無料ブログはココログ

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 遼と金 »

2021年7月 2日 (金)

フビライか、クビライか?

4062920093   横綱白鵬が4日から始まる名古屋場所に進退を懸けて臨む。モンゴル人は強く恐ろしい印象がある。それはチンギス・ハン、フビライ・ハンからきている。とくにフビライは日本人にとって恐ろしい名前である。1274年と1281年と2度にわたり、大軍を率いて九州へ攻め寄せて来たからだ。戦前の教科書では「忽必烈」と書いて「フビライ」と読んでいた。戦後は教科書など「クビライ」とするのが一般的である。Qubilai あるいはKhubilaiはどちらが原音に近いのだろう。奥富敬之は「モンゴル語では「フ」と「ク」のあいだの発音なので、どちらでもよい」としている。杉山正明「クビライの挑戦」(1995)から後、「クビライ」もよく使われ、今は「フビライ」「クビライ」どちらも文献で見られる。高校世界史も暗記で悩まされる。オゴタイ・ハン国、チャガタイ・ハン国、キプチャク・ハン国、イル・ハン国。版図がユーラシア大陸に広くまたがっていて覚えられならない。(Khu bilai)

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 遼と金 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十字軍対セルジューク朝、マムルーク朝 | トップページ | 遼と金 »

最近のトラックバック

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30