無料ブログはココログ

« アカデミー賞に歴史あり | トップページ | 明治政府の北海道開拓 »

2022年5月17日 (火)

「か」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Marx    カール・マルクスが「自分はマルクス主義者ではない」と言っていたのは有名な話である。▽「ガートルード・スタイン」1874-1946。アメリカの著作家・詩人・美術収集家。代表作「アリス・B・トクラスの自伝」。▽歌手ガブリエル・アプリの「パニック・コード」が洋楽チャートにて初の1位に。▽「ガストン・ルルー」1868ー1927。フランスの小説家。「黄色い部屋の秘密」「オペラ座の怪人」など。▽「カルロ」「カルロス」はとても多い。▽「カレル・ゼーマン」チェコスロバキアの人形劇監督。1910-1989。▽「カール・ウィットフォーゲル」1898-1986。ドイツ生まれのアメリカの社会経済史学者。アジア地域が計画経済を敷くことの説明を、西洋との対比において「東洋的専制主義」と呼んだ。▽「カルロ・ゴルドーニ」1707-1793。イタリアの喜劇作家。代表作「宿屋の女主人」。▽「カール・ペーテル・ツンベルク」スウェーデンの植物学者。リンネの弟子として分類学において大きな功績を残したる1775年長崎オランダ商館の医師として来日。1784年スウェーデンで「日本植物誌」を出版。▽「カルロ・バエリ」北朝鮮の金正日と接見したイタリア人の実業家。▽「ガレアッツォ・チャ―ノ」1903-1944。ムッソリーニの女婿だが、のちムッソリーニに反対し銃殺される。▽「カロン・ド・ボーマルシェ」1732-1799。仏劇作家。「フィガロの結婚」「セビリアの理髪師」。

ガイ・ガバルドン
ガイ・ハミルトン
ガイ・ピアース
ガイ・フォークス
ガイ・マディソン
ガイ・リッチー
ガイウス・ユリウス・オクタビアヌス
ガイウス・ユリウス・カエサル
カイラ・セジウィック
カイル・マクラクラン
カーウィン・マシューズ
ガヴリロ・プリンツィプ
カウント・ベーシー
ガエル・ガルシア・ベルナル
カーク・ダグラス
ガス・ヴァン・サント
カースティ・アレイ
ガストン・ルルー
カスバー・ダーヴィト・フリードリヒ
カスパー・ハウザー
ガスパール・カサド
ガスパール・ド・コリニー
カーソン・マッカラーズ
カダフィ
カタリナ・サンディノ・モレノ
カーダール・ヤーノシュ
ガットスン・ボーグラム
カート・ヴィネガット
カート・ラッセル
カトリーヌ・スパーク
カトリーヌ・ド・メディシス
カトリーヌ・ドヌーヴ
ガートルード・スタイン
カニエ・ウエスト
ガートルード・ローレンス
ガニヘス
カーネル・サンダース
ガブリエラ・アンデルセン
ガブリエラ・ミストラル
ガブリエル・アプリ
ガブリエル・アーモンド
ガブリエル・アンウォー
ガブリエル・ガルシア・マルケス
ガブリエル・ノーデ
ガブリエル・バーン
ガブリエル・ファーレンハイト
ガブリエル・ホセ・ガルシア・マルケス
ガブリエーレ・ダヌンツィオ
カマラ・ハリス
ガマール・アブドゥン・ナーセル
カミーユ・クローデル
カミーユ・コロー
カミーユ・サン・サーンス
カミーユ・デムーラン
カミーユ・ピサロ
カミラ・パーカー・ボウルズ
カミラ・カベロ
カミーラ・ベル
カミッロ・ゴルジ
カムタイ・シーパンドーン
カーメン・キャヴァレロ
カヤ・スコデラーリオ
ガラ・エリュアール
カラ・ムスタファ・パシャ
カーリダーサ
カリスタ・フロックハート
ガリレオ・ガリレイ
カール・アウグスト・ウィットフォーゲル
カール・アウグスト・フォン・ハルデンベルク
カール・アドルフ・フォン・バセドー
カール・アーバン
カール・アレクサンダー
カール・アンドレ
カール・ウィットフォーゲル
カール・ヴィルヘルム・シェーレ
カール・カウツキー
ガル・ガドット
カール・グスタフ・ユング
カール・コリ
カール・サムナー・シャウプ
カール・ジェラッシ
カール・シャウプ
カール・シュナイダー
カール・シュミット
カール・ツァイス
カール・ハインリヒ・マルクス
カール・ハラー
カール・バルト
カール・ヒルティ
カール・フォン・クラウゼヴィッツ
カール・フォン・ドライス
カール・フォン・フリッシュ
カール・フォン・リンネ
カール・ブッセ
カール・フリードリッヒ・ガウス
カール・ペーテル・ツンベルク
カール・ベンツ
カール・マイ
カール・マリア・フリードリッヒ・エルンスト・フォン・ヴェーバー
カール・マルデン
カール・ヤコブ・ブルクハルト
カール・リープクネヒト
カールハインツ・シュトックハウゼン
カールハインツ・ベーム
カール・リッター
カール・ヤスパース
カール・ユーハイム
カール・ラントシュタイナー
カール・ルイス
カール・ワイエルシュトラス
カルロ・カッラ
カルロ・コッローディ
カルロ・ゴルドーニ
カルロ・ドニーダ
カルロ・バエリ
カルロ・マデルナ
カルロス2世
カルロス・ガルデル
カルロス・ゴーン
カルロス・サウラ
カルロス・サンタナ
カルロス・ハンコック
ガレアッツォ・チャ―ノ
カレル・アベル
カレル・ゼーマン
カレル・チャペック
カレル・ファブリティウス
カレン・アレン
カレン・ブラック
カレン・モーレイ
カロン・ド・ボーマルシェ

« アカデミー賞に歴史あり | トップページ | 明治政府の北海道開拓 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

( ̄▽ ̄)外国人の名前で民族のルーツが判別できますね。ユダヤ系とかゲルマン系とか。でも時代につれて混血しているので、名前と民族の特色が乖離している方も・・。
ただ、名前でルーツが何となく分かるというのがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカデミー賞に歴史あり | トップページ | 明治政府の北海道開拓 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30