無料ブログはココログ

« 最近英米にフランクという名が減少した理由 | トップページ | おでんは高齢者には危険である »

2021年12月13日 (月)

戦艦シュペー号の最期

   1939年12月13日、ラプラタ沖海戦でドイツの戦艦シュペー号は甚大な被害を受けた。冬季の北太平洋の激浪に耐えて本国に帰還できる状態になく、艦長ラングスドルフは、中立国のウルグアイに寄港した。しかしウルグアイは中立国とはいえイギリスの影響力の強い国であり、修理もできないまま帰国が絶望的な最後の航海に出ざるをえなかった。艦長は12月17日、乗組員をドイツ商船に移乗させ、シュペー号に残る40名の乗組員とともに自沈させた。乗組員は全員タグボートで退避、艦長は半ば力づくで艦から引きずり降ろされた。だが艦長は自沈の責任をとり、19日に逗留先であるブエノスアイレスでピストル自殺を遂げた。

 

 

« 最近英米にフランクという名が減少した理由 | トップページ | おでんは高齢者には危険である »

世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近英米にフランクという名が減少した理由 | トップページ | おでんは高齢者には危険である »

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30