無料ブログはココログ

« フランス人の愛国心と現実主義 | トップページ | ヒトラーとエッフェル塔 »

2021年6月22日 (火)

トルストイとチェス 

Counttolstoy_prokudingorsky_r   ロシアの文豪レフ・トルストイは、大のチェス好きであった。大学生のころ、ペテルスブルグのチェスクラブの常連であった。そこでいつもツルゲーネフと、チェス盤をはさんで向かい合っていたという。1864年に、妻の弟にあてた彼の書簡があり、それには「きみはチェスをやっていますか。私は、チェスや本や狩猟のない生活なんて、想像もできません」と書かれている。

   トルストイの晩年の生活では、チェスはさらに重要なものとなっていた。50歳を過ぎて初めてモスクワに屋敷を所有し、妻と大勢の子と暮らした。朝9時から午後4時まで執筆し、チェスは、夕方の日課だった。相手をつとめたのは、アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル(1875-1961)という若いピアニストであったが、2人は15年間に600局以上のケームをしたといわれている。ゴリデンヴェイゼルはトルストイの最期を看取った1人だが、回想録にはチェスのことが詳しく書かれている。

 

Alexandergoldenweiser240xa2f55eb4
 ゴリデンヴェイゼル

 

Leo Tolstoy,Alexander Goldenweiser

 

 

« フランス人の愛国心と現実主義 | トップページ | ヒトラーとエッフェル塔 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フランス人の愛国心と現実主義 | トップページ | ヒトラーとエッフェル塔 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31