無料ブログはココログ

« 似て非なる漢字「杮と柿」 | トップページ | 鳥名の難読語 »

2022年4月24日 (日)

キンバリー市立図書館の幽霊

  幽霊の出る図書館がある。キンバリーは南アフリカ共和国にある都市。ここの図書館には、稀少な古書の膨大なコレクションがある。19世紀末、ベルトラン・ダイアーという勤勉な司書がいた。彼は非常に貴重な書籍の修繕をこつこつと行っていた。だが彼は請求書の粉飾も行っていた。その事実が発覚すると、ダイアーは恥辱に耐えられずヒ素を飲んで自殺した。キンバリー・アフリカーナ図書館では今も館内を歩き回る男の足音がするという。ダイアーの魂がいちばん愛した場所にとどまっている、と現在ここで働く司書たちは確信している。Kimberley Africana Library,Dyer Bertrand 

« 似て非なる漢字「杮と柿」 | トップページ | 鳥名の難読語 »

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 似て非なる漢字「杮と柿」 | トップページ | 鳥名の難読語 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30