無料ブログはココログ

« ウニヴェルシタス(「ウ」事項索引) | トップページ | 聴いていて気恥ずかしくなる歌謡曲 »

2020年12月17日 (木)

ベートーベン生誕250年

4665c7c99cebb32ecc981c39a97baee25de     藤澤ノリマサが「希望の歌」が歌っている。むかし友人の結婚披露宴でベートーベンの「交響曲第九番」の「歓喜の歌」をドイツ語で歌っている人がいた。うらやましいと思ったがついに自分は練習した事はなかった。だからいまでも日本語で「♪晴れたる青空ただよう雲よ」と中学校の音楽の本にあった歌詞しかしらない。いまいち歌詞がつまらない。「希望の歌」は歌詞がやさしくて歌いやすいように思う。ベートーベンは12月が誕生月である。ベートーベンの父ヨハンは宮廷楽団のテノール歌手であったが、酒好きで喉を痛め、生活が困窮した。1767年にマリア・マグダレーナ・ライムという若い未亡人と結婚した。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンはその長男である。正確な誕生日はわからない。洗礼を受けたのが17日なので、17日と前日の16日を誕生日とすることが多い。ベートーベンの身長は160~167㎝。耳が遠いせいで声が大きかった。ワインが大気好きだった。BSプレミアム「ザ・プロファイラー」でベートーベンの不滅の恋人とはアントニア・ブレンターノが有力であるといっていた。彼女は当時すでに結婚しており4児の母であった。

 

 

« ウニヴェルシタス(「ウ」事項索引) | トップページ | 聴いていて気恥ずかしくなる歌謡曲 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウニヴェルシタス(「ウ」事項索引) | トップページ | 聴いていて気恥ずかしくなる歌謡曲 »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31