無料ブログはココログ

« 中学英語のやり直し | トップページ | 偶然に発見されたブラジル »

2022年4月21日 (木)

顔の左側を向けると美しい横顔になる

Dorotheawieck
 ドロテア・ヴィーク

 

    絵画にしろ、ポートレートにしろ、やはり彫りの深い外国人のほうが美しい横顔がみえる。古典的な作品としては、レオナルド・ダ・ヴィンチの「マントヴァ侯爵夫人イザベラ・デステの肖像」である。日本の洋画では藤島武二「芳恵」(1926)が有名である。ポートレートでは女優イングリッド・バーグマンやオードリー・ヘプバーン。男優では「偉大なる横顔」といわれたジョン・バリモア。

 こうして横顔の絵画やポートレートを調べてみると、顔の左側を写した写真・絵画が多いことがわかる。それは人によい印象を与えることができると言われているからだ。体の左半分は右脳、右半分は左脳が制御している。右脳は「芸術脳」とも呼ばれ、イメージやパターン認知をつかさどり、左脳は「理論脳」と呼ばれ、計算や分析をつかさどる。そのため、右脳が制御する、顔の左側の方が感情を表現できるのだという。つまり、好印象を与えたいのなら左側、冷静さを印象づけたいなら右側を見せる効果的なのである。

 

Img_844342_51629081_0

 

2010082321102902c

 

Ingridbergmanportraitc1946

 

Img_94440_42878304_0

 

Johnbarrymore2

« 中学英語のやり直し | トップページ | 偶然に発見されたブラジル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学英語のやり直し | トップページ | 偶然に発見されたブラジル »

最近のトラックバック

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31