無料ブログはココログ

« 葉書制度と普仏戦争 | トップページ | 世界で最初に救急車を使用した国はどこか? »

2021年10月 1日 (金)

住吉三神

   住吉三神とは、底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命の総称である。黄泉国から戻った伊邪那岐神が、日向の橘の小門の阿波岐原で禊を行ったときに、3柱の綿津見神とともに生まれた神だ。これらの神々はいずれも、航海の安全を守り、大漁や、転じて商売繁盛、家運隆盛を約束する海の神として、古くから篤く信仰されている。神功皇后が新羅出兵のとき、住吉三神は海路を守護して一行を無事に現地に渡し、のちには帰国させる。この功績により三摂津国(現・大阪府)に住吉大社を創建したといわれる。

 

« 葉書制度と普仏戦争 | トップページ | 世界で最初に救急車を使用した国はどこか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉書制度と普仏戦争 | トップページ | 世界で最初に救急車を使用した国はどこか? »

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29