の昔からある。ペギー葉山が1961年に自ら訳詞・歌唱した「ドレミのうた」(サウンド・オブ・ミュージック)が、もっとも広く知られている楽曲かもしれない。洋画主題歌を日本語カバーするのは最近はディズ二ー作品しか見られないのがちょっと寂しい。

 

Fall in Love Agin (嘆きの天使) 1930 川畑文子

 

巴里の屋根の下 1930 田谷力三

 

La Violetera (街の灯) 1931 川畑文子

 

ただ一度だけ(会議は踊る) 1931 奥田良三

 

時の過ぎゆくままに (カサブランカ) 1943 フランク永井

 

枯葉 (夜の門) 1946 越路吹雪

 

ボタンとリボン (腰抜け二挺拳銃) 1948 池真理子

 

遥かなる山の呼び声 (シェーン) 1953 雪村いづみ

 

帰らざる河 1954 美空ひばり

 

Love is a many splendored-thing (慕情) 1955 ウィリー沖山

 

ケ・セラ・セラ(知りすぎた男) 1955 ペギー葉山

 

ラブレター 1957 ジェリー伊藤

 

アフリカの星のボレロ 浜村美智子 1957

 

河は呼んでいる 1958 中原美沙緒

 

四月の恋 1957 雪村いづみ

 

夏の日の恋 (避暑地の出来事) 1959 スリー・グレイセス

 

ラノビア (恋愛専科) 1962 ペギー葉山

 

シャレード 1963 八代亜紀

 

ブーべの恋人 1963 ザ・ピーナッツ

 

北京の55日 1963  克美しげる

 

史上最大の作戦  克美しげる

 

シェルブールの雨傘 1964  ザ・ピーナッツ

 

ドレミの歌(サウンド・オブ・ミュージック) 1965 ペギー葉山

 

愛は限りなく 1968 倍賞千恵子

 

サークル・ゲーム(いちご白書) 1970 アグネス・チャン

 

ボタンとリボン 1970 木の実ナナ

 

ゴッドファーザー 愛のテーマ 1972 尾崎紀世彦

 

ブラザー・サン・シスター・ムーン 1972  桑原一郎

 

そうなつたら素敵(マイ・フェア・レディより) 桜田淳子

ジョーにはJoとJoeの綴りがある

T4xzx2df3p134tzp   最近のアメリカの人気歌手ビリー・アイリッシュの名前が気になった。ビリー(Billy)というのは「ビリー・ジョエル」や「ビリー・ワイルダー」のように男性名である。しかし彼女のスペルは「Billie」なので女性でもOKらしい。

  「ジョー」という名前は日本でもお馴染みである。「エースのジョー」「あしたのジョー」。穴戸錠、城之内邦雄、矢吹丈。ブラッド・ピット主演の映画に「ジョー・ブラックによろしく」(1998)があった。原題は「Meet Joe Black」。死神なので仮に呼んだ名前である。「Joe」は何某(なにがし)という使われ方をする。「Joe」は男性名だが、「Jo」と女性にも使われる。ジョー・スタッフォードやジョー・ヴァン・フリート(画像)がいる。惨殺された英国議員ジョー・コックスも Jo である。 ジョアンナを短略してジョー。

(Jo Stafford,Jo Van Fleet)

岬めぐり

    海辺の漁村から山に囲まれた町、古都から大都会まで、あるいは雪の降る北国の町から、黒潮洗う南国の島々まで、南北に長い日本列島、隅から隅まで、各地を実際には行かず、一日、書斎に籠り叙述する。では北と南の端を巡る旅。

 

0019380021_m

 

    日本最北端の地、宗谷岬。北緯45度31分22秒。東はオホーツク海、西は日本海、北には宗谷海峡をはさんで43㎞先にサハリンを望む。宗谷岬から知床岬、納沙布岬、尻羽岬、襟裳岬、地球岬、恵山岬、白神岬、尾花岬、積丹岬、雄冬岬と北海道をぐるっと一周。

 

Misaki01

 

    鹿児島県大隅半島、佐多岬は北緯31度線上に位置し、南端の断崖から50m沖の大輪島に佐多岬灯台がある。晴れた日には種子島、屋久島を見ることができる。

天赦日(「テ」事項索引)

て  ]

   「デコポン」ポンカンと清見オレンジを交配したミカン科の柑橘類の1つ。▽「テアゲネス」紀元前7世紀頃のギリシアのメガラの僭主。▽「帝国主義(インペリアリズム)」19世紀末期、資本主義を背景として、海外の国に対して支配権を及ぼそうとする膨張主義的政策をいう。とくにアフリカとアジアがその進出目標となり、まず経済的な、ついで政治的な関係から植民地政策が激化していく。イギリスの3C政策やドイツの3B政策、日本の朝鮮および中国への進出が代表的な帝国主義政策といわれる。▽「ディアドコイ」ギリシア語で後継者の意。特にアレクサンドロス大王の死後、後継者たらんとして抗争した部将たちをさす。その戦争をディアドコイ戦争という。▽「デカブリストの乱」ツァーの専制政治の反対した士官たちの反乱▽「ディプロドクス」実業家カーネギーがかつて地球を歩いた生物の中で最も大きい種を発見するという目的をかかげ、その結果、1899年ワイオミングで発見された。▽「デウシルメ制度」14世紀ごろのオスマン帝国の常備軍制度。デウシルメとはトルコ語で「集めること」を意味し、キリスト教徒の少年を強制徴用し、イスラム教に改宗させて教育・訓練した。▽「デ・ステイル」1917年にオランダのライデンで創刊した雑誌「デ・ステイル」とそのグループによって興った造形運動。▽「鉄道員」1956年ピエトロ・ジェルミ監督のイタリア映画。▽「手取川の戦い」1557年、上杉謙信が織田信長に大勝。▽「デニソワ人」2008年にロシアのデニソワ洞窟で発見された約4万1千年前の旧人の人骨。絶滅したネアンデルタール人の遺伝子をもつ。▽「天赦日」読んで字の如く、天が許すのであるから何を行ってもよく、陰暦の1年中で最上の大吉日とされている。

(ててて)


テアゲネス
手足口病
テアナウ湖(ニュージーランド)
デ・アミーチス
テアロハ(ニュージーランド)
ディアドコイ
ティアワコ文化(アンデス文明)
ディエンビエンフーの戦い
帝王切開
ディオクレティアヌス帝
ディオゲネス
ディガンベル寺院(コルカタ)
庭訓
ディケンズ
鄭国渠
帝国主義
定住
ディズニー
ディズレーリ
鄭成功
ディーゼル機関
貞操帯
ティタノポア・セレジョネンシス
ティツィアーノ
ディティンゲンの戦い
ティトー
ティノティトラン(アステカ文明)
ディバイダ(割りコンパス)
ディピュロンの壺
ティファニーで朝食を(1961年アメリカ映画)
ディプロドクス
ティマール制
ティムール
ティラノサウルス
ティルジットの和約
ディルタイ、ヴィルヘルム
鄭和
ディワン(オスマン帝国の御前会議)
デウシルメ制度
テオティワカン(メキシコ)
デカブリストの乱
デカメロン
デカルト
テキサス
敵は本能寺
テクムセの呪い
デコポン
テコンドー
デジニョフ岬
出島
テス(ハーディの小説)
デ・ステイル
テタテの会談
鉄器
鉄道
鉄道員
鉄のカーテン
鉄砲
手取川の戦い
デトロイト(ミシガン州)
テトロドトキシン
デモクラシー
テニアン島
デニソワ人
テネシー川
テネシー河域開発公社
テノチティトラン
デフォー
テーベ
テヘラン会議
テムジン
寺子屋
テューダー朝
デリー朝
テルアビブ(イスラエル)
テル・アブ・フレイア遺跡(シリア)
テルグ語
テルトルーの戦い
テルモピレーの戦い
テレマーク姿勢
デロス同盟
テロメア
田黄石(でんおうせき)
天京(てんけい)
天狗党の乱(1864年)
デング熱
佃戸
天工開物
天国と地獄
天赦日
天地創造
天智天皇
天津条約
天孫降臨
天動説
テントウムシ
デンドロビウム
天然記念物
天皇機関説
天王山
天平文化
テンプル騎士団
天保の改革
デンマーク
天武天皇
天文法華の乱(1536)
天理教
天竜寺
電力
天路歴程

 

 

 

 

戦争の世界全史

300px131_bataille_de_malazgirt  ウクライナ侵攻のロシア軍は、北部で集合住宅など空爆、南東部でマリウポリなど主要都市を制圧。ロシア軍部隊の90%がすでに国内に入ったとみられており、今後、攻撃がさらに強まるとみられる。数千年以上の太古の昔から今日まで、人類はいつも戦争を繰り返してきた。戦争は何故起こるのか。最近の考古学的知見によると、世界のどこでも旧石器時代の男子の死者のおよそ15%は殺人によって死亡している。これは人類の顕著な特徴であり、食糧や雌をめぐる争いはどの動物にもあるが、このような激しい戦いはみとめられない。人類が道具を使うことにより、武器による先制攻撃が優位となること、確実に勝てるという合理的行動が戦闘をひきおこすのである。こうして戦争はいつの時代も絶えることなく繰り返される。ヒストリーチャンネル「MANKIND人間史」によると有史以来人類は1万4500回もの戦争を繰り返してきたとある。戦争の原因も民族・宗教にイデオロギーが加わって、世界各地でテロが発生した。集団的自衛権を容認する安保法制が成立し、日本も紛争にまきこまれるようになった。2016年7月、ダッカでISに日本人7人が殺害された。

前25世紀、ラガシュの王エアンナトゥムがウンマの軍を破る

前23世紀、古代バビロニア、アッカド王国のサルゴン王は「戦いの王」といわれ、オリエント各地を遠征・征服を繰り返す

前1674年、ヒクソスのエジプト侵入(前1674~前1567)

前1620年、ヒッタイト・フルリ戦争(前1620~前1325)

前1457年、エジプト王国のトトメス3世はメギドの戦でカデシュ王率いるカナン連合軍(カデシュ、メギド、ミタンニ)を破る

前1350年、ヒッタイト王シュピルリウマ1世がミタンニ王トゥシュラクを滅ぼす

前1274年、エジプト王国のラムセス2世はカデシュの戦でヒッタイト王ムワタリに敗れる

前1200年、トロヤ戦争起こる。アカイア人の遠征軍と小アジアのトロイアの戦い

前1070年、殷の紂王は牧野の戦で、周の武王に敗れ、700年に及ぶ殷王朝は滅び、周王朝が成立する

前736年、スパルタがメッセニアを破る(メッセニア戦争)

前638年、楚の成王が泓水の戦で宋の襄公を破る

前632年、晋の文公が城濮の戦で楚の成王を破る

前609年、ユダ王国のヨシヤがメギドの戦でエジプトのネコ2世に敗れる

前605年、ネコ2世はカルケミッシュの戦で新バビロニアのネブカドネザルに敗れる

前591年、プサメティク2世、クシュ王国に侵攻

前580年、スキタイ遊牧民マッサゲタイのトミュリス女王がペルシアのキュロス大王を破る

前575年、晋が鄢陵の戦で楚を破る

前540年、エトルリア・カルタゴ連合軍がサルディニア島のアラリア沖で、ギリシャ軍と海戦し勝利する。

前484年、呉王夫差が艾陵の戦で斉を破る

前490年、ダリウス1世 マラトンの戦でミルティアデス率いるギリシア軍に敗れる

前480年、ギリシアのスパルタ王レオニダスはテルモピュライの戦でペルシア軍を迎え撃ち、その南下を防いたが部隊は全滅する

前480年、ギリシアのテミストクレスはサラミスの海戦でペルシアの大軍を破り、クセルクセス1世は退却する

前479年、ギリシアがプラタイアの戦いでペルシアに大勝する

前432年~前430年、アテネがポティダイアの戦でコリントスとペロポネソス同盟諸国に勝利した

前406年、アテネがアルギスサイの戦でスパルタに勝利した

前405年、スパルタはペルシアの資金により海軍を設け、アイゴスポタモイの海戦でアテネに勝利した

前404年、アテネがスパルタに降伏し、ペロポネソス戦争が終わる

前394年、アテネ人コノン指揮のペルシア軍はクニドスの海戦でスパルタ(ラケダイモーン)を破る

前390年、ローマ軍クイントゥス・スルピキウスが初めてイタリアに侵入したブレンヌス率いるガリア人セノネス族とアッリアの戦で敗れる

前371年、スパルタを中心とするペロポネソス同盟軍がレウクトラの戦でテーバイを中心とするボィオティア同盟軍に敗れる

前362年、アテネ・スパルタ連合軍がマンティネイアの戦でテーベのエパミノンダスの軍に敗れる

前343年、秦は馬陵の戦で斉の孫臏の策により大敗する。

前338年、ギリシャがカイロネイアの戦でマケドニアのフィリッポス2世の軍に敗れる

前333年、ペルシア軍がイッソスの戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前334年、ペルシア軍がグラニコス川の戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前331年、ペルシア軍がガウガメラの戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前326年、アレクサンドロス3世はインドのパンジャブ地方まで侵攻したが、ピュダスぺス河畔の戦でパンジャブ地方の領主ポロス王に苦戦し、やむなく東方遠征をやめる。

前305年、シリア王セレウコス1世、マウリア朝チャンドラグプタに敗れる

前260年、秦の昭王が長平の戦で趙を破る

前241年、ローマ軍がアエガテスの海戦でカルタゴを破る

前220年、メディア総督モロンはアポロニアの戦でセレウコス朝のアンティオコス3世に敗れる

前216年、ローマ軍がカンネーの戦でカルタゴのハンニバルに敗れる

前202年、カルタゴのハンニバルがザマの戦でローマのスキピオに敗れる

前202年、項羽、垓下の戦で劉邦に敗れ自殺

前168年、ピュドナの戦い。共和政ローマ軍アエミリウスがマケドニア軍ペルセウスに大勝し、マケドニア王国滅ぶ(第三次マケドニア戦争が終結)。

前111年、ローマの保護領ヌミディアの王位をめぐりユグルタとローマ軍が争う。前105年にマリウスが勝利する。

前101年、ローマ軍がキンプリ・テウトニ族を破る。

前95年、同盟市戦争。

前85年、ローマのスッラがオルコメノスの戦でポントス王ミトリダテス6世を破る

前52年、アレシアの戦いが終結し、ガリアがローマ帝国の版図に組み込まれる。

前48年 ポンペイウス、テッサリア平原のファルサルスの戦でカエサルに敗れる

前46年 タプススの戦い。カエサル軍が元老院派の軍を破る

前45年、カエサル、ムンダの戦でポンペイウス派の残党を破る。

前44年、カエサル暗殺される。

前42年、カエサルを暗殺したブルトゥス、カッシウスがフィリッピの戦でアントニウス、オクタウィアヌスに敗れる

前31年、アントニウス、アクティウムの海戦でオクタヴィアヌスに敗れる

前23年、劉秀、昆陽の戦で王莽を破り、漢室再興を果たす

後9年、ローマ帝国がトイトブルクの戦でゲルマンに大敗する

49年、ベトナムのチュン姉妹は後漢の侵略に抵抗し、処刑される

66年、ユダヤ民族のシモン・バル・ギオラが反乱を起こす。

70年、エルサレム攻囲戦で、ローマ軍がエルサレムの第2神殿を破壊する。

73年、マサダ砦に籠城したユダヤ人967人が集団自決し、ユダヤ戦争(66-73)が終わる

191年、董卓と袁紹が虎牢関で衝突。董卓の部下呂布が盤下で董卓を殺す。

200年、曹操、官渡の戦で袁紹を破る。

208年、曹操が劉備・孫権連合軍に赤壁の戦でい敗れる。

211年、曹操が渭水の戦で馬超・韓遂らを破る。

215年、陽平関の戦い。曹操、関中の張魯を下す。

215年、曹操が合肥の戦で孫権を呉の孫権を破る。

219年、定軍山の戦い。曹操、劉備軍に敗れ、関中を放棄。

219年、劉備軍の関羽が樊城の戦いで水攻めにされて殺される。

222年、劉備率いる蜀漢軍が夷陵の戦で呉の陸遜軍に敗れる。

224年、曹丕が呉を攻めるも長江で大敗する。

228年、蜀漢軍の馬謖が街亭の戦で魏軍に敗れる。

228年、蜀漢軍が陳倉を攻略、第二次北伐が失敗する。

228年、呉の孫権が石亭の戦で魏の曹休を破る。

234年、蜀諸葛亮が五丈原の戦で魏司馬懿と対戦したが、蜀漢による第五次北伐が失敗する。

238年、遼東平定戦。司馬懿、公孫淵を討つ。

244年、魏の曹爽は興勢の役で蜀軍に敗北し撤退した。

260年、ローマ軍はエデッサの戦でササン朝ペルシアのシャープール1世に敗れ、ウァレリアヌス皇帝は捕虜となる。

280年、石頭城の戦い。晋軍、呉に侵攻。大勝して呉滅び、中国を統一。

312年、ローマ皇帝正帝マクセンティウスがローマ郊外のミルウィウス橋の戦(サクサ・ルブラの戦)で副帝コンスタンティヌス1世に敗れる

313年、東のローマ皇帝マクシミヌス・ダイアがツィラッルムの戦でローマ皇帝リキニウスに敗れる

351年、ローマ皇帝コンスタンス1世がムルサの戦でコンスタンティウス2世に敗れる

363年 ローマ皇帝ユリアヌスが、ササン朝の首都クテシフォンの城壁まで進撃するが、城を落せず撤退する

378年、ローマ帝国軍、ハドリアノポリス(アドリアノーブル)の戦で西ゴート族に敗れ、皇帝ヴァレンスが戦死。トラキア地方がゴート族に占領される。

383年、前秦の符堅が淝水の戦で晋の謝石・謝玄に敗れる

402年、スティリコがボレンツァの戦でアラリックの西ゴート軍を破る

451年、フン族の王アッティラがカタラウヌムの戦で西ローマ軍のアエティウスに敗れる

454年、フン族がネグオ川の戦で東ローマ帝国に敗れる

486年、クロヴィス率いるフランク族がソワソンの戦でシアグリウス率いる西ローマ軍を破る

523年、六鎮の乱。

624年、マホメットがバドルの戦いでメッカ軍を破る

625年、ウフドの戦い

627年、ハンダクの戦いでメッカ軍を破る

627年、ササン朝ペルシアのコスロー2世はニネヴェの戦でへラクリウス率いる東ローマ軍に敗れる

642年 ヤズデギルド3世 ニハーヴァンド(ネハーヴァンド)の戦でアラブ軍に敗れる

663年、日本軍は白村江の戦で唐軍に敗れ、百済滅ぶ

687年、フランク王国のピピン2世がテルトリーの戦でネウストリアのベルナルらを破る

722年、ペラヨがコバドンガの戦でイスラム軍に勝利する。

732年、サラセン軍、ツール・ポワチエの戦でフランク王国カール・マルテルに敗れる

751年、唐の高仙芝、イスラム軍とタラス河畔に戦う。サラセン軍に捕らわれ、製紙法を伝う

756年、唐の玄宗は潼関の戦で安禄山に敗れる

804年、東ローマ皇帝ニケフォロス1世はクラソスの戦でアッバース朝に大敗する。

811年、東ローマ皇帝ニケフォロス1世はプリスカの戦でブルガリア皇帝クルム・ハーンに敗れ、戦死した。

849年、ナポリ・アマルフィ・ガエータなどの艦隊がオスティア沖でイスラム艦隊を破る。

955年、ハンガリーのマジャール軍がレヒフェルトの戦で東フランク王国のオットー1世に敗れる

1014年、第1次ブルガリア帝国がキンバロングーの戦(クレイディオン峠の戦)で、東ローマ帝国に敗れる。

1014年、ブライアン・ボル―軍とレンスターのアイルランド人とダブリンのヴァイキングの連合軍が、クロンターフの戦いで、ボル―軍が勝つが戦死する。

1016年、デンマーク王クヌートがアシンドンの戦いでイングランド王エドマンド2世を破る

1057年、スコットランド王マクベスはランファナンの戦でマルカム3世に敗れ死没する

1063年、イタリアの中世都市国家ピサがパレルモ沖の海戦でイスラーム艦隊に大勝する

1066年、イングランド王ハロルド2世がへースティングズの戦でノルマンディー公ウィリアム1世に敗れる

1071年、ビザンツ王ロマノス4世ディオゲネス マンジケルトの戦でセルジューク朝に敗れる。

1096年、第1回十字軍のエルサレム攻囲戦が始まる。(~1099年)

1107年、高麗の尹瓘が女真を討ち9城を築くが(尹瓘九城の役)、翌年に撤退する。

1147年、レコンキスタで、ポルトガル王国アフォンソ1世がイスラムの勢力下からリスボンを奪回。

1148年、第2回十字軍、ダマスカス攻撃。もつとも成果の少ない十字軍だった。(~1149年)

1176年 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世がレニャーノの戦で北イタリア・ロンバルディア同盟軍に敗れる

1187年、ギード・リュジニャン率いるエルサレム王国の十字軍がヒッティーンの戦でアイユーブ朝のサラーフ・アッディーンに敗れる

1189年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世、フランス墺フィリップ2世、イギリス王リチャード1世らが第3回十字軍に参戦(~1192年)

1201年、チンギス・カンはコイテンの戦でジャムカを破る

1202年、第4回十字軍。ヴェネツィア商人に利用され、ビザンツ帝国の首都コンスタンティノープルを占領(~1204年)

1214年、仏王フィリップ2世が、ブーヴィーヌの戦で神聖ローマ帝国、英国連合軍に勝利する

1219年、モンゴル軍はホラズムに侵攻し、翌年にはサマルカンドを攻略する

1223年、モンゴル軍はカルカ川の会戦でロシア軍を破る

1226年、ホーエンシュタウフェン家とカペー家のシャルル・ダンジューが南イタリアのベネヴェントの戦う。カペー家の勝利。

1228年、第5回十字軍。神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が交渉によって平和裏に聖地を回復するが、長くは続かず(~1229年)

1235年、マリ王国のスンディアタがキリナの戦いでソソ王国のスマンゲルを破る

1241年、シュレージェン公ハインリヒ2世、リーグニッツ(ワールシュタット)の戦でバトゥが率いるモンゴル軍と戦い、大敗し、戦死。

1245年、ハールィチ・ヴォルイーニ大公国がヤロスラヴの戦いでポーランド・ハンガリーと戦う。

1248年、第6回十字軍。教皇の信任厚いフランス王ルイ9世がエジプトに侵攻するも失敗(~1254年)

1250年、フランス王ルイ9世率いる十字軍がマンスーラの戦でエジプトのアイユーブ朝に敗れる。

1258年、モンゴル軍のフラグがバグダードの戦でバグダードを占領し、アッバース朝滅ぶ。

1260年、フィレンツェがモンタベルティの戦いでシエーナ軍に敗れる。

1260年、モンゴル軍のフラグはアイン・ジャールートの戦でマムルーク朝のバイバルスに敗れる。

1264年、イングランド王ヘンリー3世に対してレスター伯シモン・ド・モンフォールらが反乱。王党派の勝利に終わった。これを第2次バロン戦争という。

1265年、イーブシャムの戦い。

1266年、ホーエンシュタウフェン家がイタリアのベネヴェントの戦でカペー家と、敗れる。シチリアの支配が終わる

1270年、第7回十字軍。チュニスに侵攻したが、フランス王ルイ9世が病没したため中止。

1268~1274年、モンゴル軍は襄樊の戦で南宋を滅ぼす。

1272年、最後の十字軍(第9回十字軍)終わる。

1274年、モンゴル軍、日本に遠征するが失敗(文永の役)

1278年、モンゴル軍、ポーランド・ドイツ連合軍を破る

1278年、神聖ローマ帝国ルドルフ1世、マルヒフェルデの戦いでボヘミア王オットカルを破る

1279年、モンゴル軍、厓山の戦いで南宋を滅ぼす

1281年、モンゴル軍、日本に遠征するが失敗(弘安の役)

1284年、ピサがメロリアの海戦でジェノバに大敗。

1288年、ドカン率いるモンゴル軍は白藤江の戦いで陳国峻率いるベトナム軍に敗れ、モンゴルのベトナム侵攻は失敗におわる。

1291年、第9回十字軍。イスラエル王国の首都アッコン滅亡する。(十字軍戦争終わる)

1294年、英仏戦争はじまる。

1298年、神聖ローマ皇帝ルドルフ1世はゲルハイムの戦で長子アドルフを殺す。

1301年、オスマン1世がビザンツ帝国軍をコユンヒサルの戦で破る。

1302年、フランス王フィリップ4世はクルトレー(コルトレイク、金拍車)の戦でフランドル市民軍に敗れる

1311年、アテネ公国ゴーティエ5世がアルミュロスの戦いで東ローマ軍に敗れる

1314年、エドワード2世率いるイングランド軍がバノックバーンの戦でロバート1世のスコットランド軍に敗れる

1315年、スイスがモルガルテンの戦でオーストリア軍を破り、現在に至る永久盟約を得る

1337年、英仏の百年戦争がおこる

1346年 フランス王フィリップ6世、クレシーの戦でエドワード3世に敗れる

1356年、フランス王ジャン2世はポアティエの戦でイギリス王エドワード黒太子に敗れる

1363年、明の朱元璋は鄱陽湖の戦で元の陳友諒を破る

1369~70年 エドワード3世、フランス王シャルル5世に敗れて獲得した領土の大部分を失う

1371年、セルビア帝国はマリツァリの戦でオスマン軍に敗れ、ウロシュ5世はまもなく死亡。

1378年、イタリアのフィレンツェで労働者の反乱おこる。

1378年、モスクワ大公国がヴォジャ河畔の戦いでモンゴルを破る。

1380年、モスクワ大公国ドミトリー・ドンスコイがクリコボの戦いでモンゴルを破る。

1380年、ジェノバがキオッジャの海戦でヴェネツィアに完敗する。

1382年、百年戦争。ローゼンバーグの戦いでフランス軍がフランドル諸都市を破る。

1385年、ジョアン1世率いるポルトガル軍がアルジュバロータの戦いでカスティーリャ王ファン1世を破る。

1388年、ハプスブルク家アルブレヒト3世、ネーフェルトの戦いでスイス自由連邦に敗れる

1389年、オスマン帝国のムラト1世がコソボの戦でセルビアを破る

1391年、ティムールはコンドゥルチャ川の戦いでトクタミシュを破る

1396年、神聖ローマ皇帝・ハンガリー王ジギスムント率いるヨーロッパ諸国軍がニコポリスの戦でバヤズィト1世率いるオスマン帝国軍に大敗する

1402年、バヤズィト1世率いるオスマン帝国がアンカラの戦でティムールに敗れる。バヤズィト1世は捕虜になり、翌年自害する

1410年、ポーランド・リトアニア連合軍がグルンヴァルトの戦(タンネンベルクの戦い)でドイツ騎士団を破る

1415年、フランス軍が百年戦争アジャンクールの戦いでヘンリー5世率いるイングランド軍に敗れる。

1419年、ボヘミアのフス戦争(~1434)。フス派の勝利。

1429年、ジャンヌ・ダルクに率いられたフランス軍がパテーの戦いでイングランド軍に圧勝。イングランドのジョン・タルボットは敗れて、捕虜となる。百年戦争の仏軍の初めての勝利であった

1444年、オスマン帝国のムラト2世はヴァルナの戦でハンガリー・ポーランド連合軍を破る。

1450年、百年戦争。イングランド軍はフォルミニーの戦でフランスに大敗し、ノルマンディーから撤退する。

1453年、イングランド軍はカスティヨンの戦でフランスに敗れる。百年戦争最後の戦い。

1453年、東ローマ帝国コンスタンティノス11世 メフメト2世のオスマントルコ軍に攻められコンスタンティノープル陥落

1454年、十三年戦争が始まる。

1455年、薔薇戦争最初の戦い。ヨーク公リチャードはサマセット公エドムンド率いるランカスター派をセント・オールバーンズの戦で破る。

1456年、ワラキア公国のフニャディ・ヤーノシュがベオグラード包囲戦でオスマン帝国に勝利する。

1460年、薔薇戦争、ウエイクフィールドの戦い。

1460年、薔薇戦争、ノーサンプトンの戦いでヨーク派がランカスター派を破る。

1461年、薔薇戦争・タウトンの戦い。ヨーク家のエドワード4世がマーガレット王妃らランカスター派を破る。

1466年、ポーランドとプロシア連合の同盟とドイツ騎士団国とのあいだで起きた十三年戦争がプロシアとポーランドの勝利に終わる(~1454年)。

1471年、薔薇戦争・テュークスベリ―の戦い。ランカスター家のエドワード王太子が戦死。

1477年、ブルゴーニュ公シャルル(豪肝公)がナンシーの戦い(ブルゴーニュ戦争)でロレーヌ公ルネ2世に敗れ戦死。

1485年、ヨーク派のリチャード3世はボズワースの戦でランカスター派のヘンリー7世に敗れる

1487年、薔薇戦争の最後の闘いストーク・フィールドの戦いが行われる

1503年、フランスはチョリニョーラの戦、ガレラノの戦でスペインに敗れる

1507年、ポルトガルのインド総督アルブケルケ、ペルシャ湾口の香辛料集散地ホルムズ島を占領した。

1509年、フランシスコ・デ・アルメイダ率いるポルトガル海軍がディウ沖海戦でイスラム教徒のマムルーク朝、クジャラート・スルタン朝及びカリカットの領主ザモリンの連合海軍を破る

1513年、スコットランドがフロドゥンの戦でイングランドに大敗し、国王ジェームズ4世が戦死。

1514年、サファヴィ朝ペルシャ軍イスマーイール1世がチャルディラーンの戦でオスマン帝国セリム1世に敗れる。以後両国の戦いは124年間続く。

1515年、仏王フランソワ1世・ヴェネツィアがスペイン・神聖ローマ・イギリス・ミラノのスイス傭兵軍とマリニャーノ戦いで勝利する。

1516年、オスマン帝国がマルジュ・ダービクの戦でマムルーク朝を破り、シリアを支配する。

1519年、スペインのコルテスがタバスコの戦でインディオに勝利し、メキシコを征服した。

1521年、独帝カール5世と仏王フランソワ1世との間にイタリア戦争始まる。

1524年、ドイツ農民戦争。フランケンハウゼンの戦で農民軍が諸侯軍に敗れて終結する(~1525年)

1525年、仏王フランソワ1世、パヴィアの戦でスペインに敗れる。

1526年、インドのロディ朝がパーニーパットの戦でムガール帝国のバーブルに敗れる

1526年、オスマン帝国がモハーチの戦でハンガリー王国を破る

1529年、オスマン帝国の第一次ウィーン包囲。

1529年、スイスの宗教戦争、第一次カッペル戦争

1531年、第二次カッペル戦争でチューリヒのカトリック軍が勝利する。

1531年、スコットランド王ジェームズ4世が2万の軍勢を率いて国境を侵攻するが、英国軍にフロッドンの戦で大敗し、ジェームズ4世は戦死する

1531年、チューリヒの宗教改革の指導者ツヴィングリがカベルの戦で戦死

1532年、インカ帝国アタワルパ、カハマルカの戦いでピサロ率いるスペイン軍に敗れる。

1538年、スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇連合軍はプレヴェザの海戦でオスマン帝国と対戦するが、連語国側は統制がとれずに敗れる。

1546年、シュマルカルデン戦争がはじまる。

1547年、プロテスタント軍がミュールベルクの戦で神聖ローマ軍に敗れる

1558年、リヴォニア戦争(~1583)。

1562年、ユグノー戦争。フランスのヴァシーでプロテスタントが大量に殺される。

1568年、オランダ独立戦争おこる。

1571年、オスマントルコ海軍がレパントの海戦でスペイン、ベネチア、ローマ教皇の連合軍に敗れる

1587年、スペイン王フェリペ2世の無敵艦隊(アルマダ)がプリマス沖、カレー沖の海戦でイギリス艦隊に敗れる

1593年、オスマントルコ帝国ムラート3世の宰相ハサン・パシャは、シサクの戦でクロアチア軍に敗れる

1593年、ハプスブルク家とトルコの十五年戦争(~1606)。

1593年、小早川隆景らが李如松率いる明軍を碧蹄館の戦いで破る

1618年、三十年戦争

1619年、ヌルハチ率いる後金(のちの清)がサルフの戦で明を破る

1620年、白山の戦。

1630年~31年、ルター派の都市マグデブルクが包囲され、破壊・略奪される(三十年戦争)

1630年、フランスがヴェイッラーネの戦でスペインを破る。

1631年、神聖ローマ帝国がブライテンフェルトの戦でグスタフ2世アドルフ率いるスウェーデンに敗れる。

1632年、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン率いる神聖ローマ帝国がリュッツェンの戦でグスタフ・アドレス2世(スウェーデン)の軍に敗れる。

1632 年、ロシアがスモレンスクの戦でポーランドの軍に敗れる。

1640年、ポルトガルの貴族ブラガンサ公ジョアンらがリスボンのスペイン王宮を襲撃、ポルトガル王政復古戦争が始る。

1641年、清のホンタイジが松山・錦州の戦で明を滅ぼす

1643年、清教徒革命。国王軍がアドウォルトン・ムーアの戦で議会軍に勝利する。

1644年、清教徒革命。チャールズ1世の国王軍がマーストン・ムーアの戦でクロムウェル率いる議会軍に敗れる。

1645年、イギリス、ルーパート王子軍がネーズビーの戦でクロムウェルの議会軍に敗れる。

1648年、ウェストファリア講和条約。三十年戦争終わる。

1652年、第一次英蘭戦争。イギリスの勝利。

1653年、ポートランドの海戦(第一次英蘭戦争)~1654年まで

1654年から1667年、ロシア・ポーランド戦争

1659年、ロシア大公アレクセイ3世がコノトプの戦でウクライナ・コサック軍に敗れる。

1666年、ダンケルク沖の海戦でオランダがイギリスを破る。

1667年、第二次英蘭戦争終わる。

1670年、ロシアでステンカ・ラージンの農民反乱おこる。(~1671年)

1672年、英仏対オランダの戦争始まる(第三次英蘭戦争)。ソールベイの海戦ではオランダの勝利。

1674年、英蘭戦争終わる、ウェストミンスター条約の締結。イギリスの制海権が確立。北米植民地ニューアムステルダム(ニューヨーク)はイギリスに返還される。

1675年、デンマーク・スウェーデンでスコーネ戦争始まる(~1679年)。

1685年、清の康熙帝はロシアが東方に進出して黒竜江流域にきずいたアルバジン城を奪回した。

1687年、清ジュンガル戦争起こる。康熙帝、乾隆帝と三次にわたるが、清に対して反乱を起こしたアムルサナーは1759年敗れる。

1688年、フランスのルイ14世が神聖ローマ帝国領のファルツ公家の継承問題に介入してファルツ戦争(~1697年)が始まる。

1690年、イングランド軍がボイン川の戦いでアイルランド軍に勝利する。

1697年、オスマン帝国がゼンタの戦でオーストリア軍に大敗する。

1700年、スウェーデン王カール12世がナルヴァの戦でロシアのピョートル1世に勝利する。

1701年、スペイン継承戦争始まる。1714年まで続く。

1706年、オーストラリア軍がトリノの戦いでフランス軍を破る(スペイン継承戦争の一つ)

1709年、スウェーデンのカール12世、ボルタヴァの戦でロシアに敗れる。

1710年、スペイン・フランス連合軍がビリャビシオーサの戦でカール大公率いるハプスブルグ家を破る(スペイン継承戦争の一つ)

1712年、スウェーデンがガーデブッシュの戦でデンマークに敗れる。

1714年、ロシアのピョートル1世がハンゴ沖海戦でスウェーデンを破る。

1721年、スウェーデンとロシア・デンマークを中心に行われた大北方戦争(1700-1721)が終る。ニスタット条約を締結。

1722年から1725年までラル神父戦争。アメリカ東部植民地とインディアンの戦い。セバスチャン・ラルがノリッジウォックの戦いで戦死。

1733年、ポーランド継承戦争始まる。

1734年、ロシア軍がフランス、スウェーデンと戦い、ダンツィヒを攻囲する。

1739年、アフガニスタンのホータキー朝がカンダハール包囲戦でペルシアのアフシャール朝に敗北し滅亡する。

1740年、オーストラリアのマリア・テレジアが即位し、オーストラリア継承戦争始まる。

1741年、マリア・テレジアがモルヴィッツの戦でフリードリヒ2世のプロシアに敗れる。

1743年、オーストリア継承戦争。英墺連合軍と仏軍がディティンゲンで戦い、英墺連合軍が勝利する。

1745年、フランスがフォントノワの戦で英蘭墺連合軍に勝利する。

1746年、カロデンの戦い。スコットランドで名誉革命反対派・ジャコバイトによる最後の戦い。

1756年、プロイセンとオーストリアで七年戦争始まる。

1757年、プロイセンのフリードリヒ2世がロスバッハの戦、ロイテンの戦でオーストリアを破る。

1757年、フランス勢力と組んだベンガル太守のシラージュ・ウッダウラはプラッシーの戦でロバート・クライブ率いるイギリス軍に敗れる。

1758年、プロイセン軍がツォルンドルフの戦でロシア軍に勝利する。

1759年、プロイセン軍がクネルスドルフの戦でロシア・オーストリア連合軍に敗れる。

1761年、第3次バーニーパッドの戦い、マラーダ連合軍敗北する。

1763年、フベルトゥスブルク条約、七年戦争おわる。

1764年、イギリス東インド会社がインドのブクサールの戦でムガル帝国を破る。

1767年、第1回マイソール戦争(~1769)。マイソール王国がイギリス東インド会社に勝利する。

1768年、露土戦争起こる。

1775年、アメリカ独立戦争始まる(~1783)。レキシントン・コンコードの戦で英軍と米植民地兵が武力衝突。アメリカ軍はモントリオールを占領するが、ケベックの戦いに敗れる。

1775年~82年。マラータ同盟がイギリス東インド会社に勝利する。

1776年冬、大陸軍はニュージャージーの戦いでイギリス軍に勝利する。

1777年、英軍バーゴイン将軍がサラトガの戦で米植民地軍に敗れる。

1780年、アメリカ独立戦争・ワックスホーの戦。戦闘に勝利した英軍は、大陸軍が白旗を挙げたのを無視して大陸軍兵113人を虐殺。

1781年、アメリカ独立戦争・ヘンリー岬の海戦・チェサピーク湾の海戦。イギリス軍の敗北。

1781年、チャールズ・コンーウォリス率いるイギリス軍はヨークタウンの戦でジョージ・ワシントン率いる独立軍に攻囲され敗れる。

1781年、インドのポルト・ノヴァでマイソール王国はイギリス軍に敗れる。(第二次マイソール戦争の1つ)。

1783年、パリ条約(アメリカの独立を承認)

1789年、フランス革命起こる。

1790年、第3回マイソール戦争。

1792年、フランス革命を巡ってフランスとヨーロッパ諸国との間で戦争がおこる(フランス革命戦争、~1799)

1793年、フランス軍はナポレオン率いる革命軍にツーロン要塞の攻撃で敗れる。

1796年、オーストリア軍がカスティリオーネの戦でナポレオン軍に敗れる。

1798年、オスマン帝国がピラミッドの戦でナポレオン軍に敗れる。

1799年、第4回マイソール戦争。

1800年、オーストリア軍がアルプスを越えて侵攻したナポレオン軍にマレンゴの戦で敗れる。

1805年、オーストリア・ロシア連合軍がアウステルリッツの三帝会戦でナポレオンに敗れる。

1805年、トラファルガルの海戦でイギリス艦隊がナポレオン率いるフランス・スペイン聨合艦隊に勝利。ネルソン提督は戦死。

1806年、プロシア軍がイエナ・アウエルシュタットの戦でフランス軍に敗れる。

1809年、ナポレオン、ワグラムの戦でオーストリア軍に大勝する。

1810年、セブンオークスの戦い。カナダのレッドリバー植民地で毛皮交易をめぐり交易会社同士で争い。

1812年、モスクワに遠征したナポレオンがクトゥーゾフ将軍のロシア軍とボロジノの戦で交戦。10万人の犠牲を出したが勝敗は決せず。

1812年、米英戦争はじまる。

1813年、ナポレオン軍がライプチヒの戦でプロイセン・オーストリア・ロシア連合軍に敗れる。

1814年、アメリカ軍はブラーデンスバーグの戦でイギリス軍に敗れ、ワシントンのホワイトハウスなどの建物が焼失した。

1814年、イギリス東インド会社とネパール(ゴルカ朝)とのグルカ戦争が起こり、1816年イギリスの勝利により、スガウリ条約が結ばれる。

1815年、ナポレオンがワーテルローの戦でイギリス・プロシア連合軍に敗れる。

1815年、米英戦争ニューオーリンズの戦でイギリス軍はアンドリュー・ジャクソン率いる5千人の米兵に敗れる。

1816年、セブンオークスの戦。カナダのレッドリバー植民地で毛皮交易をめぐり交易会社同士で争い。

1817年、第3回マラータ戦争。

1819年、シモン・ボリバルの独立革命軍はボヤカの戦(コロンビアのボゴタ近郊)でスペイン軍に勝利する。

1821年、スペイン軍がカラボボの戦でシモン・ボリバル率いる反乱軍に敗れ、ベネズエラの独立が決定した。

1821年、ギリシャ独立戦争。

1824年、スペイン軍がアヤクーチョの戦でスクレ将軍率いるペルー解放軍に敗れる。

1824年~26年、ビルマ戦争。イギリスがビルマのコンバウン朝に勝利する。

1827年、英仏露3国艦隊がナヴァリノの海戦でトルコ艦隊を破る。

1836年、テキサス軍がサンジャシントの戦いでメキシコ軍を破る。

1838年、ズールー族がブラッド・リバーの戦いでボーア人に敗れる。

1839年、バーラクサイ朝アフガニスタン首長国がイギリスを討つ(第1次アフガン戦争(~1842年)

1840年、アヘン戦争(~1842年)

1845年~46年、第一次シク戦争。シク王国とイギリス東インド会社の戦争。イギリスの勝利。

1848年、サルディニア王カルロ・アルベルトがクストッツァー・ノヴァラの戦でオーストリアに敗れる。これにより、イタリアの統一運動は一時中絶した。

1849年、ガリバルディがローマ大学の戦いでフランス軍を破る。

1852年、第二次ビルマ戦争。

1854年、クリミア戦争でロシアのセヴァストーポリ要塞を目指す英仏軍がアルマでロシアと交戦する。

1855年、セヴァストーポリ要塞が英仏軍の攻撃によって陥落する。

1856年、アロー号戦争(~1860年)

1856年、コスタリカ軍が第二次リバスの戦いでニカラグア軍を破る。

1859年、イタリア統一戦争・ソルフェリーノの戦い。アンリ・デュナンが戦場の惨状に衝撃を受け、後の赤十字運動につなげる。

1860年、ガリバルディ率いるイタリア義勇軍はヴォルトルノ河畔の戦でナポリ軍を破り南イタリアを制圧する。

1861年、アメリカの南北戦争、北軍はブル・ランの戦で南軍に敗れる。

1862年、アメリカの南北戦争、セブンパインズの戦。決着つかず。

1862年、アメリカの南北戦争、ヘンリー砦の戦で北軍の初勝利。

1862年、アメリカの南北戦争、シャイローの戦。北軍の勝利。

1862年、フランスのナポレオン3世がメキシコ出兵、プエフラの戦でフランスに勝利する。(フランス・メキシコ戦争1862-1867)

1863年、カメロンの戦でメキシコが勝利するも、フランスの傀儡政権であるメキシコ帝国が建国。

1863年、南北戦争、ゲッティスバーグの戦で南軍の衰勢が決定した。

1864年、曽国藩が太平天国の乱を鎮圧した。

1866年、イタリア海軍がリッサの海戦でオーストリア海軍に敗れる。

1866年、オーストリア帝国はチェコのケーニヒグーレツの戦(サドワの戦)でプロシアに敗れる。

1868年、アメリカ軍のカスター中佐が率いる第7騎兵隊がシャイアン族インディアンを虐殺する(ウォシタ川の戦)。

1868年、エチオピアのテオドロス2世、マグダラの戦いでイギリス軍に大敗し、自殺する。

1870年、モルトケ率いるドイツ軍がグラヴロットの戦でバーゼル率いるフランス軍を破る

1870年、フランスのナポレオン3世はセダンの戦でプロイセン軍に敗れる。

1873年、アチェ-戦争、オランダがスマトラのアチェー王国征服(1904年)

1876年、アメリカ陸軍とインディアンがモンタナ州のリトルビックホーンで戦い、カスター将軍率いる第7騎兵隊ら本隊が全滅した。

1877年、露土戦争(~1878)

1879年、ズールー戦争おこる。イギリスと南アメリカのズールー王国との間で行われた戦争でアフリカの植民地支配がはじまる。

1880-1881年、イギリスがトランスヴァール共和国に破れる(第一次ボーア戦争)

1885年、清仏戦争でフランスによるベトナムの植民地化が始まる。

1885年、ビルマ王ティーボーは英緬戦争でイギリス軍に敗れ、コウバウン朝は滅亡し、イギリス領インド帝国に併合される。

1894年、日清戦争(~1895年)

1896年、イタリアのエチオピア侵攻軍がアドワの戦でエチオピアのメネリク2世に大敗する。

1898年、米西戦争。7月アメリカ軍がキューバのサン・ファン・ヒルの戦いでスペイン軍を撃破する。

1899年、南アフリカのルイス・ボータ将軍がコレンソの戦いでイギリスを破る。

1899年、米比戦争始まる(~1902年)アメリカの植民地支配が始まる。

1902年、南アフリカのボーア戦争、イギリスの勝利に終わる。

1904年、日露戦争(~1905年)

1905年、ロシアのバルチック艦隊が日本海海戦で日本の連合艦隊に敗れる。

1911年、イタリア・トルコ戦争。イタリアがオスマントルコ領リビアの領有を図って起こす。イタリア敗北。

1912年、バルカン戦争(~1913年)。

1914年、ベルギーを突破し、北仏に進軍したドイツ軍(モルトケ)は、マルヌの戦でフランス軍(ジョッフル)に敗れる。

1914年、ロシア軍がタンネンベルクの戦でドイツ軍(ヒンデンブルク)に包囲、殲滅される。

1915年、オスマン帝国はダーダネルス海峡のガリポリの戦で英仏連合軍に勝利する。

1915年、第一次大戦・イ―ペルの戦い。ドイツ軍がフランス軍に対し、毒ガス攻撃。

1916年、ヴェルダンの戦、フランスは守り切った。

1916年、ソンムの戦。第一次世界大戦における最大の戦争であるが、英仏連合軍とドイツ軍がフランスのソンムで激突したが、両軍目立った戦果をあげることがなかった。

1916年、ユトランド沖海戦。

1916年、アメリカ、パンチョ・ビリャ遠征軍をメキシコに派遣。

1917年、ロシア革命。

1917年、第一次世界大戦におけるカンプレーの戦いで、英軍が世界初となる大規模な戦車の投入を行った。

1918年、イ―ペルの戦でドイツ軍か毒ガスを使用。

1920年、ポーランド・ソ連戦争。ポーランドの旧版図回復。

1922年、トルコ軍がドゥムルプナルの戦でギリシャ軍に勝利する。

1935年、イタリア、エチオピア侵略。

1936年、スペイン内戦始まる。

1937年、日中戦争始まる。

1939年、関東軍とソ連が満蒙国境線めぐりノモンハン事件おこる。

1939年、ソ連がフィンランドに侵攻し冬戦争がおこる。(~1940年)

1940年、ドイツ軍がオランダ・ベルギーに侵入(ベルギーの戦い)。

1940年、フランス軍はダンケルクの戦でドイツに敗れ、降伏する。

1941年、ドイツ軍がロシアに侵攻する(~1945年)。

1941年、太平洋戦争始まる。

1942年、ドイツの戦車軍団ロンメルは北アフリカのエル・アラメインの戦で英軍モントゴメリーに敗れる。

1942年、ドイツ軍はソ連とのスターリングラードの戦(~1943年)で消耗し、これによってドイツの後退が始まる。

1942年、太平洋戦争最大の激戦、ガダルカナル島の戦いで日本軍が全滅。

1943年、ドイツ軍はドニエプル川の戦でソ連軍に敗れる。

1943年、ドイツ軍はクルスクの戦でソ連軍に大敗。

1943年、スターリングラードの戦でドイツ軍のパウルス司令官と幕僚がソ連に降伏する。

1943年、アッツ島の戦い。

1944年、ドイツ軍はナルヴァの戦でソ連軍の進撃を阻止する。

1944年、日本はレイテ沖海戦で米軍に大敗し、事実上壊滅。シブヤン海海戦・戦艦武蔵が沈没。

1944年、連合軍、ノルマンディー上陸作戦に成功する。

1944年、フィンランドとドイツ連合軍はタリ・イハンタラの戦いでソ連軍の侵攻を阻止する。

1945年、独ソ戦最後の戦い、プラハの戦い。

1945年、硫黄島の戦いで、アメリカが硫黄島を完全占領

1946年、フランス・インドシナ戦争(~1954年)

1947年、第一次印パ戦争(~1949年)

1950年、朝鮮戦争が始まる(~1953年)

1950年、マッカーサーの国連軍が長津湖の戦いで毛沢東率いる中国軍と戦う。

1953年、ポークチョップヒルの戦い

1954年、アルジェリアとフランスとでアルジェリア戦争始まる(~1962年)。

1954年、ディエンビエンフーのフランス軍拠点が陥落。インドシナから撤退する。同年ジュネーヴ協定結ばれる。

1959年、チベットで反中国暴動。

1959年、中印戦争(~1962年)

1963年、インドネシア、マレーシア戦争(~1966年)

1963年、ギニアビサウ独立戦争(~1974年)

1963年、アメリカ軍と南ベトナム軍がアプバクの戦いでベトコンに敗北する。

1965年、第二次印パ戦争(1966年)

1967年、ビアフラ戦争(~1970年)。

1967年、第三次中東戦争。

1968年、南ベトナムのケサンでアメリカ軍と北ベトナム軍が戦う。

1969年、北アイルランド紛争(~98年)

1971年、第3次印パ戦争

1973年、第四次中東戦争。

1974年、カンボジアのロン・ノルがカンポットの戦でボル・ポトに敗れる。

1975年、サイゴン陥落、ベトナム戦争終了。

1979年、ソ連のアフガニスタンへの侵攻

1982年、アルゼンチンはフォークランド紛争でイギリスに敗れる。

1991年、第一次湾岸戦争。

1991年、スロヴェニア独立戦争。

1991年、ソマリア内戦(~継続中)

1994年、ルワンダで内戦始まる。50万人が殺される。

1994年、第一次チェチェン紛争(~1996年)

1998年、コソボ紛争起こる。コソボは2008年にセルビアから独立。

1999年、第二次チェチェン紛争(~2000年)

2001年、アメリカのアフガニスタン侵攻。

2003年、第二次湾岸戦争。

2005年、イラク戦争。ハディサで米軍兵士がイラク市民24人を虐殺(ハディサ事件)。

2006年、カンダハルの戦い。米軍対タリバン。

2006年、ヒズボラ戦争。イスラエル対レバノン。

2008年、イスラエル軍がパレスチナのガザに侵攻。ハマースとの間にガザ紛争おこる(~2009年)

2011年、シリア内戦(継続中)。アサド政府軍(シーア派)と反政府軍(スンニ派)との間で内戦おこる。

2014年、ロシアがウクライナのクリミヤ半島を一方的に併合。

2022年、ロシアのウクライナへの侵攻。

 

 

 

 

「おやつ」はなぜ3時?

Teyaki_img17_2000000000000000016252100821125010286_1P1020344sMizumanju1      

 

   江戸時代に茶道が発達し、昼食と夕食との間にお茶を飲む習慣が生れる。八つ時(午後2時)に食べることから、その時、お菓子を食べることを「おやつ」というようになった。「おやつ」という古風な言葉はいつまでも残り、決して死語になることはない不滅の日本語だろう。英語で「おやつ」「お菓子」はsweetsと表現するが、他にも snacksやcandy,coffee breakなどある。日本語の「おやつ」は女性語で男子は使わなかった。

   大阪では「おちん」という。語源は2つの説がある。使いの子供に与える駄賃から転じて「お賃」となった。もう一つは、おやつを知らせる鐘の音が、ちんちんと鳴ったから。

実は「歴史上の人物」の子孫?

  俳優やタレントも自分の先祖をさぐれば、意外な偉人であったことがわかることがある。女優の鶴田真由の母方の5代前の先祖は新選組隊士だった。桑名藩士の森陳明(つらあき)は公用人として藩命で幕末京都で活躍、近藤勇・土方歳三らと親しくした。のち新選組に加わり、仙台から函館まで官軍と戦った。明治2年に切腹さる。享年44。

 サンドウィッチマン゜・伊達みきおは伊達家の血筋。伊達政宗の子孫である。オノ・ヨーコの曽祖父は実業家の安田善次郎。大原麗子は浅野内匠頭、植村花菜は大久保利通の子孫。大竹しのぶの祖父は著名なクリスチャン吉川一水。中川翔子の先祖も伊藤一隆(水産関係)という偉人。細川護熙の遠祖は細川幽斎、その子である忠興・ガラシャ夫妻の直系。村松友視の祖父は村松梢風。中川安奈や国木田亜子はその名のとおり中川一政、国木田独歩の孫娘。加山雄三、梓真悠子の先祖が岩倉具視、山口智子の遠祖が杉山杉風である。最近売り出し中のグラドル、アクア新渡戸はその名のとおり、ご先祖さまに新渡戸稲造(5千円紙幣の肖像)がいる。NHKアナウンサー片山千恵子の母方の先祖が福澤諭吉。お笑いタレント、タカダ・コーポレーションの大貫幹枝は1億円拾得の大貫久男の孫。遠野舞子はプロ野球選手、岩本義行の孫。品川祐は美容家・山野愛子の孫である。安藤サクラは犬養毅の曾孫。宮崎香蓮は「まぼろしの邪馬台国」宮崎康平の孫娘。変わったところでは江波杏子の曽祖父は、病身の沖田総司を介護した植木職人の柴田平五郎だった。モデルのユージの父は俳優マイケル・ゴードン。「四月の恋」の歌手パット・ブーンは西部開拓史上の英雄ダニエル・ブーンの子孫。女優タラジ・P・ヘンソンの祖父は北極探検家マシュー・ヘンソン。「イヴの総て」アン・バクスターの祖父は建築家フランク・ロイド・ライト。忽那汐里の「くつな」は鎌倉時代から南北朝にかけて水軍を組織し、瀬戸内海一帯で活動した忽那氏の末裔である可能性が高い。天正13年に小早川隆景に滅ぼされたが、忽那一族の残党は全国各地に残っていた。

鳴くよウグイス平安京

Student4image1  本日は大安と天赦日が重なる大吉日とされている。3年前のこの日、天皇陛下「即位礼正殿の儀」が行われた。即位の礼の儀式は古く第50代桓武天皇から始まったそうである。光仁天皇のあとを継いだ桓武天皇は784年、山城の長岡京に遷都した。しかし2度にわたる洪水があったため、794年10月22日、平安京に遷都し、11月8日、新京を「平安京」とする詔を発布した。桓武・嵯峨から延喜の治といわれる10世紀初めごろまでは、律令政治の再建がある程度の効果をあげ、律令国家は動揺しながらもその形態をたもっていた。律令官制の規定にない官職を令外の官という。按察使、勘解由使、蔵人頭、検非違使、押領使など。石山寺に伝わる908年の周防国玖珂郡玖珂郷の戸籍を見るとほとんどが女性ばかりである。女性は律令制では税が軽くなっている。そのためにこのような実際にはあり得ないような女性ばかりの戸籍が作られている。このような嘘の戸籍を偽籍という。このように平安時代中期には律令制が行き詰まってきた。

日本シリーズ大誤審ものがたり

   本日から日本シリーズが開幕する。ヤクルト・スワローズとオリックス・バファローズの顔合わせは昨季と同じ。オリックスの前身阪急ブレーブス時代、1978年のヤクルト・阪急の日本シリーズを思い出した。3勝ずつで迎えた日本シリーズ第7戦。6回裏、ヤクルト・大杉が阪急・足立投手から放った左翼ポール際の打球を富沢宏哉左翼線審が本塁打と判定したが、上田監督がこれに猛抗議。選手を引き上げさせ、1時間以上中断された。結局、本塁打のまま判定は覆らず、阪急は敗れた。試合後、上田は最終戦で長時間中断した責任と謝罪を理由に監督を辞任した。

  本塁打だったのか、ファウルだったのか。近くで見た観客によると、「完全にファウルだった」と証言している。上田監督のような熱い人は少なくなった。

2022年10月21日 (金)

常識クイズ

   われわれが日常生活を送るのに必要な知識、すなわち常識とは何か、その範囲を明確にすることは難しい。さまざまなジャンルの中から比較的やさしい問題を選ぶ。

 

問1.太陽系の8つの惑星のうち、太陽に一番近いのは水星。では一番遠い惑星は?

 

問2.アメリカの2大政党は民主党と共和党。リンカン大統領はどっち?   

 

問3.1980年代後半ソ連邦のゴルバチョフ政権が進めた改革運動で、「建て直し」という意味のロシア語は?

 

問4.シベリア方面(東)に低気圧、オホーツク方面(西)に高気圧が発達している日本付近の典型的冬型気圧配置のことを漢字四文字で何という?

 

200511154s 問5.日本一長いトンネルは?

 

問6.エスペラント語の創始者は?

 

問7.「絆す」 「齎す」読み方は?

 

問8.在原業平、僧正遍照、喜撰法師、大友黒主、文屋康秀と並ぶ六歌仙の1人は?

 

問9.「allow」の反対語は?

 

問10.いずれの国家にも属さない海洋を何という?

 

問11.日本で募金をするともらえる赤や緑の羽根は何という鳥の羽根を染色したものか?

 

問12.植物の光合成に必要なものは光・水とあと一つは何?

 

問13.少年の犯罪に対し、家庭裁判所が審判の結果を言い渡す処分を何という?

 

問14.本州を陸路で縦断したとき、必ず通る都道府県は?

 

問15.大宝律令が完成した時の天皇は?

 

問16.衆議院、参議院、それぞれ議員定数は?

 

問17.ベーブ・ルースの生涯通算本塁打数は?

 

問18.中央省庁1府12省庁のうち、庁は何か?

 

問19.病院のカルテの保存期間は?

 

問20.室町幕府の最後の将軍は?

 

問21.赤ちゃんの歯は、上と下、どちら側から先に生えてくるのか?

 

問22.鉛筆1グロスは何本?

 

問23.昭和天皇が逝去し、元号が平成となった時の内閣総理大臣は誰?

 

問24.ビートルズのメンバーで誰が一番の年長者?

 

問25.ドレミファソラシドはもともと何語か?

 

問26.アメリカの国旗。横縞は紅白あわせて何本?

 

問27.俳句で「昼寝」はいつの季語か?

 

問28.海のない県はいつくある?

 

問29.数の子は何の魚の卵?

 

問30.3大栄養素とは?

 

問31.日本初の女性大臣は誰?

 

問32.参議院議員の任期は何年?

 

問33.「発条」 この漢字の読みは?

 

問34.日本初の昭和生まれの首相は?

 

問35.ヘレン・ケラーが家庭教師のサリバン先生から教わり、最初に理解したとされる英語の単語は?

 

問36.パキスタンの首都は?

 

問37.蒸留酒テキーラはどこの国の酒か?

 

問38.各務原市は何県にあるか?

 

問39.「広辞苑」を出しているのは岩波書店ですが、「広辞林」を出している出版社はどこ?

 

問40.「宵の明星」「明けの明星」として知られる太陽系の惑星は?

 

問41.休暇という意味の「バカンス」、もともと何語?

 

問42.関東では長命寺、関西では道明寺と呼ばれる、餅を葉で包んだ和菓子は?

 

問43.英語でデビルズタング(悪魔の舌の意)と呼ばれる食べ物は?

 

問44.バスケットボール。ダンクシュートでゴールを決めた得点は何点か?

 

問45.数字の1の下にゼロが8個ついた数字の呼び方は?

 

問46.都道府県面積ランキング。最下位はどこか?

 

問47.1884年の国際会議で子午線を経度0とする基点をイギリスのロンドン郊外の何という天文台に定められたか?

 

問48.円状にみえる7色の光でいちばん外側に見えるのは何色か?

 

問49.新幹線ひかり。現在、東京駅の次に停車する駅は?

 

問50.六角形の内角の和は何度か?

 

問51.原子番号は同じでも質量数は異なる元素を特に何というか?

 

問52.ピンキーリングという指輪を嵌めるのは何指か?

 

問53.パワーステーションって何?

 

問54.公認野球規則によるとホームベースの横幅はボール約何個分?

 

問55.液体が沸騰するときの温度は沸点、固体がとけるときの温度は?

 

問56.原子番号3の元素記号は何?

 

問57.「切手」の語を考案したのは誰?

 

問58.日本から見る北斗七星やカシオペア座のように、地平線に沈まない星のことを何という。

 

問59.わし座のアルタイルはくちょう座のデネブと「夏の大三角」を形づくり夜空を彩ること座の中でいちばん明るい星を何という?

 

問60.「葉月」とは何月のことか?

 

問61.毛髪や爪、皮膚の角質層を形成するための硫黄を含むたんぱく質の総称は何?

 

問62. 金閣寺、銀閣寺は何宗のお寺か?

 

問63.日本人で最初のオリンピック金メダリストは誰?

 

問64.第二次世界大戦時の連合国の指導者として広く大衆から支持され、アメリカ史上初の大統領4選をした合衆国大統領は?

 

問65.日本で販売されている鉛筆で一番濃くて柔らかいのは6B。では一番硬いのは?

 

問66.木版画で版木の上に当てた紙の上をこする用具は?

 

問67.小豆島は何県にある?

 

問68.ビリヤードの台に穴(ポケット)は幾つある?

 

問69.ハワイの首都ホノルルがある島は?

 

問70.ラグビーは1チーム何人?

 

問71.ラーメンでおなじみの具「メンマ」は何から作られているでしょう?

 

問72.空気中にいちばん多く含まれている気体といえば何でしょうか?

 

問73.スペインのマラガ生まれの20世紀最大の画家とは?

 

問74.京の着倒れ、大阪の食い倒れ。では江戸の何倒れ?

 

問75.2数に共通な約数を公約数という。6と12の公約数を答えよ。

 

問76.モーツァルトの全作品の年代順に配列した番号を何というか?

 

問77.歌舞伎の三大名作。「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」とあと1つは?

 

問78.現在、日本郵便が販売している往復はがきで通信用の宛名面に印刷されている文字は何色でしょう?

 

問79.サッカーで、1人の選手が1試合に3得点あげることを何というか?

 

問80.欧州連合(EU)が1999年に取り入れた単一通貨の単位は何か。

 

問81.特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約の通称を何というか。

 

問82.明智光秀は「三日天下」と呼ばれるが、実際には信長が本能寺で自刃してから光秀が死ぬまで何日間か。

 

問83.ビリヤードで使われる、球を突く棒のことを何というか。

 

問84.このロシアの楽器は?

 

Balalaika_3bbff4

 

問85.日本に府知事は何人いる?

 

問86.被虐性愛「マゾヒズム」の由来となった人名は?

 

問87.プロ野球通算本塁打記録の1位は王貞治。2位は野村克也。では3位は?

 

問88.聖徳太子は何天皇の摂政か?

 

問89.中国語で「麦当労」と書かれたお店は?

 

問90.歌舞伎で松本幸四郎は高麗屋、尾上菊五郎は音羽屋。では市川団十郎の屋号は?

 

問91.「阿育王」何と読む?

 

問92.よく運動会のBGMに使われるオッフェンバック作曲のオペレッタ喜歌劇は?

 

問93.京の着だおれ、大坂食いだおれ。では江戸は?

 

問94.教育評論家、尾木ママの本名は?

 

問95.1アールの正方形の土地の1辺の長さは何メートルか?

 

問96.さそり座で一番明るい星は?

 

問97.春告鳥はウグイス。では春告魚は?

 

問98.戦争の放棄が規定されているのは第何条?

 

問99.領海の範囲は何海里?

 

問100.絶滅危惧種の国際取引を規制する条約は?

 

問101.ハマチの出世魚は?

 

問102.サンショウウオは何類?

 

問103.麦わらや動物の糞尿など、エネルギーに利用できる生物体を何というか。

 

問104.人類で初めて宇宙飛行に成功した人は。

 

問105.  爬虫類に属する動物は。

 

解答:問1.海王星。問2.共和党、問3.ペレストロイカ、問4.西高東低、問5.青函トンネル、問6.ザメンホフ、問7.ほだす、もたらす、問8.小野小町、問9.forbid、問10.公海、問11.ニワトリ。問12.二酸化炭素、問13.保護処分、問14.兵庫県、問15.文武天皇、問16.衆議院465、参議院245(令和4年改正以降は248名)。問17.714本。問18.国家公安委員会。問19.5年(医師法24条)。問20.足利義昭。問21.多くは下の歯。問22.144本。問23.竹下登。問24.リンゴ・スター。問25.イタリア語。問26.13本。問27.夏。問28.栃木、群馬、埼玉、山梨、長野、岐阜、滋賀、奈良の8県。問29.ニシン。問30.炭水化物、たんぱく質、脂肪。問31.中山マサ。問32.6年。問33.ぜんまい。問34.海部俊樹。問35.ウォーターwater。問36.イスラマバード。問37.メキシコ。問38.岐阜県。問39.三省堂。問40.金星。問41.フランス。問42.桜餅。問43.コンニャク。問44.2点。問45.億(おく)。問46.香川県。問47.クリニッジ。問48.赤。問49.品川。問50.720度。問51.アイソトープ。問52.小指。問53.発電所。問54.6個分。問55.融点。問56.リチウム。問57.前島密。問58.周極星。問59.ベガ。問60.8月。問61.ケラチン。問62.臨済宗。問63.織田幹雄。問64.フランクリン・ルーズベルト。問65.9H。問66.ばれん(馬棟)。問67.香川県。問68.6箇所。問69.オアフ島。問70.15人。問71.たけのこ。問72.窒素。問73.ピカソ。問74.飲み倒れ。問75.1.2.3.6。問76.ケッヘル番号。問77.仮名手本忠臣蔵。問78.緑色。問79.ハットトリック。問80.ユーロ。問81.ラムサール条約。問82.12日。問83.キュー。問84.バラライカ。問85.2人。問86.マゾッホ。問87.門田博光。問88.推古天皇。問89.マクドナルド。問90.成田屋。問91.アショーカ王。問92.天国と地獄序曲。問93.江戸呑みだおれ。問94.尾木直樹。問95.10m。問96.アンタレス。問97.ニシン。問98.第9条。問99.12海里。問100.ワシントン条約。(正式には「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引4に関する条約」という)。問101.ブリ。問102.両生類。問103.バイオマス。問104.ユーリイ・ガガーリン。問105.ヘビ、トカゲ、ワニ、カメなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和新山の名付け親は誰か?

 昭和新山は北海道南西部の洞爺湖の近く、北海道有珠郡壮瞥町に位置する標高398mの火山である。昭和18年12月末から約2年間で、それまで麦畑だった地に、噴火隆起が繰り返されて生成された。地元の郵便局長だった三松正夫は当時の様子を一部始終を記録している。のちに(昭和23年ころ)三松と田中舘秀三はこの新しい山に名前をつけようと「昭和新山」とした。だが昭和新山の名称はそれ以前からすでに付けられていた。北海道大学の福富孝治は岩波書店の雑誌「科学」昭和21年6月号で「有珠昭和新山の生成に就いて」と題する論文を発表している。

ブーギー・ウーギー

  水谷豊・伊藤蘭のひとり娘で女優の趣里が2023年度後期のNHK朝ドラ「ブギウギ」のヒロインを演じることが発表になった。「ブギウギ」とはどんなリズムなのだろうか。戦後、日本に進駐軍と共にアメリカのジャズがどっと入ってきたが、当時のジャズはビッグバンドのグレン・ミラーやトミー・ドーシーが全盛で、ダンスホールが盛況であった。日本では服部良一がブギを紹介し、笠置シヅ子の「東京ブギウギ」「買物ブギ」「ジャングル・ブギ」などがヒットした。ところで画家のピエト・モンドリアンの作品に「ブロードウェイ・ブギウギ」(1942~43)がある。ニューヨークの摩天楼から着想を得たものであるが、「ブギウギ」とはやはり音楽であろうか。この作品には諸説あり、➀高層ビルの窓、②地下鉄の路線図、③ジャズのブギウギを聴いて、とある。ジャズの作品であればだれのどの楽曲か。いろいろ調べたがトミー・ドーシー「ブーギー・ウーギー」(1938年)が一番印象に近い感じがする。

北海道VS沖縄

Photo_10     日本の北にある北海道と南にある沖縄は何もかも対照的である。本日の最高気温は札幌が20℃、那覇が28℃。北海道の面積は沖縄のおよそ35倍あるが、人口密度は沖縄が581人に対し北海道は73人と日本一低い。地形、植生、生産物なども大きな違いがあるが、共通点は、隣接する府県と海で隔たてているのは北海道と沖縄の2県だけである。つまり周囲四方が海となり、岬が多い。地球岬は北海道にある。室蘭市の南端に位置する。アイヌ語の「ボロ・チケップ」(親である断崖という意味)がチケウエ→チキウ→チキュウと転化して、地球岬となった。北海道には有名な岬も多いが、時計周りに数えると、宗谷岬、能取岬、知床岬、納沙布岬、尻羽岬、襟裳岬、地球岬、恵山岬、汐首岬、白神岬、茂津多岬、積丹岬、雄冬岬、と13くらいある。

 フジの新ドラマ「PICU」。札幌市の丘珠空港に近い、架空の病院にある小児集中治療室を舞台に、医師らが医療用ジェット機の運用を目指す物語。だが初回の放送内容で美瑛町の議員から医療過疎で住みにくいという印象を与えたという抗議があった。ドラマに実名を出すことの難しさがある。フィクションなのだがリアリティを出したいために実名も出さなければならない。地元としてもドラマロケ地となれば経済効果も期待できる。北海道と沖縄は観光地としてもライバルである。

 

ハミルトン夫人

20070330191954   ロンドンのテートギャラリーにはジョージ・ロムニー(1734-1802)が描く「キルケーに扮したハミルトン夫人」(1782年)という作品が飾られている。ハミルトン夫人とはナポレオンのフランス艦隊を2度も撃破したイギリス海軍の英雄ネルソン提督の愛人としてヨーロッパにその名を知られた世紀の美女である。二人の恋物語はヴィヴィアン・リーとローレンス・オリヴィエ主演で「美女ありき」(1941年)という映画がつくられている。ハミルトン夫人(1765-1815)は本名はエミリー・リヨンといい、イギリスの貧しい鍛冶屋の娘であった。生後すぐに父は死亡、母と2人で貧しい暮らしをしていた。10代になるとロンドンに出て、子守り女として働くが、その美貌からパトロンがつくようになる。1780年ころエミリー・ハートという名でハリー・フェザストナフ卿の愛人となり、その後チャールズ・グレヴィル(後に夫となるウィリアム・ハミルトンの甥)と付き合う。グレヴィルの友人の画家ロムニーが彼女の美貌に驚嘆し、多くの肖像画を描いたのもこの頃である。ロムニーはエマを神話や歴史的なモチーフを加味してその美貌を賞賛した。

 

   チャールズ・グレヴィルは道楽者であったらしく、その借金の肩代わりをしてくれた叔父のヴィリアム・ダグラス・ハミルトン(1730-1803)にエマを譲り渡した。ハミルトンは火山研究と美術品の収集家でも知られた英国の駐ナポリ大使だった。1791年、60歳のハミルトンは26歳のエマと結婚した。これにより、エマは「レディ」の称号を得て。「レディ・ハミルトン」と呼ばれた。

 

Lordhorationelsonandladyemmahamilto  当時、ナポリ王国の社交界でエマの美貌は知られ、フランス語とイタリア語を流暢に話し、ナポリ王妃マリア・カロリーナとも親しい交流をもつようになった。ナポリ王国には強い軍隊はなく、フランス軍に攻められそうになったとき、イギリス海軍の指揮官ホレイショ・ネルソン(1765-1815)とハミルトン夫人との運命的な出会いが始まる。とくに1799年の大晦日から1800年にまたがる「二世紀にわたるキス」のエピソードは広く知られている。やがてハミルトン夫人とネルソンとの間には子どもまでできた。夫のハミルトンは高齢のためか二人の不倫を半ば公認していたようだ。ハミルトンが死ぬ時も夫人とネルソンが看病していたという。しかし世間の二人に対する風当たりは強かった。イギリス海軍は再びネルソンに出動要請を下す。1805年10月21日、ネルソンは「イギリスは諸君がそれぞれの義務を果たすことを望む」という言を合図に、トラファルガーの海戦に勝利するものの、英雄的な死をとげた。その後のハミルトン夫人の詳しい消息はわからないが、落魄のうちにフランスで死んだという。(Horatio Nelson,Lady Hamilton)

顔が似ている芸能人を探せ

    世の中には自分と瓜2つの人は3人いるという。広瀬アリスと水野美紀はそっくり。福士蒼汰と中川大志もよく似ている。むかし有馬稲子と芦川いずみが似ているといわれた。
Tcd090701004_3 A7755fc62744930f313dc779c76cda10 Pyh2008121802520099000_p2 Ff4202a18ebfb2edd6905ff81eefd666 Img_1593157_45283740_0 Peo0911041327000p2

 

Photo

 

Anna2280171788_7600c8d469

 

News1379902Dj_4hata

 

Fivy69_240full1nrww0_240full

 

A000188100Img_253490_32257008_0

 

3299692706_4730166bfa_oSmp_thum_bc6cc456977ea0bebcdab7f8a7Main

 

Img_0002Stewartgranger

 

Uid000004_20100107121328167a8b8ePhoto_5

 

Arima00 Sany0002110

 

Img_0002_22743_tn_586c1d0eae

 

74695_201003260929564001269584425c Haruka_pin

 

Kuuki04 8451496 Imgfdf32e80zik1zj Juliaroberts2008metcostumegala03 F0112996_2335324 Kohinata Img_625725_53822463_0 Img_465058_28038895_3
N0031920_lPhoto 

 

321 0030060002592 

 

上から、福山雅治とリュ・ジン、チョ・インソンと東野峻、チョン・ジニョンと竹中直人、マット・デーモンとジミー大西、土屋アンナとクリスティーナ・リッチ、沢村拓一と波田陽区、越岡裕貴と北山陽一(ゴスペラーズ)、加藤ローサと国仲涼子、小泉孝太郎・元木大介・錦野旦、宝田明とスチュワート・グレンジャー、筧利夫とピース又吉、有馬稲子と芦川いづみ、石川ひとみと倉田まり子、田山涼成と海原はるか、板尾創路と三代澤康司、エマ・ロバーツとジュリア・ロバーツ、堺雅人と小向日文世、青山京子と田代みどり、水樹奈々と眞鍋かをり、浅丘ルリ子と細川ふみえ

2022年10月20日 (木)

英作文365日

The sun rises in the east and sets in the west. 太陽は東から昇り西に沈む。

Happily he did not die. さいわいにも彼は死ななかった。

This cloth is sold by the yard. この布地はヤード売りです。

I talked with him over the telephone yesterday. 昨日私は彼と電話で話した。

You will soon feel beter. すぐ気分がよくなるでしょう。

A good medicine tastes bitter to the mouth. 良薬は口に苦し。

He laughed a merry laugh. 彼は陽気に笑いました.

I found the book easy. (読んでみると)その本はやさしかった。

Mt. Everest is 29,002 feet above sea level. エヴェレスト山は海抜29,002フィートです。

Please come home before dark.  暗くならないうちに帰って来て下さい。

The bridge is building.  橋は建造中です。

It is getting cold outside. 外は寒くなってきた。

I made friends with him some years ago. 私は数年前彼と親しくなった。

The summer vacation was near at hand. 夏休みが近づいていた。

How old will you be next year? あなたは来年は何歳になりますか。

 

 

ハリウッド物語 西部劇

William_s_hart   ハリウッドが映画の聖地になった理由を知っているだろうか。一説によると、ハリウッドには禁酒主義の人々が多く暮らしていた。そのため、条例で酒場の営業時間が制限され、酒場はすっかりさびれていた。その様子が西部劇のロケ地にピッタリだったことが選ばれた理由の一つだという。

   BSプレミアム「フォート・ブロックの決斗」を観る。リチャード・フライシャー監督。ドン・マレー、リチャード・イーガン、リー・レミックが出演。ドン・マレーは「バス停留所」でマリリン・モンローと共演し、ポー・デッカー役で知られる。リチャード・イーガンは「海底の黄金」「避暑地の出来事」、リー・レミックは「酒とバラの日々」「オーメン」など。B級西部劇ながら若い頃のリー・レミックが見れてお宝作品かも。西部劇はサイレントの時代から、アクションを売り物に盛んに製作されたがインディアンの扱いが難しく、2000年代に入ってからは西部劇はほとんど製作されなくなった。アメリカではテレビのオン・エアもないらしい。

   本格的な西部劇は「大列車強盗」(1903)が最初である。その後、ウェスタンは人気ジャンルになった。1910年以前の映画は俳優の名前が発表されなかったが、オクラホマの小さな町の保安官だったトム・ミックスは「大南西部の牧場生活」で西部劇スターになった。1914年にデビューしたウィリアム・S・ハート(画像)は見事な二挺拳銃のさばきでスターになった。その後、トーキーが普及するとジョン・フォード監督の「駅馬車」などのように、名作西部劇も生まれ、1940年代から50年代にかけてはプログラム・ピクチャーの王者となった。ジョン・ウェイン、ゲーリー・クーパーといった西部劇スターを生み出した。しかし1960年代に入ると、人権意識の高揚とともにネイティブアメリカンや黒人の描き方が批判の対象となり、西部劇そのものが成立しにくくなってきた。ウィリアム・ボイド主演のシリーズ「ホパロング・キヤシディ」は1938年から1944年まで66本が作られた。

 

Hopalong_cassidy_returns_lcs_550

近年レオナルド・ディカプリオ「ジャンゴ 繋がれざる者」(2012)、ジョニー・デップ「ローン・レンジャー」(2013)など西部劇復権の兆しがみえる。 (10月20日)

 

  西部劇映画略年表

1903 大列車強盗
1910 大南西部の牧場生活
1915 二挺拳銃
1915 男の男
1917 ガンファイター
1923 幌馬車
1924 アイアンホース
1926 曠原の志士
1931 征服群
1934 ユタから来た男
1934 戦う幌馬車
1936 平原児
1939 駅馬車
1939 モホークの太鼓
1940 西部の男
1942 スポイラース
1944 西部の王者
1944 拳銃の町
1945 ダコタ荒原
1946 荒野の決闘
1947 復讐の二連銃
1947 拳銃無宿
1947 追跡
1948 赤い河
1948 アパッチ砦
1948 決闘の断崖
1948 荒原の征服者
1949 群盗の宿
1949 虐殺の河
1949 三人の名付親
1949 カナダ平原
1949 秘境
1949 黄色いリボン
1949 ケンタッキー魂
1949 死の谷
1950 幌馬車隊
1950 折れた矢
1950 ウィンチェスター銃'73
1950 拳銃王
1952 真昼の決闘
1953 シェーン
1953 カラミティ・ジェーン
1954 折れた槍
1954 ヴェラクルス
1954 大砂塵
1955 シャロン砦
1955 星のない男
1955 ララミーから来た男
1956 襲われた幌馬車
1956 誇り高き男
1956 捜索者
1957 OK牧場の決闘
1958 大いなる西部
1958 ガンヒルの決闘
1958 フォート・ブロックの決斗
1958 無頼の群
1959 リオ・ブラボー
1959 ワーロック
1960 荒野の七人
1960 アラモ
1961 馬上の2人
1962 昼下りの決闘
1962 西部開拓史
1963 遠い喇叭
1964 ダンディー少佐
1964 荒野の用心棒
1965 エルダー兄弟
1967 墓石と決闘
1967 大西部への道
1968 レッドムーン
1969 マッケンナの黄金
1969 ワイルド・バンチ
1969 勇気ある追跡
1970 砂漠の流れ者
1976 軍用列車
1985 シルバラード
1990 ダンス・ウイズ・ウルブス
1992 許されざる者
1993 黒豹のバラード
1994 ワイアットアープ
2017 荒野の誓い

PhotoPictureofjohnwayneineldoradolargepiRandolphscottc1940114121Joel_mccrea_mike_dunbar_wichita_towRobert_ryan 
トム・ミック、ジョン・ウェイン、ランドルフ・スコット、グレン・フォード、ジョエル・マックリー、ロバート・ライアン

 

 

 

 

道鏡、法王となる

    天平神護2年(766年)10月20日、太政大臣禅師の道鏡が法王となる。天皇に準ずる破格の位である。道鏡「続日本紀」では俗姓弓削氏。河内国志紀郡弓削に生まれる。生年は明らかでなく、義淵(?-728)の弟子で孝謙天皇(718-770)より年長らしいとの推定から8世紀初頭の生まれといわれる。出家後葛城山に籠り梵学と如意輪・宿曜(すくよう)の秘法を修得。下山、東大寺に入り、761年近江保良山宮に孝謙天皇を看病し、忽ちに寵愛を受け、763年少僧都に昇進。藤原仲麻呂失脚後、大臣禅師・太政大臣禅師を経て、766年、法王となる。この時、称徳(孝謙重祚)天皇には皇太子未定で、女帝は仏教政治の理想を持っていたので、太宰の長官中臣阿曽麻呂は道鏡に媚び、宇佐八幡の神託と称して、「道鏡を天位に即かしめば天下太平ならん」とした。これまで臣下が即位した例はなく、さすがの天皇も悩み、和気清麻呂(733-799)を宇佐八幡につかわした。和気清麻呂は「無道の人を除くべし」という神託を奏上し道鏡の怒りをかい、名を別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)とかえられて大隅国(薩摩)へ配流された。これが宇佐八幡神託事件である。

   八幡の宣託を奏上した中臣習宜(すげ)朝臣阿曽麻呂とは、どんな人物であるか。天平神護2年6月に正6位上から従5位下にのぼり、神護景雲元年9月豊前介に任ぜられ、おそらく翌2年中から3年の初めにかけての間に、太宰主神(だざいのかんつかき)となって、道鏡の弟である太宰帥弓削浄人(きよひと)の配下に属することとなった。道鏡の勢力が九州にも及んでいたことがわかる。

   参議藤原百川(732-779)は清麻呂に同情し、兄の参議良継、従兄の左大臣永手らと相談して、天智天皇の孫である白壁王を迎えて位に即かせた。光仁天皇である。

   称徳天皇は770年、由義宮に滞在中に没した。8月21日、道鏡は失脚し、下野国薬師寺別当となり、772年4月7日、その地で死んだ。

2022年10月19日 (水)

晩翠忌

Photo_2

 ケペルの愛読書の一冊に中村孝也「新世界史」(ポプラ社)全10巻がある。昭和30年初版だが所有しているのは昭和34年の再版のものである。第1巻には土井晩翠の長詩「星落秋風五丈原」が載っていて何度か繰り返し読んでいた。だがこの詩にはメロディーがあり、明治の学生たちは唱和したものらしいが、歌われなくなった。歌詞が難解なことも一因であろうが、いまではほとんど聴くこともない。ところが最近、youtubeで聴くことができた。「荒城の月」「箱根の山」にも劣らない名曲である。とくに末尾の「丞相病篤かりき」のところは胸にしみる。(10月19日)

 

   星落秋風五丈原

 

祁山悲秋の風更けて

 

陣雲暗し五丈原

 

零露の文は繁くして

 

草枯れ馬は肥ゆれども

 

蜀軍の旗光無く

 

鼓角の音も今しづか

 

丞相病篤かりき

 

丞相病篤かりき

2022年10月18日 (火)

中山道福島宿

Kisofu001 万延元年(1860年)のこの日、孝明天皇は和宮の降嫁を勅許した。翌文久元年10月20日、和宮一行は京の桂宮邸を出立した。約530キロの道中、24泊25日かけて、11月15日江戸に到着した。だが東海道ではなく、なぜわざわざ険しい中山道を旅したのだろうか?通説では、当時の政情不安による治安の問題から、東海道よりも中山道のほうが警護しやすかったのだろう。変わった理由としては、東海道には婚姻に縁起の悪い地名が多かったとも伝えられている。中山道は日本橋から草津で東海道と合流するまで69宿を通る。中山道のほぼ真ん中あたりに福島宿がある。ここに東海道の箱根、荒居、中山道の碓氷と並ぶ日本4大関所の1つが設けられた。とくに「入り鉄砲に出女」の取り締まりが厳しく、通行するのに2時間はかかったといわれる。中山道はいくつもの険しい峠を越えて行く道ではあるが、大井川や浜名の渡し、桑名の渡しなど水による困難がないので女性の道中に好まれた。幕末の和宮の降嫁がこの中山道を利用したのはその例であろう。(10月18日)

 

沖田総司の妻

Photo     沖田総司(1842-1868)といえば今では知らぬ人はないほど歴史上の有名人物であるが、むかしは新選組といえば近藤勇くらいで、あとの隊士はほとんど無名であった。中里介山の「大菩薩峠」に沖田総司が登場するのが初めであろうか。昭和37年に発表された司馬遼太郎の短編集「新選組血風録」と東映が昭和40年にドラマ化したため一躍、土方歳三(栗塚旭)、沖田総司(島田順司)、斎藤一(左右田一平)の名はお茶の間に知られるようになった。とくに若くして結核で死ぬ沖田総司は青年剣士のイメージで熱狂的な女性ファンをつくった。映画「燃えよ剣」では山田涼介が、鶴田浩二版「新選組」では有川博が演じた。BSプレミアム「新選組血風録」では、辻本祐樹が半井お悠(寺島咲)との淡い恋を描いている。だが史実はどうなのだろうか。幕末維新史家の川西正隆によれば、池田屋の変の戦闘で負傷した総司は壬生村の医療所、浜崎新三郎・トク夫妻宅で手当てを受けた。総司はこの時、トクの助手をしていた石井秩という女と知り合う。彼女は山城乙訓郡西本生邑・百姓石井忠左衛門の娘で天保15年(1844)10月18日の生まれであった。秩はユキという女子の連れ子をして、浜崎家へ来ていた。総司はユキを連れて壬生寺へ遊びに出かけたという。総司と秩は恋仲になり、秩は慶応2年11月5日にキョウという総司の子供を産む。しかし秩は翌3年4月26日に死没した。京都・光緑寺の墓地の「沖田氏縁者」と刻まれた墓碑は秩のものだという。娘ユキとキョウはその後どうなったのか。誰かに育てられたらしいが、明治の世、新選組隊士の娘は、はばかられる時代なので、いかなる人生をすごしたかは誰もわからない。沖田総司の子孫は現在もいるかもしれない。(川西正隆「沖田総司の恋人の謎」歴史と旅 昭和55年11月号) 画像は沖田総司の妻、秩の墓(京都市四条大宮町37番地)

2022年10月17日 (月)

川端康成「雪国」

Img_0001_2

 1968年のこの日、川端康成は日本人としては湯川・朝永博士に次いで3人目のノーベル賞を受賞する。川端がノーベル文学賞を受賞したニュースは当時、明るい話題として大きく取り上げられた。対象作品は「雪国」「千羽鶴」「古都」と、短編「水月」「ほくろの手紙」などであったが、なかでも「雪国」は広く読まれた作品だった。

   国境の長いトンネルをぬけると雪国であった。島村は年の暮れの寒さのなかを女に会うためにやって来たのである。無為徒食の島村は、ともすれば失いがちな自身に対するまじめさを呼びもどすために、この春、一人で国境の山々を歩きまわり、山をくだって、たまたま泊まった温泉宿で駒子と馴染んだ。駒子は三味線と踊りの師匠の家にいた娘だったが、今度は芸者になって出ていた。頬を染めて懐かしそうに島村の手をにぎる駒子に、島村は来るべきところへ来た思いがするのだった。駒子はからだをぶつけるように、しげしげと彼に会いに来た。ついには朝がきても帰らず、師匠の家にいる葉子に三味線を持ってこさせて、島村のまえでさらったりした。駒子の三味線は文化三味線譜で習ったものだが、山峡の自然を相手に稽古したその撥の音は、どこまでも強く、冴えかえり、聞きほれる島村の心に孤独な女のひたぶるな純粋さが、せつなくしみ通るのだった。駒子には夫婦になるはずだった師匠の息子がいた。彼は病気で、駒子が芸者に出たのも、その病気の費用を出すためだった。島村が東京へ帰るとき、駅まで送った駒子のもとへ、葉子が息子の急変を知らせてきたが、駒子は葉子を追いかえし帰ろうとしなかった。葉子は息子を愛していた。

   三たび女をもとめて島村がやって来たのは、秋だった。細かい羽虫や蛾の飛び回る部屋で、駒子は激しく島村の胸に身を投げかけた。このまえ駅まで送ってきた駒子が、とうとう師匠の息子の死に目にも会えなかったらしいことを知った島村は、駒子をさそって息子の墓へ参った。墓には葉子がいて、燃える目で刺すように二人を見た。駒子は宿へ呼ばれさえすれば、島村の部屋へ寄っていった。そんなことが狭い土地のうわさになれば、身を滅ぼすと知りながら、駒子は「それでいいのよ。ほんとうに人を好きになれるのは、もう女だけなんですから」と、顔を赤らめるのだった。駒子は「あの子を見てると、行く末私のつらい荷物になりそうな気がするの」と島村に言った。葉子はその駒子を島村のまえで憎いと言った。かとおもうと、「よくしてあげて」と真剣にたのむ。「私を東京へ連れていって」とも言うのだった。

   ついに雪の降る季節がきた。ある晩、映画をやっていた繭倉から火が出た。自動車で偶然そこを通りかかった島村と駒子は、逃げおくれた葉子が失神したまま低い二階から落ちるのを見た。夢中で駆けよった駒子は、芸者の長い裾を引いて葉子を抱きかかえると、「この子、気がちがうわ。気がちがうわ」と叫ぶのだった。それが島村には、駒子が自分の犠牲か刑罰かをいだいているように見えた。(引用文献:友野大助「日本名作事典」平凡社、10月17日)

羅生門

    世界のクロサワの名を知らしめた歴史的名作「羅生門」(1950)。だが当時、国内での評価は低かった。テレビの無い時代、日本人は娯楽を求めて映画館に来ていたので、複数の人間の語りによって展開する映画に戸惑いがあった。イタリアフィルム社長のジュリアーナ・ストラミジョーリはこの映画を観て感激し、ヴェネチア映画祭に出品した。しかし大映の重役は受賞を期待しておらず、日本人は誰一人も参加していなかった。ところが絶賛の嵐でグランプリが決まるとトロフィーを受け取るはずの日本人がおらず、困った大会関係者は急遽街を歩いていたベトナム留学生を黒澤明に見立てて何とか授賞式の格好をつけた。このベトナム青年の名前やその後どうなったのか、誰も知らない。

 

 

貯蓄の日

Gn2009041801

 

   本日は「貯蓄の日」。日本人は世界的に貯蓄の好きな民族といわれてきた。きんさん、ぎんさんが国民的人気者になったとき、出演料はどうされているか、と質問された。すると「老後のために貯金します」と回答して話題となった。ところが最近、日本に異変が起きている。貯蓄の好きな日本人も、格差社会が拡大して、若い世代を中心に、貯蓄ゼロである世帯が急増している。復興増税でますます苦しむ庶民層。21.7%は貯蓄ゼロ世帯である。(10月17日)

2022年10月16日 (日)

地名の話

Photo_2

 世界中にはさまざまな地名がある。山の名、川の名、都市の名。一般に英米の地名は短くて簡単だが、ドイツなどの中欧の地名には長い地名が多い。児童文学者、ミヒャエル・エンデの生誕地はバイエルン州にあるガルミッシュ・パルテンキルヒェンという。pteea世界一長い地名はニュージーランドにある丘の名で、スペルで92文字ある。普通は「タウマタ」と略称されている。

 少しお金に余裕があって、もし無人島が格安で売られているとすれば、その島を買って、そこに別荘を建て一生を優雅に過ごしたいと思うかもしれない。だがそれはあくまで夢であってそれを実行する人はなかなかいない。

  ところがアメリカ人のハーデン・ヒッキー(1854-1898)という人物はその無謀な夢を実行し、さらに独立国家を建設して自分は国王になろうとしたのだ。ヒッキーは、大西洋に浮かぶブラジルの無人島トリニダード(西インド諸島のトリニダード島とは別)を買い、自らトリニダード王ジェイムズ1世と名乗った。彼は、各国にトリニダードを承認するよう呼びかけたが、どこの国も相手にしなかった。やがて、ニューヨークに大使館事務局を勝手に置き、自分の肖像が入った公債証書や切手を売り始めた。1895年、イギリスはこの島を接収してブラジルに返還したが、怒ったヒッキーは外人部隊を率いてイギリスに攻め入ると息まいた。しかし、ついに誰にも相手にされずに生涯を終った。

 

さて、ここからは地名の話であるが世界中には同じ地名がたくさんある。トリニダードも少なくとも6箇所見つかった。あるいはもっとあるかもしれない。

 

①ウルグアイ

 

②キューバ

 

③トリニダード・トバゴ島

 

④ブラジル(島)

 

⑤ボリビア

 

⑥アメリカ西部コロラド州の都市

 

外国地名はカタカナ表記のため本によって多少の違いがある。⑥はトリニダッドと表記するものもある。ハーデン・ヒッキーが購入したという④の島は、ブラジル、エスビリト・サント州に属する無人島。一般にはトリニダデ島と表記されるが、別称・トリニダード島といわれている。火山岩からなり、海岸には険しい崖が多い。ビトリアの東方1.150㎞。長さ5㎞、幅2.8㎞。

道長「この世をば」の和歌について

この世をば我が世とぞ思ふ望月の かけたることもなしと思へば

 

    藤原道長は、娘・彰子を一条天皇の后妃としたが、なかなか子供が生まれない。兄・道隆の娘・定子には既に皇子が生まれているので、やきもきしていたであろう。道長は皇子誕生を吉野の金峯山にまで行って祈願する。金峯山の効験があったのか、ようやく皇子が誕生する。入内して7年目のことである。出産に際しては、今度は安産を願って、加持祈祷などを常軌を逸するほどにののしり騒ぐのである。その験厚く、無事に皇子が誕生するや、道長は、皇子の敦成(あつひら)親王、後の後一条天皇を我がものにして喜ぶ。1016年、敦成は8歳で天皇に即位し、道長は摂政となり、権勢を振った。四人の娘を入代させ、皇室の外戚として政権を独占した。翌17年長男頼通に摂政を譲り、自分は太政大臣となりその後も勢力をふるった。道長、頼通父子は、後一条・後朱雀・後冷泉の3天皇の摂政・関白として約50年間栄華を極め、摂関政治の全盛期を現出した。

「この世をば」の歌は、1018年10月16日、四女の威子が後一条天皇の女御から皇后に昇進したのを喜んで、道長自身が即興的に詠んだといわれる。

「御堂関白日記」には見えず、道長に批判的だった小野宮右大臣藤原実資の日記「小右記」に記されているため、世に知られることとなった。

 

 

2022年10月15日 (土)

「論語=精神修養」を否定する説

    野村克也が日中友好の架け橋として孔子と論語の精神普及に寄与したとして「2010孔子文化賞」を受賞した。ほかに渡邊美樹、酒井雄哉、北尾吉孝も受賞している。論語と経済界は相性がよい。渋沢栄一の「論語と算盤」もある。もともと論語は孔子が士大夫階級である士に講義したもので、治める者の修養であって、一般の民衆向けの内容ではない。論語は孔子の著作ではなく、弟子たちがまとめた言行録、そしてその成立は孔子の死後かなり経たものであろう。しかし、中国にかぎらず、朝鮮、台湾、日本といずれも論語と孔子の人気は根強い。東アジアでは論語の説く道徳は規範であり、正義とされている。四書五経の中でも最も読まれる書物である。

 私たちは肉体だけで存在しているのではない。だが肉体には限界があります。年をとれば機能も衰え、弱ります。リハビリや鍛錬して一時的に活発にしても、時が来れば朽ち果てます。しかし、精神は修養を積むことによって、年齢に関係なく、長い年月あいだ人間として立派にいきていくことが出来ます。つまり精神修養=論語として、長い年月、漢字文明圏では論語が尊重されてきました。

    あるブログを見ると或る小説家のかたで、論語を全否定している事例があれば教えてほしいとある。寄せられたコメントには、魯迅があげられていたが、ほかには見あたらなかった。実は私の貧しい書棚に「論語と孔子の思想」(岩波書店)がある。津田左右吉という有名な学者が書かれたもので、購入してから37年以上が経過するが難しいので通読していない。知らない人が一見すると、この本は、論語はすばらしい、と書いてあるものだと思うだろう。実はその反対である。津田は孔子のことを「学問的精神が欠けている」(429頁)、「礼は役にたたない」(395頁)、「(孔子の正確な記録は残っていないので)孔子のことは何もわからない」(294頁)とある。つまり実証主義的な史料批判に立つ津田左右吉は、孔子の思想は後世(漢代)のもので本当のことはわからない。そのようなわからないものを大事そうに持ち上げることは、うさんくい者が政治的に利用するだけだからよくない、といいたいのだと推測している。津田は偉い学者で、戦前に日本人によって唱えられた東洋文化、東洋精神もインチキであることを実証的に論証している。インド、中国、日本をアジアとか東洋とかいうが、一つになったことはない、「アジアはひとつではない」というのが津田の研究の成果である。もちろん当時の蓑田胸喜などのアジア主義者に反感を買い、辛い目にあった。それでも戦後も思想は一貫している。漢字をなるだけつかわず、自分の名前も「つだそうきち」と表記することが多い。「古事記及び日本書紀の研究」で神武以来の天皇の存在を否定したが、天皇は尊敬していた。学者の鑑のような人であるが、論語も否定し、唐詩も感心せず、「文学に現われたる我が国民思想の研究」という大著があるが、記紀の国民文学の価値を「余り高くない」と書かれている。つまり津田は懐疑論で多くの古典は後代の創作を含むのであまり信奉することの危険を説いている。もちろん実証過程が専門的なので、一般向きではないし、津田の学問的態度がすべて正しいとはいわない。しかし「孔子平和賞」や「孔子文化賞」などが次々生まれると、津田のいうことは正解だったと感じる。

 

 

 

 

きのこの日

Com0669a  キノコのことを「クサビラ」という。狂言「くさびら」では、ある男の家の庭にキノコがたくさん生えてきて、取っても取ってもなくならない。山伏に頼んで祈ってもらうが、キノコはさらに増え続け、山伏につきまとい、いたずらをするので、山伏は「許しておくれ」と言いながら逃げていくというお話である。日本は元来、森林の国であり、キノコは森の生物のため、日本民族はキノコ好きである。しかキノコ切手の図案はたった1種類しか発行されていない。1974年の「国際食用きのこ会議記念」のシイタケ図案のみである。

Tsukiy02  日本には天然に約5000種類のキノコが存在しており、そのうち約50種類が毒キノコである。明治以来、毎年500人以上のキノコ中毒が発生しているが、そのうち7、8人ずつの死者を出していた。近年は減少して、食中毒は2012年が166件で死亡者はゼロである。キノコの種類としては、ツキヨタケ(画像)、クサウラベニタケ、カキシメジ、ドクササコ、テングタケ、二ガクリタケ、シロタマテングタケ、ベニテングタケなど。

   食用キノコの中で味、香り、希少性において秋の味覚の最高峰ともいえるのが「松茸」である。松茸は高級食材として取引されているが、かつてはシイタケより安かった。松茸は栄養素の高い腐葉土には生育しない。プロパンガスが普及したため、山中に燃料を採取し無くなり、自然生育する松茸が減少し、価格が高くなった。

 

 

 

 

 

 

(10月15日)

2022年10月14日 (金)

鉄道の日

Hayabusa_m  本日は「鉄道の日」。今年は鉄道開業150年で盛り上がっている。明治5年10月14日、新橋・横浜間に鉄道が開通。台風のため3日延期されたが、この日、晴れの鉄道開業式が挙行された。明治天皇も試乗され、砲兵の祝砲・軍艦の賀砲がとどろき、2万人に赤飯が配られ、にぎやかな開業式であった。「鉄道記念日」は1922年に正式に決められた。1994年に「鉄道の日」と改称される。

 蒸気機関を小型化して台車や船に取り付け、交通機関の動力として利用しようという試みは、19世紀初頭のヨーロッパで起こったが、日本人の鉄道の知識は数十年遅れて、1840年代から一部の蘭学者のあいだに広まっていたと考えられる。1855年には佐賀藩精錬所で模型機関車が制作された。1864年には海軍操練所の佐藤政養(1821-1877)が鉄道知識をえる。1865年にはイギリス人トーマス・グラバー(1838-1911)が長崎・大浦海岸で英国製の蒸気機関車アイアン・デューク号、鉄道の試運転を行い300m走行した。1867年にはアメリカ公使館書記官アントン・ポートマンが江戸ー横浜間鉄道建設の免許を得たが、幕府の倒壊によって無効となった。1869年、明治政府はイギリス駐日公使ハリー・パークス(1828-1885)の進言をいれ、大隈重信・伊藤博文らが中心となって鉄道建設を決定し、1870年3月新橋ー横浜間の工事を開始した。イギリスからの資金提供と、エドモンド・モレル(1840-1871)以下のイギリス人技術者および資材が導入された。新橋ー横浜間開通に先立ち5月7日には、品川ー横浜間が仮開通していた。鉄道は陸蒸気(おかじょうき)とよばれ、客車は上等・中等・下等に分けられていた。この開通を先駆けに、鉄道は政府の重要施策となり、官営・民営による各地の鉄道建設が進められることになる。そして、1874年大阪ー神戸間、1877年京都ー大阪間、1884年上野ー高崎間、1887年仙台ー郡山間、1889年東海道が開通する。

    明治初年の鉄道開設には「鉄道の父」といわれた佐藤政養の功績が大きい。佐藤は明治4年に初代鉄道助(現在の運輸次官)に就任している。ちなみにNHK大河ドラマ「龍馬伝」では有薗芳記が演じていた。

2022年10月13日 (木)

古雑誌を読む

   2000年から2001年頃の古い雑誌、新聞を読む。イチロー、松坂大輔、高橋尚子。モーニング娘。も全盛期だった。思えば性風俗には寛容的な時代だった。FRY DAY2000年10月13日号、周防玲子キュートでキケンな4ポーズ、内山理名「18歳のキャミソール」、週刊ポストもヘアヌードで売り上げを伸ばしていた。毎日新聞2001年1月1日号の記事「新世紀 新しい成熟美で迫ります」常盤貴子、小雪、水野美紀、石田ゆり子を紹介。週刊大衆2000年11月6日号セクシー台風、巨乳5人娘」上陸。小池栄子、佐藤江梨子、川村亜紀、松岡ゆき、坂井優美は同じイエローキャブ所属でグラビアなどで活躍。

 

 

 

 

サトイモは地下茎を食べる

54sweetpotatokabu  今日はサツマイモの日。根菜類とは地中にできるものを食べる野菜。いも類の中で、サツマイモは太った根を食べる。ほかにダイコン、カブ、ニンジン、ゴボウなどは根を食べる。

 

 

 

54tarokabu    サトイモは地下茎を食べる。ほかにジャガイモ、レンコン、クワイ、チョロギ、ショウガなど地下茎を食べる。

 

 

 

 

 

_shoot1230600x450   では玉ねぎは葉・茎・根のどの部分を食べるのか。実は葉の部分である。葉の下の葉鞘と呼ばれるところが成長するに従って厚みを増し、重なり合って球体に太った物である。

 

 

 

541daikonir

 

大根は根と胚軸を食べる

2022年10月12日 (水)

芭蕉と門人たち

Photo 元禄7年10月12日、申の刻(午後4時ころ)、松尾芭蕉はしずかに永眠した。遺骸は翌13日に膳所の義仲寺に運ばれ、14日に埋葬された。芭蕉の戒名をネットで調べたら「風羅芭蕉老人」とある。戒名らしくないのでデタラメなものであろう。芭蕉の父の法名は「松自浄恵信士」とあるが、芭蕉本人のものはわからない。「大江戸文人戒名考」(上村英)という本もあるが未調査。戒名とはなくてはならないものであるが、なくてもさほど困らないものでもある。なぜ芭蕉の戒名が伝わらなかったのか、もともとなかったのか、謎である。

 

 さて芭蕉には優れた門人が多く、いわゆる「蕉門十哲」といわれるが、10人の名前は諸説ある。向井去来、森川許六、服部嵐雪、宝井其角、各務支考、内藤丈草の6人は確定しているが、あとは多少入り変わりがある。立花北枝、杉山杉風、志太野坡、越智越人、服部土芳、天野桃隣、河合曾良、広瀬惟然。ほかに山口素堂、八十村路通(忌部路通)、野沢凡兆、三上千那、江左尚白、池西言水、小川破笠、山本荷兮(かけい)。路通は蕉門の奇人。放浪行脚の乞食僧侶。近江の濱田酒堂。紅一点は女流俳人の河合智月。なかでも坪井杜国は、芭蕉が特に目をかけた門人の一人。名古屋の米問屋の主人であったが、空米売買のため御領分追放に遭い、伊良湖崎に隠棲し、元禄3年まだ30代で没した。

 

S10tetu

 

 

豆乳の日

 今日は豆乳の日。豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめて汁を漉した飲料である。昭和50年前後に飲料商品として豆乳が販売されるようになった。(10月12日)

 

ヌマさんの読書ノート

Img_0029

 

    社会党の浅沼稲次郎(1898-1960)は1960年のこの日、日比谷公会堂で演説会の壇上で右翼少年、山口二矢に刺殺された。享年61歳だった。その大衆的な人柄で「ヌマさん」の愛称で親しまれていた。国立国会図書館憲政資料室には浅沼稲次郎読書ノートが所蔵されている。このノートは大正14年から昭和2年にかけてのもので、浅沼は20代後半、無産政党運動に邁進していた頃である。高橋亀吉の「経済学の実際知識」や那須皓の「公正なる小作料」の感想や「伏石事件」に関する一文、第6回メーデーに際しての所感などがみられる。表紙には「思想の母」とタイトルがつけられて、さらに「思想は行動の母、情熱は行動の母」とエマーソンの言葉が書かれている。行動型の現実政治家、浅沼らしい一面がみえる。このノートは平成18年、たまたま図書館の職員が七夕古書大入札会で見つけて購入したものである。(10月12日)

 

 

創見は難く、模倣はやすし

Columbus_egg__hogarth__engravi

 

  世界史上における最も重要な業績の一つとして、すぐ思いつくのは1492年における、コロンブスのアメリカ大陸発見であろう。アメリカの多くの州では10月第2月曜を「コロンブス・デー」の祝日としている。

  クリストファー・コロンブス(1451-1506)は「地球は丸い」とする学説に基づき、大西洋を西に進めばアジアに到達できると考えていた。第1回航海(1492-93)は船3隻、乗員120人で、1492年8月、パロス港を出発し、カナリー諸島を経由して西航した。配下の者が航海について不安になって反抗を起こそうとするのを抑えて航海をつづけ、10月12日バハマ諸島の一つグアナハニ島に到着した。彼はこの島をサン・サルバドルと名づけた。現在のワトリング島がこれに当たるものと推定される。次にサマナ・ケイ島付近にも立ち寄ったとされる。これがアメリカ発見の端である。帰還するとコロンブスは英雄として迎えられた。しかしこの偉業をただ西へ向かって航海したら偶然に出くわしただけではないか、と評する人々もいた。コロンブスは目の前の卵を立てることができるかと質問した。誰もできないのを見た彼が教えた方法は、卵の尻をたたいて平らにすることだった。創業というものが、最初に考え、最初に実行するところに意義があるのだということを示したというコロンブスの有名な逸話は残念ながら史実ではない。この話はイタリアの建築家ブルネレスキ(1377-1446)のことといわれる。そうなると、ブルネレスキの卵という方が正確かもしれない。(Columbus)

2022年10月11日 (火)

記録は破られるためにある

  アスリートの現役寿命が確実に延びている。通算記録でもこれまで不滅と思われた大記録でも何十年のちに破られることがある。ベーブ・ルースの本塁打総数714本は絶対にやぶられないと誰もが思っていた。しかしハンク・アーロンが755本を記録し、さらにバリー・ボンズが762本を記録し現在大リーグ通算最多本塁打王である。

    日本プロ野球の王貞治の868本塁打や金田正一投手の400勝、福本豊の盗塁1065という数字は今後もまず誰も破ることのできない不滅の記録かもしれない。だが今年、ヤクルトの村上宗隆は5打席連続本塁打の新記録を達成した。また日本人では最高のシーズン最多本塁打56本も記録した。村上が将来どれくらい記録を伸ばせるか誰にもわからない。最シーズン最多本塁打は外国人ではバレンティンが2013年に60本を記録しているので、村上にはこの記録に挑戦してもらいたい。大リーグではバリー・ボンズが2001年にマグワイアの70本を更新して73本を記録した。

    相撲でいえば常勝双葉山定次の69連勝がある。これまで何人もの横綱が挑戦したが、69という数字がいかに大きいかを知らされた。一歩、一歩着実に積み重ねることによって、前人未踏の大記録を達成してほしい。記録は破られるためにある。

生活習慣を見直す

 健康長寿のカギは「70代」にあるといわれる。70歳が老化の別れ道という人もいる。とくに70歳からの栄養補給だ大事と考えている。高齢になると誰でも食欲はなくなる。美味しいものや好きな物を食べることは、豊かな人生を演出してくれます。しかし、食べ過ぎやバランスの取れていない食事、不規則な睡眠などが重なれば、生活習慣病を招きます。生活習慣病という言葉が最近よく使われている。適度な運動、休養、飲酒、喫煙対策などが大切であるが、とりわけ食事は健康を維持するうえで大切である。食事が嗜好本位になったり、加工食品などに偏った食事をしていると、栄養素バランスが崩れていき、いつかは病気を招くことになり、糖尿病や心臓病、がん、肝臓病の原因となる。ケペルもついに医師からイエローカードをつきつけられた。でも生活習慣病という言葉は、いわれる当人にとってはつらいものがある。市の健康センターの記事には何度も「生活習慣病」が使われ、自己責任論がまかり通っている。乱れた食生活など多少の反省点はあるものの、個人の責任だといわれると反論したくなる。糖尿病はアジア人特有の遺伝子因子も影響している。最近、東大の橋本英樹教授が「生活習慣病という用語は廃止すべきき」という正論を唱えている。(論文;「生活習慣病というラベルの歴史と国内外の動向、そして功罪」糖尿病プラクティス20021-3) 医療界も見直してほしい。

 そして生活習慣病を予防するには

①太り過ぎない ケペルは現在、身長172cm、体重76㎏。腹囲1m。健康診断でメタボといわれた。毎日、体重を量り、体重を減らすことに心がける。

②塩分を減らす 望ましい塩分量は1日10g。うす味で食べ、減塩に努める。

③動物性脂肪を減らす 動物性脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸はコレステロール値を高め。血栓を作りやすくする

④食物繊維をしっかりとる 根菜類を含む野菜や豆類のとり方の減少、米の摂取量の減少などがその背景にある。成人の望ましい食物繊維摂取量は1日20~25gぐらい。

「♪動脈硬化も高血圧もコレステロールのせいなるぞ♪」(白木みのる唄)晴れたら武庫川河川敷を散歩し、野菜・豆類・サラダ・乳製品・果物で栄養バランスを摂り、睡眠を十分にとる。

トロイの木馬

 1871年のこの日、商売で巨富を築いたシュリーマンは古代都市トロヤの発掘に着手した。シュリーマンは1822年ドイツのメックレンブルクのノイ・ブコウの貧しい牧師の家に生まれた。彼は幼少のころ「子供のための世界史」のなかでトロヤ落城の挿図を見て、いつかトロヤを掘ると誓っていたのだ。トロヤの木馬とはこんな話である。難攻不落を誇っていたトロヤであったが、知恵者として有名だったイタカの王オデュッセウスが、アテネの助けによって、「木馬」を利用した計略をめぐらした。オデュッセウスは、ギリシア軍に加わっていたエペイオスという工作の名人に命じて、腹が空洞になった巨大な木馬を作らせた。そしてそのなかに、ギリシア方の選り抜きの勇士たちと一緒に隠れた。その他の軍勢は、陣営を焼き払って船に乗り、沖の島の影に投錨し待機した。するとトロイの人びとは、ギリシア軍が勝利を断念して帰省したと思い、喜んで市の外に出て来た。そして木馬を戦利品として市内に引き入れ、敵の退却を祝って狂気乱舞し、歓楽の限りを尽くした。彼らが酔い痴れ疲れきって熟睡した夜更けに、木馬からギリシア方の勇士たちが外に出た。そして城門を開け、戻って来た味方の軍勢を引き入れて、市に火を放ち、不意を打たれて周章狼狽するトロイ人に対して、殺戮をほしいままにした。トロイの男たちは、かろうじて市外に逃げのびたほんの少数の落武者を除き、皆殺しにされ、女はみな捕虜にされて、略奪した戦利品の財宝などと一緒に、ギリシア方の大将たちに分配された。これが有名なトロイの木馬の話しである。「イリアス」と「オデュセイア」に出てくるこの「トロヤの木馬」の話を事実と信じ、考古学者シュリーマンは、その発掘を夢見ていた。その願いが通じて、1870年、小アジア、ダーダネルス海峡出口に面したヒッサルリクとバルカン半島のミケーネで黄金のマスクなどを発掘する。(世界史こぼれ話、10月11日)

2022年10月10日 (月)

孔明の嫁えらび

Cggyhfyoztyabx6baac33lflh7w868_r_10   大晦日の今年の紅白歌合戦の司会は大泉洋と橋本環奈ら4人であると発表があった。NHK色の薄い橋本が起用されたことに業界中が一斉に驚いた。若者に圧倒的な人気のある橋本を起用することで視聴率アップのねらいがあるようだ。それと大泉との相性。2人は映画「新解釈・三國志」で一度共演している。 大泉・諸葛孔明の妻を橋本環奈が演じた。歴史伝説では孔明の妻は醜女が通説なので環奈では美人すぎたが。孔明は襄陽の西約20里(8キロ)のところ隆中で隠れすんで心身の練磨に励んでいた。ある日、黄承彦から「自分の娘は髪は赤く、色黒の醜女だが、才能は優れ、嫁として恥ずかしくないが、いかがでしょうか」と縁談を申しこまれた。孔明は笑ってうなずき、黄承彦の娘を妻として迎え入れた。これを聞いた人々は、「学ぶ莫れ、孔明の嫁えらびを。ただ得たり、阿承の醜女を」と、はやしたてたという。のちにこの醜女が賢夫人となり、おおいに内助の功をあげることになる。ある日のこと、孔明が訪ねてきた客のために、妻に麺を作るように命じたところ、たちまちのうちにできあがった。孔明は不思議に思って、そっと厨の中をのぞいてみると、人形が麦をきり、臼をまわしていた。孔明は妻からその木人形のからくりを聞き、それがのちに、かれが戦闘に使って役立てた木牛・流馬のヒントとなったという。黄夫人の名は史書には残っておらず明らかではない。黄月英、黄婉貞という名は後世の創作である。(『桂海虞承志』)

トマトの世界史

250pxtomatoesonthebush    本日は「トマトの日」。 ドイツの諺に「トマトが赤くなると医者の顔が青くなる」とある。ビタミンがバランスよく含まれ栄養豊富なトマトを食べると、健康で医者いらずという意味だろうか。現代の食卓に欠かせないトマトが食べられるようになったのは、わずか200年前のことである。トマトの歴史は、地理上の発見、ルネサンス、フランス革命と世界史の重要事件が関係しているといえば大げさだろうか。トマトの原産は南米で1523年スペインの探検家コルテスが最初に本国にに持ち帰ったといわれる。1533年には、スペイン人のピサロがインカ帝国を滅ぼした。つまりコンキスタドールがスペインに持ち帰ってからである。当初、西洋の人々はトマトを有毒の植物と思い、嫌っていた。しかし南イタリアに大飢饉が何度も起こり、人々はトマトを食するようになった。18世紀フランス革命の際にはパリに進軍した南仏の義勇兵たちが、パリにトマトを持ち込んだといわれている。(10月10日)

リムスキー・コルサコフ夫人の肖像

C0139105_2135680

 

    フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター(1805-1873)の作品に「リムスキー・コルサコフ夫人の肖像」(1864)というロシア上流貴婦人を描いた名画がオルセー美術館にある。日本人からの観光客が見て誰もが驚く。女優の名取裕子に激似なのだ。リムスキー・コルサコフはロシア五人組の作曲家とは別人である。ロシアの名取裕子Madame Barbe(1833-1878)は、このとき 31歳で、45歳で亡くなっている。

「スポーツの日」は雨だった

Img_0005
 施薬院解男体臓図 1798年

 

  本日は「スポーツの日」。各地でスポーツ系イベントが予定されているが、あいにくの雨模様である。北海道~北陸は雨、関東~九州は午前中は雨、午後は晴れ間のの所もある。昭和39年10月10日、東京で第18回オリンピックが開かれた。これを記念として、10月10日を「体育の日」として、国民の休日とした。2020年からは10月の第2月曜を「スポーツの日」と変更された。 体育の普及の手段としての内容は体操からスポーツを中心に移行し、近代スポーツは、オリンピック大会、アジア大会、ユニバーシアード大会、国体などの大きなスポーツ行事と、一般人の場合しリクレーションとしてのスポーツが急激に発達し、ややもすれば体育はむしろスポーツにおきかえられた感がある。ここにスポーツと体育の混同をきたした。医師や保健婦からも「あなたはスポーツはなにもしないのですか?」と聞かれる。「身体的な体操や運動は日常的にしていますが、競技としてのスポーツは何もしていません」というと、けげんな顔をされる。とくに日本の場合、明治の初期からフィジカル・トレーニングとしての体操と、競技としてのスポーツがほぼ同時に学校で取り入れられたため古くから混同されてきた。

 

  では体育とは何か。ここでは少しふるいが、アメリカにフィットネスの概念を導入した体育生理学者アーサー・スタインハウス(A.H.Steinhaus)の「体育の四原則」を紹介する。

 

1.人間尊重の原則

体育が教育であるためには人間尊重の原則を忘れてはならない。教育である手段では、特に身体的、精神的、道徳的のために相当のトレーニングを必要とする場合もあろうが、その手段としてはいろいろなスポーツが用いられる。しかし、それらスポーツ種目と人間が同価値のものではあり得ない。たとえば、コーチや学校を有名にするためそれを行なわせたとすれば、人間性は無視され教育の分野から除外される。

 

2.オーバー・ロードの原則

筋や呼吸循環機能は、現在能力をこえた、一般人が1日作業する強度をこえた負荷(刺激)を与えない限りそれ以上の発達はしない。

 

3.可逆性の原則

人間のからだはトレーニングを反復しなければ元に戻る。身体運動というストレスを長く与えると多くの組織器官はこれに対する適応力を与えられるが、これを中断して実行しなければ可逆的である。

 

4.integrationとintegrityの原則

全身の全機能を動員する能力、心身一体の行動をintegrationというが、この機能が社会から容認された理想に向かって、社会的因子、知的因子、情緒的因子が統合作用に権威と方向を与えるときintegrityである。体育はこの両面がなければならない。(参考文献:森脇勤「保健体育学概論」啓文社)

2022年10月 9日 (日)

日露戦争沙河(さか)会戦起こる

  明治37年8月の遼陽会戦で、日本は橘周大中佐が壮絶な死を遂げた。そして10月9日、ロシア軍は本渓湖の日本軍に対して攻撃を開始し、沙河の会戦の火蓋は切って落とされた。圧倒的なロシア軍の前に、日本軍は死傷者2万余をだす消耗戦となる。当時、外国では沙河会戦は日本の敗北と伝えられていた。

2022年10月 8日 (土)

朝鮮王妃、閔妃暗殺事件の真実

Catch_diplomat

 

    横浜市中区の山手イタリア山庭園に「外交官の家」という瀟洒な洋館がある。明治・大正期の外交官・内田定槌(1865-1942)の邸宅(東京渋谷区)を移築・復元したもの。内田定槌(うちださだづち)は慶応元年、内田甚蔵の長男として豊前小倉に生れた。明治22年東京帝国大学卒業後、外務省入省。明治26年から京城に在勤し、朝鮮王妃暗殺事件(明治28年10月8日)の事後処理にあたった。内田の回想(昭和14年に口述)によると、三浦梧楼(1846-1926)らは広島で裁判にかけられ、免訴になったものの、事実は日本軍や壮士たちが王宮に侵入し、閔妃を殺害し、遺体を近くの林に運び石油をかけて焼いたことを述べている。それでも気になったので池の中に掘り込んだがなかなか沈まないので、翌日に松原の中に埋めたことを人伝えに聴いている。朝鮮王妃暗殺事件は日本では「乙未事変」という隠蔽した歴史用語が使われている。

2022年10月 7日 (金)

安政の大獄で橋本左内ら刑死

  安政5年、6年は幕末維新史上、重要な年だった。安政5年1月、幕府は日米修好通商条約調印の勅許を奏請するが、孝明天皇はそれを拒否した。6月、勅許のないまま、幕府が上記条約を調印したため、天皇は激怒する。このころ橋本左内(1834-1859)は越前藩主松平慶永の側近となり、上洛、一橋慶喜待望説を遊説。しかし、井伊直弼が大老に就任し、慶永が処罰されると左内も、安政6年10月7日、江戸伝馬町獄舎で斬首された。26歳の若さであった。頼三樹三郎、飯泉喜内の2人も刑場の露と消えた。だが井伊直弼も翌年桜田門外の変で暗殺され、安政の大獄を取り仕切った直弼の側近、長野主膳も、2年後、藩内の尊攘派岡本黄石らのクーデターで失脚、斬首された。(10月7日)

マリアナ沖漁船団遭難事故

1006165167   小桜姉妹の歌「くじけちゃいけない海の子は」(ビクターEPレコード)がある。フランク永井「坊や」とのカップリング。この歌は海で亡くなった漁師たちの家族を慰めるために作られたらしい。1965年10月7日、マリアナ海域のアグリハン島付近で、カツオ漁船団が台風に巻き込まれて209人の犠牲者がでた。遭難したのは静岡県の焼津港と戸田港の遠洋漁船7隻。当時はまだ日本の気象庁に正確な観測データを得ることができず、事前に大型台風の襲来を知ることができなかった。

 

 

ハルキストという不思議な存在

Img_0049   ハルキスト 葡萄酒(ワイン)片手に「来年ね!」

 今年も村上春樹のノーベル文学賞はならず。フランスの女性作家アニー・エルノーだった。代表作は「シンプルな情熱」。

6日夜、東京荻窪のブックカフェ「6次元」に集まったハルキストたちはさすがに落胆の色は隠せなかった。いつごろからか村上春樹のファンをハルキストと呼ぶ。村上の小説やエッセイから伺える趣味や生活スタイルに影響を受けることが多い。映画・文学・音楽・料理・マラソン・水泳・猫など都会的で冷めた感じの若者をイメージさせる。とくに団塊の世代以降に多く、戦前・戦中派は村上文学などはほとんど読まない。かつて村上といえば村上元三だった。このようなハルキストの存在を村上自身がどのように感じているかは分からない。代表的ハルキストとして内田樹がいる。彼は「村上春樹は世界的に人気があるから偉い。だから普遍的で、とうぜんノーベル賞に値する」とつねづね語っている。世界中でたくさん本が売れるということと、文学としての価値があり、永遠性があるかという問題がイコールとして捉えられるかは疑問である。本がよく読まれる、売れる、商業的な成功が全てという考えにはむしろ反対する人も多いのではないだろうか。ある意味で内田のような単純な文学観を語る人は幸せなのだろう。司馬遼太郎が時代物の大衆作家から国民的文豪といわれるようになったころ、関西大学の谷沢永一がやたらと司馬をほめあげて、解説本をたくさん出すようになった。芸術家一般に売れずに必死に書いているときはいいものが生まれるが、地位と名声、お金がたまって大家になると保守的になってつまらなくなる。ハルキストや谷沢のような存在は迷惑だが、村上にとってノーベル賞をもらわないことのほうが作家として幸運だと思いたい。海外で多和田葉子や小川洋子のように評価されている女性作家もいる。

2022年10月 6日 (木)

源頼朝、鎌倉に入る(1180年)

E98e8ce58089e9b6b4e5b2a1e585abe5b9a    治承4年10月6日、源頼朝は父祖以来の源氏ゆかりの地、相模国の鎌倉に千葉常胤(父の千葉常重は下総の武将で、千葉氏一族の初代当主。千葉県なと地名由来の元祖)らの助勢を得て鎌倉に入る。そして10月20日、平維盛を総大将とする平氏の軍勢を富士川で、戦わずして勝利をおさめた。このとき頼朝34歳。

    翌日、数奇の手勢を率いた若武者がいた。義経24歳である。父・義朝の敗北と死という悲劇によって遠く引き離された異母兄弟が、長い歳月の末にようやく対面することができたのである。八幡神社には頼朝と義経が対面したときに腰をおろしたとされる対面石がある。このとき義経は何騎を従えて兄・頼朝のもとへ駆けつけたのか?「吾妻鑑」には、佐藤継信と忠信とたった3騎となっている。「義経記」では300騎ほどを率いて駆けつけたとある。義経の家来として名が知られているのは、武蔵坊弁慶、駿河次郎清重、片岡八郎弘経、亀井六郎重清、伊勢三郎義盛、鎌田藤太盛政、鎌田藤次光政、常陸坊海尊などである。だが、はたしてこれらの家来が実在の人物かどうかは、まるで証拠がない。そんななかで唯一、係累が明らかなのは佐藤継信、佐藤忠信の兄弟である。佐藤家の菩提寺・医王寺には2人の墓がある。

2022年10月 5日 (水)

オペラ椿姫

A0008885_2314950

 ヴェルディ「椿姫」の「乾杯の歌」を聴く。この世では快楽こそすべて。杯と酒を楽しもう。生きがいは宴の中に。楽しくもはかなく哀しい内容である。「音楽に国境なし」とは広くいわれる言葉であるが、堂本光一は「ちょこっとサイエンス」という番組で「悲しい曲を聞いたら、世界のどの民族も悲しく感じるのか?」という疑問を投げかけていた。番組での回答はまだ見ていない。芥川也寸志によると「音楽的には同じ作者のリゴレットの方がはるかに充実しており、作品の高さという点でも問題にならないにもかかわらず、椿姫の方がずっと人気があるのは、一にかかって高級娼婦ヴィオレッタの感傷的な物語にあるようです」とある。数年前、南アフリカでサッカーのワールドカップが開催されたおり、民族楽器のブブカの音色は不快な雑音にしか聞こえなかった。楽しい音、悲しい曲と感じるのは民族によって相違があると思う。そもそも「短調は暗く、長調は明るい」というのは西洋クラシック音楽によって世界に広まったものであり、全民族共通の感覚というより西洋音楽が広まった結果に他ならない。明治の初めに来日した外国人の音楽教師たちは、江戸伝統の邦楽に親しんだ日本人は到底西洋音楽は理解できないと感じたらしい。それが150年経つとJ-POPとやらで若者と老人との間には音楽のジェネレーション・ギャップがあるみたいだ。しかしこんな実験結果もある。心臓移植をされたマウスにオペラ「椿姫」の「乾杯の歌」を聞かせると、モーツァルトの音楽を聞かせたマウスよりも拒絶反応が抑えられ生存期間が延びたという。帝京大学の新見正則教授はこの研究成果により2013年イグ・ノーベル賞を受賞した。

 

 

達磨忌

Img_1006663_23364974_0    達磨忌や壁にむかひし揚豆腐

              池西言水

  禅宗の開祖は達磨といわれている。その伝記については不明なところが多いが、今日では実在説が強い。南天竺、あるいは波斯国の人といわれる。520年頃に梁にやってきた。武帝との会見で、仏教興隆を自慢する武帝に「無功徳である」と言いきった、という有名な話があるが、史実とはいいきれない。しかし慧何(487-593)が雪の中を達磨を訪ねて、自らの片腕を斬り落として弟子にしてくれと頼んだという逸話についてはかなり明確な記録がある。慧何は入門を許され、第二祖となった。そして第三祖が僧璨、第四祖が道信、五祖が大満弘忍と牛頭法融に及び、大満の下から玉泉神秀と、大鑑慧能、嵩山慧安らの系統に分かれた。そして六祖の慧能によって中国禅は確立される。慧能の禅は頓悟禅ともいわれ、南の地方で盛んになったので、南宗禅ともいわれ、今日、禅宗といえば、この南宗禅を指すことが多い。日本の曹洞宗、臨済宗も南宗禅の系統である。達磨の没年はわからないが、道元の「正法眼蔵25」によると、達磨の高名を妬んだ菩薩流支が達磨を毒殺したとされる。(10月5日)

 

 

2022年10月 4日 (火)

楽しい人名研究

 いろいろな生き物のなかで人間だけが、自覚的に生きていることのあかしのもつものとして歴史をもっている。そのような歴史を生きた、あるいは作り上げたのは一人ひとりの人間であり、識別するために人名がそれぞれに与えられている。たとえば東京五輪。オリンピック競技には世界から205の国・地域が参加し、全種目339、およそ11000人以上選手が集まる。世界各国のさまざまな選手が連日ニュースに取り上げられ、メダルを獲得すれば一夜明けると著名人になれる。男子陸上100mのラモントマルチェル・ヤコブス、競泳男子100m自由形ケーレブ・ドレッセル、トライアスロン男子金メダル、クリスティアン・プルメンフェルト、柔道大野の対戦相手、ジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ。すべて名前を暗記することは困難であるが、世界中の多くの人の記憶に残る名前であるは間違いない。

 誰でも知っている有名人。誰も知らない無名の人々。人名はこのネット時代、もっとも重要なキーワードである。ロバート・ホワイトヘッドを知っているか?魚雷を発明した科学者である。アメリカ人のレイ・チャップマンを知っているか?インデアンスの遊撃手、1920年頭部に死球を受け死亡した。MLB唯一の死亡事故である。アレキサンダ―・セルカークを知っているか?スコットランドの水夫で大西洋の孤島で4年余り遭難生活した。のち小説「ロビンソン・クルーソー」のモデルとなる。ジム・フィックスを知っているか?ジョギングの創始者だが、ジョギング中に心臓発作で死亡した。

 岸田文雄新首相が2021年10月4日に誕生した。岸田は初代伊藤博文から数えてちょうど第100代目の総理大臣だからキリが良くて覚えやすい。(代数は複数回なので実際は64人目)1年が経ったが、支持率が下がり正念場である。

 尾崎宗吉(1915-1945)という作曲家。若くして太平洋戦争に応召して戦死したので音楽界で活躍を果たせなかった。戦地に赴く前に「夜の歌」(チェロとピアノ)の小曲を遺したが、今は密かなブームである。

  ラファエル・ヒュトロダエウスを知っているか?タイトルしか知らない古典の名作、トマス・モアの「ユートピア」に登場する。彼が見聞した島の様子を語る哲学者(旅人)である。もちろん架空の人物。

   山川出版社の「世界史のための人名事典」は便利なのでよく利用している。収録項目数は1914人である。しかしとても歴史的に重要な人物が漏れていることがある。三国時代の「司馬懿」である。179年ー251年。後漢王朝に仕えていた司馬防の子。幼時から英才の誉れが高く、のちに曹操に仕え、諸葛孔明のライバルとなる。「死せる孔明、生ける仲達を走らす」という故事が有名で、仲達は孔明が生きていると思い退却したことになっている。この逸話は五丈原の農民たちのフィクションで、仲達はそれほど臆病ではない。なにも深追いする必要はなかったのであろう。なぜ司馬懿は歴史事典には収録されないのか不思議である。孫の司馬炎(武帝)は、266年に晋を建国し占田法・課田法を制定したので重要とされ、収録されている。中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」(2010)後半の第四部はほとんど司馬懿が主役格である。倪大紅が演じているが老獪でとてもよい。わざと病気のふりをして曹丕・曹爽をだます。愛妾の李依暁もとても美しい女優さん。司馬懿を恐れる曹丕がスパイとして送り込まれた。やがて司馬懿の子を宿すが、司馬懿の手によって殺害される。オリジナル・ストーリーだろうが面白い。

 

2022年10月 3日 (月)

古代の朝鮮半島

 本日は韓国では「開天節(ケチョンジョル)」が祝われ、会社や学校はお休みです。高麗時代に編まれた「三国遺事」によると、帝釈桓因の子、桓雄と熊女との間に生まれた檀君王倹が紀元前2333年のこの日に平壌城を首都とする国を建てて国号を朝鮮としたのが国家の始まりと言われている。1993年、北朝鮮は檀君陵を発掘したと発表しているが、その信憑性はなく、考古学的知見によれば、前15世紀には青銅器文化の時代に入っていた。前10世紀以降の遺跡から炭化米が出土することから、水稲栽培が始まっていた。古代国家の成立は、紀元前7世紀頃の箕氏朝鮮からはじまる。箕氏は紀元前4世紀には燕と互いに争うほどに成長したが、紀元前2世紀はじめに衛満に滅ぼされる。衛氏は80余年にわたって繁栄したが、紀元前108年に漢の武帝の侵入を受けて滅亡。通常、箕氏朝鮮と衛氏朝鮮の2王朝を合わせて古朝鮮と呼ぶ。その後、古朝鮮の遺民は各地で小国を興し、紀元前37年には鴨緑江の中流地方で力をつけた朱蒙が高句麗の指導権を握って国家体制を再整備し、王となった。2世紀末、朝鮮半島中南部では馬韓・辰韓・弁韓と総称される部族国家が併立し、北鮮地方には高句麗が興って南下の勢いを示した。ところが、3世紀前半、魏が朝鮮に勢力を伸ばすにおよんで漢時代の楽浪・帯方の2郡を手にいれ、南鮮地方を支配下におさめた。4世紀半ばにいたって百済・新羅が興ると、高句麗を含めた三国の勢力が拮抗する。朝鮮はその後の日本の文化に大きな影響を与えた。邪馬台国はこの魏の後援のもとに南鮮を圧迫し、弁韓地方にはかなり倭人が進出するようになった。(10月3日)

2022年10月 2日 (日)

アイヌの墓

 「氷点」という古いテレビドラマをyoutubeで見た。冒頭、テーマソングが流れるタイトルバックに異様な、木の棒のようなもの2本だけ映っている。不思議な感じを思い起こさせる。第何話だったろうか。主人公の辻口啓造が娘陽子を連れて、アイヌの墓地に行くシーンがある。「ここがアイヌの墓地だよ。旭川に住んでいる以上、一度は陽子にも見せたかったのでね」クワと呼ばれる木の墓標が並んでいる。アイヌに墓参りという概念はなく、死体を遺棄する墓地は、むしろ穢れた忌むべき場所だったようだ。先が尖っているのは男、平らなのは女の墓だ。木の墓標はいずれ土に還り、後は何も残らない。アイヌの世界観が垣間見えるような墓地の姿だった。

 

シェリー

 テレビ初期の頃、歌番組でアメリカの最新ヒット曲を日本語にカバーして、ドゥ―・アップな曲が流れていた。1963年、ダニー飯田とパラダイスキングが「シェリー」という曲がヒットした。パラダイスキングは坂本九が抜けたあと、可愛い九重佑三子が加入して高音で歌っていた。原曲は「フォーシーズンズ」という男性4人グループということを最近になって知った。なんでも中川晃教らがミュージカルで歌っている。リードボーカルのフランキー・ヴァリーは1934年生まれで「恋のヤセがまん」「恋のハリキリ・ボーイ」のヒットのあと、ソロとしては「君の瞳に恋してる」という大ヒットをだしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシア・サッカー暴動の惨劇

 熱狂的なサッカーファンの暴動から忌まわしい事件が起こった。2022年10月1日夜、インドネシア東ジャワ州マランで地元チーム「アレマFC」がプルセバヤ・スラバヤに2対3で敗れると、立腹したサポーターがグラウンドになだれ込んで大混乱となった。騒ぎをとめるために、機動隊が催涙ガスを使用し、少なくとも125人が死亡し、多数が負傷した。死者のほとんどが窒息死や圧死といわれる。ロイター通信は「世界の競技場で起きた最悪の惨事の1つ」と報じた。

 

豆腐に歴史あり

Hiyayakko   本日は「豆腐の日」。森羅万象、世のいかなるものにもそれぞれに歴史がある。島国日本は、朝鮮半島経由で中国から伝来したものが多い。漢字や仏教からに箸文化の日用品や食品に至るまで数多くある。日本で最も愛される妖怪、河童も実は中国に由来するという説があるがはっきりしない。

  毎日の食卓にみる豆腐は日本人に親しみのある食材のひとつ。夏は冷奴で、冬はお鍋で1年中食べる。木綿豆腐に醤油とカツオ節が一般的な食べ方。豆腐の発明は中国人のもので、前漢の淮南王劉安といわれる。彼は学者を集めて著書を刊行したが、そのなかに「淮南王万畢術」 という本がある。それに豆腐の製法が述べられていたという。

  豆腐が我が国に渡来した時期はあまりはっきりしない。日本に伝わったのはおそらく奈良時代だろうが文献には見えず、鎌倉・室町時代に中国に留学した僧侶が、製法を覚えてきて広まったと考えられる。文安元年(1444年)の『下学集』に豆腐という語がのっている。豆腐はとくに江戸時代になって庶民にまで広まった。

    徳川家光の慶安御触書では農民に飲酒、喫茶、煙草など禁止している。また衣類は木綿以外は着用しないこととある。贅沢禁止に関連して豆腐の製造を禁止している。家光自身は豆腐が大好物だったが、農民たちが豆腐を食べると大豆が高騰することを懸念したからであろうか。(10月2日)

藩閥政治家・山縣有朋

Photo_2

 

  吉田松陰の蒔いた種は、高杉晋作、そして伊藤博文、山県有朋へと続いた。山県有朋(1838-1922)は勉強が得意ではなかった。しかし、幕末の藩政改革で、武道が奨励され、軽卒にも、棒術以外の武術を学ぶ機会が与えられた。有朋は、槍術で出世を夢みた。明治天皇の御前で試合をした時、「槍の半七」といわれた名人林友幸と対戦し、引き分けるまでになっていた。参議、内相、陸相、首相、枢密院議長。明治42年、伊藤博文が暗殺されて以降は、山県有朋が元老として政界に君臨した。大正11年2月1日、85歳で亡くなったが、葬儀は国葬をもって弔われた。墓所は文京区の護国寺。

 最近、岡義武が書いた「山縣有朋」(岩波文庫)が売れているという。先日の安倍晋三氏の国葬で友人代表で、菅義偉さんが弔辞の中で山縣の歌を引用していた。

かたりあひて尽くしし人は先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ

 危機と変革の時代、「山縣有朋」という明治・大正の元勲を持ち出すのはいかがなものか。近代日本の侵略主義の元凶であり、今次大戦の無謀な玉砕作戦は山縣が促したものである。

 

F2b7ba5d51c7aaab767ed48cf92ccc20

無償の営為

   本日は良寛の誕生日である(1758年)。最近の子どもは、良寛さんを知らないらしい。ある児童書出版社の子ども向け伝記シリーズの顔ぶれがずいぶんと変わっている。野口英世、二宮金次郎、一休、良寛などは消えていき、本多光太郎、松下幸之助、オードリー・ヘップバーン、イチローなどが加えられているという。さきごろの文化功労者でもそうだが、社会的、経済的に十分に成功を収め、評価される人が受賞することが多い。国民だれもが知っているスターやヒーロー、著名人ではあるが、何か腑に落ちないものを感じている。最近、大リーグで活躍する野球選手やサッカーの人気選手を学校へ招いて話をさせる。内容はみな一様に「努力すれば夢はかなう」である。テレビ番組制作サイドではそれは高視聴率となり、みな感動したと口をそろえる。だが本当に教育効果はあるかは10年先、20年先を見ないとわからないが、疑わしい。なぜなら偶像を自らつくりあげても、別人格であるし、時代状況も変化するし、現実には努力しても報われないことのほうが多い。むしろ自己をみつめ、現実をしることのほうが大切である。そして無償の営為に尽力することの大切さを学ばせることこそ大事である。人が見ているとか見ていないとか、いますぐ儲かるからとか、ノーベル賞をもらうとか、文化勲章をもらうとかでなく、平凡でもいいからつつましく生きている人を敬う気持ちを育てるべきである。坂本龍馬や織田信長を小学生にすすめても史実を理解しないかぎり、あまり意味はない。ある小学生にどんな人になりたいか聞いたら、「紅白歌合戦で審査委員になりたい」とマジで言っていたのには呆れた。子どもは大人の感覚を真似るものである。(10月2日)

死に至る病

    セーレン・オービエ・キルケゴール(1813年5月5日生。1855年11月11日没)は父ミカエル・ペーダーゼン・キルケゴールと母アンネ・セーレンスダッター・ルンとの間の7番目の末子としてコペンハーゲンに生まれた。父は実業家であったが、宗教的苦悩を内に秘めた人であり、キルケゴールは、この父の影響を受けて憂愁な性格と罪の意識が強かった。「私は生まれたときから老人であった」と自らの幼児期を追想している。

    キルケゴールは、コペンハーゲン大学を出て、ベルリン大学に学ぶ。生涯定職につかず、父の遺産によって生活し、著作生活を送った。

    1849年、アンティ・クリマックスという偽名を用い、「死に至る病」を著わす。第一編「死に至る病とは絶望である」第二編「絶望は罪である」。キルケゴールは、現代人は深刻な精神の病気にとりつかれていると洞察する。「絶望するものは、絶望して自己自身であろうと欲する。しかし、もし彼が絶望して自己自身であろうと欲するのなら、彼は自己自身から抜け出すことを欲していないのではないか。たしかに、一見そう思われる。しかし、もっとよく見てみると、結局この矛盾は同じものであることがわかるのである。絶望者は絶望してあろうと欲する自己は、彼がそれである自己ではない。すなわち、彼は彼の自己を、それを措定した力から引き離そうと欲しているものである。しかしそれは、どれほど絶望したところで、彼にはできないことである。絶望がどれほど全力をつくしても、あの力のほうが強いのであって、彼がそれであろうと欲しない自己であるように、彼に強いるのである。しかし、それにもかかわらず、彼はあくまでも自己自身から、彼がそれである自己から、脱け出して、彼が見つけ出した自己であろうとする。彼の欲するような自己であるということは、それがたとえ別の意味では同じように絶望していることであろうとも、彼の最大の喜びであろう」

    1837年、キルケゴールは、24歳のときレギーネ・オルセンという少女に出会い、3年後に婚約した。しかし、翌年8月、彼はこの婚約を理由も告げず一方的に破棄した。これは彼の生涯を決定した最大の出来事であった。他人の運命を支配することになる結婚へのおそれからである。5年後レギーネは他の人と結婚したが、キルケゴールは終生レギーネを愛し、独身で過ごした。レギーネは夫と西印度諸島へ赴任する直前、彼に通りすがりに会釈した。キルケゴールは話しもせずに行き過ぎてしまった。これが2人の最後の別れだった。彼はその年の10月2日、街路上で昏倒し、11月11日、42歳の若さで死亡した。

2022年10月 1日 (土)

10月のこと

   今日から10月である。暑からず、寒からず、1年のうちの短いながらも最高に素敵な時節です。「神無月」の語源は不詳で、全国の神々が出雲に集合し、他の地では神がいなくなる月であるからと説くのは「奥儀抄」などに見える俗説である。全国各地にある神社仏閣では秋季大祭が多く催される。

 

石田三成の末裔

Photo_4
 高知九反田の地蔵尊は三成の娘を祀る

 天下分け目の関ヶ原の合戦は西軍の敗北で終わった。石田三成、小西行長、安国寺恵瓊の3人は、慶長5年のこの日、京都・六条ヶ原で首を斬られた。石田三成の居城は近江の佐和山にあった。五奉行の1人として豊臣方を一身に背負うほどの男の城、さぞかし華麗に築かれているはず、と誰しもが思っていた。ところが、いざ入城してみると案に相違してのお粗末さ、壁は荒壁で上塗りはない。屋内はほとんど板張り、障子や襖には反古紙を張ってある。庭も庭園というほどのこはない。三成は私財を蓄えぬ清貧の士であった。敗れた一族には悲惨な運命がまっている。関ヶ原で敗れた石田三成は六条河原で斬首されたことになっている。秀頼生存説があるが三成にも生存伝説がある。それによると、生きのびて、主従4人で近江を出て、北国街道経由で、会津、米沢と移ろい、最後は秋田の佐竹義宣をたよって落ちのび、その地で僧侶に身を変えて生きのびたというのである。

    では三成の子供たちはどうなったのであろうか。一説によると2男5女いたらしい。秀吉の正室・高台院の養女だった3女辰姫(1592-1623)が当時8歳だった。高知の九反田には土佐に逃れて病死した幼い三成の娘の地蔵尊がある。辰姫は津軽藩主に嫁ぎ、3代目信義を産んでいる。4女は山田氏室、5女は岡重政室。石田三成の子孫は生き残っている。とくに津軽信義(1619-1655)には25男、26女の多くの子がいたというから、石田三成の子孫はいまも健在であろう。(10月1日)

 

私は勝利を盗まない

34855932     紀元前331年10月1日、ガウガメラの戦いでの話。マケドニアのアレクサンダー大王がペルシア帝国と戦っていた。前方の平原がペルシア軍のかがり火で埋めつくされているのを見て、幕僚の一人パルメニオンが大王に進言した。「大王、夜襲をしかけてはいかがでしょうか」すると大王は答えた。「私は勝利を盗まない」と言った(夜襲などの小手先技で勝とうとはせず、正々堂々と戦う、の意)。実はこのときペルシア軍は罠を張ってマケドニア軍の夜襲を待ち伏せしていたのだ。大王は、翌日の会戦にあたって、ペルシア軍の左翼と中央の間に少し隙間ができたことを見てとると、「突っ込め!」とばかり、騎兵親衛隊の先頭に立って、ダリウス3世めがけて進軍した。大王の中央突破作戦は見事成功し、大勝利だった。(AlexandrosⅢ,Gaugamela)

陸と海は同じ広さという説

Photo

 北半球は英語で何というか?答えは、northern hemisphere。では地球は「陸と海はどちらが広い」と小学生に聞くと、「陸と海はほぼ3:7の割合で海が広い」と答えるだろう。だがいまから500年頃まえの科学者たちは、陸と海は同じ広さと考えていたらしい。歴史に記録されていることからみると、われわれの祖先は地球を実際よりずっと小さいものと考えていたようだ。地球がこれほど大きいものだと認識しはじめたのは、14世紀から15世紀になってからである。そのころになって、地球が球体だという大昔のいくつかの理論がふたたび登場してきた。それはクリストファー・コロンブスによる西半球の発見をかわきりに、1519年から1522年にわたるフェルジナンド・マゼランの世界周航という画期的偉業によって、最高潮に達した。それでもなお、世界地図をつくったジェラルダス・メルカトール(1512-1594)は、地球は陸と海とに等分にわかれていて、南半球には北半球のヨーロッパ、アジア、北アフリカなどの陸地に見合う陸地がなければならないと信じていた。地球の表面に海が多い事実は、オランダの航海者アベル・タスマン(1603-1659)と、太平洋の探検者として有名なイギリスのジェームス・クック(1728-1779)船長の航海によって、はじめて知られるようになった。

 

 

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30