無料ブログはココログ

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | サラエボ事件 »

2021年6月28日 (月)

漱石と羊羹

6010d   夏目漱石が英国から帰国し大学で教鞭をとって、通称「猫の家」(文京区向ヶ丘)に住んでいたころの話である。漱石は甘党で知られる。その甘党ぶりは滑稽味があり、「君のくれた菓子は僕が大概くつて仕舞った。小供も食べました」(明治38年4月13日、森巻吉宛書簡)とある。数ある菓子の中でも特に羊羹を愛した。「余はすべての菓子のうちでもっとも羊羹が好だ。別段食いたくはないが、あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける工合は、どう見ても一個の美術品だ」(草枕)と羊羹の美術性を述べている。だがこんな逸話も伝わる。甘党のために漱石は糖尿病を患うようになった。鏡子は漱石の体調を気遣って、好物の羊羹を隠した。すると漱石は、いつものように羊羹が入っているはずの戸棚を必死に探し続けた。その様子を見かねた四女の愛子が在り処を教えてやると、漱石は娘を大いに褒め、上機嫌で羊羹を頬張ったという。

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | サラエボ事件 »

料理」カテゴリの記事

コメント

甘党の男は気難しいか、変わり者が多いと聞いた。

漱石は変わり者で気難しかった男だが・・

酒はどうだったのか。両刀つかいのような気がするが・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福沢諭吉「演説のすすめ」 | トップページ | サラエボ事件 »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30