無料ブログはココログ

« 哲学者タレスと七賢人 | トップページ | 中国地理と文献書目 »

2021年6月 4日 (金)

アウレリウス・マクシミアヌス

  ローマの軍人。本名マルクス・アウレリウス・ウァレリウス・マクシミヌス。250-310。285年ローマ皇帝ディオクレティアヌスは共同統治者を任命した。共同統治を選んだ理由は、帝国が直面している問題(とくに辺境の脅威)が大きすぎて、単独の支配者では掌握しきれないことを認識していたむからだ。ディオクレティアヌスが最初の共同統治者アウレリウス・マクシミアヌスを任命して「カエサル(副帝)」の称号を与え、翌年には「アウグストゥス(正帝、つまり自分と同等の立場)」に昇進させた。293年に東西の正帝がそれぞれ副帝を任命して、皇帝は4人になった。こうした権力の分割は、帝国の将来に重要な意味をもっていた。すなわち、東西の帝国の分割が制度によって定められ、4世紀のうちにさらに固定されたことである。そして、395年以降、帝国の東半分と西半分はそれぞれ独自に統治されることになった。

 

« 哲学者タレスと七賢人 | トップページ | 中国地理と文献書目 »

世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 哲学者タレスと七賢人 | トップページ | 中国地理と文献書目 »

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31