無料ブログはココログ

« 谷崎潤一郎忌 | トップページ | ジャン・ジョレス暗殺事件 »

2021年7月30日 (金)

バグダード

5fe0fe88
 アッバース朝の最大勢力図(850年頃)

 

    750年、ムハンマドの叔父アル・アッバースの4代の孫、アブル・アッバース・アブドゥッラーがウマイヤ朝を滅ぼして、アッバース朝をひらく。アッバース朝は初め都はクーファから起こったが、762年7月30日、第2代のカリフ、アル・マンスール(754-775)の時に、ササン朝の旧都クテシフォンに近いバクダードの地を選んで新たな首都が造営された。アル・マンスール以後6代のカリフの治世、約1世紀間はアッバース朝の全盛期であり、とくに「千夜一夜物語」で有名なハールーン・アル・ラシード(786-809)の治世はまさにその黄金時代にあたった。都バグダードは東西交通の中心地として「世界の十字路」と称され、その人口は150万人とみられ、繁栄をきわめた。アッバース朝の国旗は「黒」い布であり、兵士は頭に黒い布を巻いて戦った。現在シリア、イラク、イエメンの国旗は「赤、白、黒」の三色旗である。アッバース朝は、その後、軍人による半独立政権が辺境地域に乱立して衰退し、10世紀以降はブワイプ朝をはじめ、ファーティマ朝、セルジューク朝などが成立した。(Abbasids,Abu al-Abbas,Harun al-Rashid,Baghdad)

 

125px1 Syria_b_2
    アッバース朝             シリア

 

Imagecayh37k1 1
    イラク                 イエメン

 

 

 

 

« 谷崎潤一郎忌 | トップページ | ジャン・ジョレス暗殺事件 »

世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷崎潤一郎忌 | トップページ | ジャン・ジョレス暗殺事件 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30