無料ブログはココログ

« バグダード | トップページ | 世界の国から「こんにちは」 »

2022年7月30日 (土)

フグの毒

 フグは古くから日本人に食されて、おそらく縄文人も食べていたといわれています。「フグは食べたし命は惜しし」と謳われるように、その美味しさとともに猛毒があることが知られています。フグのを食べて死亡する日本人は毎年数人のかたがおられます。その毒の主成分はテトロドトキシンと呼ばれる物質で、青酸カリの500から1000倍の毒性を示す猛毒であり、耐熱性があるため、通常の過熱調理では壊れません。フグの毒の量は、フグの種類、その部位によっても異なる。同一種のフグでも個体差があり、季節によっても強弱がある。一般に冬から春にかけての産卵期が最も毒性が強い。またテトロドトキシンは、フグだけではなくツムギハゼ、ヒョウモンダコ、バイ、ヒトデ、スベスベマンジュウガニ等の海洋生物のほか、イモリやカエルなどの両生類からも発見されています。

 

« バグダード | トップページ | 世界の国から「こんにちは」 »

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バグダード | トップページ | 世界の国から「こんにちは」 »

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30