無料ブログはココログ

« 事典で一番最初に出てくる人名は? | トップページ | ゴルフの起源 »

2022年8月11日 (木)

心敬

 1406年紀伊国名草郡田井荘に生まれる。3歳で比叡山に入ったらしい。20歳なか頃から清厳正徹に師事して和歌古典を学んだ。応仁の頃、東国へ下り、1471年頃浄業寺に寓居したといわれる。太田道灌や父・道真の歌会に判者として出席している。幽玄に心をとめようとする、深い境地を得て、宗祇、さらに後世の芭蕉まで影響を与えた。著書に「老いのくりごと」「ささめごと」「心玉集」などがある。「雲はなほさだめある世のしくれかな」

« 事典で一番最初に出てくる人名は? | トップページ | ゴルフの起源 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事典で一番最初に出てくる人名は? | トップページ | ゴルフの起源 »

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30