無料ブログはココログ

« 吉田松陰先生御真影の謎 | トップページ | 秋は灯火親しむべし »

2020年10月27日 (火)

昔は昔・・・今は今

 なんで「鬼滅の刃」が令和の今、こんなに人気爆発したのだろう?それは子供がすきな要素がいっぱい含んでいるからだろう。時代劇(本作は大正時代だけど)、伝奇ロマン、妖怪、ゲテ物、グロテスク、スピード感、正義のヒーロー。ギャグ的要素が少ないのもよい。「どろろ」と「子連れ狼」を合わせたような設定。竈門炭次郎が背負う箱には妹の禰豆子が入っているが、乳母車にすれば大五郎になってしまう。老人には古く「隠密剣士」「赤胴鈴之助」や「笛吹童子」「紅孔雀」のチャンバラ活劇を思い起こさせてくれる。昔は昔・・・今は今。

« 吉田松陰先生御真影の謎 | トップページ | 秋は灯火親しむべし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田松陰先生御真影の謎 | トップページ | 秋は灯火親しむべし »

最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28