無料ブログはココログ

« 歴史ヒーロー伝「髙杉晋作」 | トップページ | 大和と武蔵 »

2022年6月 1日 (水)

日本名言集

1 天皇、すでに吾を死ぬとや思はすらむ(古事記)

 

  「日本武尊の研究」池田米寿 住吉書院 昭和12年

 

2 下泣きに我が泣く妻を今夜こそは安く肌触れ(古事記)

 

  「軽太子の悲恋物語考」竹野長次 学術研究 昭和31年

 

3 世間虚仮、唯仏是真(天寿国繍帳)

 

  「聖徳太子」 薗田宗恵 仏教学会 明治28年

 

4 あに天孫をもって鞍作に代へむや(日本書紀)

 

  「天智天皇」 中村直勝 近江神宮奉賛会 昭和13年

 

5 天と赤兄と知らむ。吾、もはら知らず(日本書紀)

 

  「有馬皇子を偲ぶ」 三宅瑞晃編 南部町教育委員会 昭和34年

 

6 この盟のごとくにあらずば、身命亡び子孫絶えむ(日本書紀)

 

  「天武天皇」 川崎庸之 岩波書店 昭和27年

 

7 罪なくしてとらはる。これ決定して死ぬるならむ(日本霊異記)

 

  「長屋王の願経に就いて」 川瀬一馬 奈良叢記 駸々堂 昭和17年

 

8 天下の富を持つ者は朕なり(続日本紀)

 

  「聖武天皇御伝」 東大寺編刊 昭和31年

 

9 我もし亡ぜんときは、願わくは坐して死なん

 

  「鑑真」 安藤更生 美術出版社 昭和33年

 

10  心形久しく労して一生ここに窮まれり(遺誡)

 

  「伝教大師伝」 山方石之助 壬子出版社 大正2年 

 

11 家は洩らぬほど、食事は飢えぬほどにて足ることなり(南方録)

 

  「千利休」 芳賀幸四郎 吉川弘文館 昭和38年

 

201112022154476a4

 

家は雨露をしのげる程度、食事は飢えない程度にあれば、十分である

 

番外

政治家とは歴史という名の法廷で、裁かれる被告 (中曽根康弘)

 

 

« 歴史ヒーロー伝「髙杉晋作」 | トップページ | 大和と武蔵 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歴史ヒーロー伝「髙杉晋作」 | トップページ | 大和と武蔵 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30