無料ブログはココログ

« 親の七光り | トップページ | 死に至る病 »

2020年10月 1日 (木)

田山花袋「踏査」

 街道がある。共処に日が照る。人が通って居る。向うには山の翠が見える。それは年々歳々同じである。秋が来れば稲が熟って、里川に澄んだ水に雑魚の泳ぐのが鮮かに見える。稲を満載した車がガラガラと音を立てて通っていく。私は共処に一「田舎教師」の歩いて行く姿を明らかに見得た。

 踏査―私はこの踏査といふことを地理学から学んだ。日記よりも手紙、手紙よりも踏査の肝要なのを私は感じた。歴史地理といふ学問は面白い学問である。私は小説地理といふことを「田舎教師」に由って考へた。私が小説製作上実在を尊ぶのは、決して消極的ではない、積極的である。史家が古城址をさぐり、地理学者が山岳踏査するのと同じ位に思っている。(明治42年11月)

« 親の七光り | トップページ | 死に至る病 »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親の七光り | トップページ | 死に至る病 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30