無料ブログはココログ

« 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) | トップページ | ハルキストという不思議な存在 »

2020年10月 7日 (水)

安政の大獄で橋本左内ら刑死

  安政5年、6年は維新史でも重要な年だった。安政5年1月、幕府は日米修好通商条約調印の勅許を奏請するが、孝明天皇はそれを拒否した。6月、勅許のないまま、幕府が上記条約を調印したため、天皇は激怒する。このころ橋本左内(1834-1859)は越前藩主松平慶永の側近となり、上洛、一橋慶喜待望説を遊説。しかし、井伊直弼が大老に就任し、慶永が処罰されると左内も、安政6年10月7日、江戸伝馬町獄舎で斬首された。26歳の若さであった。頼三樹三郎、飯泉喜内の2人も刑場の露と消えた。だが井伊直弼も翌年桜田門外の変で暗殺され、安政の大獄を取り仕切った直弼の側近、長野主膳も、2年後、藩内の尊攘派岡本黄石らのクーデターで失脚、斬首された。(10月7日)

« 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) | トップページ | ハルキストという不思議な存在 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 源頼朝、鎌倉に入る(1180年) | トップページ | ハルキストという不思議な存在 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30