無料ブログはココログ

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月31日 (月)

オードリー・ヘプバーンとグレース・ケリー

  オードリー・ヘプバーンとグレース・ケリーは生まれも同年で活躍時期も1950年代とほぼ重なる。1956年にグレースがモナコ妃となり引退するが、オードリーも1967年以降は半ば引退同然のような状態で女優キャリアも似ている。身長も2人は170cmくらい。趣味もオードリーがガーデニング、グレースも「トコリの橋」で来日し、日本文化に造詣があり、とくに華道には関心が高かった。享年がオードリーが63歳、グレースが52歳、と共にはやくこの世を去っている。いまのところオードリー・ヘプバーン、グレース・ケリーを凌ぐ美女は現れていないというのが大方のみるところ。

 

Age_12  Gracekelly2_2
少女時代の写真をみると、髪型、襟付きワンピースと同じ

生れ  1929.5.4                1929.11.12

 

         ベルキーブリッセル 米国フィラデルフィア

 

Audreyhepburnaudreyhepburn639590112 Grace_kelly341


Audreyuru3ssssImg20090628103634919
 麗しのサブリナ            上流社会

オランダの集団肖像画

Photo_2

 

    レムブラント(1606-1669)の「トゥルプ博士の解剖学講義」は革新的な創意によって、全く新しい集団肖像画をつくりあげた。この絵の成功により、彼はいわゆる流行作家となったのである。ニコラース・トゥルプは著名な医者として知られていただけでなく、アムステルダム市長を4期も務めた人でもあった。本図は、1632年1月31日に行われた通称キットなる28歳の死刑囚の解剖場面を表わしたものと考えられている。

    集団肖像画はオランダ特有の伝統で、16世紀に起源を発し、17世紀において、レンブラントを頂点として、他に類をみないジャンルの芸術を開花させた。各種組合や自警団、医師団、慈善団体が自分たちの会館の壁画を飾るために依頼したことから始まる。ときには20人もが一堂に描かれたが、構図はおおむね変化がなく、モデルが横一列か扇形に並んだ。この伝統を打ち破ったのがレンブラントのきわめて独創的な集団肖像画である。「トゥルプ博士の解剖学講義」、「夜警」(1642年)、「アムステルダム布地組合の品質鑑査官たち」(1661-1662年)。近刊書としてアロイス・リーグル著「オランダ集団肖像画」の翻訳が中央公論美術出版からでている。収録されている画家は、コルネリス・ケテル、ウェルネル・ファン・ファルケルト、トーマス・デ・ケイセル(1596-1667)、バルトロメウス・ファン・デル・ヘルスト、フランス・ハルス(1582-1666)ほか。

   レンブラントは20代の末にはアムステルダム随一の人気画家となったが、晩年は経済的に恵まれず破産した。当時の人々は彼の弟子たちが描く口あたりのいい絵のほうを好んだ。レンブラントが美術史における最高の画家と認められるようになったのは、ようやく19世紀になってからである。

戦後日本の経済発展

E1fff2178e2e011d6279b1fa37e5b01b

Img_0018fa678

   日本の国内生産(GDP)は、米国、中国に次ぐ世界第3位である。戦争によって廃墟と化した日本は「戦後76年」の間に、2度も五輪開催国となって平和主義を希求する世界有数の先進国となった。だが現在の繁栄は廃墟と壕舎の窮乏生活の戦後から始まる。戦争のもたらす恐るべき破壊と損耗について改めて知っておく必要がある。戦争でこうむった国民の被害は、310万人をのぼる多数の戦死傷病者を出したことにある。また空襲によって住居や職場を失い、家族が路頭に迷ったこともある。また戦後の食糧不足から栄養不良となり、餓死したものも多数いたであろう。こうした国民生活の窮乏はなかなか数値に表しにくいものである。岩波講座日本歴史 現代4には「戦時戦後の国富統計」が掲載されている(45頁、島恭彦「戦争と国家独占資本主義」)。これをみても1945年の国富総額は1935年の基準から著しく低下している。

 

Pk2014121502100221_size01935年 76,309

1945年 53,958

   (単位,百万円)

 戦後、昭和24年までは経済混乱によりインフレが進行していた。自動車産業はドッジラインによる不況もあっで低迷が続いていた。しかし、朝鮮戦争の勃発でアメリカから大量の自動車の注文がおこり、日本経済の復興のきざしがみえた。つまり戦後日本の経済成長の過程には3つのターニング・ポイントがある。1つ目は昭和25年の朝鮮戦争勃発による特需景気。2つ目は「もはや戦後ではない」と言い切った昭和31年の経済白書。3つ目は高度成長のひとつのシンボルとなっている国民所得倍増計画がスタートした昭和37年である。昭和39年のオリンピック東京大会、昭和45年の大阪での日本万国博覧会は、世界に開かれた平和な経済国家としてよみがえつた戦後日本を象徴するイベントとなった。

  なぜ日本が世界有数の経済大国にまで発展できたのだろう。戦後の日本経済の発展の原因をめぐっては今日、さまざまな角度からの研究が行われている。たとえば、戦後欧米から積極的に新技術を導入し、それを体現化した民間設備投資が精力的に展開されたこと、さらに欧米経済の長期的繁栄に支えられて輸出が世界貿易の増加テンポをはるかに上回つて伸び続けたこと、などが発展の原動力になったとする説明などはその代表的な例である。また、戦後の西ドイツが住宅重視の経済復興に力を入れたのに対し、日本は民間設備投資主導型の高度成長を可能にした、という研究がある。このほか、「日本株式会社」といった表現にみられるように、政治と民間との協力がうまくいったことを強調する説、さらに経営学的アプローチとして、労使協調路線による「日本的経済」に発展の原因を求めようとする分析も盛んである。最近では日本人の勤勉精神にスポットライトを当てて、日本経済発展の原因を探ろうとする試みも始まっている。このように、戦後の経済発展の原因をめぐっては、経済学的アプローチだけではなく、日本人の精神風土の分析など経済学以外の学問分野からの研究も盛んになっている。

 

 

 

 

 

 

 

誤解された「もはや戦後ではない」

T407792

  1956年7月に発表された経済白書の結語には、太平洋戦争後の日本の復興が終了したことを指して「もはや戦後ではない」として「回復を通じての成長は終わった。今後の成長は近代化によって支えられる」と結んだ。この言葉は経済企画庁の調査課長であった後藤誉之助(1916-1960)が用いたとされる。しかし言葉の初出は、評論家、中野好夫が文藝春秋2月号に掲載されたエッセー「もはや戦後ではない」である。

    ところで、この「もはや」という語は、日本が復興期から脱して、神武景気に沸く明るい未来を目の前にした状況を表現したものと誤解されることが多いが、当時の「もはや」に込めた認識は今日的解釈とは正反対で、「今までは戦後復興ということで、成長の伸び代が多大にあったが、戦前の生産水準にまで回復してしまった以上、この先、この成長をどうやって続けたらよいものだろうか」という不安な思いが込められている。

妖精フォーク

 1970年代に入り、ベッツィ&クリスの影響で女性シンガーがギターを弾きながらのフォークが流行した。「恋人もいないのに」シモンズ、「風と落葉と旅びと」チューインガム、そして「風に吹かれて行こう」やまがたすみこ、などが「三大妖精フォーク」とよばれた。しかし香港からアグネス・チャンが来日し、フォークからアイドル路線が主流となる。もともとアグネスは香港では陳美齢と名乗り、ギターを持ったフォーク系だった。「いちご白書」の主題歌「サークル・ゲーム」は映画ではバフィ・セント・マリーが歌ったがジョニ・ミッチェルがカバーし、アグネスがアジア圏で広めた。1970年代後半はチェルシア・チャンが香港・台湾・韓国でアイドル的人気があった。1980年代はグロリア・イップが可愛いかった。

2022年1月30日 (日)

孝明天皇、急死の謎

  幕末激動期のなか孝明天皇は1866年年12月25日(新暦1867年1月30日)崩御した。この日は明治7年から明治45年までは、国の祭日として孝明天皇祭が実施されていた。孝明天皇の急死をめぐって、痘瘡病気説と毒殺説が生まれたが、真相はいまだに不明である。 幕末維新史を専門とする国立大学系の学者の方には、孝明天皇毒殺説はとるにたらぬ俗説であるとされる人が多い。佐々木克は「岩倉具視」(吉川弘文館)において、「古くからの俗説に、孝明天皇の死因は毒殺で、それを計画したのが岩倉だという説がある。岩倉犯人説は、岩倉が王政復古を構想し、その実現のためには幕府との協力体制を維持しようとする孝明天皇が邪魔であったからという、あまりにも単純・短絡的な考えに基づいた理由付けによるものである。岩倉にとって孝明天皇は欠くことのできない存在であったことは、いま述べた通りである。そして死因が悪性の天然痘であったことは、病理学的に検討した結果明白になった。毒殺説は岩倉の構想を深く検討しない上に、当時の朝廷内外の政治状況を正確に把握しないでなされた、まったくの妄説である。」(本書99頁)

    そして、佐々木克は原口清の文献をあげている。「孝明天皇は毒殺されたのか」(日本近代史の虚像と実像1巻 大月書店 1990年、「孝明天皇と岩倉具視」(名城商学39巻別冊、名城大学商学会、1990年)

   佐々木克は、大久保利謙の弟子にあたる学者で、岩倉関係の史料を全て渉猟したうえでの見解であり、傾聴すべきであろう。ただ、岩倉が天皇毒殺という謀事を日記や書簡に得意げに書き残すことはしないであろう。孝明天皇の死を知った岩倉は、翌日の坂本静衛に宛てた手紙で「仰天恐愕…千世万代の遺憾」と嘆いていた。これほどまで落胆したのは、この手紙で「いささか方向を弁じ、少しく胸算を立て、追々投身尽力と存じ候処、悉皆画餅となり」として、岩倉を弁護しているが、犯人と思われないように知人に証拠として残る手紙を書くという工作は誰しもやるこではないだろうか。

   孝明天皇毒殺説は、俗説として一笑に付す事柄ではなく、かなり真面目な日本史通史にも必ず記述されている歴史的事件である。昭和40年代からのシリーズ物「日本の歴史」において孝明天皇の急死をどのように記述しているか列挙する。

中央公論社「日本の歴史、第19巻、開国と攘夷」(昭和41年)小西四郎(東京大学教授)著

    こうして見ると、毒殺説はどうも風説にすぎないように思われる。東京大学史料編纂所の吉田常吉氏は、この問題について論じている中で、「天皇も疱瘡にかかられる可能性がある」との見解を示し、「当時天皇の御周囲で、疱瘡をわずらっていた者が全然なかったとはいいきれない」と、例えば天皇の側近に奉仕した公卿の子女で疱瘡にかかった者があるとか、あるいは同じころ関白二条斉敬の二人の男の子が痘瘡で死亡したことなどをあげている。さらに孝明天皇毒殺事件については、それが「白か、黒か、読者諸君に正面きって切り込まれると、筆者は困る。推論に推論を重ねたうえでの筆者の論旨なのだから、そこは諸君の良識にまつ以外にない。ただ筆者の見解を述べるならば、毒殺事件そのものは、確乎たる史料がない限り、従来の定説を覆すわけにまいらぬ。云々」と。わたしもこれと同意見である。

文英堂「国民の歴史、第18巻、開国」(昭和45年)高橋磌一著

  慶応2年12月25日に、孝明天皇が36歳で急死したのも、謀略のにおいがする。痘瘡わわずらっていたとはいえ、だいぶ容態もよくなっていたのが急変し、「御九穴から御出血」という異常な死を迎えたのである。徹底した攘夷論者ではあったが、幕府打倒などは毛頭考えていなかった天皇は、討幕派にはやっかいな存在となっていたことはじゅうぶん考えられるのである。

「日本の歴史23 開国」芝原拓自(名古屋市立大学)昭和50年

    天皇のこのふしぎな死が、毒殺説を流布させる一根拠ともなった。その風評や憶測はたちまちひろがり、犯人をさしむけたのは岩倉具視だとさえ、まことしやかにささやかれた。その噂は、死去から一週間後には、長州の一豪商の日記にさえ登場し、通訳官サトウの記録のなからもでてくる。しかし、王政復古から戦前をつうじて不敬の毒殺説はタブーとなり、宮内庁編「孝明天皇紀」などは、もちろん病死として史料を配列している。けれども、かんじんの24日夜のことについては、なぜか典医たちの医学的な記録はなく、真相はいまだに不明である。戦後になってねづまさし(禰津正志)氏などは、この病状急変と死のようすこそ、古くから中国や日本でみられた砒素による毒死に特有であることなどを根拠にして、毒殺説にかたむいている。他方、吉田常吉氏などは毒殺説に確証なしとし、病死であったろうと推定している。ところが、昭和50年4月4日付の「サンケイ新聞」の記事によれば、近江八幡市の開業医伊良子光孝氏宅の蔵から孝明天皇の典医をつとめていた同氏祖先光順の日記形式のカルテ「拝診日記」が発見され、そのカルテの天皇死去当日の描写は暗に薬物中毒症状をにおわせるものである、と紹介されている。

    奈良本辰也(立命館大学教授)著「明治天皇即位の舞台裏、孝明天皇崩御と討幕工作」(歴史読本、昭和52年12月)

   日本医学史学会の佐伯理一郎氏などは、これらの日記を検討した結果、「天皇が痘瘡にかかられた機会をとらえて、岩倉具視が女官に出ている姪をして天皇に一服盛らせたのである」(日本医事新報)と大胆な断定を下している。

                 * * * * *

 奈良本辰也が引用した京都の佐伯理一郎医学博士の説とは、昭和15年7月に日本医史学学会関西支部大会で発表したものである。当時の侍医の織部正伊良子光順の病床日記を資料とし、「天皇が痘瘡にかかられた機会をとらえて、岩倉具視が女官にでている姪をして天皇に一服毒を盛らしめたものである」としている。

    新人物往来社など一般歴史雑誌の読物などは孝明天皇毒殺説を支持する記事が多い。国立系の学者は、とるにたらぬ俗説として斥けるであろう。しかし孝明天皇毒殺説をとると、聡明な明治天皇は毒殺犯をさがして必ずや復讐すると考えられるので、鹿島昇の明治天皇すりかえ説がセットになって浮上する。ただし、大室近祐の証言、あるいは存在そのものが実在性があるのか一読する限りでは確証できない。いまだ孝明天皇急死には事件性が認められ、幕末・明治の宮中には謎が多い。

三顧之礼

  日本のことわざに「三度目の正直」があるが、イギリスの諺にも「Third time lucky.」(三度目はうまくゆく)がある。これに関する西洋の故事は知らないが、中国では「三顧の礼」の故事がよく知られている。三顧之礼は人材を厚く迎えるために礼を目上の人が何度も足を運び礼を尽くすことであるが、3度も繰り返すというところは「三度目の正直」の発想と通じるところがある。 孔明の「出師表」の中で「臣を草廬に三顧し」と記されており、ここから、手厚く礼をつくすことを「三顧の礼」というようになったのであるが、戦前の国語の教科書でも取り上げられた故事である。

 

20130724115241bbc

    諸葛孔明は、戦乱の世を避けて、襄陽の西、隆中山の臥龍岡という丘に草廬を結んで静かに暮らしていた。村人たちは臥龍先生といって尊敬していた。

 

   白雲いういう去りまた来る

 

   西窓一片、残月あはし

 

   浮世をよそなる 静けき住居

 

   出でては 日ごと 畑を打ち

 

   入りては 机に 書をひもとく

 

  劉備玄徳は、新野の県城に駐屯していたが、ある日、学者の徐庶は隆中に住む諸葛孔明という人物こそ「臥龍」(眠れる龍)であるとして劉備に強く推挙した。そこで劉備は礼をあつくし辞をひくくして訪ねていったが、孔明は不在で、その友人の崔州平と言葉を交わして立ち去る。 

  建安12年12月、劉備は再び関羽、張飛を連れて会いに行く。朔風凛々として雪が降る。張飛は不平をいいだす。「いかなれば軍をせずして、無益の人を遠く訪ねたまふ。まず新野へ立ち返りて、この大雪をさけたまえ」劉備の曰く「吾かくするは孔明に慇懃の意を知らしめんためなり。汝寒気をいとわば、ここより帰れ」張飛が曰く「吾は死することをも恐れず。なんで寒気をいとうことあらん。ただ益も無きことに心を苦しめたもうを思うやゆえなり」劉備の曰く「汝かならず多言することなかれ」

 だが、この時も会えず、空しく新野に帰る。

 年が改まって、三度孔明を訪ねようやくにしてその目的を果たした。時に孔明27歳、劉備47歳であった。いわゆる「三顧の礼」をつくして、劉備は孔明の出廬を懇請したのである。

 

   雪降り乱れる 冬のあした

 

   風なほ冷たき 春のゆうべに

 

   劉備が三顧の こよなき知遇

 

   我が身を捨てて 報いんと

 

   起ちてぞ出でぬる、草のいほり

 

 (引用の詩は尋常高等小学校国語 6年「孔明」より)

 

 

 

 

ガンジーのフルネームを言えますか

D83cd3e5

  1949年のこの日、「インド独立の父」マハトマ・ガンディーがニューデリーで極右ヒンズー教徒の青年ナトラム・ゴドセにより暗殺された。ゴドセは同年処刑された。ガンディーはふつう「マハトマ・ガンジー」と称される。「マハトマ」とは「偉大なる魂」という意味の尊称である。本名を知る人は少ない。モーハンダス・カラムチャンド・ガンディー Mohandas Karamchand Gandhi。1月30日

2022年1月29日 (土)

歌謡曲コレクション

Img_01342  思い出の歌、こころに響く歌、いつでも口ずさめる歌・・・人には、それぞれ胸に刻んだうたがある。曲のタイトルを五十音順に並べると、一番最初に来る歌は何だろう。手元の歌本のインデックスを引くと、最初が「ああ青森」(平川幸夫)で、最後は「ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー」(日野てる子)だった。調べれば他にあるだろう。パティ・ペイジの「The Doggie In The Window」(1952)を桜田淳子がアルバム「淳子と花物語」(1974)の中で「ワンワン・ワルツ」というタイトルで日本語カバーしている。

   最近の石川さゆりの新曲が「あぁ・・・あんた」(吉幾三作曲)。カラオケで曲をさがすとき、いちばん最初に見つけられるようにということらしい。

 先が見づらい世の中だからこそ、多くの人の心に寄り添う歌が聞きたい。新しいJポップではなく、ふつうの流行歌が聞きたい。

 

愛は眠らない 椎名恵

 

春雨  村下孝蔵

 

夜空の笛 守屋浩

 

つまさき坂  永井龍雲

 

風色ロマンス 伊藤敏博

 

春の風が吹いていたら 四角佳子

 

涙をたばねて 小川範子

 

明日も愛して下さいますか 桜田淳子

 

あなたと生きる 石原詢子

 

selfish      前田敦子

 

そよ風の誘惑  石川ひとみ

 

街角セピア色 三東ルシア 1976

 

時計をとめて  草間ルミ

 

私のキライなもの フラワー・メグ

 

いつかある日  中沢厚子

 

春の雨はやさしいはずなのに 朝倉理恵

 

この空が味方なら 裕木奈江

 

7月の雨なら 西脇唯

 

誰よりも好きなのに 古内東子

 

想いで迷子 テレサ・テン

 

明日を忘れて ミッチ・サハラ 1966

 

ドミニク ザ・ピーナッツ 1964

 

ボーイ・ハント 千秋恵子 1961

 

カモン・ダンス 弘田三枝子 1962

 

砂に消えた涙 伊藤アイコ  1965

 

ベラ・ノッテ  本田美奈子

 

霧のカレリア  ザ・スプートニク

 

ハーフムーン・セレナーデ 河合奈保子

 

愛のめざめ 伊東ゆかり

 

私が生まれて育ったところ 野路由紀子

 

Alegria マルシア

 

八月の濡れた砂 門倉有希

 

神戸北クラブ 加門亮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレサ・テンが歌った日本のカバー曲

Photo 1953年のこの日、テレサ・テンは台湾・雲林県褒忠郷田洋村で生まれた。父親鄧樞是は中国河北人で蒋介石とともに台湾に移った軍人だった。やがて1980年代には「アジアの歌姫」といわれるほどアジア圏で人気が沸騰した。「昼は鄧小平、夜は鄧麗君が支配する」といわれたのもこの頃の話である。テレサは「北国の春」「襟裳岬」をはじめてして、数多くの日本の歌を中国語でカバーしている。「北国の春」は日本では望郷歌であるが、中国語歌詞では愛の歌に変わっている。「グッド・バイ・マイ・ラブ」はアン・ルイスが1974年に日本でリリースした曲だが、テレサ・テンがその4年後にカバーしており(中国語タイトルは「再見我的愛人」)、アジアにおいてはテレサの歌声で広く親しまれている。夜来香(イエライシャン)」は1944年に李香蘭のヒット曲であるが、テレサの歌声で復活した。「何日君再来」等と共に、アジアを代表する歌曲となっている。「涙的小雨」「山茶花」「誰来愛我」「世界多美麗」は何の歌か分かるだろうか?「長崎は今日も雨だった」「山茶花(みちずれ)」「港町ブルース」「世界は2人のために」である。とくに「里の秋」は台湾語訳曲「又見炊烟」として日本以上に親しまれている。のちに日本の歌曲が台湾、香港、中国大陸、韓国などで数多くカバーされるようになった背景には80年代のテレサ・テンの活躍を抜きにしては語れない。(1月29日)

 

 

 

「ネギ」「ニラ」「大根」は英語でなんて言う?

 日本でも馴染みのある野菜でも意外と英語名を知らないことが多いものです。

長ネギ  leek

玉ネギ  onion

ニラ   Chineese chive

ピーマン bell pepper

ナス   eggplant

ゴボウ    burdock

大根   (Japanese)radish

もやし  bean sprout

かぼちゃ pumpkin または squash

セロリ  celery

ほうれん草 spinach

パクチー  coriander

穀物   grain jqf cereal

さつまいも sweet potato

  

人口調査記念日(1月29日)

2012011700000316giz0000view

 

    明治5年、初の全国戸籍調査が実施されたことに由来する。当時の調査結果では、男性1679万6158人、女性1631万4667人の総人口3311万825人となっている。総務省統計局発表の最新人口(2022年1月1日現在)1億2544万人。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2060年までの日本の将来推計人口は、8674万人と、半世紀で約3870万人減少すると予測している。

 

 

2022年1月28日 (金)

生類憐みの令

E5beb3e5b79de7b6b1e59089851d6     三代将軍家光には、家綱、綱重、綱吉という3人の子がいた。家光が死んだので、家綱は11歳で将軍になり、40歳で死んだ。次男の綱重は兄より先に35歳で死んだ。そこで三男の館林城主・綱吉が次期将軍になるはずであったが、大老酒井忠清は綱吉はふさわしくないと考えた。理由は綱吉が低身長症を患っていたからだ。しかし綱吉は勇猛果断で学問好きの英明な君主だった。堀田正俊らの意見で綱吉は35歳で五代将軍職についた。歴史上、綱吉が暗君といわれるのはあの「生類憐みの令」のためだろう。「伊勢屋稲荷に犬の糞」という言葉があった。江戸に多いものをいう。江戸に犬が多かったことは、綱吉の「生類憐れみの令」とも関係する。俗説では綱吉が戌年生まれであるから、犬を愛護したといわれる。実際は野犬が増えて疫病が発生したからである。「生類憐れみの令」は貞享4年(1687年)1月28日に初めて発布された。1695年11月13日、中野、大久保に犬小屋が設けられ、江戸中の野犬を収容し、お犬奉行以下の役人をおいて丁重に世話をさせた。この令を犯したものは、死罪、遠島などの極刑に処せられたが、誤って刑にふれるものが多く数万人にものぼったという。しかしこの数字はのちの新井白石らの記録によるもので誇大な数字と考えられる。「生類憐みの令」は24年にわたり130もの法令が発令された。とくに1707年8月11日の法令には、どじょう、うなぎ、鳥を扱う商売が禁止された。

   綱吉の悪評は大地震、勅願大火、宝永富士山噴火など自然災害に悩まされた庶民がその原因を為政者に押しつけたからであろう。綱吉は戦国遺風を儒学を重んじる文治政治に変革した名君であった。新田開発などの成功により、減税で庶民の暮らしに余裕がでて元禄文化が生れたのも綱吉の治世の成果である。生類憐れみの令は1709年には廃止された。(11月13日)

 

 

 

 

2022年1月27日 (木)

実朝暗殺の謎

Photo   源実朝の右大臣拝賀式は承久元年(1219年)1月27日、鶴岡八幡宮で行われた。早咲きの梅の花を見て、「出でていなば主なき宿となりぬとも軒端の梅よ春をわするな」と詠んだ。辞世の歌のような悲しいひびきがある。その儀式の夜、日暮れから降りはじめた雪はしんしんと積もった。実朝が雪の石段を下りたところ、頼家の遺児の公暁はイチョウの木の陰から突然おどり出して、将軍実朝を殺し、太刀持ちの源仲章も斬り伏せた。公暁は実朝暗殺のあと、三浦義村を頼ったが、義村に裏切られ、長尾定景に謀殺されてしまった。将軍実朝は30歳に満たない若い命を散らし、公暁も死に、ここに源氏の嫡流が断絶してしまった。

   鶴岡八幡宮の石段わきには「公暁の隠れ銀杏」といわれるイチョウの大木があった。高さ約30m、周囲6.8m、樹齢800年以上ともいわれている。ところが2010年3月夜の強風のため、この大木が倒れてしまった。樹齢800年であれば、公暁が隠れたイチョウの木はこれ以前の木かもしれない。それにしても「公暁の隠れ銀杏」の話は江戸時代以降に見られることで、慈円の「愚管抄」などの鎌倉時代の文献には、イチョウのことは一つも書かれていない。このことから史実ではなさそうだ。現在、倒伏した大銀杏の樹幹が鎌倉文華館カフェに置かれている。

    この実朝暗殺が、公暁一人の計画でなかったことはほぼ推察できる。しかし、これが北条義時の陰謀であるのか、あるいは三浦義村が暗殺計画の黒幕であるのか(永井路子の小説『炎環』)、さまざまな憶測は可能であるが、その真相はいまだに歴史上の謎につつまれている。

2022年1月26日 (水)

帝銀事件

Teigin

  昭和23年1月26日、帝国銀行椎名町支店に午後3時過ぎ、東京都防疫消毒班の腕章をつけた色白いやせ型の初老の男が現れた。男は進駐軍の命令で赤痢の予防薬を飲んでもらうことになったという。まず自分で飲んでみせたあと、行員全員に飲ませた。まもなく、12人が死亡、4人が重体となり、現金16万円と小切手が奪われた。毒物は青酸化合物と判明した。

    当初、警察は毒物の専門知識を持つ者の犯行として、犯人像を旧関東軍の細菌兵器研究部隊(731部隊)関係者に絞り込んでいた。ところが、事件から7ヵ月後、突如捜査方針が転換した。8月22日、テンペラ画家平沢貞通が逮捕された。一旦は犯行を自白したが、公判では否認。物的証拠がなく、毒物の入手経路も判明しないまま、昭和25年7月24日に死刑判決が下され、昭和30年に死刑が確定した。しかし、死刑は執行されず、平沢貞通は昭和62年5月10日に95歳で獄死した。遺体は東京大学に献体として運ばれ、脳は薬品処理され、保存された。その後、池田研二(元・東京都精神医学総合研究所精神疾患研究係長)が脳を解析した結果、狂犬病ワクチンによる脳脊髄炎の後遺症と推定される病変を発見した。病変の状態から、認知症にはいたらなかったが、虚言など性格変化を起こすという。

    帝銀事件の真相は依然として謎が多い。占領下の昭和24年、下山事件、三鷹事件、松川事件と三大謀略事件が立て続けに発生している。平沢貞通の冤罪事件もこれらと関連づけて考えることができる。当初、警察は731部隊の犯行と見ていた。もし石井部隊の研究員が逮捕されると、731石井部隊の研究データをアメリカに提供していることや、細菌研究の全容が明るみにでるため、隠蔽工作の指示がGHQから出されたとケペルは推理する。石井部隊の細菌研究者たちが医学界の中心的存在として君臨し、その後、石井部隊出身者が薬害問題をひきおこしていく。帝銀事件の真相の究明は松本清張のミステリー小説からやがて、歴史の研究対象としても重要になっていく。戦後はまだ終わっていない。

 

 

2022年1月25日 (火)

銭湯の歴史

83e2a7832abf9a37ed69be9a260c8b9b

 

    江戸では入浴といえば、湯屋(銭湯)に行くことに決まっていた。町人が風呂を持つことはなく、江戸一番の呉服商越後屋でさえ風呂はない。幕末に600余軒というから、人口の割には数が少なく、どこの町の湯屋も混んでいた。誰でも毎日入浴し、料金は銭6文。男女老若とも同じ浴槽に入る。寛政(1789-1804)ころから男女別々となったと書物には記されるが、確かなことはわからない。寺院などの社会事業としての共同浴場は平安時代にもあったが、営業浴場の始まりは鎌倉時代の頃といわれている。個人営業としては天正19年(1591年)頃に伊勢与市なる人物が江戸日本橋に開業したのが始まりと記録に残る。1791年には江戸市中の銭湯での男女混浴を禁止する法令が出されたが、混浴の風習はその後も続いた。

Illust_public_bath   幕末のハリスやヒュースケンには、下田の湯屋で14歳くらいの女の子が平気で、若い男が入っている浴槽に、全裸で入浴する光景を目にして驚いている。考古学者シュリーマンは世界一周の旅の途中、日本に立ち寄っている。江戸の男女混浴を「旅行記」(1865年)に次のように記している。「浴場の前を通ったらアダムとイブそのままに、丸裸の男女がそれぞれ出てきて、外国人の私を見物した。羞恥心も無ければ風紀の乱れる様子もなく、なんという聖なる単純さであろうか」と。混浴が風紀上問題となったのは西洋人の指摘で改善したものであろう。1869年2月19日、東京府が男女混浴を禁止した。1900年5月24日、12歳以上の男女混浴を禁止する内務省令公布される。

「東風吹かば」の歌は偽作!?

Pn2008072401000656___ci0003   本日は「左遷の日」といわれる。901年のこの日、右大臣の菅原道真が九州の大宰府に左遷された。「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」と詠み、この日、都を旅立った。そして道真は無念の思いを抱きながら、2年後に亡くなった。のちに道真は「学問の神様」として神格化され、全国各地に天満宮がつくられた。毎月25日は天神さんの日として縁日が開かれる。そのうち新年最初の1月25日は初天神として参拝客で賑わう。

  道真の詩文には偽作と思われるものが数多くある。もっとも有名な「東風吹かば」の歌には2種ある。初出は「こちふかばにほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわするな」(拾遺和歌集巻第14雑春)もう一つは「東風吹かばにほひおこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ」(宝物集)。一般に「春な忘れそ」のほうが人口に膾炙していると思われる。歌は道真が宇多法皇に別れ際に詠んだとされるが、いずれにしても道真の死後から100年から180年も経って世に現れた歌である。漢学者の道真の真作であるとは考えにくいが、仮託が許される文学風土なので、この歌にケチをつける人は誰もいない。(1月25日)

 

 

叙任権闘争とカノッサの屈辱

Img_1537168_27540274_0
   1076年2月14日、教皇グレゴリウス7世は神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門した。国王は、王妃、王子と数名の従者を伴い、1076年の暮れ、教皇に謝罪するため、ひそかにブルグンド王国にむかって旅立った。それは異常な寒波がおそった冬だった。国王の一行はブルグンド王国の首都ブザンソンで、護衛の一隊をととのえて、アルプスを越え、おりからグレゴリウスの滞在するカノッサ城外に到着した。ところが、グレゴリウスはなかなかハインリヒに会おうとしなかった。しかしトスカナ女伯マティルダの仲介により、ハインリヒは、三重の城門の第二門のなかに入ることを許された。1077年1月25日から27日までの3日間、かれはただひとり、無帽、はだしで、わずかに粗毛の修道衣をまとったまま、雪の中に立ちつづけ、やっと城門をといてもらうことができた。これが「カノッサの屈辱」とよばれる事件である。ところがカノッサ事件は、これで終わらなかった。

    その後、諸侯を武力で制圧したハインリヒ4世が教皇に軍を差し向け、1084年、ローマを包囲した。グレゴリウス7世は、なんとか追っ手を逃れて脱出したが、翌年、二度とローマに戻ることなく亡くなった。その後も、皇帝と教皇の争は、1122年にウォルムス協約が成立するまで、30年以後も続くものの、ハインリヒとグレゴリウスの闘争は、ハインリヒが勝利をおさめたのである。だが東京大学教授・堀米庸三は次のようにみている。「カノッサ事件は、しばしばいわれるようにハインリヒのグレゴリウスに対する外交的勝利であったのだろうか。短期的な見通しに立てばそういえないこともない。だが、いってみればこれは楯の一面にすぎない。カノッサがたとえ一つの演戯にすぎなかったにせよ、そのような方便に訴えざるをえなかったところにハインリヒの精神的敗北がある。これはハインリッヒが結局、法王をドイツ国内の問題に関し裁定者として認めたことを意味し、1075年12月8日の法王側の要求に屈服したとみるほかないのである」と。(「岩波講座世界歴史10」1970) 歴史事件を皮相的にみるのでなく、多元的、複眼的にみることが必要だ。あなはカノッサ事件をどうみるでしょうか。(2月14日)

 

 

 

 

2022年1月24日 (月)

「ひ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Peterdrucker   「ピーター・フェルディナント・ドラッカー」1905-2005。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人の経営学者。現代経営学あるいはマネジメントの創始者と呼ばれる。▽「ピーター・ドイグ」ミステリアスな風景を描く現代画家。▽「ピーター・ヘンライン」1479-1542。ドイツ・ニュルンベルクの時計職人。▽「ピーター・ボグダノヴィッチ」1939-2022。映画評論家出身で監督となる。愛人が殺されるという事件で一時期低迷した。代表作は「ラスト・ショー」「おかしなおかしな大追跡」「ペーパー・ムーン」▽「ビョルンスティエルネ・ビョルンソン」ノルウェーの作家。代表作「日向丘の少女 アルネ」。

ピア・アンジェリ
ピアス・バトラー
ピアース・ブロスナン
ピエト・モンドリアン
ピエトロ・ジェルミ
ピエトロ・マスカーニ
ピエトロ・ロレンツェッティ
ピエール・アベラール
ピエール・オーギュスト・ルノワール
ピエール・カルダン
ピエール・クロソウスキー
ピエール・コルネイユ
ピエール・シモン・ラプラス
ピエール・テイヤール・ド・シャルダン
ピエール・ド・クーベルタン
ピエール・ド・フェルマー
ピエール・ド・マリヴォー
ピエール・ド・ロンサール
ピエール・パオロ・バゾリーニ
ピエール・フランソワ・ブシャール
ピエール・ボナール
ピエール・ラルース
ピエール・ロチ
ピエロ・デッラ・フランチェスカ
ヒエロニムス・ボッス
ビクター・シルバースター
ビクター・マクラグレン
ビクター・マチュア
ビクター・ヤング
ビクトリア・アブリル
ピコ・デラ・ミランドラ
ビージー・アデール
ヒース・レッジャー
ビセンテ・アレクサンドレ
ピーター・ウィアー
ピーター・ウェラー
ピーター・オトゥール
ピーター・カッシング
ピーター・クラース
ピーター・グリーナウェー
ピーター・グレイブス
ピーター・コヨーテ
ピーター・サースガード
ピーター・ジャクソン
ピーター・ゼーマン
ピーター・セラーズ
ピーター・ドイグ
ピーター・バウル・ルーベンス
ピーター・バラカン
ピーター・フィンチ
ピーター・フェルディナント・ドラッカー
ピーター・フォーク
ピーター・フォンダ
ピーター・フランクル
ピーター・フランプトン
ピーター・ブリューゲル
ピーター・ヘンライン
ピーター・ボグダノヴィッチ
ピーター・ミニュイット
ピーター・ヤンス・サーンレタム
ピーター・ユスチノフ
ピーター・ローフォード
ピーター・ローレ
ビック・モロー
ビットリオ・ガスマン
ビットリオ・グレゴッティ
ビットリオ・デ・シーカ
ヒッパルコス
ピーテル・ブリューゲル
ピーテル・パウル・ルーベンス
ピート・コンラッド
ピート・ハミル
ピート・プティジェッジ
ピート・ローズ
ビビアン・リー
ビビアンヌ・ロマンス
ビーブ・ダニエルズ
ビームラーオ・アンべードカル
ヒュー・オニール
ヒュー・グラント
ヒュー・ジャックマン
ヒュー・ダンシー
ヒュー・ボネヴィル
ヒュー・ロフティング
ヒューイ・ロング
ヒューゴー・ウィーヴィング
ピューディパイ
ヒューバート・ホレイショー・ハンフリー
ビュル・オジェ
ピョートル・アレクセイヴィッチ・クロポトキン
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ピョートル・ウスペンスキー
ピョートル・クロポトキン
ピョートル・ストルイピン
ピョートル・チャーダーエフ
ピョートル・リコルド
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン
ビヨンセ・ノールズ
ヒラリー・クリントン
ヒラリー・スワンク
ヒラリー・ダフ
ビリー・クリスタル
ビリー・ザ・キッド
ビリー・ジョエル
ビリー・ボブ・ソーントン
ビリー・ホリデイ
ビリー・ワイルダー
ビル・コスビー
ビル・ナイ
ビル・パクストン
ビル・ブルマン
ビル・ヘイリー
ビル・マーレー
ビルイェル・ヤール
ヒルデガルド・クネフ
ビルナ・リージ
ビング・クロスビー
ビンセント・プライス

 

0404_bebe_daniels
ビーブー・ダニエルス(1901-1971) サイレント期の人気スター

大逆事件と大石誠之助

Photo_4大石誠之助

 

   大石誠之助(1867-1911)は和歌山県新宮市の出身の社会主義者で、明治29年、医院を開業。貧しい人からは治療費をとらず、「できるだけ払ってください」と札をかけていた。明治43年1月24日、幸徳秋水の大逆事件(天皇暗殺計画)に連坐し、幸徳秋水、宮下太吉らと共に処刑された。近年、ジョセフ・クローニンが「The Life of Seinosuke」(2007年)という伝記を出し、海外でも知られるようになった。辻原登の小説「許されざる者」の主人公・槇隆光は大石誠之助がモデルである。

 

大石誠之助の情歌 森長英三郎 1965

大石誠之助 糸屋寿雄 1971

大石誠之助小伝 浜畑栄造 1972

禄亭大石誠之助 森長英三郎 1977

大石誠之助全集 森長英三郎 1982

 

大石誠之助物語 北村晋吾 2001

 

大逆事件と大石誠之助 熊野新聞社 2011

冬ドラマみどころ

 テレビ番組。地上波、BS、CSだけでなく、youtubeやTverなどの動画配信のSNSが豊富なので選択肢がさらに広がった。最近の人気番組の特長は、コメディー要素があること。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」視聴率17.3%と好発進。せりふが現代風で若者に受ける要因があげられる。 フジテレビの「潜水艦カッペリーニ号の冒険」も戦争実話だが深刻ならずユーモラスに描かれている。カッペリーニ号は日本軍に接収されて伊号103潜水艦と改名された。そのご活躍しないまま終戦を迎え、紀伊水道で海没処分される。二宮和也演じる速水洋平少佐という人名が笑える。むかし少年サンデーに連載していた小沢さとるの漫画「サブマリン707」の艦長と同姓同名である。連ドラでは「婚活探偵」。ハードボイルドな探偵が、恋愛経験ゼロで婚活を始める。見どころは堀田茜、佐津川愛美、野波麻帆、市川由衣、筧美和子などタイプの異なる女性とのぎこちないデートシーン。やがて結婚相談所の成海璃子を愛していることに気づく。「恋せぬふたり」高橋一生と岸井ゆきの主演。ふたりはアロマンティック・アセクシュアル。つまり恋愛もセックスも分からずとまどっていた女性に訪れた恋愛もセックスもしたくない男性との出会い。その結末は?▽「優しい音楽」土屋太鳳の韓流ドラマ風キスシーンが話題。「DCU」水中捜査のプロ集団の活躍。「ハレ婚」一夫多妻制が認められた町を舞台に3番目の妻となったヒロインの新婚生活を描く。「まつたり赤胴鈴之助」くだらない内容が最高す。戦前、「鴛鴦歌合戦」や「血煙高田の馬場」のように踊るような剣劇で明朗時代劇という作風が映画史に一時代を画した。清原果耶主演「ファイトソング」。スポンサーが大正製薬。つまり「ファイト一発!!」か。個人的には「スナックキズツキ」がおすすめ。アルコールはないけどカラオケ、ピアノ、ギターなんでもあり。謎のスナックのママ原田知世が癒しの不思議な雰囲気をかもしている。深夜食堂を思わせる渋い味わい。「真犯人フラグ」が最高。結局、大学時代からの凌介の親友、雑誌編集長・河村(田中哲司)が真犯人だった。

ある日どこかで 1月1日

世界にひとつの金メダル 1月1日

ビューティー・インサイド ハン・ヒョジュ 1月2日

宮本武蔵 1月2日

青天を衝け 総集編 1月3日

潜水艦カッペリーニ号の冒険 二宮和也、有村架純  1月3日

幕末相棒伝 向井理 永山瑛太 1月3日

ボルネオ大将 北大路欣也 1月4日

魔女たちの楽園 1月4日

僕の見つけたシンデレラ 1月4日

ダイヤモンドは永遠に 1月4日

猟奇的な彼女 1月4日

笑いの大学 三谷幸喜監督 1月5日

部長と社畜の恋はもどかしい 1月5日

ゴシップ 黒木華 1月6日

優しい音楽 土屋太鳳 1月7日

しもべえ 安田顕 白石聖 1月7日

婚活探偵 向井理 1月7日

鎌倉殿の13人 1月9日

スナックキズツキ 原田知世 1月9日

恋せぬふたり 髙橋一生 1月10日

ファイトソング 清原果耶 1月11日

ムチャブリ 高畑充希 1月12日

愛しい嘘 波瑠 1月14日

逃亡医F 成田凌 森七菜 前田敦子 1月15日

DCU 阿部寛 1月16日

ハレ婚 島崎遥香 1月16日

リアル鬼ごっこ トリンドル玲奈 篠田麻里子 真野恵里菜 1月16日

決戦高田の馬場 坂東妻三郎 1月16日

ドクターホワイト 浜辺美波 1月17日

 「鎌倉殿の13人」13人とは、頼朝の死後、2代将軍頼家が父の跡を継いで将軍になったころに作られた御家人たちの合議制のメンバー。13人の全員の名前は、北条義時、北条時政、安達盛長、比企能員、梶原景時、大江広元、三善康信、和田義盛、八田知家、足立遠元、二階堂行政、中原親能、三浦義澄(子の三浦義村は13人には含まれない)。原作者、三谷幸喜が洋画「怒れる13人の男たち」が好きだったからだとか。

 

2022年1月23日 (日)

「に」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Nickolauscopernicus06    「ニコラウス・コペルニクス」ポーランド出身の天文学者。天動説を覆す地動説を唱えた。▽「二コラエ・チャウシェスク」ルーマニア初代大統領。

 

ニキ・ラウダ
ニキータ・フルシチョフ
ニキータ・ミハルコフ
ニケフォロス1世(東ローマ皇帝)
ニコラ・サルコジ
二コラ・テスラ
ニコラ・プッサン
二コラ・ベルツ
ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ
ニコライ・オガリョフ
ニコライ・カサートキン
ニコライ・コンドラチェフ
ニコライ・ドミートリエヴィチ・コンドラチェフ
ニコライ・ドルジーニン
ニコライ・ブハーリン
ニコライ・ブルガーニン
ニコライ・ぺトロヴィチ・レザノフ
ニコライ・ベルジャーエフ
ニコライ・ポドゴルヌイ
ニコラーイ・オストロフスキー
ニコライ・ネクラーソフ
ニコライ・リムスキー・コルサコフ
ニコライ・ルカビシュニコフ
ニコライ・レザノフ
ニコライ・ロバチェフスキー
ニコライ・ワシリエビチ・ゴーゴリ
ニコラウス・クザーヌス
ニコラウス・コペルニクス
ニコラウス・ステノ
ニコラエ・チャウシェスク
ニコラス・ウィントン
ニコラス・ケージ
ニコラス・マドゥロ・モロス
ニコラス・ホールト
ニコーラス・マース
ニコール・カルファン
ニコール・キッドマン
ニコル・パシニャン
ニコロ・パガニーニ
ニザーム・アルムルク
ニッキー・リード
ニック・アダムス
ニック・ノールティー
ニッコロ・マキァヴェリ
ニナ・フォック
ニナ・リッチ
ニニ・ロッソ
ニーノ・ロータ
ニール・アームストロング
二ール・ジョーダン
ニール・サイモン
二ール・セダカ
二ール・ダイヤモンド
ニルス・アドルフ・エリク・ノルデンショルド
ニルス・グスタフ・ダレーン
ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア
ニールス・ボーア

 

Original
   ニコール・カルファン

二十四の瞳

3月、BS4Kで「二十四の瞳」が放送。される。大石先生は映画では高峰秀子、田中裕子が演じた。ドラマ化は何度目になるだろうか。香川京子、亀井光代、杉田景子、黒木瞳、そして松下奈緒。土村芳で6人目の大石先生である。

 

 

 

 

八甲田山雪中行軍遭難事件

Img545c77e8n1gh4c

   日本陸軍は対ロシア戦に備えて、雪中行軍の訓練を計画した。開戦した場合、津軽海峡と陸奥湾を封鎖されると、青森・弘前、青森・八戸間の交通は八甲田山系を縦断する道路を利用せざるを得なくなるが、雪深い冬期の交通が可能か否か、未だ確認されていなかった。そのため陸軍の実験行軍を決定、青森の歩兵第五連隊と弘前の歩兵第31連隊に八甲田山の縦走を命じた。明治35年1月23日6時、青森歩兵第五連隊215人(神成文吉、山口鋠)は出発する。だが途中、吹雪のため進退を決するべく作戦会議が開かれた。悪天候を見れば退却は明らかであったが、大隊長の決断で前進が決まった。こうして猛吹雪で道を迷って彷徨、25日には199人が凍死した。この大惨事は準備不足と天候の急変が原因であるが、加えて指揮官の無謀な判断が多大な犠牲を強いる結果となった。同じ時期、反対側の三本木から青森へ進んだ弘前歩兵第31連隊(福島泰蔵)は11日間にわたる全行程を踏破し、無事に青森に帰還している。新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」は二隊を対比し、自然との闘いを迫真の筆致で描いている。ちなみに福島泰蔵は3年後、日露戦争黒満台会戦において戦死している。享年38歳。

 

 

2022年1月22日 (土)

国民食、カレーライスの謎

Yukichi_s   今日はカレーの日。1982年に全国学校栄養士協議会が1月22日の給食のメニューをカレーにすることを決め、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたことにちなんで定められた。チコちゃんに叱られるで「キャプでカレーをつくるのはなぜ?」答えは「男女の仲を深め健全な夫婦にするため」戦後、中学の校外学習でキャンプ場で飯ごう炊飯でカレーを食べた。あれはGHQの指令だったのか。

インド発祥の料理にして、今や日本の国民食といわれるカレーライス。カレーはタミル語「カリ(kari)」から転じたもので、「汁」という意味である。1908年に海軍が手軽に肉と野菜をバランスよくとれる食事としてカレーライスを採用したことが普及した理由といわれる。そして文献の中でカレーを初めて紹介した人物は福沢諭吉(1835-1901)であるということもクイズなどで知られている。福沢は「増訂華英通信」(1860)に簡単な意味やカタカナの発音を付記し刊行した。「Curry」は「加兀 (コルリ)」とある。はたして福沢がカレーを賞味していたかどうか定かではない。1864年には岩松太郎が著書「航海日誌」の中で、船中でアラビア人がカレーらしきものを食するのを目撃している。1871年、留学生の山川健次郎が船上で「ライスカレー」を注文するも口に合わずご飯だけを食べたと記載している。

 

0908282

 

左2段目にCurryの語がみえる(増訂華英通信)

「こ」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Cocochanel2    「ココ・シャネル」フランスのファッション・デザイナー。本名はガブリエル・ボヌール・シャネル。▽「ゴッドホルト・エフライム・レッシング」1729-1781。戯曲「賢者ナータン」(1779)。▽「ゴンサロ・デ・シントラ」15世紀エンリケ航海王子の時代の探検家。▽「コンスタンティン・スコロプイシュヌイ」1990年ロシア・サハリン州在住のコンスタンティンくん(当時3歳)大やけどを負い、日本で手術・治療を受け一命を取り留めた。▽「コンラッド・エイキン」1889-1973。米国の詩人・小説家。代表作「憂鬱な船旅」。

ゴ・ディン・ジエム
コア・ヴァービンスキー
ココ・シャネル
コジモ・デ・メディチ
コシュート・ラヨシュ
コスメ・デ・トーレス
コチェリル・ラーマン・ナラヤナン
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ
ゴットフリード・ワグネル
ゴッドホルト・エフライム・レッシング
ゴットリープ・ダイムラー
ゴットロープ・フレーゲ
コーデル・ハル
コデルロス・ド・ラクロ
コートニー・コックス
ゴドフロワ・ド・ブイヨン
コナン・ドイル
コニー・フランシス
コーネリアス・ヴァンダービルト
コフィー・アナン
ゴメス・デ・ラ・セルナ
コラソン・アキノ
コリン・ウィルソン
コリン・パウエル
コリン・ファース
コリン・ファレル
コリンヌ・クレリー
コリンヌ・マルシャン
コール・ポーター
コルダ・メイア
ゴールディー・ホーン
コルネリウス・ケテル
コルネーリス・ビスホップ
コン・リー
ゴンサロ・デ・シントラ
コンスタン・ギース
コンスタンス1世
コンスタンス・カミングス
コンスタンス・ベネット
コンスタンタン・ムニエ
コンスタンツェ・モーツァルト
コンスタンティヌス1世
コンスタンティノス11世
コンスタンティノス・ロゴセトプロス
コンスタンティン・シーモノフ
コンスタンティン・スコロプイシュヌイ
コンスタンティン・チェルネンコ
コンスタンティン・ブランクーシ
コンスタンティン・メーリニコフ
コンスタンツェ・モーツァルト
コンラッド・アデナウアー
コンラッド・アレンスバーグ
コンラッド・エイキン
コンラッド・ニコルソン・ヒルトン
コンラート・ゲスナー
コンラート・ファイト
コンラート・ローレンツ

 

 

サラダが日本の一般家庭の食卓にあげられたのはいつ頃からか?

Photo_cabbage3   生野菜を主材料として、ドレッシングやマヨネーズなどであえた料理サラダsaladは現在の食卓に欠かせない一品となっているが、いつ頃からであろうか。1960年代、もちろんサラダは普及しているが、それはレストランや軽食にトースト、コーヒー、サラダと喫茶店やホテルで出るものであり、家庭の食卓をかざるものではなかった。新鮮なサラダを毎日食べるには冷蔵庫が必要である。そして鮮度が落ちない物流システムが確立される必要がある。

 シャンソン歌手の芦野宏のヒット曲に「フルーツサラダの歌」(1960年)がある。この頃から徐々にサラダに対する関心が高まっていった。中谷宇吉郎の「サラダの謎」(初出「あまカラ」1960年1月5日)がある。

私はごく普通のフランス風のサラダが好きである。レタスとトマトと、酢とオリーブ油でドレスしただけの簡単なサラダのことである。洋食は、一般にいってあまり好かないが、このサラダだけは例外で、食卓に出ていると、つい先に手が出る。ものの好き嫌いなどというものは、たいてい子供の頃か、せいぜい20代までの生活環境できまるものらしい。私がこのサラダを好きになったのは、若い頃、もう30年も昔のことであるが、ロンドンに留学していた頃に、下宿で毎晩非常にうまいサラダを食わされたのが、今日まで後をひていいるようである

   中谷宇吉郎は1900年生まれであるが、サラダ好きの物理学者の一文をもって、日本人は戦後サラダをよく食べていたと即断してはいけない。むしろ中谷は少数派の日本人で、1900年前後の生まれの日本人はほとんどサラダは食べていなかったのではないだろうか。青空文庫で「サラダ」と検索しても、太宰治(1909年生まれ)の僅かの短編に「サラダ」の文字が見られるものの、きわめて稀にしか文学作品に現れることはない。書誌で調べると、

 

近代的サラダの作り方 附・ドレッシングの調合法 村松信太郎編 国際料理研究所出版部 1939年

 

サラダ 飯田深雪 雄鶏社 1957

 

おいしいサラダ縫え和種 榊叔子 婦人画報社 1958

 

   などきわめて少ない。おそらく小津安二郎の映画作品に見られる食卓にはサラダをみることはないだろう。現在みられるように各家庭の食卓でサラダが普及するのは1970年代をまたねばならい。1973年のキューピーマヨネーズがCMで吉永小百合を起用し、サラダが健康と美容によいというイメージが広まっていった。

   では世界のサラダの歴史をみると、古くはローマ時代にさかのぼることができる。ローマの初代皇帝アウグストゥスは病気にかかった際、レタスを食べて一命をとりとめた、という逸話が残っている。サラダの出現は中世イギリスとフランスにみえる。14世紀末にイギリスのリチャード2世の料理長がサラット(ラテン語のsal(塩)から)という名で製法をしるしているが、それによるとパセリ、セージ、ニンニク、タマネギ、ハッカ、ウイキョウなどを洗ってこまかにさき、生のアブラとまぜ酢と塩をかけて食卓に供した。この時代は、香料植物を主材料にしていたらしいが、16世紀には野菜、17世紀には魚やエビ、鶏肉、18世紀には果物を加えた。一説によると、サラダの名称は、フランスで16世紀のころに用いられた半球状の兜のことをサラードSaladeと呼んでいたが、サラダをあえたり盛ったりするサラダ・ボールの形がそれに似ているところからつけられたといわれている。

ジャズが流れる部屋

Armstrongandholiday_neworleans1947_

 

   本日は「ジャズの日」。1月22日が何故か?JAZZの「JA」がJanuaryの先頭2文字であり、「ZZ」が「22」に似ていることからという。

    ジャズといえば中高年の男性というイメージがある。ジョン・コルトレーンだ、ソニー・ロリンズだ、マイルス・デイビスだとか、ジャズにうるさいのが友達にいる。ところが最近、「女子ジャズ」という言葉が生まれ、いま若い女性にジャズがうけているというオジサンたちにちょっと嬉しいようなニュース。ジャズにもいろいろあるので、女子ジャズがどんな傾向なのかは知らない。jazzという言葉の起源は明らかではない。古くはjassと表記されていた。卑猥な意味をもつとする説や、19世紀からアメリカ南部の黒人が使っていた性行為にどの性的意味、熱狂や急速なテンポ・リズムを意味するスラングのjazzによるとする説などがある。jassという言葉の意味は様ざまに変化し、黒人音楽を、ジャズと称するようになった時期も明らかでない。作曲家のジェリー・ロール・モートンは、1902年に自分のピアノ演奏スタイルをジャズを名付けたといい、後年にジャズの創始者と自称したが、信じる者はいなかった。ジャズと称される以前は、ラグタイムと混同された形でラグタイム・ミュージック、またはラグと呼ばれていた。1910年代にニューオーリンズで生まれたジャズも、1930年代ではスイングジャズとしてダンス音楽として広まり、戦後1950年代からジャズはフランク・シナトラなどの人気歌手によって聴く音楽として世界中に普及していく。ヨーロッパ映画のヌーヴェル・ヴァーグにもジャズが取り入れられ、日本も1960年代の映画・ドラマの音楽にもモダンジャズがバックに流れた。戦後の洋楽はジャズが中心だったといってよい。ケペルの趣味は、懐古的でサッチモやベニー・グッドマン、トミー・ドーシー、グレン・ミラーといったビッグバンドのスイングジャズが好みだ。もっとも自分ひとりで聞くにはいいが、BGMとしてはうるさ過ぎるので、女子ジャズといわれるものが心地よさそうだ。(New Orleans)

 

You'd be so nice to come home to   Helen Merrill  1956

 

Lallaby of Birdland  Sarah Vaughan  1954

 

You Belong To Me  雪村いづみ

 

Fools Rush ln(恋は愚かと言うけれど)Jimmy Dorsey 1945   

 

Strange Fruit(奇妙な果実) Billie Holiday

 

 

2022年1月21日 (金)

久女忌

 本日は近代俳句における最初期の女性俳人・杉田久女(1890-1946)の忌日。享年56歳。代表句「足袋つぐやノラとならず教師妻」「谺して山ほととぎすほしいまま」(1月21日)

 

ルイ16世の処刑

Marie_antoinette_execution  

 

    世界史には非業の死をとげた人物が登場する。1793年のこの日、フランス国王ルイ16世は断頭台で公開処刑された。同年10月16日、マリー・アントワネット王妃も処刑された。クレオパトラ、楊貴妃も非業の死である。ササン朝ペルシアの最後の王ヤズデギルド3世は戦いに破れ、逃走中に総督の裏切りによって殺害された。屈原は泪羅江に入水自殺し、ソクラテスは毒杯を飲んで自ら死を選んだ。キリストの死は宗教性の強いものであるが、十字架刑によって処刑されたことは史実とみなされている。わが国では関ヶ原の戦に敗れた石田三成や西南戦争で敗れた西郷隆盛など非業の死とみなされる。大塔宮護良親王は足利直義によって惨殺された。太田道灌は扇谷家の上杉定正に招かれ風呂場で殺害された。平賀源内は破傷風とも餓死ともいわれる。頼三樹三郎、橋本左内、吉田松陰は獄舎で斬首。井伊直弼は雪の桜田門に散った。田中河内介、小栗忠順も非業の死といえる。チャールス1世、ルイ16世、ロシアのニコライ2世は皇后や1男4女とともに銃殺された。現代史においてもムッソリーニは愛人とともにパルチザンによって殺害され、遺体は逆さ吊りされた。ルーマニアのチャウシェスク、イラクのサッダーム・フセインなどの処刑も非業の死といえる。アルカイダのビン・ラディンの殺害や、生け捕り後裁判にもかけられることなく殺害されたリビアのカダフィー大佐など記憶に生々しいが、日本のメディアがもう取り上げられることも無く歴史に埋没していく。人類史とは古代から現代に至るまで余りに残酷であり、殺人という罪を繰返す歴史といえる。(Marie Antoinette,1月21日)

 

 

2022年1月20日 (木)

むかしジャン・ギャバン、いまロマン・デュリス

Jeangabin 600fullromainduris

 フランス俳優のギャスパー・ウリエル(1984年生まれ)がスキー事故で19日亡くなった。「ハンニバル・ライジング」や「サンローラン」などに出演した人気スターだった。朝ドラ「梅ちゃん先生」を見ていると、好きなタイプの俳優によくジャン・ギャバンの名前が登場する。だが実はジャン・ギャバンはタイプではなく、甘い二枚目がお好きという設定である。日本女性の外国俳優の好みはやっぱりルックス第一。フランス映画界はジャン・マレー、ジェラール・フィリップ、モーリス・ロネ、ジャン・ポール・ベルモンド、アラン・ドロン、ジャック・ペラン、ジャン・ルイ・トランティニャン、ジェラール・ドバルデューらが現れた。1970年代、ルノー・ベルレー以降、フランスの映画界の貴公子は誰だろう。1994年に「青春シンドローム」でデビューしたロマン・デュリスが最も人気ある俳優だろうか。(Jean Gabin,Romain Duris)

ティファニーで朝食を

2013_0507photo1

   1993年のこの日、永遠の妖精オードリー・ヘプバーンが死去した。彼女の代表作は「ティファニーで朝食を」である。トルーマン・カポーティの「ティファニーで朝食を」の初版が出たのは1958年の秋だった。それから3年後にオードリー・ヘプバーンで映画化され、主題曲「ムーン・リヴァー」と共に世界的に知られるようになったので小説よりも映画のイメージが強いことは否めない事実である。しかし原作のホリー・ゴライトリーという女性を読者の想像力に委ねるために、最近刊行された村上春樹の新訳では、本のカヴァーには映画のシーンなどを使っていないような配慮もされている。滝口直太郎の訳と一部分を比較してみただけの印象であるが、村上訳はこなれた平易な現代語でより読みやすくなっている感じがする。

   ホリー・ゴライトリーはニューヨークのアパートに、猫だけが同居のひとり暮らしをしている。彼女をとり巻くあまたの男性のうちには、映画人とか百万長者とかブラジルの外交官とかさまざまな人間がいたが、もともと籠の鳥になることを望まない野性の女ホリーは、自分の属する住所も持たず、名刺のアドレスには「旅行中」と印刷してある。時あたかも1940年代の初め、アメリカの社会は「いやな赤」の恐怖におののいている。ダイヤモンドなど大嫌いな彼女だが、ティファニーの宝石店にはよく足をはこぶ。そこのどっしりと落ちついた雰囲気の中に立った彼女は「いやな赤」の恐怖から救われ、いつの日にかはこのような所に住んで、「朝食」を取れるようになれればよいのにと思う。

   同じアパートに無名作家のポールが住んでいて、ホリーに好意を持つようになる。ある日、二人はセントラル・パークで乗馬を楽しんでいるとき、馬があばれ出して五番街にとび出し、やっと警察官にとりおさえてもらう。ところが、ホリーがマリファナを使っていることがばれ、麻薬密輸のギャングとかかわりがあるのではないかということになって大きなスキャンダルになる。これより前、ホリーは毎週木曜日にシング・シング刑務所に収容されていたギャングの幹部を訪問し、週100ドルの報酬をもらっていたことがバレる。このスキャンダルのおかげで、結婚の相手を夢見ていたブラジル外交官ホセに逃げられ、保釈中にもかかわらずブラジルにホセを追いかけて行く。

  映画ではオードリー・ヘプバーンがジョージ・ペパードと結ばれハッピー・エンドとなっているが、原作ではホリーはブラジルに渡り、さらにアフリカまで放浪の旅を続けることになっている。

    小説にはもちろん映画主題歌「ムーン・リヴァー」は登場しないが、ホリーがギターを爪びきながら歌う場面が一箇所ある。その歌詞を紹介する。(滝口直太郎訳)

   眠りたくもなし、

   死にたくもない、

   ただ旅して行きたいだけ、

   大空の牧場通って。

    村上の新訳では「眠りたくもない、死にたくもない。空の牧場をどこまでもさすらっていたい」とある。(1月20日)

 

 

バスケット・ボール

110324113611

 

  1892年のこの日、マサチューセッツ州のYMCAトレーニングスクール(現スプリングフィールド大学)で、同校の講師ジェームズ・ネイスミス(1861-1939)が考案したバスケット・ボールの初の公式試合が行われた。日本に伝わったのは、大森兵蔵が1908年に東京YMCAで初めて紹介された。(1月20日)

 

 

 

 

2022年1月19日 (水)

チンダル現象(「チ」事項索引)

500_13380787[ ち ]

   「チンダル現象」閉め切った雨戸のすきまから入る日の光や、映写機からスクリーンへ送られる光が、ひとすじの明るい通路を示していることがある。その中には、無数のほこりのきらめきが見られる。光の通路が見えるのは、空間にうかぶ無数の微粒子によって散乱された光が目にはいるためで、真空中では見られない。このように、空気中・液体中にういている微粒子に光のたば(光束)があたって、その通路のかがやいて見える現象をチンダル現象といい、イギリスの物理学者ジョン・ティンダルが1850年頃に発見した。▽「チーター世代」アフリカの次代を担う⒛~30歳代の若者たちの総称。欧米に留学し、ビジネスなどの経験を積んでアフリカに戻ってくる。チーターのようなスピードという意味からきている。▽「チチェン・イッツァ」メキシコのマヤ文明の遺跡。▽「チャコ戦争」1932年から35年まで、グラン・チャコの国境紛争によってボリビアとパラグアイ両国間に起こった戦争。▽「チャドウィック」ジョン・チャドウィック1920年ー1998年。イギリスの言語学者。マイケル・ヴェントリスとともに線文字Bを解読した。▽「チェサピーク湾」バージニア州とメリーランド州に入くんだ大西洋岸の溺れ谷で、複雑な海岸線をもちカキ養殖地として有名。▽「茶湯銭(ちゃとうせん)」宋代の茶代、弁当代の意味で、一種の職務手当。▽「智異山(ちいさん)」小白山脈の南部に位置する標高1915mの名山。李成桂が1377年倭寇を破ったことでも知られる。 ▽「チョウノスケソウ」バラ科の高山植物で名は発見者の須川長之助にちなむ。▽「チューリップ時代」オスマン帝国の1718年から1730年までを指す。チューリップ栽培が流行したことからこのように呼ばれる。▽「趙孟頫(ちょうもふ)1254-1322。元代の書家。▽「チョゴリ」裾の短い朝鮮の婦人用上着。▽「チョンガー(総角)」独身男の卑称。▽「チョモランマ」エヴェレストのチベット語名。▽「知恩院」法然の死後、その往生の地に営まれた廟に始まる。▽「値嘉島」古代、肥前国の五島と平戸島の称。古来、朝鮮・中国航路の要地に当り、遣唐使関係の記録にも多くみえる。▽「ちはやぶる(千早振る)」とは「勢いの鋭い」「あらあらしい」の意味で、和歌では「神」にかかる枕詞。▽「チャレンジャー号爆発事故」1986年ケネディ宇宙センターから発射されたスペースシャトルは直後に爆発し、7名の全乗組員が死亡した事故。▽「チンポー族」中国雲南省に分布するチベット系の少数民族。カチン族。▽「チャクリー改革」タイのラーマ5世による教育などの近代化政策。▽「チャンキロ遺跡」ペルーの砂漠にある紀元前300年頃の遺跡。▽「張居正」1525-1582。明代の政治家。▽「チョンピ一揆」1378年フィレンツェで起こった毛織物業者による反乱。▽「チンアナゴ」ウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種。顔が犬の狆に似ていることからこの名がついた。(ちちちち)

 

屐(ち)  中国の木ぐつ、げた
血合肉 鮪、鰹、鰤などの身の黒ずんだところ
チアゾール
治安維持法
地域格差
ちいさな親切運動(1963年)
智異山  (韓国)
チェコ
チェサピーク湾
チェチェン・イチケリア共和国
チェチェン共和国
チェチェン紛争
チェッカー・フラッグ
知恵熱
チェバの定理
チェブラーシカ
チェーホフ
チェリャビンスク(ロシア)
チェルスキー山脈(ロシア)
チェルノブイリ原発事故
チェーレン山脈(スウェーデン)
チェロ
チェロキー族インディアン
チェンバーズ百科事典
チエンマイ(タイ)
知恩院
チオンピの乱
茅ヶ崎(神奈川)
値嘉島(ちかのしま)
近松門左衛門
チカモリ遺蹟
地球
知行国
蓄銭叙位令
チーク材
竹林の七賢
チゴイネルワイゼン(サラサーテ)
知行合一
地産地消
千島樺太交換条約
地図
チーズ
地租改正
チーター世代
チタン
チチェン・イッツァ(マヤ文明)
秩父事件
地中海
地丁銀制
地動説
済南事件
血の日曜日事件
血のメーデー事件(1952年)
千葉
ちはやぶる
チビリケテ国立公園(コロンビア)
知夫里島(隠岐)
チベット
地方自治
チムール
チャイコフスキー
チャガタイ(察合台)
チャグチャグ馬コ
チャクリー朝
チャクリー改革
チャコ戦争
チャーチル
チャーティスト運動
チャップリン
チャド
チャドウィック
チャネケ(メキシコの妖精)
茶湯銭
チャベス,ウゴ(ベネズエラの大統領)
チャールズ1世
チャールズ2世
チャルディラーンの戦い(1514年)
茶屋四郎次郎
チャレンジャー号爆発事故(1986年)
チャン・イーモウ(張芸謀,映画監督)
チャンギ国際空港(シンガポール)
チャンキロ遺跡
20100408_1742918チャンチン(センダン科の落葉高木)
チャンドラグプタ2世
チャンドラセカール限界
チャンパ
中華民国
中国
中尊寺金色堂
チュニジア
チュノム
チュランノス(僭主)
チューリップ時代
チュンダ(純陀)
調
長安
張学良
張作霖
趙樹理
長征
朝鮮戦争
朝鮮通信使
徴兵令
チョイバルサン
張家口
張居正
張鼓峰事件
趙孟頫
チョゴリ
チョコレート
チョコレート嚢胞
チョーサー
長春真人
長州征討
ちょうちんブルマー
チョウノスケソウ
チョモランマ
チョンガー
手斧掛け(ちょんがけ)
チョンピの乱(1378年)
チリ
チンアナゴ
チンギス・ハン
チングルマ
鎮西探題
頂相
チンダル現象
陳朝
陳独秀
チンポー族
珍宝島(ダマンスキー島)
チンボラソ山(エクアドル)
陳和卿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンソン・マシフ

  ヴィンソン・マシフは南極大陸最高峰の山(標高4892m)。1991年のこの日、田部井淳子はヴィンソン・マシフ登頂に成功した。翌年、エルブルス山(ロシア)に登頂し、女性で世界初の七大陸最高峰登頂者となる。七大陸最高峰とは次のとおり。(1月19日)

アジア大陸   エベレスト   8848m
ヨーロッパ    エルブルス   5642m
北米        デナリ      6194m
南米       アコンカグア  6959m
アフリカ     キリマンジャロ 5895m
オーストラリア コジオスコ   2228m
南極       ヴィンソン・マシフ 4892m

森鴎外の雅号

  森鴎外は1862年のこの日、現在の島根県津和野で生まれた。森鴎外の鴎外、鴎外漁史は雅号であり、本名は森林太郎である。諱(いみな)は高湛(たかやす)といい、姓は源である。雅号はこの他にも紺珠居士、観潮楼主人その他いろいろと使っているが全部でいくつあるか調べてみたい。ところで、雅号を持つということは中国、韓国、日本の古い文人墨客の伝統であって、この伝統が廃れたのは大正末期ころだといわれている。

    森鴎外の雅号は、学生時代には参木舎、五木生、索舟居士、転丸堂主人など。花園町・太田原在住のころは顕微斎主人、侗然居士、忍岡樵客、緑外樵夫、湖上逸民、台麓学人、小林紺珠、鐘礼舎、浮漚子、須菩提、艮崖など、団子坂移住後は観潮楼主人、千朶山房主人、隠流(小倉左遷時代)、妄人、芙蓉、ゆめみるひと、腰弁当、帰休庵、挟書生などを号した。

    鷗外には5歳下の弟がいる。森篤次郎(1862-1908)で別名、三木竹二という。歌舞伎の劇評家として知られ、40歳で亡くなっている。(1月19日)

 

           

 

 

2022年1月18日 (火)

リチャード3世の遺骨発見

    英レスター大学の考古学チームは、レスター市の中心部にある駐車場からリチャード3世(1452-1485)の遺骨を発見したと発表した。リチャード3世は薔薇戦争のボズワースの戦いで敗死し、馬に乗せられレスターで曝されたとされる。極悪非道で知られ、兄エドワード4世と幼な子エドワード5世をロンドン塔に幽閉した。リチャード3世死後3年後、ランカスター家のイングランド王ヘンリー7世がヨーク家のエリザベスと結婚し、薔薇戦争は終結した。(RichardⅢ,Bosworth) 1月18日

コロナ禍での歌会始

  新春恒例の宮中「歌会始の儀」が18日午前、開かれた。今年のお題は「窓」。天皇陛下の御製和歌。「世界との往き来難かる世はつづき 窓開く日を偏に願ふ」コロナ収束を願う陛下のお気持ちが率直に伝わってくる。歌会始の儀は古く平安時代から行われている。和歌を詠むことを古来から「敷島の道」という。敷島とは日本国の別称であるが、俗に別の意味もある。「歌をつくる女は妻に持たぬもの、亭主を尻に敷島の道」という歌から、夫より学問のある妻、夫より権力をもつ妻をいうらしい。さしずめ紫式部などは幼児から聡明で父の藤原為時は「この子が男であったなら」と嘆いた。20歳をすぎて父の友人の藤原宣孝の妻となったが、結婚生活2年ほどで夫は亡くなった。「源氏物語」はやもめ生活の中で書かれたのである。

応仁の乱 その概要

 1467年から1477年の11年間にわたり、関東以東および南九州を除く諸国の大小名が、細川勝元(東軍)と山名持豊(西軍)とに分かれ、京都を主戦場として戦った大乱。原因は室町将軍義政は奢侈を好み、政治は夫人の日野富子やその閥族、政所執事の伊勢貞親や禅僧李瓊真蘂らの寵権臣のなすがままに動かされていた。義政は管領の斯波、畠山両氏や大名家の家督相続争いの裁許にも厳正を欠き、ために領国内両分の武力抗争にまで発展していった。政治紊乱に乗じて土一揆が類発し、おりから連年の旱水害で続出した難民が京都に流入するなど、社会不安も増大して京畿は戦雲におおわれた。始まりは、1467年1月18日、畠山義就が京都・上御霊社の畠山政長を襲い、応仁の乱が始まった。その後、将軍家に継嗣問題がおこり、細川、山名をそれぞれ盟主とする両党が形成されて中央決戦となった。勝元は宗全追討を将軍義政に強請し、1468年6月8日に足利義視を総大将とする追討軍を編成したが、山名方も畠山義就軍が到来し、8月には長門の大内政広の大軍が入京したので勢いづいた。ここで勝元は後土御門天皇、後花岡上皇を迎えたが、義政が伊勢貞親を召したのに動揺した義視が出奔してしまった。かくて9月から山名方の将軍家奪還の戦いとな、10月に相国寺の激戦がおこった。これが互角に終わり、応仁の乱は長期戦化する。1473年、持豊、勝元が相次いで死去するに及んで京都の戦火は下火となり、斯波義廉がまず領国に帰ったのをきっかけとして、諸守護大名は単独にに講和して帰国するものも現れた。1477年11月、大内政弘が義政に懐柔されて右京太夫に任ぜられ所領を安堵されて帰国するにおよんで中央の戦争は終幕を告げた。この乱の結果、室町幕府は完全に無力を暴露し、もはや全国的政権の実を失うことになる。また多くの守護大名たちも戦国の争乱の中で滅んでいった。

 

 

 

 

 

厄神詣で

Photo_6
多井畑厄神(神戸市須磨区)毎年1月18日から1月20日まで行われる厄除け祭には多くの参拝者で賑わうが今年はコロナの影響で少ない

    男42歳、女33歳の大厄を初め、その他の厄年にあたった人が、厄難をまぬかれるために厄払いをする。厄払いにもいろいろ方法がある。家を出て身につけたものをわざと途中で落とし、顧みず、乞食などに拾わせる。褌を落としてくるふぐりおとし。年の数だけの銭を包む厄払いの包み銭など。厄神参り、厄神詣でと呼ばれるものもある。

   「やあらめでたや、こなたの御寿命申さば、鶴は千年、亀は万年、浦島太郎が八千歳、東方朔が九千歳、三浦の大介百六つ。かかるめでたき折柄に、いかなる悪魔が来るとも、西の海へさらり」などという。

2022年1月17日 (月)

あれから27年

Hansin01

 

1月21日早朝に放送されたNHKのニュース番組での小さなお話。

    神戸市長田区の写真屋Aさんは震災でお店が全壊した。すでに60歳を超えていたAさんは店の再建を断念した。手許には1月17日の数日前に撮った成人式の晴着姿の記念写真があった。Aさんはノートを頼りに14年間、現住所を調べて記念写真をお客様に届けた。だが14年たった今も行方のわからない写真が2枚あった。それも今年Aさんの努力が実ってようやく振袖姿の写真を渡すことができた。14年後に受け取った女性の喜びはどんなであろうか。その女性は受け取り書を今も大切に保管していたという。当たり前の話で小さな話だが視聴者にも大きな感銘が伝わってくる。写真屋Aさんのほっとした表情がなにより印象的であった。

アヴィニョン捕囚

   ローマ教皇は約70年以上にわたりアヴィニョンに幽閉されていたが、1377年のこの日、教皇はローマ帰った。フランスでは、カペー朝(987-1328)において典型的な封建社会が成立した。ルイ9世(在位1180-1223)は、法による平和を基調とした安定した政治により、パリが中世末期の中心的地位を占めるようになった。ローマはアナーニ事件、アヴィニョン遷座でその中心的地位が低下していく。

   フランスの王権をさらに強めたのが、フィリップ4世(在位1285-1314)である。彼は相次ぐ戦争による莫大な出資に対処するため、テンプル騎士団を解散させ、所領・財産を没収した。また、聖職者への課税を強行したことから、教皇ボニファティウス8世(在位1294-1303)との衝突が生じた。1302年、彼はパリに聖職者・貴族・市民の代表からなる全国三部会を創設して教皇に対抗した。そして1303年9月7日、国王のレジスト、ギヨーム・ド・ノガレ(1260-1313)はイタリアに赴き、教皇反対派のシアラ・コロンナと相呼応して、教皇をローマ郊外のアナーニに襲って捕えた。教皇はその後まもなく釈放されローマに帰還したが、まもなく憤死した。(アナーニ事件) ノガレはコロンナの行動が過激であったため民衆の反感を買い失敗、フランスに帰国。その後、教皇クレメンス5世(在位1305-1314)は政情不安なローマを嫌い、教皇庁を南フランスのアヴィニョンに遷居した。以後グレゴリウス11世まで7代約70年間にわたり、教皇はフランス王の監視下におかれる状態であった。これを「教皇のアヴィニョン捕囚」(1309-1377)という。グレゴリウス11世は1377年1月17日にローマに帰ったが、その翌年同教皇が死んでからローマとアヴィニョンに2人の教皇が分立しシスマ(教会大分裂、1378-1417)が起こり、教皇の権威は失墜した。

 

 

アボガドじゃなくて、アボカドでねえか

Biliqw6caaagyry   朝ドラ「あまちゃん」の組合長でんでん。とぼけた味が最高!「落武者じゃなくて、影武者でねえか」という決め台詞は有名だが、「アボガド?アボカド?どっちが正しいの」というのもある。

  現在では普通に食卓で見られるアボカドだが、1980年刊行の「たべもの語源辞典」(東京堂)には一切説明がない。80年代になって一般に日本で知られるようになった食材だろう。

   多くの日本人は「アボガド」のほうが発音しやすい。だが広辞苑には「アボカド」とある。英語のavocadoは、元々スペイン語のavocadoから来た。スペイン語には「弁護士」を意味するabogadoがある。アステカ語の「ahuacat(きんたまの意味)」を当時のスペイン人が「弁護士」の意味であったabogadoと聞き間違え混同したのが発端である。フランスでは現在もavocatは「弁護士」と「アボカド」は全く同じつづり字である。

 

 

2022年1月16日 (日)

辻潤と伊藤野枝

 NHKドラマ「風よあらしよ」伊藤野枝を吉高由里子、辻潤を稲垣吾郎が演じる。辻潤(1884-1944)は、明治36年、20歳のとき日本橋千代田尋常高等小学校の助教員となった。以来、ずっと教員生活を続けた。明治41年、浅草精華高等小学校に教鞭をとる。そして、辻潤が上野高等女学校へ転職したのは、明治42年4月、26歳の時であった。女子高生だった伊藤野枝(1895-1923)との恋愛事件で、辻潤はわずか4年にして上野高女を退職する。辻潤の人生は伊藤野枝との出会いが大きな転機であった。

    当時、野枝は学園新聞「敬愛タイムス」の編集をしていた。辻はその野枝の編集と文筆の才に感心させられた。そして辻は、野枝を育てるために、西欧の近代文学や思想を教えた。教師と生徒の親しい関係はしだいに恋愛へと育っていった。

   そのとき伊藤野枝には、親が決めた末松福太郎という婚約者がすでにいた。卒業すると、野枝は郷里の福岡で挙式するが、9日目にはもう末松家を出て、東京へ戻り、辻と同棲するようになる。福太郎は、再三「ノエヲカエサネバウツタエル」と電報を打ってよこした。校長も「あくまで野枝を愛するなら、学校を辞めてからのことにしてもらいたい」と退職を促すような言い方をするので、辻は「それでは今日かぎり辞めさせていただきます」と啖呵を切って退職した。

    伊藤野枝は、辻潤によって新しい教養に導かれ、平塚らいてうの青鞜社に参加し、婦人解放運動にかかわっていく。辻潤との間には、二児をもうけながらも、夫に離婚を申し出てアナーキスト大杉栄に走った。そして大正12年、大杉栄とともに官憲によって扼殺される。

オクタヴィアヌス

Scaugustus

 紀元前27年のこの日、ローマ政界一の実力者ガイウス・オクタヴィアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳者)の尊称を受けた。この結果、オクタヴィアヌスが軍隊の駐屯が必要とされる属州の大半を統治することになり、事実上の専制君主、初代皇帝となり、ローマ帝政が開始されることになる。アウグストゥスは、同名の父とカエサルの姪アティアとの間に生まれた。(1月16日、Augustus)

 

 

 

 

 

 

2022年1月15日 (土)

グレタ・ガルボ結婚!?

  「結婚をしないで、なんて私は馬鹿だったんでしょう。これまで見たものの中で最も美しかったものは、手を組んで歩く老夫婦の姿でした。」と無声映画時代の美人女優グレタ・ガルボの名言が残されている。彼女が85歳で死去するまで生涯独身だったことはよく知られている。わが国の原節子と並んで「永遠の処女」といわれる。だが昭和史全記録(毎日新聞社)の1934年1月15日付の記事には「ガルボ結婚」とある。お相手は「クリスチナ女王」の監督ルーベン・マムリーアンでアリゾナ州ウィリアムで極秘結婚とのこと。誤報であったが、新聞記事索引にはガルボの結婚報道はいつまでも残っている。

 

 

2022年1月14日 (金)

ボギーあんたの時代はよかった

Photo_3 アイダ・ルピノ

  ハンフリー・ボガート(1899-1957)は死後半世紀以上がたつが男のダンディズムの象徴になっている。だが彼の初期の出演作29本のうち半分は殺されるか死刑になる役だった。共演者といえば、ジェームズ・ギャグニー、エドワード・G・ロビンソン、ジョージ・ラフトといったギャングスターばかり。顔つきが恐いという印象がある。ところが実際のボガートは「とても傷つきやすく、穏やかな人だった。そして嘘と名のつくものはすべて嫌った」とローレン・バコールはいう。「マルタの鷹」(1941年)の探偵サム・スペード役で大スターとなった。3度離婚し、最後の妻はローレン・バコール。1957年1月14日、咽喉ガンで死去。

 

Bogart1_final_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ハードボイルド映画で花をそえたヒロインたち。ベティ・デイビス(化石の森、札つき女、倒れるまで、愛の勝利)、シルビア・シドニー(デッド・エンド)、ジョーン・ブロンデル(身代わり花形)、プリシラ・レーン(彼奴は顔役だ)、メアリー・アスター(マルタの鷹)、アイダ・ルピノ(ハイ・シエラ)、イングリッド・バーグマン(カサブランカ)、ローレン・バコール(脱出、三つ数えろ、潜行者、キーラーゴ)、バーバラ・スタンウィック(第二の妻)、キャサリン・ヘプバーン(アフリカの女王)、ジェニファー・ジョーンズ(悪魔をやっつけろ)、エヴァ・ガードナー(裸足の伯爵夫人)、オードリー・ヘプバーン(麗しのサブリナ)。

 

 

2022年1月13日 (木)

「き」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Medium_katharine_hepburn_2   「き(K)」で始まる名前は男女比でみると女性が多い。「キムKim」「キャサリンKatharine」「キャシーKathy」など。4度のアカデミー主演女優賞に輝くキャサリン・ヘプバーン。性格的には社交ぎらいで、パーティーなどにはまったく出席しなかったが正真正銘トップ女優だった。▽「キニチ・ハナーブ・パカル1世」603-683。メキシコ・マヤ文明のパレンケの王。

 

ギ・ド・モーパッサン
キアヌー・リーブス
ギエルモ・マルコーニ―
ギオバーニ・バチスタ・モルガーニ
ギグ・ヤング
キース・ヴァン・ドンゲン
キース・キャラダイン
キース・ヘリング
ギスラン・クロケ
キット・ハリントン
キニチ・ハナーブ・パカル1世
キーファー・サザーランド
キム・キャトラル
キム・デジュン(金大中)
キム・ノヴァク
キム・ベーシンガー
キャサリン・ウォーターストン
キャサリン・ゼーダ・ジョーンズ
キャサリン・ハイグル
キャサリン・パターソン
キャサリン・ヘプバーン
キャサリン・マンスフィールド
キャサリン・メーニッヒ
キャサリン・ロス
キャシー・ベーツ
ギャスパー・ウリエル
キャスリーン・ターナー
キャーティプ・チェレビー
ギャビー・ホフマン
キャプシーヌ
ギャレット・ヘドランド
キャメロン・ディアズ
キャリー・アン・モス
キャリー・オーティス
キャリー・マリガン
キャリー・フィッシャー
キャリスタ・フロックハート
キャロライン・ケネディ
キャロライン・ブーヴィアー・ケネディ
キャロル・ブーケ
キャロル・ベイカー
キャロル・ランディズ
キャロル・リード
キャロル・リンレー
キャロル・ロンバード
キャンディス・バーゲン
キャンベルト・スコット
ギュイヨーム・ビュデ
ギュスターヴ・エッフェル
ギュスターヴ・カイユボット
ギュスターヴ・クールベ
ギュスターヴ・フローベール
キューバ・グッディング・ジュニア
ギュンター・ギヨーム
ギュンター・グラス
キョブリュリュ・メフメット・パシャ
ギヨーム・アポリネール
ギヨーム・ド・シャンポー
ギヨーム・ド・ノガレ
ギヨーム・ファレム
キラ・セジウィック
キーラ・ナイトリー
キリアン・マーフィー
キルステン・ダンスト
ギルバート・ケイス・チェスタートン
ギルバート・バーネット
ギルバート・ホワイト
キング・キャンプ・ジレット

 

 

源頼朝没す

  1199年のこの日、源頼朝死去す。享年51歳。前年12月27日の相模川橋供養の際に落馬したのが原因といわれている。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」主役・北条義時は小栗旬が演じ、頼朝は大泉洋。これまで大河ドラマでは過去6人が頼朝を演じている。「源義経」(1966年)は芥川也寸志、「新平家物語」(1972年)は高橋幸治、「草燃える」(1979年)は石坂浩二、「炎立つ」(1993年)は長塚京三、「義経」(2005年)は中井貴一、「平清盛」(2012年)は岡田将生がそれぞれ演じた。頼朝の容貌は「顔大ニシテ、たけ低く、容貌花美ニシテ、景体優美也」(源平盛衰記)とみえる。大河では痩身タイプが多い。現代の日本社会でも、武士の評価は高く、政治家や企業経営者のなかには、前近代の武将に、その模範を見出す人が多く、お手本となる人物である。しかしながら政略家で、また容赦なく弟の義経を殺そうとしたりして、狡猾・陰険なイメージがあるため、いまイチ人気は高くない。大泉頼朝はとぼけていてつかみどころがない。(1月13日)

 

 

2022年1月12日 (水)

「も」 ファースト・ネームから引く人名一覧

Image_0012_nagykep  モルナール・フェレンツ(1878-1952)はハンガリーの劇作家・小説家。法律を学んだが、新聞記者となり、人生に対する皮肉な観察眼を養った。1907年小説「パール街の少年たち」および戯曲「悪魔」で文壇に出て以来、機知に富む会話と巧妙な筋の運びをもつ多数の戯曲を書き、世界の劇界にその名を知られるようになった。代表作は「リリオム」「白い雲」「男の流行」「白鳥」「硝子の上靴」「城の中の戯れ」「善良な仙女」「山間の奇蹟」「煙の柱」など。▽モーリス・カンタン・ド・ラトゥール(1704-1788)は18世紀の画家。

モイミール1世
モイラ・ケリー
モーガン・フリーマン
モーセ
モッラー・サドラー
モディボ・ケイタ
モデスト・ペテロヴィッチ・ムソルグスキー
モニカ・ビッティ
モニカ・ベルッチ
モハマッド・ハッタ
モハマンド・モサデク
モハメド・アリ
モハメド・エルバラダイ
モハンダス・カラムチャンド・ガンディー
モブツ・セセ・セコ
モホリ・ナジ・ラースロー
モリー・リングウォルド
モリエール
モーリス・アルブヴァクス
モーリス・エンゲル
モーリス・カンタン・ド・ラトゥール
モーリス・シュバリエ
モーリス・センダック
モーリス・グリーン
モーリス・ジャ―ル
モーリス・ド・ヴラマンク
モーリス・メルロー・ポンティ
モーリス・ランバート
モーリス・ルブラン
モーリス・ユーイング
モーリス・ロネ
モーリン・オサリバン
モーリン・オハラ
モルナール・フェレンツ
モンゴメリー・クリフト
モンティ・パイソン

絵島生島事件

Photo_10    三宅島は東京から南南西175km伊豆諸島のほぼ中央で、大島、八丈島についで三番目に大きい島である。事代主命が渡島し、付近の島々を治めたという伝説があり、12の延喜式内社があることから宮家島といったのが島名の起源という。また8世紀に多治比直人三宅麿が流されたことによるとの説もある。源為朝の居住跡、竹内式部の墓などもある。江戸時代は流刑地で「絵島事件」の生島新五郎は正徳4年(1714)から寛保2年(1742)まで28年間、この島に流された。

    生島新五郎(1671-1743)は、寛文11年、大坂に生まれ、貞亨元年に野田蔵之丞の名で木挽町の芝居小屋・山村座の舞台に立つ。元禄4年、生島新五郎と改名。徳川家継の時、正徳4年1月12日、大奥御年寄の絵島(1681-1741)が寛永寺、増上寺へ参詣した帰途、当時人気絶頂の歌舞伎役者・生島新五郎の山村座に立ち寄ったことが露見し、大奥の門限に遅れ、いわゆる「絵島事件」にまで発展した。かくて絵島は1714年3月5日、信濃高遠(現・長野県伊那市)へ、生島は三宅島へ流され、そのほか処罰者は大奥・御用商人・歌舞伎界に及んで1500人にものぼった。28年間、囲屋敷幽閉の末、病に倒れた絵島は生島の名を呼びつづけて、その生涯を終わった。寛保2年2月、生島は徳川吉宗により赦免され、江戸に戻ったが翌年、小網町で没した。舟橋聖一の新聞小説「絵島生島」(東京新聞昭和28年9月~29年11月)を原作に淡島千景、市川海老蔵(11代目市川團十郎)主演で「絵島生島」(大庭秀雄監督、昭和30年)が映画化されている。近年では「大奥」(2006年)で仲間由紀恵、西島秀俊が演じる。

 

 

2022年1月11日 (火)

敵に塩を送る

   1569年のこの日(新暦1月27日)、上杉謙信が、塩不足に悩む交戦中の武田信玄に塩を送ったとされる。この故事にちなみ本日を「塩の日」としている。甲斐の国は、海に面していないので、塩を作ることができなかった。塩は交易によって他国から購入するしかなかった。そこで今川氏真と北条氏康は共謀して甲斐への塩の輸送を断つ「塩留(しおどめ)」を行った。これを聞いた上杉謙信は今川・北条の行為は卑怯だとして、宿敵信玄に義塩を送ったという。この話は、江戸時代の学者、頼山陽によって有名となった「敵に塩を送る」だが、実際に行われたかどうかは定かではない。塩留は現在の経済制裁によく似ている。(1月11日)

 

 

2022年1月10日 (月)

賽は投げられた

Caesarcrossesrubicon   古代ローマの武将・政治家ガイウス・ユリウス・カエサルは紀元前49年1月10日、手兵を率いて、ルビコン川のほとりに着いた。この小川はカエサルが軍事指揮権を持つガリア・キサルピナとポンペイウスの支配下のイタリア本国との境界になっており、軍隊を率いてこの川を越えると、国法にそむくことになる。カエサルはしばらく向こう岸をにらんでためらっていたが、ついに決心して進軍ラッパを吹かせた。

   「賽は投げられたり」とギリシアの喜劇作家メナンドロスのせりふをさけびながらカエサルがルビコンの流れに馬をのり入れると、全軍も彼に従って、ポンペイウスを討とうと一斉に川を渡った。

   ところでアドリア海に注ぐ世界史で最も有名なルビコン川が現在、どの川であるのか、実のところあまりはっきりしない。たくさんの川の中から、どうやらウソ川がそれだというが、嘘のようなホントの話である。(Caesar,Rubicon) 

明治文学365日

Image414

 

   本日は尾崎紅葉の誕生日、そして1月17日は「金色夜叉」貫一お宮が熱海の海岸で別れた日である。

    尾崎紅葉(1867-1903)、慶応4年(明治元年)1月10日(旧暦では慶応3年12月16日)、江戸芝中門前町に生まれる。本名は徳太郎。父は尾崎惣蔵、通称を武田谷斎(こくさい)という象牙彫りの名人。母は漢方医荒木舜庵の娘庸(よう)である。谷斎は屋号を芝伊勢屋という商家の出であったが、一面に赤羽織の谷斎と呼ばれる、奇行に富む幇間でもあって、紅葉はこの実父のことは生涯秘密で通した。明治28年、山田美妙らと硯友社を結成。「二人比丘尼色懺悔」「伽羅枕」「三人妻」「金色夜叉」など主要作品のほとんどを読売新聞に発表している。出世作で好評を得た雅俗折衷の文体は苦心して創造したものであったが、明治24年の「二人女房」後半から言文一致を試み、である調を用いた。表現の技巧に苦心することを文学の第一義と考え、優れた文章を書く努力を生涯続けた。

   三島由紀夫は昭和43年に中央公論社から刊行された「日本の文学」編集委員でもあったが、シリーズ中の「尾崎紅葉・泉鏡花」の解説を書いている。三島の文学観がうかがえて面白い。依田百川(学海)の尾崎紅葉評を引用しているので紹介する。「当時の紅葉の小説は、一方では満天下の婦女子の紅涙もしぼったけれども、一方では、文章の巧妙練達と、また、その奇思湧くが如く、警語頗る多し!によって敬愛されていたのである。はじめは人も異としたであろうが、奇思や警句を喜ぶ態度は、その文章を味わう態度と共に、文学鑑賞の知的態度と云わねばならない。明治文学からこのような知的な読者のたのしみ方を除外すると、その魅力の大半が理解されなくなる惧れをなしとしない。鴎外にしても漱石にしてもそうである。小説中の客観描写の洗練と、日本的なリゴリズムを伴った人事物象風景それ自体の実在感や正確度を要求する態度は、自然主義や白樺派以後に固定した態度であり、このような鑑賞方法がその後の近代文学をがんじがらめにしたことは周知のとおりである。従って紅葉を読むときは、まず、一種観念的なたのしみ方から入ってゆくことが必要である。洒落や地口も、警句の頻出も、はなはだアレゴリカルな筋立ても、そういうたのしみ方なら許容されるばかりか、明治文学の持っているむしろ健康な観念的性格に素直に触れることができるのである。」と読者入門のガイダンスとしては親切丁寧な一文であろう。三島の勉強家で誠実な人柄があらわれている。

    最後に尾崎紅葉の文体を鑑賞するために、有名なる「間貫一、お宮の熱海の海岸の別れの場面」の一部を紹介する。

   打ち霞みたる空ながら、月の色の匂いこぼるるようにして、微白き海は縹渺として限りを知らず、たとえば無邪気な夢を敷けるに似たり。寄せては返す波の音も眠げに怠りて、吹き来る風は人を酔わしめんとす。打ち連れてこの浜辺を逍遥せるは貫一と宮となりけり。

「僕はただ胸が一杯で、何も言うことが出来ない」

Photo_2   五歩六歩行きし後、宮はようよう言い出でつ。

「堪忍して下さい」

「何もいまさら謝ることはないよ。一体今度のことはおじさんおばさんの意から出たのか、またお前さんも得心であるのか、それを聞けばいいのだから」

「…………」

「こッちへ来るまでは、僕は十分信じておった、お前さんに限ってそんな了簡のあるべきはずはないと。実は信じるも信じないもありはしない、夫婦の間で、知れきった話だ。昨夜おじさんからくわしく話しがあって、その上に頼むというおことばだ」

   差しぐむ涙に彼の声は顫いぬ。

(中略)

「ああ、宮さんこうして二人が一処にいるのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言うのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、よく覚えておおき。来年の今月今夜は、貫一はどこかでこの月を見るのだか!再来年の今月今夜……十年後の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ!いいか、宮さん、一月十七日だ。来年の今月今夜になったならば、僕の涙で必ず月は曇らせて見せるからね、月が……月が……月が……曇ったらば、宮さん、貫一はどこかでお前を恨んで、今夜のように泣いていると思ってくれ」

(中略)

「ああ、私はどうしたらよかろう!もし私があッちへ嫁ったら、貫一さんはどうするの、それを聞かせ下さいな」

   木を裂くごとく貫一は宮を突き放して、

「それじゃいよいよお前は嫁ぐ気だね!これまでに僕が言っても聴いてくれんのだね。ちぇえ、腸の腐った女!姦婦!!」

   その声とともに貫一は脚をあげて宮の弱腰をはたとけたり。地響きして横さまにまろびしが、なかなか声をも立てず苦痛を忍びて、彼はそのまま砂の上に泣き伏したり。貫一は猛獣などを撃ちたるように、彼の身動きも得せず弱々とたおれたるを、なお憎さげに見やりつつ、

「宮、おのれ、おのれ姦婦、やい!貴様のな、心変りをしたばかりに間貫一の男一匹はな、失望の極発狂して、大事の一生を誤ってしまうのだ。学問も何ももうやめだ。この恨みのために貫一は生きながら悪魔になって、貴様のような畜生の肉を啖ってやる覚悟だ。富山の令……令夫……令夫人! もう一生お目にはかからんから、その顔をあげて、真人間でいる内の貫一の面をよく見ておかないかい。長々のご恩に預ったおじさんおばさんには一目会ってだんだんのお礼を申し上げなければ済まんのでありますけれど、仔細あって貫一はこのまま長のお暇を致しますから、随分お達者でご機嫌よろしゅう……宮さん、お前からよくそう言っておくれ、よ、もし貫一はどうしたとお訊ねなすったら、あの大馬鹿者は一月十七日の晩に気が違って、熱海の浜辺から行方知れずになってしまった……」

   宮はやにわに蹶ね起きて、立たんすれば脚の痛みに脆くも倒れて効なきを、ようやく這い寄りて貫一の脚に縋り付き、声と涙とを争いて、

「貫一さん、ま……ま……待って下さい。あなたはこれからど……どこへ行くのよ」

   貫一さすがに驚けり、宮の衣のはだけて雪羞ずかしくあらわせる膝頭は、おびただしく血に染みて顫うなりき。

(中略)

   ついに倒れし宮は再び起つべき力も失せて、ただ声を頼みに彼の名を呼ぶのみ。ようやく朧になれる貫一の影が一散に岡を登るが見えぬ。宮は身悶えしてなお呼び続けつ。やがてその黒き影の岡の頂に立てるは、こなたをまもれるならんと、宮は声の限りに呼べば、男の声もはるかに来たりぬ。

「宮さん!」

「あ、あ、あ、貫一さん!」

   首を延べてみまわせども、目をみはりて眺むれども、声せし後は黒き影の沸き消すごとく失せて、それかと思いし木立の寂しげに動かず、波は悲しき音を寄せて、一月十七日の月は白く愁いぬ。宮は再び恋しい貫一の名を呼びたりき。

 

 

2022年1月 9日 (日)

内村鑑三不敬事件

021893_kumamoto_03m

 

   明治23年10月30日に発布された教育勅語について文部省はその謄本を作成して、全国の国公私立の学校に配布した。内村鑑三が嘱託教員として勤務していた第一高等中学校では、明治24 年1月9日にその奉読式を実施した。その際、内村は、拝礼が宗教性を帯びると判断して、偶像崇拝を否定するキリスト教の信念に従い、軽く会釈する程度の敬意を表することにとどめたが、生徒および教員の一部から、この内村の行為は皇室に対する不敬であるとの非難が発生し、同年1月から、その記事・論説の数は143、掲載新聞の数は56種に達したが、そのほとんどは、「不忠の臣」「外教の奴隷不敬漢」というものであった。生徒の中には、封筒の中にカミソリを入れ、「不敬者、これで腹を切れ」という手紙を出した者もいた。新聞報道などによって「不敬事件」として一挙に社会問題となったが、内村は自分がけっして勅語の趣旨を批判するものではないと弁明し、宗教上の拝礼ではなく社会的な敬礼であればと、たまたま病床にあったために友人の教授木村駿吉に代理敬礼を委嘱した。事件後1ヵ月も経たない同年2月3日病気を理由に同校を依願退職した。全国から激しい非難を浴びた内村は、その後、病床に就く。看病した妻加寿子は、心身の疲れから、急逝した。しかし、この機会にキリスト教の弊害を指摘しようとする国体論者や仏教界の一部などからの画策もあって、帝国大学教授井上哲次郎が「教育と宗教の衝突」を発表するや、問題は単なる内村の一「不敬行為」への糾弾からキリスト教一般への攻撃へと展開していった。内村は井上に反論する形で「基督教徒の慰め」を出版。内村は、孤立してでも自分の信仰を守ることを主張している。のちに丸山真男は「こういう事件は、直接の被害者はひとりか数人であっても、タブーを社会的に拡大し、無数の人々の思想に目に見えない統制を加えるという点で、大きな意味をもつわけであります」と分析している。(「思想と政治」1957年8月 信濃教育第849号)

 

 

2022年1月 8日 (土)

素顔のままで

Photo_2    「素顔のままで」といえば一般にはビリー・ジョエル「ストレンジャー」の中の曲を思い出す人が多い。だが同名異曲に南沙織のアルバム「素顔のままで」(1976)があり、ビリー・ジョエルよりも1年前である。ドラマ「素顔のままで」(1992)は北川悦吏子の脚本、安田成美、中森明菜でヒットしたが、デミー・ムーア主演でストリップ・シーンが話題となった「素顔のままで」がある。原題は「ストリップティーズ」で邦題は意味不明。写真集にも「素顔のままで」は多い。大場久美子(1980)、国仲涼子(1999)など。漫画で樫みちよ「素顔のままで」(1985)、ハーレクインにジャニス・カイザーの「素顔のままで」(1991)。ローズマリー・クルーニーのCDタイトルも「素顔のままで」である。

いつも心に太陽を

Japanese2332   学園もの映画といえば、ルート・ロイベリクの「朝な夕なに」(1957)を皮切りに、サンディ・デニスの「下り階段を上れ」(1967)、そしてシドニー・ポワチエの「いつも心に太陽を」(1967)。ルルが歌う主題歌もヒットした。原題は「To Sir、with Love」(先生へ、愛を込めて)だ。その当時の日本人の多くは日本少国民文庫の山本有三訳詩「心に太陽を持て」を連想したのではないだろうか。ジュディ・ギーソンも懐かしい。そのシドニー・ポワチエが6日、バハマで亡くなった。94歳。1963年「野のユリ」で黒人としてアカデミー主演男優賞を受賞した。2度目の奥さんは女優のジョアンナ・シムカス(冒険者たち)である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ss2254824__photograph_of_judy_geeso

 

 

平成スタートの日

S64heisei

 

   1989年1月7日、足掛け64年にわたった「昭和」が幕を閉じた。昭和天皇は87歳と8ヵ月のご生涯だった。翌日から新しい元号「平成」がスタートした。この年、亡くなった方々には著名人が多い。2月9日に漫画家の手塚治虫、4月27日に松下幸之助、6月24日に歌手の美空ひばりが他界し、まさしく昭和の終焉を感じさせた。この年はまだバブル景気といわれた後半の時期にあたる。消費者は高額商品を買うこと、「生活の豊かさ」を感じ、海外の高級ブランド品や高機能の家電製品を買いあさった。しかし1990年をピークに景気は下降し、バブルは崩壊し、長い平成不況が続く。俳優の平泉征は、このころ芸名を「平泉成」と改名した。すると脇役として次々が舞い込み、「平成」期になって売れ出した。雪の日や昭和は遠くなりにけり。(1月8日)

 

 

2022年1月 7日 (金)

七草がゆ

Img_355540_11327972_0

    きょうは七草粥。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずな、すずしろ、春の七草を刻んで食べる。万病を除くおまじないであるが、おせち料理で疲れた胃を休める効能もある。泉隆寺(神戸市中央区)は古来から水はけが良く、良質の大根を産出してきたらしい。起源は中国で、毎年1月7日に7種類の野菜を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが平安時代中期頃に日本に伝わり七草がゆが生まれた。醍醐天皇のときにこの地で栽培した若菜(七草のすずしろ=大根)を宮中へ献上したのが由来となって、若菜をそえて、食する習わしが広まった。別名「若菜寺」と呼ばれる泉隆寺では、いまでも七草がゆ法要が行われている。

2022年1月 6日 (木)

著名人の故郷はどこ?

 みなさんは地元出身の有名人と言われて、誰を思い浮かべますか?たとえば高知県であれば、高知の女は「はちきん」と呼ばれて、男まさりで勝ち気。広末涼子や島崎和歌子を思い浮かべます。▽嵐のメンバーの出身地。松本、二宮、櫻井、大野みな東京都。相葉雅紀だけが千葉県。47都道府県の著名人の出身地調べはおもしろい。

 

北海道 北島三郎 鈴木宗男 玉置浩二 高橋恵子 細川たかし 大泉洋

 

青森県 吉幾三

 

岩手県 大谷翔平 小沢一郎 千昌夫 新沼謙治

 

宮城県 羽生結弦 さとう宗幸 宮藤官九郎

 

秋田県 藤あや子 落合博満 内館牧子 佐々木希

 

山形県 佐高信 大泉逸郎 あき竹城 渡辺えり

 

福島県 伊東美咲 田部井淳子 西田敏行

 

茨城県 永作博美 東野峻

 

栃木県 森昌子 落合恵子

 

群馬県 篠原涼子 渡辺久信

 

埼玉県 石川遼 羽生義治 蜷川幸雄 星野真里

 

千葉県 長嶋茂雄 高橋由伸 阿部慎之助 小倉優子 野田佳彦

 

東京都 木村拓哉 石田純一 蓮舫 北島康介 長山洋子

 

神奈川県 加山雄三 向井理 成海璃子 織田裕二 中居正広

 

山梨県 根津甚八 松本哲也

 

長野県 上條恒彦 美川憲一

 

新潟県 小林幸子 高橋克実 馬場ふみか

 

富山県 野際陽子 風吹ジュン

 

石川県  松井秀喜 鹿賀丈史 田中美里 浜辺美波

 

福井県 五木ひろし 白川静夫

 

岐阜県 野田聖子 北川悦吏子 髙橋尚子

 

静岡県 広瀬すず 加藤剛 斎藤孝 長澤まさみ

 

愛知県 イチロー 琴光喜啓司 竹下景子 玉木宏

 

三重県 榊莫山 ドン小西  椎名桔平 西野カナ 鳥羽一郎 山川豊

 

滋賀県 田原総一朗

 

京都府 都はるみ 村上春樹 前原誠司 伊達公子 近藤正臣

 

大阪府 天童よしみ 和田アキ子 岡田武史 三池崇史 山中伸弥

 

兵庫県 北川景子 松下奈緒 上野樹里 松浦亜弥 

 

奈良県 堂本剛 吹石一恵

 

和歌山県 坂本冬実 田川寿美

 

鳥取県 水木しげる

 

島根県 錦織圭 江角マキコ

 

岡山県 あさのあつこ

 

広島県 西城秀樹 金本知憲

 

山口県 菅直人 山本譲二

 

徳島県 板東英二

 

香川県 松本明子

 

愛媛県 大江健三郎 早坂暁

 

高知県 広末涼子 藤川球児 やなせたかし

 

福岡県 郷ひろみ 松田聖子 浜崎あゆみ 魁皇博之 氷川きよし 白川方明 タモリ つるの剛士 田中麗奈  五郎丸歩

 

佐賀県 松雪泰子

 

長崎県 さだまさし 福山雅治 前川清 仲里依紗 川口春奈

 

熊本県 八代亜紀 石川さゆり 島津亜矢 姜尚中 秋山幸二 森高千里

 

大分県 深津絵里 南こうせつ

 

宮崎県 東国原英夫 青木宣親

 

鹿児島県 森進一 西郷輝彦 上白石萌音

 

沖縄県 新垣結衣 宮里藍 安室奈美恵 夏川りみ 中島美嘉

時は金なり

96ede4f38c164b34dd9d1d6b7e36d90d    本日は、1706年ベンジャミン・フランクリンの誕生日。1733年、フランクリンは格言入りのカレンダー「貧しいリチャードの暦」を出版した。

時は金なり

Time is money.

 

人とメロンは中味がわからぬ

 

Men and melons are hard to know.

 

生きんがために食え、されど食わんがために生くるなかれ

 

Eat to live,and not live to eat.

 

天は自ら助くる者を助く

 

Heaven helps those who help themselves.

 

早寝、早起きは、人を健康にし、金持ちにし、そして賢くする

 

Early to bed and early to rise,makes a man healthy,wealthy,and wise.

 

    いちばん有名なのは「時は金なり」だろう。すべてがフランクリンの創作というわけではないが、古いことわざにも彼の工夫が入っている。「時は金なり」の語源は複雑である。原典ははっきりとしないが、起源はかなり古く、ギリシアの哲学者ディオゲネスの文献に「時は人間が消費しうるものの中で最も貴重なものである」というのがあり、ローマの詩人ホラティウスは「その日を生きること」と言っている。そしてラテン語になって「時は高い出費」となる。16世紀フランスの作家ラブレーの文献にも見える。アメリカで最初に金言として使用したのはフランクリンだろう。フランクリンがカレンダーを出版し、勤勉に仕事にはげむことの大切さを簡潔な言葉に表したものとして、その功利精神がアメリカ人に広く受け入れられた。フランクリンの小論文「若き商人への手紙」(1748年)に次のようにみえる。「時間を浪費するのは周囲のせいではない。常に自分が選択している。自らが利益になるための行動をおこせ。憶えておくこと。時は金なり」と書いている。タイムプレッシャー法という学習法がある。問題集や仕事に制限時間を与えて、脳に負荷をかけることで。集中力がアップし、短い時間で学習効果が上がるという。 (Remember,that Time is Money,1月6日)

 

 

 

 

2022年1月 5日 (水)

楠木正行、没す

  父楠木正成の13回忌を機に挙兵した楠木正行は、各地で幕府軍と戦い善戦したものの、限りある兵力からついに生駒山の北麓四条畷の決戦で敗北、弟正時と刺し違えて自決した。1348年1月5日。

 

2022年1月 4日 (火)

けん玉の歴史

   外出自粛で屋内で誰もが手軽に楽しめる「けん玉」が注目を集めている。紅白歌合戦でも三山ひろしがギネス記録に挑戦し成功した。サポーターにTRF、帽子とサングラスのDJ KOO(髙瀬浩一)が出場しているのも恒例である。さてけん玉はいつ頃から始まったのか。その起源については諸説あるが、アジアではなくてヨーロッパであるという。フランスのビル・ボケ(Billboquet)が古い記録にある。16世紀のアンリ3世の頃である。ピエール・ド・エストワールが「1585年の夏、街角で子どもたちがよく遊んでいるビル・ボケを王様たちも遊ぶようになった」と記している。貴族や上流階級のビル・ボケは象牙などを使い、彫刻がほどこされていたので高価なものであった。現在世界各地にあるけん玉はおそらくこのビル・ボケが伝わったものらしい。日本で見慣れているけん玉は、大正時代に作られたもので、当時は「日月ボール」と呼ばれていた。1918年、広島県呉市の江草濱次が明治期のけん玉を改良した「日月ボール」を考案した。これが1927年ころ全国的に大流行した。

 

 

 

 

チンボラソ山

Img_0010

 

  高さだけが山の魅力の尺度ではない。南米エクアドルにチンボラソ山(標高6267m)がある。もちろん世界最高峰はエベレスト(標高8848m)だが、18世紀まではチンボラソが世界一高い山と考えられていた。アレキサンダ・フォン・フンボルト(1769-1859)とエメ・ボンプラン(1773-1858)の2人は1799年から1804年にかけて南米へ学術探検をおこなった。オリノコ川の探検を終えて、チンボラソを登った。2人は頂上から450mのところまでは行ったが、割れ目があって渡れず、そこから引きかえした。しかし、5875m地点まで登ったというのは、当時の最高記録だった。その後も長い間、登山家たちを寄せつけなかった。初登頂は1880年1月4日、スイス・アルプスのマッターホルンの初登頂者として有名なイギリスの登山家エドワード・ウィンパー(1840-1911)である。(Chimborazo,Ecuador)

2022年1月 3日 (月)

鳥羽・伏見の戦い

 1868年1月3日。午後4時ごろ、幕府軍の別働隊は鴨川を渡り入京しようとした。薩摩軍は渡河を認めず、ここに鳥羽の戦いが始まった。鳥羽から5㎞東の伏見でも、朝からにらみ合いが続いていた。こうして鳥羽・伏見で全面的な戦いが勃発した。薩摩・長州軍は支援の安芸藩・土佐藩をふくめ約5000人ほどの兵力で幕府軍にくらべ3分の人の兵力にすぎなかったが、大砲・小銃の装備にすぐれており、幕府軍が用いたゲーベル銃に対し、薩摩軍が用いたのはアメリカ製スペンサー元込銃などの新式銃であった。翌4日には薩摩・長州軍の優勢がはっきりする。こうして始まった戊辰戦争は、これから1年半に及ぶことになる。

 

 

2022年1月 2日 (日)

人類の過去と未来

   政府は2020年代末までに日本人の月面着陸を計画しているという。 十年一昔、金融ビッグバンとか規制緩和という言葉が新聞紙面を賑わした。3.11、原発事故後の今は復興、増税、放射線、震災ナショナリズム、パンデミック、SDGSなど社会は一変したから恐れ入る。今世紀は宇宙開発、原子力利用など前世紀の所産の理想と現実に直面する時代なのだろう。「歴史は、人間の知恵と人間の意欲の生みだしたものである」というベネデット・クローチェ(1866-1952)の言葉を思い出す。クローチェはまだ人間の力を信じている学者であるようだが、人類全体は科学の進歩によってこれまで不可能なことが可能になるだろうが、個人個人の人生にとっては、幸福の追求は夢に過ぎないだろう。わたしはいま運命論を信じることにしている。

    確かに、50年ほど前、人類の歴史はおよそ100万年といわれた(現代教養文庫に「人類の百万年」という本がある。1968年刊行)が、のちに500万年といわれた。ところが近年は猿人や旧人は絶滅したと考えられてホモ・サピエンスはおよそ5万年前といわれている。2018年現在、世界の人口は75億人に達している。過去に生れてきた人類すべての数と比較すると、どのくらいの比率になるのか。過去の人類+現在の人類=1082億人。これが人類誕生して以来の総数になる。つまり、現在生存している人類だけで、過去すべての人類の7%に相当する。2050年には100億人に達すると試算されているので、その頃の比率だと1割に近づく。ちなみにほとんどの時代において、平均寿命は30歳前後である。

 

 

Photo

初夢に見ると縁起が良いとされる七福神と富士山

 昔から初夢で1年の吉凶を占う風習がある。一般には正月2日の夜の夢が初夢とされている。室町時代から良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に「永き世の遠い眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされている。また古来から目出度い夢の順序をいったものに「一富士、二鷹、三茄子」が夢に現れれば吉兆とされているが、科学的な根拠はない。その由来についても諸説ある。「一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭」で駿河国の名物をうたったものだという説がある。また曽我兄弟の富士の裾野の仇討ち、鷹の羽根のぶっちがいを紋所とする赤穂浪士の仇討ち、荒木又右エ門の伊賀上野の仇討ちを暗示しているという説もある。近頃の説では、「一富士」は「不死」に通じ、「二鷹」は「高・貴」に通じ出世栄達、「三茄子」は「成す」に通じ子孫繁栄を読み取り、人間の三大欲望が叶えられる吉兆としての初夢縁起とするものである。

   「四扇」は末広がりで、財産や子孫繁栄を示す。「五煙草」は煙がたち昇ることから、出世、栄達を示している。「六座頭」とは、むかし僧の姿をした盲目の人のことで、盲目の人の目が開く瞬間を見られるのは幸運とされたからである。俗説には坊主は、毛がない、つまり「怪我ない」に通じるとも。また、単純に、富士は日本一の山であり、鷹は強い鳥、茄子は物事が「成す」にひっかけたものという説もある。ちなみに、このあと四は葬式、五は火事という説もある。一見、縁起が悪そうだが、夢で出会えば、実人生では出会わない、と解釈されている。(参考:「3秒に1回驚く雑学の本」、1月2日)

 

 

 

 

2022年1月 1日 (土)

おせち料理の由来について

新しき年の始の初春の今日降る雪のいや頻(し)け寿詞(よごと)

 

   大伴家持

 

Photo_2  元日の朝、正月のお祝い膳にかかせないのが「おせち料理」である。「おせち」とは御節供(おせちく)のつまったもので、昔は五節供の節目に用いられる料理のことをいったが、次第に正月の料理だけをいうようになった。正月の祭事の食物に里いものような穀類を特別重要視する習慣は縄文時代からの穀類起源神話からもうかがえる。インドネシアの神話に、ハイヌウェレという少女の死体から芋などの作物が生まれ、人びとの主食となったという神話がある。ドイツの学者アドルフ・イエンゼン(1899-1965)はこれを「ハイヌウェレ型神話」と呼び世界に同類の神話が存在するとした。日本の記紀にみられるオオゲツヒメも縄文時代の中期に南方から渡来した可能性が高いと学者は説く。おせち料理は年神様にお供えして、家族の繁栄や、多産、豊年、長寿、家内安全のなどを願う、縁起物の家庭料理である。

 

   「数の子」は、にしんの卵だが、「二親・にしん」から、たくさんの子がうまれてめでたいと、子孫繁栄の縁起をかついでいる。古くからおせちに使われる。

 

 「田作り」は、ごまめともいい、かたくちいわしのの幼魚を炒って飴煮したもの。昔たんぼの肥料に使ったところ、たいへん米がとれたため、豊年万作を祝う農民が正月に田作りを食べるようになった。

 

   「黒豆」は、一年中の邪気を払い無病息災を願って屠蘇で祝うが、そのときに用いられる祝い肴のひとつ。黒豆(くろまめ)・まめ(丈夫)に暮らせるようにという縁起に因んだもの。 

 

 「昆布巻き」は、昆布と「よろコブ」をかけて幸福を願う。

 

 「海老」は長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って使われる。

 

 「鯛」は、鯛と「めでタイ」をかけて幸福を願う。

 

 「くわい」は芽が出る事から「出世しますように」という縁起物です。

 

 「れんこん」は沢山の穴が開いていることから「先が見える・先の見通しが良い」とされる縁起物です。

 

 「たたきごぼう」は根がしっかり根付くことから「家の土台がしっかりするように」とされる縁起物です。

 

 「棒だら」は鱈腹(たらふく)食べられるという意味で腹=福から来ています。

 

 「栗きんとん」金団と書き、その色から黄金・財産に見たてた豊かな1年を願う料理です。

 

   「屠蘇」とは魏の名医華佗の処方という、年始に飲む薬・屠蘇散に由来する。屠蘇散を入れて、酒・みりんに浸して飲む。一年の邪気を払い、齢を延ばすという。平安時代から行われている。(1月1日)

 

参考:『江馬務著作集5』 中央公論社 P191~196

 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31