無料ブログはココログ

« コラムニスト | トップページ | 地球外生命体はホントにいるのか? »

2022年3月11日 (金)

古い映画

  アメリカ映画の全盛期とは、いつ頃だろうか?私は1950年代だと考えている。歴史映画「聖衣」がシネマスコープで話題となったのが1953年。超大作「ペン・ハー」がアカデミー賞を総なめにしたのが1960年のことである。50年代はクラーク・ゲーブル、ゲーリー・クーパー、ジョン・ウェインが映画界の中心的存在として君臨していた。そしてセックスシンボル、マリリン・モンローが大活躍していた時代である。50年代映画ならほとんど見ている、と思っていたら、本日、NHKBSで放送されるラウォール・ウォルシュ監督の「南部の反逆者」は記憶にない。主演はクラーク・ゲーブル、イヴォンヌ・デ・カーロで1957年の作品。

« コラムニスト | トップページ | 地球外生命体はホントにいるのか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コラムニスト | トップページ | 地球外生命体はホントにいるのか? »

最近のトラックバック

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31