無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ

2020年10月23日 (金)

曹操、治世の能臣、乱世の奸雄

   西暦200年のこの日、曹操が袁紹の烏巣の陣に夜襲、官渡の戦いに勝利した。

  曹操(155-220)。字は孟徳、一名吉利(きつり)、幼名を阿瞞(あまん)という。沛国譙県(安徽省)の人。魏の太祖、武帝。父の曹嵩は、宦官曹騰の養子に迎えられ、のち大尉の位を一億銭をもって買いとった人物である。曹操は、手のつけられぬ不良少年時代を過ごすが、やがて首都警備隊長に就任、厳格な取り締まりによって都中ふるえあがらせた。

   184年、黄巾の乱が起きると、近衛騎兵隊長として頴川の戦場に派遣され、功績をあげた。その後、いったん郷里に引きこもったが、首都防衛のため西園八校尉が新設されると、積極的意欲を示して典軍校尉となった。

   189年、大将軍の何進らが反宦官クーデターを起こしたが、曹操は傍観者の立場をとった。やがて都を制圧した董卓に協力を求められるが、その傍若無人の振舞いに嫌気がさし、これを断わり、変装変名して都を脱出、陳留で反董卓の兵をあげた。

  192年、董卓が呂布に殺され、英雄たちが争いあう戦国時代的状況が現出する。以後、曹操は、青州の黄巾軍を討伐して自軍に編入し、さらに大義名分を得るため献帝を本拠地の許に迎えて、袁紹と対抗する強大な勢力をきずきあげた。

   200年、官渡で袁紹を破り、ここで曹操の覇権はゆるぎないものとなった。ついで208年、荊州の劉琮を降伏させ、一気に呉をめざした。しかし、呉の孫権と劉備の連合軍に、赤壁で大敗をくらい、以後、魏・呉・蜀の鼎立時代を迎える。とはいえ、天下の三分の二は曹操の支配下にあり、216年には魏王となった。220年、66歳で病死。

    許劭は曹操を評して「治世の能臣、乱世の姦雄」と評している。屯田制を施行し、農業生産に安定をもたらすなど政治的手腕を発揮し、戦略論の大家(諸家の兵法を集めた「接要」、および孫武の兵法に注釈を施した書を著わしている)にして五言詩の基礎をつくった詩人であった。政治家としても、武人としても、詩人としても曹操は傑出した人物であった。しかし中国においては、「三国志演義」の強い影響により、曹操の悪玉的な一面だけがあまりに強調されてきた。その誤った、あるいは不完全な曹操評価を是正しようとする研究が近年進んでいる。(参考:丹羽隼兵・竹内良雄「三国志人物事典」別冊歴史読本中国史シリーズ1  10月23日)

几董忌

F0003283_18261842   蕪村の高弟高井几董(1741-1789)は京都の高井几圭の次男として生まれ、中興俳諧の指導的役割を担った。寛政元年、松岡士川の伊丹の別荘で、49歳で急逝した。几董忌は陰暦10月23日、冬(11月)の季語。

 

  悲しさに魚食ふ秋の夕かな

 

  舟慕ふ淀野の犬や枯尾花

 

  馬鹿づらに白き髭見ゆけさの秋

 

 裏店やたんすの上の雛祭り

 

 

 

 紙草紙に鎮おく店や春の風

 

 

 

 やはらかに人わけゆくや勝角力

 

 

 

 虹の根に雉なく雨の晴れ間かな

 

 

 

 

2020年10月22日 (木)

「え」 ファースト・ネームから引く人名一覧

334427_501   エイナル・ゲルハルセン(1897-1987)はノルウェーの政治家。オスロ市長となるが、ナチスの侵略後、罷免され、強制収容所で暮らした。戦後、首相となりノルウェーの戦後改革に貢献した。▽「エウジェ―ニオ・モンターレ」1896-1981。イタリアの詩人。代表作「うなぎ」。▽「エドウィン・フォレスト」1806-1872。米舞台俳優。▽エドワード・G・ロビンソンは戦前のギャング映画スター。ルーマニア出身のユダヤ人で、本名はエマニュエル・ゴールデンベルク。Gとはゴールデンベルクだった。▽エドワード・テラー(1908-2003)Edward Tellerはハンガリー出身の核物理学者で「水爆の父」と呼ばれる。▽エドワード・テイラー(1642-1729)Edward Taylor アメリカの牧師・詩人。▽19世紀の小説家エミール・ガボリオは「ルコック探偵」などフランス第一の大衆的人気作家となり、今日の大衆文学の源流のひとつといえる。▽「エリアス・カネッティ」(1905-1994)ブルガリアのユダヤ系小説家。代表作「眩暈」「群衆と権力」。1981年ノーベル文学賞。▽「エル・ファニング」米国女優。ダコタ・ファニングの妹。「メアリーの総て」▽「エルマンノ・ヴォルフ・フェラーリ」はイタリアの作曲家。喜歌劇の多くは今日あまり演奏されないが、「マドンナの宝石」間奏曲はよく知られる。

エアハルト・エッツラウプ
エイヴィンド・ユーンソン
エイナル・ヘンリー・ゲルハルセン
エウジェーニオ・モンターレ
エウセビウス・ソポロニウス・ヒエロニムス
エヴァ・アウリン
エヴァ・グリーン
エヴァ・メンデス
エヴァ・ロンゴリア
エヴァリスト・ガロア
エヴァン・レーチェルウッド
エヴァンジェリスタ・トリチェリ
エウジェーニオ・モンターレ
エヴリヤ・チェレビー
エクトール・アンリ・マロ
エクトール・ギマール
エゴン・シーレ
エスコ・アホ
エスター・ウィリアムズ
エスター・ラルストン
エズラ・ルーミス・パウンド
エズラ・ファイヴェル・ヴォーゲル
エディー・アルバート
エディー・フィッシャー
エディー・マーフィー
エディー・レッドメーン
エティエンヌ・カルジャ
エティエンヌ・ブーオ
エティエンヌ・ルイ・アルチュール・ファロー
エディット・ピアフ
エド・ウェストウィック
エド・サリバン
エド・シーラン
エド・ハリス
エドヴァルド・ハーゲルッブ・グリーグ
エドヴァルト・ムンク
エドウィージュ・フイエール
エドウィン・アームストロング
エドウィン・ハッブル
エドウィン・フォレスト
エドウィン・ライシャワー
エドゥアルド・ウスベンスキー
エドゥアール・ダラディエ
エドゥアール・ミシュラン
エドゥワール・マネ
エドガー・アラン・ポー
エドガー・ドガ
エドガー・ライス・バローズ
エドガートン・ハーバート・ノーマン
エードリアン・ブロディー
エドアルド・キヨッソーネ
エドアルド・シェワルナゼ
エドアルト・フリードリヒ・メーリケ
エドアルト・メーリケ
エドナ・パーヴァイアンス
エドマンド・カートライト
エドマンド・スペンサー
エドマンド・バーク
エドムンド・ウィリアム・ロス
エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサール
エドモン・ロスタン
エドモント・カートライト
エドモンド・デ・アミーチス
エドワード・アップルトン
エドワード・アーノルド
エドワード・アレキサンダー・ウェスターマーク
エドワード・R・マロー
エドワード・イシンバエワ
エドワード・ウィッテン
エドワード・ウィンパー
エドワード・エルガー
エドワード・オールビー
エドワード・ギボン
エドワード・クック
エドワード・G・サイデンステッカー
エドワード・G・ロビンソン
エドワード・サイード
エドワード懺悔王
エドワード・ジェームス・オルモス
エドワード・ジェンナー
エドワード・シルベスター・モース
エドワード・ズウィック
エドワード・スタイケン
エドワード・スノーデン
エドワード・ソーンダイク
エドワード・テイラー(詩人)
エドワード・デボノ
エドワード・テラー
エドワード・ドミトリク
エドワード・ノートン
エドワード・バーンズ
エドワード・ヒース
エドワード・ファーロング
エドワード・フォックス
エドワード・フォーブス
エドワード・ホッパー
エドワード・ベレゴー
エドワード・モンタギュ
エドワルド・ハーゲルーブ・グリーグ
エバ・ガードナー
エバ・マリー・セイント
エバリスト・ガロア
エフィミー・ヴァーシリエヴィチ・プチャーチン
エフィム・プチャーチン
エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プリマコフ
エフゲニー・ムラヴィンスキー
エフゲニア・メドベージェワ
F・マーレー・エイブラハム
エフレム・ジンバリスト JR
エマ・ストーン
エマ・チャンバース
エマ・トンプスン
エマ・マッキー
エマ・ロバーツ
エマ・ワトソン
エマニュエル・アルサン
エマニュエル・ウンガロ
エマニュエル・ジョゼフ・シエイエス
エマニュエル・セイナー
エマニュエル・ド・クルーシー
エマニュエル・ベアール
エマニュエル・マクロン
エマニュエル・リバ
エマヌエル・デ・ウィッテ
エーミー・アーヴィング
エーミー・アダムズ
エーミー・マディガン
エーミー・ロケイン
エミリア・フォックス
エミリアーノ・サパタ
エミリー・ドゥケンヌ
エミリー・ブラント
エミリー・ブロンテ
エミリー・ロイド
エミリー・ロッダ
エミリー・ワトソン
エミリオ・アギナルド
エミリオ・エステヴェス
エミール・アドルフ・フォン・ベーリング
エミール・アントワーヌ・ブールデル
エミール・ガボリオ
エミール・ガレ
エミール・クストリッツァ
エミール・ザトペック
エミール・テオドール・コッハー
エミール・デュルケーム
エミール・ハーシュ
エミール・ブルンナー
エミール・ベーリング
エミール・ヤニングス
M・ナイト・シャマラン
エラ・フィッツジェラルド
エラリー・クイーン
エラリー・チャン
エリア・カザン
エリアス・カネッティ
エリアス・ハウ
エリアス・リョンロート
エリオ・ディルボ
エリオット・グールド
エリサ・ランディ
エリザベス・ヴァイニング
エリザベス・ウォーレン
エリザベス・シュー
エリザベス・テーラー
エリザベス・パーキンス
エリザベス・バークレー
エリザベス・ハーリー
エリザベス・バンクス
エリザベス・ボウエン
エリザベス・マクガバン
エリザベス・モンゴメリー
エリザベータ・トゥクタミシェワ
エリシャ・オーチス
エリック・クラプトン
エリック・サティ
エリック・ストルツ
エリック・バーナ
エリック・ロメール
エリナー・パーカー
エーリヒ・ケストナー
エーリヒ・ゼーリヒマン・フロム
エーリヒ・フォン・シュトロハイム
エーリヒ・フロム
エーリヒ・ヘッケル
エーリヒ・ホーネッカー
エーリヒ・マリア・レマルク
エリファレット・レミントン
エル・グレコ
エル・ファニング
エルヴィス・プレスリー
エルヴィン・シュレディンガー
エルヴィン・フォン・ベルツ
エルヴィン・ロンメル
エルケ・ソマー
エルザ・スキャバレッリ
エルザ・マルティネッリ
エル・シド
エルズワース・ハンティントン
エルダル・シェンゲラーヤ
エルナン・コルテス
エルノー・ルービック
エルビス・プレスリー
エルマー・バーンスタイン
エルマンノ・ヴォルフ・フェラーリ
エルマンノ・オルミ
エル・リンツキー
エルンスト・アッベ
エルンスト・エンゲル
エルンスト・カッシーラー
エルンスト・クレッチマー
エルンスト・ブロッホ
エルンスト・ルスカ
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エルンスト・ルビッチ
エレイン・ローブル・カニグズバーグ
エレオノーラ・ロッシ・ドラーゴ
エレン・バーキン
エレノア・ルーズベルト
エレン・バーンスティン
エレン・ページ
エロール・フリン
エンゲルベルト・ケンペル
エンゲルベルト・フンパーディンク
エンツォ・アンゼルモ・フェラーリ
エンリコ・カルーソ
エンリコ・ダルガス
エンリコ・フェルミ

 

 

モアサック(「モ」事項索引)

500_18377808

[  も ]

   フランス南西部モアサックにあるベネディクト派の付属教会サンピエール修道院はタンバンの彫刻や回廊がロマネスク様式の傑作として、世界遺産に登録されている。▽「モシチェワヤ・バルカ」北西コーカサス・クバン河上流にある7世紀ササン朝時代の遺跡。絹織物の生産地。▽「牧谿」生没年不明。13世紀後半、宋末元初の水墨画家。▽「モノモタパ王国」14世紀から18世紀にかけてアフリカのジンバブエを中心に繁栄した黒人王国。黄金の国として早くからヨーロッパでその名が知られた。▽「モラヴィア王国」9世紀頃、現在のスロヴァキア地方を中心にモイミール1世(在位830-846)がモラヴィア王国を統一した。▽「モリル法」米国において、農業大学設立のために各州に公有地を与えた法律。1862年、ジャスティン・モリルの提唱により成立したので、この名で呼ばれる。▽「モンケ・ハン」モンゴル帝国第4代のハン。(もももも)

モアサック旧修道院
モアラ諸島(フィジー)
モイレングラハト法
猛安・謀克
毛越寺(もうおつじ) 平泉
蒙古
毛細管現象
孟子
毛沢東
燃えつき症候群
虎落笛
木版印刷術
木曜島(オーストラリア)
モザイク壁画
モサデグ
モシチェワヤ・バルカ
文字
文字の獄
モスク
モスクワ
モスクワ大公国
以仁王(もちひとおう)
モーツァルト
木簡
牧谿
本居宣長
モナ・リザ
モネ
モノモタパ王国
物部麁鹿火
モーパッサン
モホロヴィチッチ不連続面
模範会議
モープラーの反乱
モヘンジョ・ダロ
木綿工業
桃栗三年柿八年柚の大馬鹿十八年
モユルリ島(北海道根室)
モヨロ貝塚
モラヴィア王国
モラトリアム(執行猶予令)
モリエール
森鴎外
森友学園問題
モリブデン
モリル法
モルヴィッツの戦い
モルガルテンの戦い
モールス
モルジブ
モルドヴィン族
モルモン教
モロゲエビ
モロ族
モロッコ
モンケ・ハン
モンゴル
モンゴルジン姫
モン人
モンテ・カシノ
モンテ・コルヴィノ
モンテスキュー
モンテーニュ
モンバサ
モンブラン(山)
モンロー主義

 

 

ハロウィンがやってくる

  仮装やコスプレをして、パーティを開いて楽しむハロウィンが近年盛んになってきたけど、今年は新型コロナの影響で自粛ムードになりそうだ。そもそもハロウィンっていったい何なの?もとはアングロ・サクソン系の祭日。10月31日すなわちキリスト教の万聖節の前日をいう。古くはヨーロッパの原住民ケルト族の収穫感謝の祭日「サウィン祭」で、ケルト暦の大みそかにあたり、ケルト伝説によればこの夜、悪霊たちが迫りくる長い冬を避けて遠くに飛び去り、魔術師たちが戸外を駆け巡って来年の予想を声高に叫び歩いたという。現在でもこれらの習慣が残されており、仮面をかぶって広場で踊り、子供たちがカボチャをくりぬいたランプを提げて行脚を行う。「ジャック・オ・ランタン」という。本来はカブのランタンをともしながら暗い道を歩き続けたというアイルランドの伝説に由来される。

  ハロウィンが日本で知られるようになったのは1970年代になってのこと。でもレイ・ブラッドベリの小説「ハロウィーンがやってきた」(1975年)や映画「キャスパー」(1995年)などハロウィーンを題材とした作品はわずかである。東京ディズニーランドでイベントが催されたり、お菓子メーカーが作られて、次第に日本人にも90年代末頃から浸透してきました。さて、ここでハロウィンに関する三択クイズです。ハロウィンといえばカボチャですが、そのほかにも世界中で食べられるお菓子があります。それは何んでしょうか?

A.クッキー

B.チョコレート

C.ケーキ

  ↓
  ↓
  ↓

答え A

 

 

 

 

 

 

慕情「愛とは素晴らしいもの」

 ウィリアム・ホールデン、ジェニファー・ジョーンズ主演の映画「慕情」(1955年)。この映画は、みなさんご承知のように、香港に在住している中国人とイギリス人の混血である女医ハン・スーインの自伝的小説を映画化したものです。主演のジェニファー・ジョーンズは「聖処女」から「タワーリング・インフェルノ」まで21本の作品に出演したが長いキャリアの割には寡作の人である。主演女優としてのプライドがあったのだろう。この映画を永遠の恋愛映画としたのは、この映画の主題曲でしょう。音楽監督アルフレッド・ニューマン、サミー・フェイン作曲、ポール・フランシス・ウェブスターの歌詞による Love is A Many‐Splendored Thingはアカデミー主題歌賞がおくられました。サミー・フェインはプッチーニの「ある晴れた日に」(蝶々夫人)をイメージして作曲したといっている。映画ではラストシーンでコーラス・グループが歌っていますが、1955年にザ・フォー・エイセスが歌って大ヒットし、その後フランク・シナトラ、ナット・キング・コール、マット・モンロー、ジェリー・ベール、アンディ・ウィリアムズ、コニー・フランシスなど多くの歌手が歌っています。またインストゥルメンタルとして、マントヴァーニ、ロジャー・ウィリアム、カーメン・キャバレロなどさまざまなアレンジで演奏されていまでは映画音楽・ムード音楽のスタンダード曲となっています。Ray Conniff;Love is a many splendored thing

 

 

中原中也忌

Nakaharachuya3     孤独な魂を真摯にうたいあげた夭折の詩人・中原中也の1937年の忌日。大正12年、マキノ・プロの大部屋女優の長谷川泰子は、当時まだ立命館中学の中原中也(1907-1937)と知り合い、翌年から2人は同棲をはじめた。そして大正14年3月、2人は上京する。中原は詩作に専念し、富永太郎(1901-1925)、小林秀雄(1902-1983)等と交わった。小林秀雄は東大生の秀才で、やがて新進評論家となる。長谷川泰子は東京での暮らしの寂しさからか、やさしくてエリート学生の小林と親しい関係になる。やがて小林は中原から泰子を奪って同棲する。しかし、その生活も3年間転居を繰り返したあげく、小林は泰子のもとを逃げ出す。昭和3年、小林は奈良の志賀直哉のもとに身を寄せる。これが近代文学史上に知られる「奇怪な三角関係」のあらましであるが、運命的な出会いがそれぞれの青春の蹉跌であったことは事実であろう。このことを小林自身は後年「中原中也の思い出」で次のように書いている。

               *

 

    私は中原との関係を一種の悪縁であったと思っている。大学時代、初めて中原と会った当時、私は何もかも予感していた様な気がしてならぬ。尤も、誰も、青年期の心に堪えた経験は、後になってからそんな風に思い出したがるものだ。中原と会って間もなく、私は彼の情人に惚れ、三人協力の下に、(人間は憎しみ合うことによっても協力する)奇怪な三角関係が出来上り、やがて彼女と私は同棲した。この忌まわしい出来事が、私と中原との間との間を目茶苦茶にした。言うまでもなく、中原に関する思い出は、この処を中心としなければならないのだが、悔恨の穴は、あんまり深くて暗いので、私は、告白という才能も思い出という創作も信ずる気にはなれない。驚くほど筆まめだった中原も、この出来事に関しては何も書き遺していない。だだ死後、雑然たるノートや原稿の中に、私は、「口惜しい男」といふ数枚の断片を見つけただけであった。(昭和24年8月「文芸」)

 

           *

 

汚れちまった悲しみに

 

今日も小雪の降りかかる

 

汚れちまった悲しみに

 

今日も風さへ吹きすぎる

 

   中原中也は昭和12年10月22日、急性脳膜炎で没したが、かっての友人であった小林秀雄の手によって詩集「在りし日の歌」が翌年出版された

キューバ危機

Newyorkdailynewsfrontpagecubanmissi   1962年のこの日、ジョン・F・ケネディ米大統領は、テレビ・ラジオを通じて、ソ連がキューバに中距離ミサイル基地を建設中であると演説して、キューバへの直接攻撃は避けたが海上封鎖を声明。1959年にキューバに成立した革命政府を敵視するアメリカは、1961年1月に国交を断絶、4月にケネディ政権は、亡命キューバ人部隊を使いキューバ上陸侵攻作戦を決行し、これが失敗に終わると秘密工作員を潜入させ、破壊活動をさせていた。(Cuban Missile Crisis)10月22日 

2020年10月21日 (水)

「焼肉定食」は四字熟語ではない

Photo1342   「希死念慮」という漢語がある。意味は「死にたいという気持ち」をいう。これは心療内科などでよく使われる用語で一般の辞書には見当たらない。これは四字熟語だろうか。 広辞苑には、第5版まで「四字熟語」の項目はなかった。第6版で「四字熟語」の項目が新設されて「漢字四字の熟語や成語」との定義がなされた。つまり四字熟語は四字漢語に近い意味を持つ。ただし成語、つまり「古人がつくり、後人によく引用される語句」という由来が要件の一つである。例えば「百発百中」(戦国策)「百戦百勝」(周の鄧析子)は四字熟語だが、「三球三振」「農山漁村」「天地無用」は四字熟語ではない。このような問題点から四字漢語という表現をすれば、漢字四字の熟語はすべて含むことができる。角川書店から「四字漢語の用法」という本が出版されている。例えば次のような語は四字漢語に含めない。①助詞を入れて読むもの「多勢無勢」②成句の中で離れるもの「鶏口牛後」③普通は用いないもの「天長地久」④複合しただけのもの「焼肉定食」「為替相場」「児童虐待」「介護保険」「高速道路」「内閣改造」「偶像崇拝」「決選投票」「戸別訪問」「巨乳美人」「殺人予告」「打倒巨人」「向都離村」などなど。

   「四字熟語」の定義は案外と難しいものである。ここでは代表的な四字熟語をあげておこう。

悪戦苦闘 阿鼻叫喚 意気軒昂 医食同源 一石二鳥 一蓮托生 以心伝心 一日三秋 一望千里 一騎当千 因果応報 温故知新 偕老同穴 格物致知 臥薪嘗胆 眼光紙背 危急存亡 起死回生 九牛一毛 虚心坦懐 金科玉条 空前絶後 君子豹変 軽薄短小 月下氷人 乾坤一擲 甲論乙駁 故事来歴 呉越同舟 砂上楼閣 三位一体 四面楚歌 出処進退 春秋筆法 心頭滅却 精耕雨読 大器晩成 多岐亡羊 天下泰平 同床異夢 内柔外患 馬耳東風 波瀾万丈 百家争鳴 百鬼夜行 貧者一灯 風林火山 不言実行、夫唱婦随 不撓不屈 附和雷同 本末転倒 旁若無人 矛盾撞着、無我夢中 明鏡止水 明眸皓歯 明哲保身 夜郎自大 優柔不断 羊頭狗肉

「明哲保身」とは、道理にしたがって事にあたり、身をまっとうすることで、古来、ひろく事理に通じて深く事物を極め、その知恵によって出所進退をあややまらなかった賢人の処世法をたとえるときに、しばしば使用されてきたことばである。「詩経」の「大雅」「烝民」篇の中の「既にして明且哲、以て其の身を保つ」という二句がことばの語源とされている。この詩は周代の賢相仲山甫をたたえたもので、その心はつねに謹しみてうやうやしく、邦国の正邪善悪をあきらかにし、明哲保身、朝夕おこたらず天子につかえている、と歌いあげている。

(注)「一日三秋」はふつう「一日千秋」というが、漢文では、多を表わすときにも三を用いる。(「岩波四字熟語辞典」)

江戸川乱歩「心理試験」

    最初から犯人がわかっている倒叙ミステリーは、「刑事コロンボ」でお馴染みだが、大正14年にすでに江戸川乱歩が「心理試験」という傑作の短編を書いている。蕗屋清一郎は、金目当てに、友人の斎藤勇の下宿する家の老婆を殺害する。老婆が植木鉢の底に隠しておいた金を半分だけ奪い、あとは残しておいた。その金を拾ったことにして警察に届けて、一年後にもらう計画であった。ところが、斎藤が老婆の死体を発見し、植木鉢の金をネコババした。斎藤は老婆の殺人犯として挙げられた。蕗屋と斎藤は警察の心理テストにかけられる。蕗屋は十分に準備して完璧に疑いをかわしたかに見えた。だが明智小五郎は老婆の家にあった屏風の傷に目をつけ、蕗屋に罠をしかける。問題は蕗屋は事件のその日、老婆の家にいたことを証明すればよいのである。屏風の傷はもともとない。犯行の際に生じたものである。蕗屋は傷のことを知っているはずだ。帰り際に、明智は蕗屋になにげなく屏風の傷のことを聞く。蕗屋は「その屏風なら覚えてますよ。僕の見た時には確かに傷なんかありませんでした」明智はとぼけた顔をして、判事に「ところで、あの屏風は、いつあの老婆の家に持ち込まれたのですか」「犯罪事件の前日ですよ。つまり先月の4日です」事件の二日前から、老婆の家へ行ったことのないという蕗屋が、嘘が露見した。

トラファルガーの海戦

Photo

 

   英仏両国は、1802年にアミアンで和約を結んでいたが、1804年5月にウィリアム・ピットが首相に返り咲き、彼の提唱で第3次対仏大同盟が結成された。一方のフランスも、皇帝ナポレオン1世がスペインと同盟を結んだため、英仏両国の対立は再燃していた。

 

    ナポレオンは、イギリス本土上陸を計画し、フランス・スペイン連合艦隊司令長官のピエール・ヴィルヌーヴ提督にスペインのカディス港からの北上を指令した。この機会をとらえたホレーショ・ネルソン率いる27隻のイギリス地中海艦隊は、1805年10月21日、午前11時ごろから33隻のフランス・スペイン連合艦隊と戦闘を開始した。ネルソンの型破りな戦法と見事な砲撃に、フランス・スペイン連合艦隊は動揺した。

 

   ところが、午後1時15分ごろ、フランス狙撃兵が撃った弾丸がネルソンの肺を貫いた。瀕死のネルソンは部下の手により船内の治療室に運ばれた。しかし、彼は、3時間ほど生きながらえたものの、午後4時30分ついに息を引き取った。ちょうどそのころ、イギリス海軍の勝利が確定、33隻のフランス・スペイン連合艦隊のうち、残ったのはわずか6隻だけだった。対するイギリス艦隊はすべて無傷でまさに圧勝だった。

 

    ネルソンの死去により、イギリス国民は意気消沈したものの、トラファルガー海戦での勝利は、イギリスの海軍力をあらためてナポレオンにみせつける結果となる。そして、英本土上陸作戦を撤回させ、のちの大陸封鎖令へとつながっていく。

 

   翌年、ネルソンの遺体は王族以外では初の国葬で野辺送りされ、セント・ポール寺院に埋葬される。

 

ネルソンが残した名言の一つ。「私の人生における成功のすべては、どんな場合でも必ず15分前に到着したおかげである」

 

(Horatio Nelson,Trafalgar)

 

 

直哉忌

049siga   志賀直哉は1971年のこの日、肺炎と老衰により没した。享年88歳。命日は「直哉忌」というだけで、「河童忌」(芥川龍之介)や「桜桃忌」(太宰治)のような別名はない。そういえば立派な文学記念館や作品が映画化される企画もまずない。どうやらご本人のはっきりとした遺志があるそうだ。無駄のない文章は、小説文体の理想のひとつと見なされ現在でも評価が高い。墓は東京の青山霊園にある。豪壮な墓が多く並ぶ霊園の片隅で、祖父母や父たちと並んで、彼らの墓よりは頭一つ低い位置に立つ、「小説の神様」の墓にしてはつつましい感がある。1980年3月、志賀が亡くなって9年もしてから墓が何者かに荒らされるという事件が起こった。数日後の朝、青山墓地内で志賀直哉のものらしき骨が散乱しているのが見つかった。志賀の墓から300m離れたよその家の墓の敷地の中で、その家の人が墓参りに来た際に見つけたものである。骨壷は益子焼の濱田庄司の高価なものであったためそれを目当ての犯行らしい。犯人は依然として見つかっていない。(10月21日)

2020年10月20日 (火)

アルファベット3文字の英単語

250912_sad_keanu_figurine_2

 

 

   英単語「abc」という特定の語はないが、日本語の「いろは」に「物事の初歩」という意味があるように、「easy as ABC」で「非常にやさしい」という表現がある。3文字英単語を集めてみよう。

 

Sad_keanu

 

 

   映画「スピード」や「マトリックス」で有名な俳優キアヌ・リーブスには「Sad  Keanu(悲しきキアヌ)」という渾名がある。公園でひとりでいる姿をパパラッチされ、そのハリウッド・スターらしからぬ哀愁に満ちた姿から付けられたが、ついにフィギュアまで販売されている。

 

    bar という単語は、棒という意味のほか、酒場、法廷などの意味がある。なぜ酒場と法廷が「バー」なのか。酒場のカウンターや法廷を仕切っている棒に由来するからである。

 

My son practices at the bar.

 

私の息子は弁護士を開業している(法廷で働いている)

 

   アルファベット3文字でも意外と知らない英単語がある。トンは船の大きさを示す単位だが、くだけて多量、多数という意味がある。

 

He has tons of money.

 

彼は大金持ちだ

 

ton たくさんの

 

aid  助手、援助

 

aps 毒蛇

 

tap 水道の蛇口

 

act 行為

 

add 加える

 

aim 目的

 

apt ~しながら

 

art 芸術

 

ass  しり、けつ、しりの穴(俗語)

 

awe 畏敬

 

bat バット

 

bed 寝床

 

bus バス

 

box 柘植

 

boy   少年

 

cab   タクシー

 

car  車

 

cod タラ

 

day  日

 

ear 耳

 

eye  目

 

fan うちわ

 

fig   いちじく

 

fur   毛

 

gun   銃

 

gym  体育館

 

jug   水差し、小瓶

 

key   かぎ

 

rat ネズミ

 

rod 棒

 

sad  悲しい

 

sea   海

 

sky  空

 

son  むすこ

 

sun  太陽

 

map 地図

 

nap 居眠り

 

net 網

 

lid    ふた

 

ink インク

 

ivy  アイビー

 

pen ペン

 

pin 針

 

pit  穴

 

pot  鍋

 

ray  光線

 

red   赤

 

rob 奪う

 

rod   棒、竿

 

row 列

 

rub こする

 

saw のこぎり

 

top  独楽

 

toy おもちゃ

 

elm 楡

 

gay 同性愛者

 

way  道

 

wok  中華鍋

 

yew  イチイ

 

   ウェブのアドレスをURLという3文字がある。NPO(非営利民間組織)、NPT(核兵器不拡散条約)、MVP(最優秀選手)、DNA(デオキシリボ核酸)、ILO(国際労働機関)、LED(発光ダイオード)など。

皇女和宮と天璋院篤姫

Photo 1861年のこの日、将軍徳川家茂との結婚の為、皇女和宮の一行千数百人が京都を出発した。和宮一行は中山道をへて、11月15日、江戸に到着、清水家に入った。12月11日、和宮は江戸城本丸に入り、翌1862年2月11日家重茂との婚礼が行われる。政略結婚にもかかわらず、家茂と和宮は仲睦まじく暮らすが、家茂は1866年に病死、和宮は21歳で未亡人となる。このとき江戸城大奥を完全に支配していた人物は、天璋院篤姫であった。篤姫は薩摩藩から13代将軍家定に嫁ぎ、家定の死後は14代将軍の家茂を補佐する。皇家から嫁いだ和宮と初めて対面した際、篤姫は上座に座り、菌(しとね)の上に着座したのに対し、和宮は下座に座らされ、しかも菌がなかった。和宮はこれを屈辱に感じ、以後2人の間には確執が生れた。だが、徳川家が窮地に立たされると、それぞれの立場から、官軍に江戸攻撃の中止と徳川家の存続を訴えかけた。和宮は「公武一和」の旗印のもとで、姑である天璋院篤姫とともに、徳川宗家を守り抜くことに婦道を全うした。女の一分を貫きとおした二人である。(10月20日)

 

 

知性と教養って何?

Vitruvian20man    とにかく現代ほど知性と教養が求められる時代はない。池上彰や林修先生の冠番組がテレビで放送され、某大学教授が毎日のようにテレビ出演しているのを観ると、勉強している時間はあるのか、と心配したくなる。漱石・鷗外の時代に比べると、現代人は知性と教養が劣化したと感じるのは私だけだろうか。「知の巨人」伝説をもつ有名人といえば梅原猛、立花隆、荒俣宏、松岡正剛、渡部昇一、紀田順一郎、谷沢永一など多くいる。もっともお茶の間で知られる人といえばクイズ番組の常連カズレーザーだろうか。昨日のQさまで漢字「械(からくり)」が書けた。でも梨の英語ペアー(pear)がわからなかった。

   ルネサンスが生んだ偉大な天才レオナルド・ダ・ヴィンチの興味や関心は当時知られていた学問のほとんどすべての分野に及んでいる。レオナルドが残した手稿の大半が科学や技術に関するものである。そしてそこにはレオナルドの深い洞察力と自然に対する鋭い観察がある。

Marnold  イギリスのマシュー・アーノルドは19世紀繁栄をもたらした自由主義が本来の姿を失って、社会の各階級は物質万能の思想にとりつかれ、政治・経済・文化・宗教の各領域に混乱と無秩序が現出していることを憂い、この無秩序を教養によって救うことを説いた。主著「教養と無秩序」(1869年)では個人の教養の充実によって社会の文化もまた進歩するものと説いている。

    では常識や知識・教養とは何か。現代人はこのことにつねに悩む。若い人は学校などで教わる科目や授業内容で将来役に立つのだろうかと。また大学の進路で、人文科学・自然科学・社会科学のいずれを選択するのか。画家や音楽家になりたかったが、親のすすめで法学部や経済学部へ行ったという人も多いだろう。またクイズ問題が得意で、実社会では物知りと言われても、教養人とは言われないだろう。口語的に「あの人は教養がある」と言う場合は、人付き合いや社交の場において、洗練された会話や身のこなし、マナーのある人ができる能力をさすことが多い。だが人ウケがする話術だけが教養人の要素ではない。ある人は教養人とは「慎みと品格」である、と言っていた。その人が学習して得た知識をひけらかして得意満面の人間は教養を感じさせない。だからといって、過去の人類の知識をまったく貯蔵しなければおバカといわれる。つまり人格プラス知識の貯蔵庫、の両輪が求められる。功績を誇り学問をひけらかす人々は、人間としての価値を外面にだけ求めている。本来そなわっているまことの心を失わなければ、たとい功績や学問がなくても、それだけで立派な人生が送れることを理解していない。

   日本国際ギデオン協会という団体がある。日本人にはこの「ギデオン」がわからない。ギデオンとは旧約聖書・士師記に登場する12人の士師の1人。神からの召命を受け、当時のイスラエル人を近隣の部族の襲撃から守るリーダーとなった。わずか300人の兵で12万人のミデヤン人の軍勢を破った戦いは有名で、信仰の勇者として知られる。女士師デボラや怪力のサムソンの物語などは教養として知っておくべきだろう。

異常なまでに高められた常識のことを、世間は知恵と呼んでいる(コールリッジ)。Matthew Arnold、5月2日

 

 

2020年10月19日 (月)

異なる意味を持つ英単語

Kyam_47_2  「ドロップ(drop)」と聞けば、日本では英語を知らない人でも「サクマのドロップ」を連想する。英語では「落ちる」が原義。名詞は「しずく」。飴玉がしずくの形をしていることから。▽「run(ラン)」はもちろん「走る」の意味ですが、手元にある辞書を引くと「立候補する」「動く」「経営する」など全部で14の意味があります。▽「ドライブ(drive)」という語はクルマの運転をイメージするが、「やる気」という意味もある。▽「クレーン」と聞けば起重機を思いうかべる。ところが英単語のcraneは、もともと長い首が特徴的なツルから来ている。▽「マフラー」は襟巻き。でもアメリカでは古語で、ふつうは自動車の消音装置のこと。▽「アーチン(urchin)」は「ウニ」と「いたずらっ子」という意味がある。古語で「浮浪児」のことで、「ウニ」のときは「sea urchin」という。▽「ラスト」には「最後の」と「この前の」の意味がある。ワㇺの「ラストクリスマス」は「去年のクリスマス」のほうの意味です。多義語の英単語を集める。

 

age     年齢、時代
bank   銀行、堤
bat     こうもり、野球のバット
blue    青い、憂鬱な
broom  ほうき、エニシダ
case   箱、場合
crane   鶴、起重機
cross   横切る、十字架
die      死ぬ、サイコロ
figure  人の姿、数字、フィギュア(舞踊)
field    野原、分野
grave   墓、重大な
kind     親切な、種類
long     長い、切望する
marble  大理石、おはじき
match   マッチ、試合
mean   意味する(動詞) 卑しい(形容詞) 平均的な(形容詞)
muffler  消音装置、襟巻き
nail       つめ、釘
own     自分自身の、ひとりで
pink      桃色の、なでしこ
plane   飛行機、平面
rape    強姦、菜の花
run     走る、経営する
saw     のこぎり、ことわざ
scale   目盛り、うろこ
school  学校、魚などの群れ
star      星、人気者
staff     職員、つえ
staple   主要産物、ホッチキスの針、繊維
story     物語、建物の階
strip     脱ぐ、薄い金属板
swallow  飲み込む、つばめ
tear       涙、引き裂く
toast      トースト、乾杯
top         頂上、独楽
trip        旅、トースト
trunk      旅行用かばん、象の鼻
urchin     ウニ、いたずらっ子
vessel     容器、船
well        上手に、井戸
wire        針金、電報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩翠忌

Photo_2

 ケペルの愛読書の一冊に中村孝也「新世界史」(ポプラ社)全10巻がある。昭和30年初版だが所有しているのは昭和34年の再版のものである。第1巻には土井晩翠の長詩「星落秋風五丈原」が載っていて何度か繰り返し読んでいた。だがこの詩にはメロディーがあり、明治の学生たちは唱和したものらしいが、歌われなくなった。歌詞が難解なことも一因であろうが、いまではほとんど聴くこともない。ところが最近、youtubeで聴くことができた。「荒城の月」「箱根の山」にも劣らない名曲である。とくに末尾の「丞相病篤かりき」のところは胸にしみる。(10月19日)

 

   星落秋風五丈原

 

祁山悲秋の風更けて

 

陣雲暗し五丈原

 

零露の文は繁くして

 

草枯れ馬は肥ゆれども

 

蜀軍の旗光無く

 

鼓角の音も今しづか

 

丞相病篤かりき

 

丞相病篤かりき

2020年10月18日 (日)

隣は何をする人ぞ

84617dd15bee7ccab4c15558d60d7bf0   淋しい秋の夕暮れ。隣に住んでいる人は、どんな人で何をして生きている人か知らないけれども、この晩秋を、自分と同じように、生きるための悩み多い日々をおくっているのであろう。現代は思いもかけない災難が突然我にふりかかる。コロナ禍の今年の秋はなおさらこの句が身に染みる。パソコンの遠隔操作で誤認逮捕された人がいる。尼崎ドラム缶殺人事件の容疑者の顔写真は別人だった。平凡に生きていた人がある日突然、自分の顔写真がテレビ、新聞、ネット上の画像に氾濫し、凶悪犯人にされてしまう。「心からお詫びします」「再発防止に努めます」と言っても型通りの謝罪だけで、心の傷は一生消えないだろう。世間の人も自分でなくてよかった、と思い、同情はするものの、やがて人ごととして忘れ去り、また同じような被害者は繰返し現れる。人の世は哀れである。「秋深き隣は何をする人ぞ」

数字アラカルト

Imageca03nlaa    本日は「統計の日」。統計データには数字がつきものである。

 

138億年
宇宙誕生

 

48億年
地球誕生

 

1億2688万人
日本の総人口はおよそ1億2688万人。総務省統計局2015年5月1日の概算値。

 

6000万人
第二次世界大戦で全世界で約6000万人の犠牲者をだしたと推測される。

 

700万
人類の祖先がチンパンジー・ボノボの祖先と別れたのは、今から約700万年前に遡ると考えられる。

 

190万
地球上には190万の生き物が確認されている。推定では1100万ほどが地球上に生息しているらしい。

 

37万7955
日本の国土総面積377,955k㎡(平成23年10月1日現在)

 

32万人
南海トラフ巨大地震。マグニチュード9級の地震が発生したと仮定して、最悪で死者32万人と国が被害想定。(2012年8月29日)

 

14万人
関東大震災における死者・行方不明者数。(1923.9.1)

 

4万0075㎞
赤道の全周

 

1万5854人
2011年3月11日、午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード8.8の巨大地震が発生。北日本から関東にかけて強い揺れと津波が襲った。死者1万5854人、行方不明者3271人。

 

1万人
シャープは社員5000人を大リストラ。さらに5000人上積みで1万人のリストラを検討中。

 

6852
日本の島の数。(平成23年10月1日現在)

 

6434人
1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生(阪神淡路大震災)。神戸と洲本で震度6を観測した。死者6434人、行方不明者3人。

 

6,378.137
赤道半径6,378.137㎞、極半径6,356.752㎞。

 

4536
万葉集は長歌、短歌、旋頭歌、仏足石歌体歌、連歌を合わせて4536首とするのが通説である。

 

2973
2011年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件の死亡者数。

 

2215
広島カープの衣笠祥雄は1970年10月19日から1987年10月22日まで2215連続試合出場の記録を達成した。

 

1492
阪神タイガースの金本知憲は2010年4月10日、1492試合連続フルイニング出場の記録を達成した。

 

868
巨人の王貞治はヤクルトの神部年男投手から通算868本の本塁打を記録した。(1980.10.12)

 

106
阪急の福本豊はシーズン106個の盗塁を記録した。(1972)

 

69
横綱双葉山が1月場所4日目安芸ノ海に敗れ、連勝記録が69でストップ(1939.1.15)

 

60
東京ヤクルトスワローズのウラディミール・パレンティンは2013年10月4日、対阪神戦でシーズン本塁打日本記録60号を達成した。

 

38
ロンドン五輪、日本選手団のメダル獲得数は史上最多の38個だった。(2012.8.12)

 

284
大相撲、史上最も重い力士は小錦の284㎏。

 

162
日本プロ野球でいちばんの速球投手は誰?最速記録は巨人のマーク・クルーンが記録した時速162㎞。(2008.6.1)

 

72
統計データでは災害による倒壊家屋等からの人命救助の場合、災害発生から72時間が経過すると生存率が急激に低下する。ただし過去には72時間を超えても人命が救助されたケースはある。

 

54
Jリーグの加盟クラブ数

 

53
東海道の宿場町

 

49
死後7週(7日×7回=49日)の法事を四十九日法要という。

 

16
バトミントンで用いるシャトルコックの羽根の数。

 

13
アメリカ独立当時の13州。マサチューセッツ、ニューハンプシャー、コネチカット、ロードアイランド、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルベニア、デラウエア、メリーランド、バージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、ジョージア。

 

3.14159265358979323846
円周の直径に対する比率がどんな円においても一定であり、その数から3より少し大きい程度だということは古代エジプトやバビロニア、ギリシアやインドの数学者たちは知っていた。アルキメデスは「取り尽くし法」を駆使して、円周率を3と7分の1(約3.1429)と71分の10(約3.1408)の間にあると考えていた。6世のインドの数学者アリヤバータは円周率の近似値を3.1416と考えた。(10月18日)

 

 

 

 

 

 

 

 

よくある間違い研究

Img60223031  間違いは誰にでもある。それを責めたり、指摘する気はないが、どのような間違いが起きるのか、傾向と対策を研究したい。

   NHK連続クイズホールドオン(190回)の問題。主人公が天ぷらそばを食べる場面の「その晩は久しぶりに蕎麦を食ったので、うまかったから天麩羅を四杯たいらげた。翌日何の気もなく教場へはいると、黒板いっぱいぐらいな大きな字で、天麩羅先生とかいてある。」という一節が登場する夏目漱石の小説の題名は何でしょう?正解は「坊っちゃん」。ところがテロップの文字が「坊ちゃん」と、「っ」がぬけて表記されている。よくある間違いだが、「っ」がないのは「坊ちゃんかぼちゃ」だ。▽NHK和久田万由子アナがお詫び。テロップでコロナ禍をコロナ渦(うず)と誤字。▽アイドルが青海駅(江東区)を青梅駅(多摩地区)と間違え公演に間に合わなかったというアクシデントが発生。▽流石景の新作コミックは「ドメスティックな彼女」。すぐにDVを連想してしまうが、ドメスティックとは「家庭的な」という意味。暴力的な何かと勘違いしてしまいそう。▽ポンペイはイタリア、ボンベイはインド。▽ボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリングストーン」ローリング・ストーンズが好き、と勘違い。▽後鳥羽上皇の承久の乱は、長い間「じょうきゅうのらん」と読んでいたが、正しくは濁らずに「しょうきゅうのらん」という。▽ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」1830年に起きたフランス七月革命を主題にしているが、ネットをみると1789年のフランス大革命と勘違いしている。

 

Img1f23f399zikdzj

 

 

 

 

沖田総司の妻

Photo     沖田総司(1842-1868)といえば今では知らぬ人はないほど歴史上の有名人物であるが、むかしは新選組といえば近藤勇くらいで、あとの隊士はほとんど無名であった。中里介山の「大菩薩峠」に沖田総司が登場するのが初めであろうか。昭和37年に発表された司馬遼太郎の短編集「新選組血風録」と東映が昭和40年にドラマ化したため一躍、土方歳三(栗塚旭)、沖田総司(島田順司)、斎藤一(左右田一平)の名はお茶の間に知られるようになった。とくに若くして結核で死ぬ沖田総司は青年剣士のイメージで熱狂的な女性ファンをつくった。鶴田浩二版「新選組」では有川博が演じた。BSプレミアム「新選組血風録」では、辻本祐樹が半井お悠(寺島咲)との淡い恋を描いている。だが史実はどうなのだろうか。幕末維新史家の川西正隆によれば、池田屋の変の戦闘で負傷した総司は壬生村の医療所、浜崎新三郎・トク夫妻宅で手当てを受けた。総司はこの時、トクの助手をしていた石井秩という女と知り合う。彼女は山城乙訓郡西本生邑・百姓石井忠左衛門の娘で天保15年(1844)10月18日の生まれであった。秩はユキという女子の連れ子をして、浜崎家へ来ていた。総司はユキを連れて壬生寺へ遊びに出かけたという。総司と秩は恋仲になり、秩は慶応2年11月5日にキョウという総司の子供を産む。しかし秩は翌3年4月26日に死没した。京都・光緑寺の墓地の「沖田氏縁者」と刻まれた墓碑は秩のものだという。娘ユキとキョウはその後どうなったのか。誰かに育てられたらしいが、明治の世、新選組隊士の娘は、はばかられる時代なので、いかなる人生をすごしたかは誰もわからない。沖田総司の子孫は現在もいるかもしれない。(川西正隆「沖田総司の恋人の謎」歴史と旅 昭和55年11月号) 画像は沖田総司の妻、秩の墓(京都市四条大宮町37番地)

雑学教室「何でも知って、何でも考えよう」

Abogadoscostadelsol4はじめに このブログでは過去のあらゆる歴史事象から最近の社会世相、トレンド、旬ネタまで多様で広汎な話題をとりあげています。スピーチ、日常会話などで話のネタに困らないので、ぜひ活用してください。閑静安適の日々を過ごしながら、学ぶことそのものを喜びとしたい。このブログにおいて「何でも知って、何でも考えよう」の精神で、歴史・時事問題、最近話題のトレンドだけではなく、古今東西のあらゆる雑事に興味を持って研究する。可能な限り多くの分野にわたって取り上げること、それが本ブログの重要な方針の一つです。わからないこと知らないことは、放っておいても実のところ当面、何かに不自由するということはない。でも当たり前の出来事の中に、不思議で奥深い世界が隠れている。ネットでも本でもなんでも使って、とことん探求してみる。17世紀イギリスの詩人ベン・ジョンソンのことばに「多くの事をするのはやさしいが、一事を永続するのはむずかしい」とある。いわばこの10年間に調べた雑学事典である。記事の叙述は、「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」を軸に、わかりやすい文章を心がける。現代的な事柄も取り上げながらも学問的にも、高い品位を保ち、一般教養人が読むに堪え得る内容につとめ、実証主義に立脚した研究をめざす。一日一日の着実な積み重ねで、あらゆる分野でもかなりの地点まで到達することができると信ずる。急がず、あせらず、日頃から見聞を広げ、多くの文献を渉猟し、知識を蓄えるように心がけたい。現在までの記事総数は、11695件。

   主なカテゴリーと人気記事一覧

今日は何の日、366日歴史カレンダー
その日、どんな事件が起こったか!?その日、生まれた人、没した人。▽日本主要人物没年総覧。▽有無(ありなし)の日。

雑学室
ケペル先生何でも相談室▽アナロギア・エンティス▽理髪店の回転看板の由来▽マクンバの呪い▽チャルメラのルーツ▽世界の郵便ポストは黄色が主流である▽「朝シャン」はもう死語なのか?▽ピースサインの起源▽読みにくい名前はなぜ増えたのか?▽じゃん拳の歴史▽必死のパッチ▽勝負は下駄を履くまでわからない▽右と左の話▽これを何と呼ぶのか?(物の名前)▽見ざる、言わざる、聞かざる▽次位者の嘆き▽ガッツポーズの研究▽これがグリコのモデル、カタロン選手のゴールの雄姿だ!?▽ラッキーセブンは本当にラッキーか?▽握手の起源▽洗濯板の研究▽正しい「シェー」とは?▽ツチブタの呪い(aaで始まる話)▽一本のマッチ棒の値段は?▽ミーハーの語源▽謎のナゾーニ▽名刺の由来▽八百長の語源は相撲にあり▽キスは奈良時代からあった▽なぜ仮名は山田太郎なのか?▽なぜ四つ葉のクローバーを見つけると幸せになれるのか?

地歴室
▽アジア人文地理▽日本の位置と領域▽国号「日本」ニホンか、ニッポンか▽ユーラシアの地名の由来は?▽なぜ地図の上は北なのか?▽おもしろ地名、西表をなぜイリオモテと読む?▽赤と白が多く使われている国旗▽タンソネ東小島▽社会科挽歌~軍艦島、ハッカ、ニシン▽韓国の長生標▽西域とシルクロード▽ロンドン大火とテムズ川▽ハールレムを守った少年▽ヴェーバーの工業立地論▽世界発明・発見の歴史年表▽戦争の世界史▽古代エジプトの椅子▽古代エジプトの猫崇拝▽エジプトはナイルの賜物▽マラソン由来の伝令は誰れ?▽古代ローマのフライパン▽世界最初の王メバラゲシ▽ソクラテス「悪法もまた法なり」は作り話▽イエスは十字架刑か、杭刑か▽新郎が花嫁をお姫様抱っこするのはローマ建国の略奪婚が由来▽都市の発生と成長の3つの段階▽コロンブスの卵▽カント 時計よりも正確▽予の辞書に不可能という言葉はない▽中国文明の歴史(概説)▽古代中国の座位(座席の順序)▽フリードリヒ大王と粉屋アーノルト事件▽マーピラの反乱▽帝政ロシアの南下政策と海峡通航権問題▽秦の始皇帝の母・朱姫▽三顧之礼▽蒙古斑と騎馬民族説▽朝鮮王朝の禁婚令について▽1日3食なのはなぜ▽てるてる坊主、じつは女性▽女人禁制▽江戸の拷問「ぶりぶり」▽毛利元就「三矢の訓え」は作り話か?▽利休キリシタン説▽明治のうさぎブーム▽ふるさとの偉人▽補陀洛▽死んでもラッパをはなしませんでした▽ラコニア号遭難事件▽貨狄尊者

人物・伝記室
有名無名を問わず、生涯を賭して一事を成した人たち▽トリビア世界人物逸話集▽水戸黄門の「黄門」とは何か?▽謎の俳優駒井哲▽戦国忍者列伝「走りの一平」▽丿貫(へちかん)▽寺田望南の蔵書印▽ワシントンと桜の木▽リンカーンが鬚をはやしたわけ▽林静子と廃娼運動▽平井金三▽トルストイの身長は?(有名人の身長測定)

社会科学室
▽お盆の由来は「逆さづり」から?▽東川徳治と「典海」▽ナイアガラ運動▽陸軍内務班の制裁▽アジアにおける「泣き女」の習俗▽朝鮮族のブランコ乗り▽チャンスンとソッテ▽山本五十六が撃墜されたときの同乗者の名前は?▽土用の丑の日には鰻▽桃太郎は侵略者!?▽赤道付近一帯における頭蓋骨崇拝▽イタンキ浜事件▽アメリカ東部上流婦人の歩き方▽浜松ステッキガール事件▽青い目の人形▽男雛と女雛の並べ方は?▽トビアの晩

自然科学室
▽スンプ法と鈴木純一▽消えたアマゾンの熱帯魚王・高瀬成一▽近世日本人の歩き方▽ルーの法則▽闘蟋蟀▽どこへ消えた?ヒバゴンと帝釈原人▽霊長類の進化と文明への歩み▽リマン海流の語源▽人はなぜ歳を取ると10年、1年が早く感じるのか?▽「四本足のニワトリ」論争▽「たんぽぽ」の語源は鼓の音から▽火山地形による分類▽歯ブラシの歴史▽レマゲン鉄橋▽「ラムスデン現象?」でっち上げの言葉かもしれない▽バッタとイナゴのちがい▽パンダに歴史あり

国語・漢字・英語・故事名言室
▽字形類似の漢字の話▽大木伸男「鉃路の男」▽銀ブラの語源▽捨欠伸(すてあくび)▽目に青葉山ほととぎす初鰹▽ナイターは英語にあらず

芸術・文芸室
▽古拙の微笑▽色彩の心理と象徴性▽緑衣女▽消えた最後の授業▽法隆寺エンタシスのギリシア起源説の謎▽少女へゲソの墓碑▽古代人と文様▽画像破壊▽ゴッホの「ひまわり」▽ピカソ愛用の横縞のTシャツ▽ミロのヴィーナスとリンゴ▽ロダンの「考える人」は何を考えているのか?▽「いとおし」と「いとおかし」の異同▽日本語における横書きの始まり▽日本語の中の仏教用語▽人名が由来の言葉▽雑誌「白樺」創刊▽文学者の自殺▽芦屋裏山」吉沢独陽▽あめゆきさんの歌・山田わか▽北村兼子と人見絹枝▽柳と別離▽「冬来たりなば春遠からじ」の誤訳▽自分だけが知らなかった言葉▽小股の切れ上がったいい女▽有名人の戒名▽名と字と号の話▽「千字文」伝来考▽「漱石」筆名は円覚寺の手水舎の刻字から思いついた!?▽漱石「坊っちゃん」の謎解き▽太宰治の筆名は同級生の姓からついたらしい▽英語ことわざ「覆水盆に返らず」▽シェイクスピアは存在しなかった?▽ロマネスク美術の「枠組みの法則」

図書・文献・情報・読書室
夢の文庫、理想の図書館▽本のある風景▽現代社会と情報化▽劇画・漫画家オール名鑑▽なぜ本屋にいると便意をもよおすのか?▽広辞苑にある言葉、ない言葉▽中国関係図書文献目録▽中国史関係文献目録▽支那学文献目録▽中国漢籍図書目録▽孔子及び論語関係文献目録▽なぜ岩波新書青版に名著が集中するのか▽新聞閲覧所▽本と読書に関する名言・ことわざ・文献集▽遊園地、動物園、美術館、図書館の起源▽紙文明1900年、印刷文明560年▽橋元正一がみた映画、読んだ本▽「扶桑略記」の編者について

         *     *    *

 メールアドレス:nikawayuki@ jttk.zaq.ne.jp

 

2020年10月17日 (土)

アルファベット6文字の英単語

14691505wildafricananimalcartoon What animal do you like best?

 

何の動物がいちばん好きですか

 

animal     動物

 

autumn    秋

 

ballet      バレエ

 

banana    バナナ

 

barbar     床屋

 

basket     かご

 

bridge      橋

 

bubble      あわ

 

Jardindecactusentrada cactus       さぼてん

 

camera     カメラ

 

candle       ろうそく

 

castle        城

 

chalk         チョーク

 

cherry        桜の木

 

church        教会

 

coffee         コーヒー

 

coffin          棺おけ

 

estate         地所

 

father         父親

 

family          家族

 

friend          ともだち

 

garden    庭園 

 

ground      地面

 

kennel         犬小屋

 

minute   分

 

mother    母親

 

people     人びと

 

season        季節

 

student     学生

 

sister   姉

 

summer    夏

 

tragus    耳珠(じじゅ)

 

window     窓

 

 

 

 

 

 

 

 

ロンドンビール洪水

Molasses77103

 

 1814年のこの日、ロンドンのモイクスビール醸造所でビールを蓄えた大樽が破裂し、多数の大樽がドミノ倒しのように転倒し、147万リットルものビールが流出した。これによって7人が溺死し、翌日には急性アルコール中毒で1人が死亡した。画像は当時の様子をあらわしているが、最初期の写真は1827年なのでイラストなのか。拡大すると自動車のようなものが見えるので、ロンドン・ビール洪水のものではないかもしれない。London Beer Flood,10月17日

2020年10月16日 (金)

英語の単語の数

I201203075fab184600a2_230x230 英語の学習は、急がず、あわてず、あきらめずに毎日コツコツやる。本日はアメリカの辞書編纂者ノア・ウェブスターの誕生日に因んで「辞書の日」。1828年「アメリカ英語辞典」初版が出版されたときウェブスターは70歳になっていた。

「私は高い所が恐いです」英語では、I'm afraid of heights.と表現しますが、acrophobia(アクロフォビア)という単語を使って、I have acrophobia.といいます。

acrophobia(アクロフォビア)という単語は、小さな英語辞書にはないが、「ウィズダム英和辞典」(69600項目)には載っている。英語には、いくつぐらい単語があるのだろか。ウェブスター大辞典は初版は約7万語だったが、現在約45万語がのっているので、50万から60万はある。シェークスピアの全作品に使われている単語総数は約18000語だそうである。これ以外にも世の中には様々な恐怖症が存在します。(10月16日)

claustrophobia  閉所恐怖症

nyctophobia   暗所恐怖症 ニクトフォビア

amthropophobia  対人恐怖症 あるいは social phobia

androphobia  男性恐怖症 アンドロフォビア

gynophobia   女性恐怖症 ガイノフォビア

xenophobia  外国人恐怖症 ゼノフォビア

zoophobia    動物恐怖症 ズーフォビア

 

2020年10月15日 (木)

書斎での学習が大事

Queene28099scollegelibraryoxford

 

   海外留学がさかんです。でも基礎的な英語力もなく、授業を受けてもほとんど理解できずに帰国する若者も多い。甘い業者の宣伝に騙されただけである。イギリスのことわざに「愚者をフランスへやっても、愚者のまま帰ってくる」( Send a fool to France,and he'll come back a fool.)がある。

 

人間・石原莞爾片々録 宮本忠孝 麹町会館 1978
人間汪兆銘 人生新書5 松山悦三 人生社 1940
人間・尾崎秀実の回想 笹本駿一 岩波書店 1989
人間革命 中国知識人の思想改造 中国研究所編訳 中国資料社 1952
人間学論語 越川春樹 以文社 1972
人間孔子 唐沢斗岳著 学芸社 1935
人間・孔子 その思想と生活 李長之著 守屋洋訳 徳間書店 1979
人間・孔子 徳間文庫 李長之 徳間書店 1989
人間三国志 1 2 3 4 5 6 林田慎之助 集英社 1989
人間周恩来 蘇叔陽著 竹内実訳 サイマル出版会 1983
人間詩話 岩波新書 吉川幸次郎 岩波書店 1957
続 人間詩話 岩波書店 吉川幸次郎 岩波書店 1961
人間ゾルゲ 徳間文庫 石井花子 徳間書店 1986
人間の岬 あるヤンシュウ伝 上下 夏堀正元 新潮社 1986
人間の歴史 全6巻 安田徳太郎 光文社 1952-1957
人間の歴史 イリーン著 木村浩訳 偕成社 1964
人間味の文学 魚返善雄 明徳出版社 1957
人間毛沢東 最後の護衛長・李銀橋は語る 権延赤著 田口佐紀子訳 徳間書店 1990

 

 

きのこの日

Com0669a  キノコのことを「クサビラ」という。狂言「くさびら」では、ある男の家の庭にキノコがたくさん生えてきて、取っても取ってもなくならない。山伏に頼んで祈ってもらうが、キノコはさらに増え続け、山伏につきまとい、いたずらをするので、山伏は「許しておくれ」と言いながら逃げていくというお話である。日本は元来、森林の国であり、キノコは森の生物のため、日本民族はキノコ好きである。しかキノコ切手の図案はたった1種類しか発行されていない。1974年の「国際食用きのこ会議記念」のシイタケ図案のみである。

Tsukiy02  日本には天然に約5000種類のキノコが存在しており、そのうち約50種類が毒キノコである。明治以来、毎年500人以上のキノコ中毒が発生しているが、そのうち7、8人ずつの死者を出していた。近年は減少して、食中毒は2012年が166件で死亡者はゼロである。キノコの種類としては、ツキヨタケ(画像)、クサウラベニタケ、カキシメジ、ドクササコ、テングタケ、二ガクリタケ、シロタマテングタケ、ベニテングタケなど。

   食用キノコの中で味、香り、希少性において秋の味覚の最高峰ともいえるのが「松茸」である。松茸は高級食材として取引されているが、かつてはシイタケより安かった。松茸は栄養素の高い腐葉土には生育しない。プロパンガスが普及したため、山中に燃料を採取し無くなり、自然生育する松茸が減少し、価格が高くなった。

 

 

 

 

 

 

(10月15日)

英文法の定冠詞のミステリー

Beringsea

 

    固有名詞はその性質上、他と区別する必要がないから、ある特定のものを示す定冠詞 the をつけないのが原則であるが、習慣またはその他の理由により固有名詞にも the をつけるものも多い。

 The United States of America is a large country.アメリカ合衆国は大きい国である

 

群島・山脈は複数形であり、唯一物でなくなるため、普通名詞的な感じを与えるので the をつける。

 

 the Alps(アルプス山脈)

 

山や峰の名称は the をつけないのが普通である。ただし、名称をつけた当時の習慣により the をつけることもある。また名称が描写的な感じを与えるものは the をつけている。

 

 the Matterhorn(マッタホーン)、the Jungfrau(ユングフラウ峰) young woman の意。

 

太陽や月のような唯一物にも、the をつける。

 

 The moon goes round the earth.月は地球のまわりを回る

 

海洋など The Pacific Ocean(太平洋)など大体 the がつくが、Behring Sea のように the をつけないものもある。

 

 The Beatlesのように昔のバンドには当たり前のようにtheがついている。これは文法上の決まりごとで、「かぶとむし」ではなく、固有名詞だと判断されるからである。しかし最近のバンド名にはtheがつかないことが多い。日本ではザ・スパイダース、ザ・タイガースらグループ・サウンドにはみなtheが付いていたが、1970年代初頭に現れたビリー・バンバン、ガロ、アリス、グレープなとフォーク系のバンドにはtheが付かない傾向が現れた。

 

 

2020年10月14日 (水)

アルファベット4文字の英単語

    Brazilianbuttlift中学英語では習わないが「お尻」を「butt」といい、アメリカでは日常よく使われるスラング。画像のような美尻を Brazilian Butt という。「ダイエット diet」 という単語の原義は「食習慣」。(日常の)食事、常食の意。減食はのちに生れた。外来語としての「ダイエット」は美容・健康のため食事の量を制限すること。アルファベット4文字の単語は多い。

 

abbe    フランス人の聖職者、神父

 

baby   赤ちゃん

 

bank    銀行

 

barf     吐き気 むかつき

 

bear    くま

 

Bikestripingbike     (口語)自転車

 

bird     鳥

 

book    本

 

butt    お尻

 

carp    鯉

 

dome   丸屋根

 

fall     秋

 

fern     シダ

 

foot     足

 

glue     接着剤

 

hate  憎悪、嫌悪

 

hemp   麻

 

hill   小山

 

icon   像

 

lake     湖

 

lame    足が不自由な

 

lamp    電気スタンド

 

land     陸、土地

 

lava     溶岩

 

leek     ねぎ

 

liar      嘘つき

 

lion     ライオン

 

mail    郵便

 

milk    牛乳

 

mill    製粉場 水車場 工場

 

moon  月

 

moss  苔

 

mole   モル

 

noon   正午

 

pine    松

 

pear    梨

 

ship    大型の船

 

show 見世物

 

sing   歌う

 

soup   スープ

 

sexy   性的魅力のある

 

tire     タイヤ

 

type    類型

 

peep   のぞき

 

piss      小便をすること

 

rage    怒り

 

raid     侵入

 

rail      レール

 

rain     雨

 

reed    葦

 

rope    ロープ

 

rule     規則

 

star     星

 

site      場所

 

snow    雪

 

tool    道具

 

tree    木

 

vase    花びん

 

ware    ウェア 製品

 

west     西

 

wind     風

 

word    語

 

yawn   あくび

 

yell     大声で叫ぶ

 

 

戦争の世界全史

300px131_bataille_de_malazgirt  現職のアメリカ大統領として初めて、オバマ大統領が広島を訪れた際の17分に及ぶスピーチは人類と戦争の歴史から語られ始められた。「どの大陸でも、あらゆる文明は戦争の歴史に満ちています。穀物の不足や、金への欲望、あるいは国粋主義や宗教的な理由から戦争が起こってきました。帝国は台頭、衰退しました。人々は支配され、解放されました。それぞれの歴史の転換点で罪のないひとが苦しみ、多くが犠牲となりました。広島と長崎で残忍な終わりをみた世界戦争は、裕福で力のある国によって戦われました」今も米イラン間の対立が激化し、戦争の危機が高まっている。数千年以上の太古の昔から今日まで、人類の歴史は戦争の繰り返しの歴史といえる。戦争は何故起こるのか。最近の考古学的知見によると、世界のどこでも旧石器時代の男子の死者のおよそ15%は殺人によって死亡している。これは人類の顕著な特徴であり、食糧や雌をめぐる争いはどの動物にもあるが、このような激しい戦いはみとめられない。人類が道具を使うことにより、武器による先制攻撃が優位となること、確実に勝てるという合理的行動が戦闘をひきおこすのである。こうして戦争はいつの時代も絶えることなく繰り返される。戦争の原因も民族・宗教にイデオロギーが加わって、世界各地でテロが発生した。集団的自衛権を容認する安保法制が成立し、日本も紛争にまきこまれるようになった。2016年7月、ダッカでISに日本人7人が殺害された。

前25世紀、ラガシュの王エアンナトゥムがウンマの軍を破る

前23世紀、古代バビロニア、アッカド王国のサルゴン王は「戦いの王」といわれ、オリエント各地を遠征・征服を繰り返す

前1674年、ヒクソスのエジプト侵入(前1674~前1567)

前1620年、ヒッタイト・フルリ戦争(前1620~前1325)

前1457年、エジプト王国のトトメス3世はメギドの戦でカデシュ王率いるカナン連合軍(カデシュ、メギド、ミタンニ)を破る

前1350年、ヒッタイト王シュピルリウマ1世がミタンニ王トゥシュラクを滅ぼす

前1274年、エジプト王国のラムセス2世はカデシュの戦でヒッタイト王ムワタリに敗れる

前1200年、トロヤ戦争起こる。アカイア人の遠征軍と小アジアのトロイアの戦い

前1070年、殷の紂王は牧野の戦で、周の武王に敗れ、700年に及ぶ殷王朝は滅び、周王朝が成立する

前736年、スパルタがメッセニアを破る(メッセニア戦争)

前632年、晋の文公が城濮の戦で楚の成王を破る

前609年、ユダ王国のヨシヤがメギドの戦でエジプトのネコ2世に敗れる

前605年、ネコ2世はカルケミッシュの戦で新バビロニアのネブカドネザルに敗れる

前591年、プサメティク2世、クシュ王国に侵攻

前575年、晋が鄢陵の戦で楚を破る

前540年、エトルリア・カルタゴ連合軍がサルディニア島のアラリア沖で、ギリシャ軍と海戦し勝利する。

前484年、呉王夫差が艾陵の戦で斉を破る

前490年、ダリウス1世 マラトンの戦でミルティアデス率いるギリシア軍に敗れる

前480年、ギリシアのスパルタ王レオニダスはテルモピュライの戦でペルシア軍を迎え撃ち、その南下を防いたが部隊は全滅する

前480年、ギリシアのテミストクレスはサラミスの海戦でペルシアの大軍を破り、クセルクセス1世は退却する

前432年~前430年、アテネがポティダイアの戦でコリントスとペロポネソス同盟諸国に勝利した

前406年、アテネがアルギスサイの戦でスパルタに勝利した

前405年、スパルタがアイゴスポタモイの海戦でアテネに勝利した

前404年、アテネがスパルタに降伏し、ペロポネソス戦争が終わる

前394年、アテネ人コノン指揮のペルシア軍はクニドスの海戦でスパルタ(ラケダイモーン)を破る

前390年、ローマ軍クイントゥス・スルピキウスが初めてイタリアに侵入したブレンヌス率いるガリア人セノネス族とアッリアの戦で敗れる

前371年、スパルタを中心とするペロポネソス同盟軍がレウクトラの戦でテーバイを中心とするボィオティア同盟軍に敗れる

前362年、アテネ・スパルタ連合軍がマンティネイアの戦でテーベのエパミノンダスの軍に敗れる

前343年、秦は馬陵の戦で斉の孫臏の策により大敗する。

前338年、ギリシャがカイロネイアの戦でマケドニアのフィリッポス2世の軍に敗れる

前333年、ペルシア軍がイッソスの戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前334年、ペルシア軍がグラニコス川の戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前331年、ペルシア軍がガウガメラの戦でアレクサンドロス3世に敗れる

前326年、アレクサンドロス3世はインドのパンジャブ地方まで侵攻したが、ピュダスぺス河畔の戦でパンジャブ地方の領主ポロス王に苦戦し、やむなく東方遠征をやめる。

前305年、シリア王セレウコス1世、マウリア朝チャンドラグプタに敗れる

前260年、秦の昭王が長平の戦で趙を破る

前241年、ローマ軍がアエガテスの海戦でカルタゴを破る

前220年、メディア総督モロンはアポロニアの戦でセレウコス朝のアンティオコス3世に敗れる

前216年、ローマ軍がカンネーの戦でカルタゴのハンニバルに敗れる

前202年、カルタゴのハンニバルがザマの戦でローマのスキピオに敗れる

前202年、項羽、垓下の戦で劉邦に敗れ自殺

前168年、ピュドナの戦い。共和政ローマ軍がマケドニア軍に圧勝し、第三次マケドニア戦争が終結。

前85年、ローマのスッラがオルコメノスの戦でポントス王ミトリダテス6世を破る

前52年、アレシアの戦いが終結し、ガリアがローマ帝国の版図に組み込まれる。

前48年 ポンペイウス、テッサリア平原のファルサルスの戦でカエサルに敗れる

前46年 タプススの戦い。カエサル軍が元老院派の軍を破る

前45年、ポンペイウス派の残党がムンダの戦でカエサルに敗れる

前42年、カエサルを暗殺したブルトゥス、カッシウスがフィリッピの戦でアントニウス、オクタウィアヌスに敗れる

前31年、アントニウス、アクティウムの海戦でオクタヴィアヌスに敗れる

前23年、劉秀、昆陽の戦で王莽を破り、漢室再興を果たす

後9年、ローマ帝国がトイトブルクの戦でゲルマンに大敗する

49年、ベトナムのチュン姉妹は後漢の侵略に抵抗し、処刑される

66年、ユダヤ民族のシモン・バル・ギオラが反乱を起こす。

70年、ローマ軍がエルサレムを破壊する。

73年、マサダ砦に籠城したユダヤ人967人が集団自決し、ユダヤ戦争(66-73)が終わる

191年、董卓と袁紹が虎牢関で衝突。董卓の部下呂布が盤下で董卓を殺す。

200年、曹操、官渡の戦で袁紹を破る。

208年、曹操が劉備・孫権連合軍に赤壁の戦でい敗れる。

211年、曹操が渭水の戦で馬超・韓遂らを破る。

215年、曹操が合肥の戦で孫権を破る。

219年、劉備軍の関羽が樊城の戦いで水攻めにされて殺される。

222年、劉備率いる蜀漢軍が夷陵の戦で呉の陸遜軍に敗れる。

234年、蜀諸葛亮が五丈原の戦で魏司馬懿と対戦したが、蜀漢による第五次北伐が失敗する。

260年、ローマ軍はエデッサの戦でササン朝ペルシアのシャープール1世に敗れ、ウァレリアヌス皇帝は捕虜となる。

280年、晋軍、呉に侵攻。大勝して呉滅ぶ。石頭城の戦い。

312年、ローマ皇帝正帝マクセンティウスがローマ郊外のミルウィウス橋の戦(サクサ・ルブラの戦)で副帝コンスタンティヌス1世に敗れる

313年、東のローマ皇帝マクシミヌス・ダイアがツィラッルムの戦でリキニウスに敗れる

363年 ローマ皇帝ユリアヌスが、ササン朝の首都クテシフォンの城壁まで進撃するが、城を落せず撤退する

378年、ローマ皇帝ヴァレンスが、ハドリアノポリス(アドリアノーブル)の戦で西ゴート族に敗れ、戦死。

383年、前秦の符堅が淝水の戦で晋の謝石・謝玄に敗れる

451年、フン族の王アッティラがカタラウヌムの戦で西ローマ軍のアエティウスに敗れる

486年、クロヴィス率いるフランク族がソワソンの戦で西ローマを破る

627年、ササン朝ペルシアのコスロー2世はニネヴェの戦でへラクリウス率いる東ローマ軍に敗れる

642年 ヤズデギルド3世 ニハーヴァンド(ネハーヴァンド)の戦でアラブ軍に敗れる

663年、日本軍は白村江の戦で唐軍に敗れ、百済滅ぶ

687年、フランク王国のピピン2世がテルトリーの戦でネウストリアのベルナルらを破る

722年、ペラヨがコバドンガの戦でイスラム軍に勝利する。

732年、サラセン軍、ツール・ポワチエの戦でフランク王国カール・マルテルに敗れる

751年、唐の高仙芝、イスラム軍とタラス河畔に戦う。サラセン軍に捕らわれ、製紙法を伝う

756年、唐の玄宗は潼関の戦で安禄山に敗れる

811年、東ローマ皇帝ニケフォロス1世はブリスカの戦でブルガリア皇帝クルム・ハーンに敗れ、戦死した。

849年、ナポリ・アマルフィ・ガエータなどの艦隊がオスティア沖でイスラム艦隊を破る。

955年、ハンガリーのマジャール軍がレヒフェルトの戦で東フランク王国オットー1世に敗れる

1014年、第1次ブルガリア帝国がキンバロングーの戦(クレイディオン峠の戦)で、東ローマ帝国に敗れる。

1014年、ブライアン・ボル―軍とレンスターのアイルランド人とダブリンのヴァイキングの連合軍が、クロンターフの戦いで、ボル―軍が勝つが戦死する。

1016年、デンマーク王クヌートがアシンドンの戦いでイングランド王エドマンド2世を破る

1057年、スコットランド王マクベスはランファナンの戦でマルカム3世に敗れ死没する

1063年、イタリアの中世都市国家ピサがパレルモ沖の海戦でイスラーム艦隊に大勝する

1066年、イングランド王ハロルド2世がへースティングズの戦でノルマンディー公ウィリアム1世に敗れる

1071年、ロマノス4世ディオゲネス マンジケルトの戦でセルジューク朝に敗れる。

1099年、第1回十字軍のエルサレム攻囲戦が始まる。

1107年、高麗の尹瓘が女真を討ち9城を築くが(尹瓘九城の役)、翌年に撤退する。

1147年、ポルトガル王国アフォンソ1世がリスボンの支配権をめぐってイスラム教徒のムーア人を破る。

1148年、第2回十字軍、ダマスカス攻撃。もつとも成果の少ない十字軍だった。

1176年 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世がレニャーノの戦で北イタリア・ロンバルディア同盟軍に敗れる

1187年、ギード・リュジニャン率いるエルサレム王国の十字軍がヒッティーンの戦でアイユーブ朝のサラーフ・アッディーンに敗れる

1201年、チンギス・カンはコイテンの戦でジャムカを破る

1214年、仏王フィリップ2世が、ブーヴィーヌの戦で神聖ローマ帝国、英国連合軍に勝利する

1219年、モンゴル軍はホラズムに侵攻し、翌年にはサマルカンドを攻略する

1223年、モンゴル軍はカルカ川の会戦でロシア軍を破る

1235年、マリ王国のスンディアタがキリナの戦いでソソ王国のスマンゲルを破る

1241年、シュレージェン公ハインリヒ2世、リーグニッツ(ワールシュタット)の戦でバトゥが率いるモンゴル軍と戦い、大敗し、戦死。

1258年、モンゴル軍のフレグがバグダードの戦いでアッバース朝の首都を包囲する。

1260年、フィレンツェがモンタベルティの戦いでシエーナ軍に敗れる。

1260年、モンゴル軍のフレグはアイン・ジャールートの戦でマムルーク朝のバイバルスに敗れる。

1264年、イングランド王ヘンリー3世に対してレスター伯シモン・ド・モンフォールらが反乱。王党派の勝利に終わった。これを第2次バロン戦争という。

1265年、イーブシャムの戦い。

1266年、ホーエンシュタウフェン家がイタリアのベネヴェントの戦でカペー家と、敗れる。シチリアの支配が終わる

1268~1274年、モンゴル軍は襄樊の戦で南宋を滅ぼす。

1274年、モンゴル軍、日本に遠征するが失敗(文永の役)

1278年、モンゴル軍、ポーランド・ドイツ連合軍を破る

1278年、神聖ローマ帝国ルドルフ1世、マルヒフェルデの戦いでボヘミア王オットカルを破る

1279年、モンゴル軍、厓山の戦いで南宋を滅ぼす

1281年、モンゴル軍、日本に遠征するが失敗(弘安の役)

1284年、ピサがメロリアの海戦でジェノバに大敗。

1288年、ドカン率いるモンゴル軍は白藤江の戦いで陳国峻率いるベトナム軍に敗れ、モンゴルのベトナム侵攻は失敗におわる。

1291年、イスラエル王国の首都アッコン滅亡する。(十字軍戦争終わる)

1294年、英仏戦争はじまる。

1298年、神聖ローマ皇帝ルドルフ1世はゲルハイムの戦で長子アドルフを殺す。

1301年、オスマン1世がビザンツ帝国軍をコユンヒサルの戦で破る。

1302年、フランス王フィリップ4世はクルトレー(コルトレイク、金拍車)の戦でフランドル市民軍に敗れる

1314年、エドワード2世率いるイングランド軍がバノックバーンの戦でロバート1世のスコットランド軍に敗れる

1315年、スイスがモルガルテンの戦でオーストリア軍を破り、現在に至る永久盟約を得る

1337年、英仏の百年戦争がおこる

1346年 フランス王フィリップ6世、クレシーの戦でエドワード3世に敗れる

1356年、フランス王ジャン2世はポアティエの戦でイギリス王エドワード黒太子に敗れる

1363年、明の朱元璋は鄱陽湖の戦で元の陳友諒を破る

1369~70年 エドワード3世、フランス王シャルル5世に敗れて獲得した領土の大部分を失う

1380年、タタール軍はクリコボの戦でモスクワ大公ドミトリー・ドンスコイに敗れる。

1380年、ジェノバがキオッジャの海戦でヴェネツィアに完敗する。

1382年、百年戦争。ローゼンバーグの戦いでフランス軍がフランドル諸都市を破る。

1385年、ジョアン1世率いるポルトガル軍がアルジュバロータの戦いでカスティーリャ王ファン1世を破る。

1388年、ハプスブルク家アルブレヒト3世、ネーフェルトの戦いでスイス自由連邦に敗れる

1389年、オスマン帝国のムラト1世がコソボの戦でセルビアを破る

1396年、神聖ローマ皇帝・ハンガリー王ジギスムント率いるヨーロッパ諸国軍がニコポリスの戦でバヤズィト1世率いるオスマン帝国軍に大敗する

1402年、バヤズィト1世率いるオスマン帝国がアンカラの戦でティムールに敗れる。バヤズィト1世は捕虜になり、翌年自害する

1410年、ポーランド・リトアニア連合軍がグルンヴァルトの戦(タンネンベルクの戦い)でドイツ騎士団を破る

1415年、フランス軍が百年戦争アジャンクールの戦いでヘンリー5世率いるイングランド軍に敗れる。

1419年、ボヘミアのフス戦争(~1434)。フス派の勝利。

1429年、ジャンヌ・ダルクに率いられたフランス軍がパテーの戦いでイングランド軍に圧勝。イングランドのジョン・タルボットは敗れて、捕虜となる。百年戦争の仏軍の初めての勝利であった

1444年、オスマン帝国のムラト2世はヴァルナの戦でハンガリー王国を破る。

1450年、百年戦争。イングランド軍はフォルミニーの戦でフランスに大敗し、ノルマンディーから撤退する。

1453年、イングランド軍はカスティヨンの戦でフランスに敗れる。百年戦争最後の戦い。

1453年、東ローマ帝国コンスタンティノス11世 メフメト2世のオスマントルコ軍に攻められコンスタンティノープル陥落

1454年、十三年戦争が始まる。

1455年、薔薇戦争最初の戦い。ヨーク公リチャードはサマセット公エドムンド率いるランカスター派をセント・オールバーンズの戦で破る。

1460年、薔薇戦争、ウエイクフィールドの戦い。

1461年、薔薇戦争。タウトンの戦い。ヨーク家のエドワード4世がマーガレット王妃らランカスター派を破る。

1466年、ポーランドとプロシア連合の同盟とドイツ騎士団国とのあいだで起きた十三年戦争がプロシアとポーランドの勝利に終わる(~1454年)。

1471年、薔薇戦争・テュークスベリ―の戦い。ランカスター家のエドワード王太子の戦死。

1477年、ブルゴーニュ公シャルル(豪肝公)がナンシーの戦いで戦死

1485年、ヨーク派のリチャード3世はボズワースの戦でランカスター派のヘンリー7世に敗れる

1487年、薔薇戦争の最後の闘いストーク・フィールドの戦いが行われる

1503年、フランスはチョリニョーラの戦、ガレラノの戦でスペインに敗れる

1507年、ポルトガルのインド総督アルブケルケ、ペルシャ湾口の香辛料集散地ホルムズ島を占領した。

1509年、フランシスコ・デ・アルメイダ率いるポルトガル海軍がディウ沖海戦でイスラム教徒のマムルーク朝、クジャラート・スルタン朝及びカリカットの領主ザモリンの連合海軍を破る

1513年、スコットランドがフロドゥンの戦でイングランドに大敗し、国王ジェームズ4世が戦死。

1514年、サファヴィ朝ペルシャ軍イスマーイール1世がチャルディラーンの戦でオスマン帝国セリム1世に敗れる。以後両国の戦いは124年間続く。

1515年、仏王フランソワ1世・ヴェネツィアがスペイン・神聖ローマ・イギリス・ミラノのスイス傭兵軍とマリニャーノ戦いで勝利する。

1516年、オスマン帝国がマルジュ・ダービクの戦でマムルーク朝を破り、シリアを支配する。

1519年、スペインのコルテスがタバスコの戦でインディオに勝利し、メキシコを征服した。

1521年、独帝カール5世と仏王フランソワ1世との間にイタリア戦争始まる。

1524年、フランケンハウゼンの戦で農民軍が諸侯軍に敗れて壊滅し、ドイツ農民戦争が終結する

1525年、仏王フランソワ1世、パヴィアの戦でスペインに敗れる。

1526年、インドのロディ朝がパーニーパットの戦でムガール帝国のバーブルに敗れる

1526年、オスマン帝国がモハーチの戦でハンガリー王国を破る

1529年、スイスの宗教戦争、第一次カッペル戦争

1531年、第二次カッペル戦争でチューリヒのカトリック軍が勝利する。

1531年、スコットランド王ジェームズ4世が2万の軍勢を率いて国境を侵攻するが、英国軍にフロッドンの戦で大敗し、ジェームズ4世は戦死する

1531年、チューリヒの宗教改革の指導者ツヴィングリがカベルの戦で戦死

1532年、インカ帝国アタワルパ、カハマルカの戦いでピサロ率いるスペイン軍に敗れる。

1538年、スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇連合軍はプレヴェザの海戦でオスマン帝国と対戦するが、連語国側は統制がとれずに敗れる。

1546年、シュマルカルデン戦争がはじまる。

1547年、プロテスタント軍がミュールベルクの戦で神聖ローマ軍に敗れる

1558年、リヴォニア戦争(~1583)。

1562年、ユグノー戦争

1571年、オスマントルコ海軍がレパントの海戦でスペイン、ベネチア、ローマ教皇の連合軍に敗れる

1587年、スペイン王フェリペ2世の無敵艦隊(アルマダ)がプリマス沖、カレー沖の海戦でイギリス艦隊に敗れる

1593年、オスマントルコ帝国ムラート3世の宰相ハサン・パシャは、シサクの戦でクロアチア軍に敗れる

1593年、ハプスブルク家とトルコの十五年戦争(~1606)。

1593年、小早川隆景らが李如松率いる明軍を碧蹄館の戦いで破る

1618年、三十年戦争

1619年、ヌルハチ率いる後金(のちの清)がサルフの戦で明を破る

1620年、白山の戦。

1630年~31年、ルター派の都市マグデブルクが包囲され、破壊・略奪される(三十年戦争)

1631年、神聖ローマ帝国がブライテンフェルトの戦でグスタフ2世アドルフ率いるスウェーデンに敗れる。

1632年、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン率いる神聖ローマ帝国がリュッツェンの戦でグスタフ・アドレス2世(スウェーデン)の軍に敗れる。

1632 年、ロシアがスモレンスクの戦でポーランドの軍に敗れる。

1640年、ポルトガルの貴族ブラガンサ公ジョアンらがリスボンのスペイン王宮を襲撃、ポルトガル王政復古戦争が始る。

1641年、清のホンタイジが松山・錦州の戦で明を滅ぼす

1643年、清教徒革命。国王軍がアドウォルトン・ムーアの戦で議会軍に勝利する。

1644年、清教徒革命。チャールズ1世の国王軍がマーストン・ムーアの戦でクロムウェル率いる議会軍に敗れる。

1645年、イギリス、ルーパート王子軍がネーズビーの戦でクロムウェルの議会軍に敗れる。

1648年、ウェストファリア講和条約。三十年戦争終わる。

1653年、ポートランドの海戦(第一次英蘭戦争)~1654年まで

1654年から1667年、ロシア・ポーランド戦争

1659年、ロシア大公アレクセイ3世がコノトプの戦でウクライナ・コサック軍に敗れる。

1667年、第二次英蘭戦争終わる。

1670年、ロシアでステンカ・ラージンの農民反乱おこる。(~1671年)

1672年、英仏対オランダの戦争始まる(第三次英蘭戦争)。ソールベイの海戦ではオランダの勝利。

1674年、英蘭戦争、ウェストミンスター条約の締結。イギリスの制海権が確立。北米植民地ニューアムステルダム(ニューヨーク)はイギリスに返還される。

1675年、デンマーク・スウェーデンでスコーネ戦争始まる(~1679年)。

1685年、清の康熙帝はロシアが東方に進出して黒竜江流域にきずいたアルバジン城を奪回した。

1687年、清ジュンガル戦争起こる。康熙帝、乾隆帝と三次にわたるが、清に対して反乱を起こしたアムルサナーは1759年敗れる。

1688年、フランスのルイ14世が神聖ローマ帝国領のファルツ公家の継承問題に介入してファルツ戦争(~1697年)が始まる。

1697年、オスマン帝国がゼンタの戦でオーストリア軍に大敗する。

1700年、スウェーデン王カール12世がナルヴァの戦でロシアのピョートル1世に勝利する。

1701年、スペイン継承戦争始まる。1714年まで続く。

1706年、オーストラリア軍がトリノの戦いでフランス軍を破る(スペイン継承戦争の一つ)

1709年、スウェーデンのカール12世、ポルタヴァの戦でロシアに敗れる。

1710年、スペイン・フランス連合軍がビリャビシオーサの戦でカール大公率いるハプスブルグ家を破る(スペイン継承戦争の一つ)

1712年、スウェーデンがガーデブッシュの戦でデンマークに敗れる。

1714年、ロシアのピョートル1世がハンゴ沖海戦でスウェーデンを破る。

1721年、スウェーデンとロシア・デンマークを中心に行われた大北方戦争(1700-1721)が終る。ニスタット条約を締結。

1722年から1725年までラル神父戦争。アメリカ東部植民地とインディアンの戦い。セバスチャン・ラルがノリッジウォックの戦いで戦死。

1733年、ポーランド継承戦争始まる。

1740年、オーストラリアのマリア・テレジアが即位し、オーストラリア継承戦争始まる。

1741年、マリア・テレジアがモルヴィッツの戦でフリードリヒ2世のプロシアに敗れる。

1743年、オーストリア継承戦争。英墺連合軍と仏軍がディティンゲンで戦い、英墺連合軍が勝利する。

1745年、フランスがフォントノワの戦で英蘭墺連合軍に勝利する。

1746年、カロデンの戦い。スコットランドで名誉革命反対派・ジャコバイトによる最後の戦い。

1756年、ヨーロッパで七年戦争始まる。

1757年、プロイセンのフリードリヒ2世がロスバッハの戦、ロイテンの戦でオーストリアを破る。

1757年、フランス勢力と組んだベンガル太守のシラージュ・ウッダウラはプラッシーの戦でロバート・クライブ率いるイギリス軍に敗れる。

1759年、プロイセン軍がクネルスドルフの戦でロシア・オーストリア連合軍に敗れる。

1761年、第3次バーニーパッドの戦い、マラーダ連合軍敗北する。

1764年、イギリス東インド会社がインドのブクサールの戦でムガル帝国を破る。

1767年、第1回マイソール戦争(~1769)。マイソール王国がイギリス東インド会社に勝利する。

1768年、露土戦争起こる。

1775年、アメリカ独立戦争始まる。ボストン北西のコンコードで英軍と米植民地兵が武力衝突。アメリカ軍はモントリオールを占領するが、ケベックの戦いに敗れる。

1775年~82年。マラータ同盟がイギリス東インド会社に勝利する。

1776年冬、大陸軍はニュージャージーの戦いでイギリス軍に勝利する。

1777年、英軍バーゴイン将軍がサラトガの戦で米植民地軍に敗れる。

1780年、アメリカ独立戦争・ワックスホーの戦。戦闘に勝利した英軍は、大陸軍が白旗を挙げたのを無視して大陸軍兵113人を虐殺。

1781年、アメリカ独立戦争・ヘンリー岬の海戦・チェサピーク湾の海戦。イギリス軍の敗北。

1781年、チャールズ・コンーウォリス率いるイギリス軍はヨークタウンの戦でジョージ・ワシントン率いる独立軍に攻囲され敗れる。

1781年、インドのポルト・ノヴァでマイソール王国はイギリス軍に敗れる。(第二次マイソール戦争の1つ)。

1789年、フランス革命起こる。

1790年、第3回マイソール戦争。

1793年、フランス軍はナポレオン率いる革命軍にツーロン要塞の攻撃で敗れる。

1796年、オーストリア軍がカスティリオーネの戦でナポレオン軍に敗れる。

1798年、オスマン帝国がピラミッドの戦でナポレオン軍に敗れる。

1799年、第4回マイソール戦争。

1800年、オーストリア軍がアルプスを越えて侵攻したナポレオン軍にマレンゴの戦で敗れる。

1805年、オーストリア・ロシア連合軍がアウステルリッツの三帝会戦でナポレオンに敗れる。

1805年、トラファルガルの海戦でイギリス艦隊がナポレオン率いるフランス・スペイン聨合艦隊に勝利。ネルソン提督は戦死。

1806年、プロシア軍がイエナ・アウエルシュタットの戦でフランス軍に敗れる。

1809年、ナポレオン、ワグラムの戦でオーストリア軍に大勝する。

1810年、セブンオークスの戦い。カナダのレッドリバー植民地で毛皮交易をめぐり交易会社同士で争い。

1812年、モスクワに遠征したナポレオンがクトゥーゾフ将軍のロシア軍とボロジノの戦で交戦。10万人の犠牲を出したが勝敗は決せず。

1812年、米英戦争はじまる。

1813年、ナポレオン軍がライプチヒの戦でプロイセン・オーストリア・ロシア連合軍に敗れる。

1814年、アメリカ軍はブラーデンスバーグの戦でイギリス軍に敗れ、ワシントンのホワイトハウスなどの建物が焼失した。

1814年、イギリス東インド会社とネパール(ゴルカ朝)とのグルカ戦争が起こり、1816年イギリスの勝利により、スガウリ条約が結ばれる。

1815年、ナポレオンがワーテルローの戦でイギリス・プロシア連合軍に敗れる。

1815年、米英戦争ニューオーリンズの戦でイギリス軍はアンドリュー・ジャクソン率いる5千人の兵に敗れる。

1816年、セブンオークスの戦。カナダのレッドリバー植民地で毛皮交易をめぐり交易会社同士で争い。

1817年、第3回マラータ戦争。

1819年、シモン・ボリバルの独立革命軍はボヤカの戦(コロンビアのボゴタ近郊)でスペイン軍に勝利する。

1821年、スペイン軍がカラボボの戦でシモン・ボリバル率いる反乱軍に敗れ、ベネズエラの独立が決定した。

1824年、スペイン軍がアヤクーチョの戦でスクレ将軍率いるペルー解放軍に敗れる。

1824年~26年、ビルマ戦争。イギリスがビルマのコンバウン朝に勝利する。

1827年、英仏露3国艦隊がナヴァリノの海戦でトルコ艦隊を破る。

1836年、テキサス軍がサンジャシントの戦いでメキシコ軍を破る。

1839年、バーラクサイ朝アフガニスタン首長国がイギリスを討つ(第1次アフガン戦争(~1842年)

1840年、アヘン戦争(~1842年)

1845年~46年、第一次シク戦争。シク王国とイギリス東インド会社の戦争。イギリスの勝利。

1848年、サルディニア王カルロ・アルベルトがクストッツァー・ノヴァラの戦でオーストリアに敗れる。これにより、イタリアの統一運動は一時中絶した。

1854年、クリミア戦争でロシアのセヴァストーポリ要塞を目指す英仏軍がアルマでロシアと交戦する。

1855年、セヴァストーポリ要塞が英仏軍の攻撃によって陥落する。

1856年、アロー号戦争(~1860年)

1856年、コスタリカ軍が第二次リバスの戦いでニカラグア軍を破る。

1859年、イタリア統一戦争・ソルフェリーノの戦い。アンリ・デュナンが戦場の惨状に衝撃を受け、後の赤十字運動につなげる。

1860年、ガリバルディ率いるイタリア義勇軍はヴォルトルノ河畔の戦でナポリ軍を破り南イタリアを制圧する。

1861年、アメリカの南北戦争、北軍はブル・ランの戦で南軍に敗れる。

1862年、アメリカの南北戦争、セブンパインズの戦。決着つかず。

1862年、アメリカの南北戦争、シャイローの戦。北軍の勝利。

1862年、メキシコがプエフラの戦でフランスに勝利する。(フランス・メキシコ戦争1862-1867)

1863年、南北戦争、ゲッティスバーグの戦で南軍の衰勢が決定した。

1864年、曽国藩が太平天国の乱を鎮圧した。

1866年、イタリア海軍がリッサの海戦でオーストリア海軍に敗れる。

1866年、オーストリア帝国はチェコのケーニヒグーレツの戦(サドワの戦)でプロシアに敗れる。

1868年、アメリカ軍のカスター中佐が率いる第7騎兵隊がシャイアン族インディアンを虐殺する(ウォシタ川の戦)。

1868年、エチオピアのテオドロス2世、マグダラの戦いでイギリス軍に大敗し、自殺する。

1870年、モルトケ率いるドイツ軍がグラヴロットの戦でバーゼル率いるフランス軍を破る

1870年、フランスのナポレオン3世はセダンの戦でプロイセン軍に敗れる。

1873年、アチェ-戦争、オランダがスマトラのアチェー王国征服(1904年)

1876年、アメリカ陸軍とインディアンがモンタナ州のリトルビックホーンで戦い、カスター将軍の本隊が全滅した。

1877年、露土戦争(~1878)

1879年、ズールー戦争おこる。イギリスと南アメリカのズールー王国との間で行われた戦争でアフリカの植民地支配がはじまる。

1880-1881年、イギリスがトランスヴァール共和国に破れる(第一次ボーア戦争)

1885年、清仏戦争でフランスによるベトナムの植民地化が始まる。

1885年、ビルマ王ティーボーは英緬戦争でイギリス軍に敗れ、コウバウン朝は滅亡し、イギリス領インド帝国に併合される。

1894年、日清戦争(~1895年)

1896年、イタリアのエチオピア侵攻軍がアドワの戦でエチオピアのメネリックに大敗する。

1898年、米西戦争。7月アメリカ軍がキューバのサン・ファン・ヒルの戦いでスペイン軍を撃破する。

1899年、南アフリカ、ボーア戦争(~1902年、イギリスの勝利)。

1904年、日露戦争(~1905年)

1905年、ロシアのバルチック艦隊が日本海海戦で日本の連合艦隊に敗れる。

1911年、イタリア・トルコ戦争。イタリアがオスマントルコ領リビアの領有を図って起こす。イタリア敗北。

1912年、バルカン戦争(~1913年)。

1914年、ロシアがタンネンベルクでドイツに大敗。

1914年、ベルギーを突破し、北仏に進軍したドイツ軍(モルトケ)は、マルヌの戦でフランス軍(ジョッフル)に敗れる。

1914年、ロシア軍がタンネンベルクの戦でドイツ軍に包囲、殲滅される。

1915年、オスマン帝国はガリポリの戦で連合軍に勝利する。

1915年、第一次大戦・イ―ペルの戦い。ドイツ軍がフランス軍に対し、毒ガス攻撃。

1916年、ヴェルダンの戦、フランスは守り切った。

1916年、ソンムの戦。第一次世界大戦における最大の戦争であるが、英仏連合軍とドイツ軍がフランスのソンムで激突したが、両軍目立った戦果をあげることがなかった。

1916年、ユトランド沖海戦。

1916年、アメリカ、パンチョ・ビリャ遠征軍をメキシコに派遣。

1917年、ロシア革命。

1917年、第一次世界大戦におけるカンプレーの戦いで、英軍が世界初となる大規模な戦車の投入を行った。

1920年、ポーランド・ソ連戦争。ポーランドの旧版図回復。

1922年、トルコ軍がドゥムルプナルの戦でギリシャ軍に勝利する。

1935年、イタリア、エチオピア侵略。

1936年、スペイン内戦始まる。

1937年、日中戦争始まる。

1939年、満蒙国境線めぐりノモンハン事件。

1940年、ドイツ軍がオランダ・ベルギーに侵入(ベルギーの戦い)。

1940年、フランス軍はダンケルクの戦でドイツに敗れ、降伏する。

1941年、太平洋戦争始まる。

1942年、ドイツの戦車軍団ロンメルは北アフリカのエル・アラメインの戦で英軍モントゴメリーに敗れる。

1942年、ドイツ軍はソ連とのスターリングラードの戦(~1943年)で消耗し、これによってドイツの後退が始まる。

1942年、太平洋戦争最大の激戦、ガダルカナルの戦いで日本軍が全滅。

1943年、ドイツ軍はドニエプル川の戦でソ連軍に敗れる。

1943年、ドイツ軍はクルスクの戦でソ連軍に大敗。

1944年、日本はレイテ沖海戦で米軍に大敗し、事実上壊滅。シブヤン海海戦・戦艦武蔵が沈没。

1944年、連合軍、ノルマンディー上陸作戦に成功する。

1945年、独ソ戦最後の戦い、プラハの戦い。

1945年、硫黄島の戦いで、アメリカが硫黄島を完全占領

1946年、フランス・インドシナ戦争(~1954年)

1950年、朝鮮戦争が始まる(~1953年)

1950年、マッカーサーの国連軍が長津湖の戦いで毛沢東率いる中国軍と戦う。

1953年、ポークチョップヒルの戦い

1954年、フランスとアルジェリアでアルジェリア戦争始まる(~1962年)。

1954年、ディエンビエンフーのフランス軍拠点が陥落。インドシナから撤退する。同年ジュネーヴ協定結ばれる。

1959年、チベットで反中国暴動。

1963年、インドネシア、マレーシア戦争(~1966年)

1963年、ギニアビサウ独立戦争(~1974年)

1963年、アメリカ軍と南ベトナム軍がアプバクの戦いでベトコンに敗北する。

1967年、ビアフラ戦争(~1970年)。

1967年、第三次中東戦争。

1968年、南ベトナムのケサンでアメリカ軍と北ベトナム軍が戦う。

1973年、第四次中東戦争。

1975年、サイゴン陥落、ベトナム戦争終了。

1982年、アルゼンチンはフォークランド紛争でイギリスに敗れる。

1988年、ソマリア内戦はじまる(~継続中)。

1991年、第一次湾岸戦争。

1991年、スロヴェニア独立戦争。

1994年、ルワンダで内戦始まる。50万人が殺される。

2001年、アメリカのアフガニスタン侵攻。

2003年、第二次湾岸戦争。

2005年、イラク戦争。ハディサで米軍兵士がイラク市民24人を虐殺(ハディサ事件)。

 

 

鉄道の日

Hayabusa_m  本日は「鉄道の日」。明治5年10月14日、新橋・横浜間に鉄道が開通。台風のため3日延期されたが、この日、晴れの鉄道開業式が挙行された。明治天皇も試乗され、砲兵の祝砲・軍艦の賀砲がとどろき、2万人に赤飯が配られ、にぎやかな開業式であった。「鉄道記念日」は1922年に正式に決められた。1994年に「鉄道の日」と改称される。

 蒸気機関を小型化して台車や船に取り付け、交通機関の動力として利用しようという試みは、19世紀初頭のヨーロッパで起こったが、日本人の鉄道の知識は数十年遅れて、1840年代から一部の蘭学者のあいだに広まっていたと考えられる。1855年には佐賀藩精錬所で模型機関車が制作された。1864年には海軍操練所の佐藤政養(1821-1877)が鉄道知識をえる。1865年にはイギリス人トーマス・グラバー(1838-1911)が長崎・大浦海岸で英国製の蒸気機関車アイアン・デューク号、鉄道の試運転を行い300m走行した。1867年にはアメリカ公使館書記官アントン・ポートマンが江戸ー横浜間鉄道建設の免許を得たが、幕府の倒壊によって無効となった。1869年、明治政府はイギリス駐日公使ハリー・パークス(1828-1885)の進言をいれ、大隈重信・伊藤博文らが中心となって鉄道建設を決定し、1870年3月新橋ー横浜間の工事を開始した。イギリスからの資金提供と、エドモンド・モレル(1840-1871)以下のイギリス人技術者および資材が導入された。新橋ー横浜間開通に先立ち5月7日には、品川ー横浜間が仮開通していた。鉄道は陸蒸気(おかじょうき)とよばれ、客車は上等・中等・下等に分けられていた。この開通を先駆けに、鉄道は政府の重要施策となり、官営・民営による各地の鉄道建設が進められることになる。そして、1874年大阪ー神戸間、1877年京都ー大阪間、1884年上野ー高崎間、1887年仙台ー郡山間、1889年東海道が開通する。

    明治初年の鉄道開設には「鉄道の父」といわれた佐藤政養の功績が大きい。佐藤は明治4年に初代鉄道助(現在の運輸次官)に就任している。ちなみにNHK大河ドラマ「龍馬伝」では有薗芳記が演じていた。

2020年10月13日 (火)

安藤昌益の墓

Photo

 

   秋田県大館市の南の郊外二井田地区に、曹洞宗温泉寺がある。この寺域に江戸時代中期の医者・思想家安藤昌益(1701-1762)の墓がある。昌益の事績は戦前までほとんどわからなかった。戦後の研究によって生年、没年、出生地、死没地なども特定できるようになった。没年は宝暦12年10月14日である。墓石には「堅勝道因士」「昌安久益信士」と戒名が刻まれている。ところが昭和60年、大館市の安達家から昌益の位牌が発見された。位牌には「帰元賢正道因禅定門」と記されている。おそらくこの戒名は三回忌の法事のとき追授されたものらしい。明和元年10月13日、跡継ぎの安藤孫左衛門は門弟たちと法事を行った。このとき魚料理でお祝いしたことが聖道院の怒りにふれた。昌益に感化された門弟たちは信仰心をもたなくなり、昌益を神として「守農太神」の石碑を各地に建てていた。代官所は、神仏を畏れぬ行為として、石碑を打ち壊し、孫左衛門に「郷(ところ)払い」を命じた。江戸時代、昌益の思想は危険思想だったのだろう。明治の狩野亨吉が昌益の「自然真営道」の稿本を発見するまで忘れられた思想家だった。

2020年10月12日 (月)

芭蕉と門人たち

Photo 元禄7年10月12日、申の刻(午後4時ころ)、松尾芭蕉はしずかに永眠した。遺骸は翌13日に膳所の義仲寺に運ばれ、14日に埋葬された。芭蕉の戒名をネットで調べたら「風羅芭蕉老人」とある。戒名らしくないのでデタラメなものであろう。芭蕉の父の法名は「松自浄恵信士」とあるが、芭蕉本人のものはわからない。「大江戸文人戒名考」(上村英)という本もあるが未調査。戒名とはなくてはならないものであるが、なくてもさほど困らないものでもある。なぜ芭蕉の戒名が伝わらなかったのか、もともとなかったのか、謎である。

 

 さて芭蕉には優れた門人が多く、いわゆる「蕉門十哲」といわれるが、10人の名前は諸説ある。向井去来、森川許六、服部嵐雪、宝井其角、各務支考、内藤丈草の6人は確定しているが、あとは多少入り変わりがある。立花北枝、杉山杉風、志太野坡、越智越人、服部土芳、天野桃隣、河合曾良、広瀬惟然。ほかに山口素堂、八十村路通(忌部路通)、野沢凡兆、三上千那、江左尚白、池西言水、小川破笠、山本荷兮(かけい)。路通は蕉門の奇人。放浪行脚の乞食僧侶。近江の濱田酒堂。紅一点は女流俳人の河合智月。なかでも坪井杜国は、芭蕉が特に目をかけた門人の一人。名古屋の米問屋の主人であったが、空米売買のため御領分追放に遭い、伊良湖崎に隠棲し、元禄3年まだ30代で没した。

 

S10tetu

 

 

2020年10月11日 (日)

山頭火忌

124627337312016217173

 

何の草ともなしに咲いているふるさと

 

やつぱり一人がよろしい雑草

 

   本日は自由律俳句の代表的俳人種田山頭火の忌日。昭和15年10月11日、愛媛県松山で死去。享年58歳。本名・種田正一。生家は山口県西佐波令村(現・防府市)にあるが、種田家の先祖は土佐国山内家に仕えた郷士だったといわれる。居住地は土佐国香美郡。大正15年には雲水となって西日本を中心に旅し句作を行う。四国遍路の旅は2度している。1回目は昭和3年で、土佐路の札所24番から39番までを回っている。2回目は昭和14年で、徳島を立ち、高知から愛媛松山に入る約20日間の旅だった。太平洋の海を見て、「われいまここに海の青さのかぎりなし」にどのような思いがたくされていたのだろうか。この四国遍路の1年後に没している。

 

Photo_6 四国遍路日記

トロイの木馬

Trojanhorse 1871年のこの日、商売で巨富を築いたシュリーマンは古代都市トロヤの発掘に着手した。彼は幼少のころ「子供のための世界史」のなかでトロヤ落城の挿図を見て、いつかトロヤを掘ると誓っていたのだ。トロヤの木馬とはこんな話である。難攻不落を誇っていたトロヤであったが、知恵者として有名だったイタカの王オデュッセウスが、アテネの助けによって、「木馬」を利用した計略をめぐらした。オデュッセウスは、ギリシア軍に加わっていたエペイオスという工作の名人に命じて、腹が空洞になった巨大な木馬を作らせた。そしてそのなかに、ギリシア方の選り抜きの勇士たちと一緒に隠れた。その他の軍勢は、陣営を焼き払って船に乗り、沖の島の影に投錨し待機した。するとトロイの人びとは、ギリシア軍が勝利を断念して帰省したと思い、喜んで市の外に出て来た。そして木馬を戦利品として市内に引き入れ、敵の退却を祝って狂気乱舞し、歓楽の限りを尽くした。彼らが酔い痴れ疲れきって熟睡した夜更けに、木馬からギリシア方の勇士たちが外に出た。そして城門を開け、戻って来た味方の軍勢を引き入れて、市に火を放ち、不意を打たれて周章狼狽するトロイ人に対して、殺戮をほしいままにした。トロイの男たちは、かろうじて市外に逃げのびたほんの少数の落武者を除き、皆殺しにされ、女はみな捕虜にされて、略奪した戦利品の財宝などと一緒に、ギリシア方の大将たちに分配された。これが有名なトロイの木馬の話しである。「イリアス」と「オデュセイア」に出てくるこの「トロヤの木馬」の話を事実と信じ、考古学者シュリーマンは、その発掘を夢見ていた。その願いが通じて、1870年、小アジア、ダーダネルス海峡出口に面したヒッサルリクとバルカン半島のミケーネで黄金のマスクなどを発掘する。(世界史こぼれ話、10月11日)

2020年10月10日 (土)

雑学教室#36集

Trivia  知っていても何の役に立たないムダな知識がある。でも無用の用を愉しむ心の余裕をもちたいものだ。雑学記事のポイントは、➀学問体系には分類されない事柄②百科事典、ウィキペディアなどに触れられない事柄③根拠が不確かであいまいな事柄。

 

O0400029811639222688   山登りで山頂で発する歓声「ヤッホー Yoho」はイスラエルの神の御名「ヤハウェ」が変化した▽11月下旬から12月中旬は、キムチ作りの季節。韓国にはキムジャン休暇やキムジャンボーナスを出す会社がある。▽アメリカ大統領リンカンが暗殺されたのは南北戦争が終わったわずか5日後のことである。▽ほうれん草は漢字で「菠薐草」と書く。ネパールの菠薐国(パリンガ)国から中国を経て日本に来たという。蓬蓮草、鳳蓮草などと書くのは宛て字。▽コンピュータ用語でプログラムの欠陥を「バグ」という。本来は「小さな虫」という意味。▽1855年イギリスの探検家リビングストンがビクトリアの滝を発見。だが現地ショナ族の言葉で「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴とどろく水煙)}という名前がすでにあった。▽褪色し深い褐色になった写真をセピア色というが、sepiaという語原はイカ墨のこと。▽アメリカやヨーロッパ諸国では名を先に、姓を後に呼ぶが、ハンガリーは日本と同じように姓を先、名を後に呼ぶ。▽「キャノン」の社名は観音さまから命名された。▽高知出身の宮尾登美子の文学記念館はなんと北海道にある。▽野村胡堂「銭形平次」。投げ銭は水滸伝に登場する没羽箭張清がヒントになった。▽「じゃんけん」は江戸時代に中国から伝わったもので、ハサミのこと(チョキ)を「りゃん」といった。「りゃん拳」が訛って「じゃんけん」になったといわれる。▽1894年の秋に中馬庚が最初にベースボールを「野球」と訳したが、その4年前に正岡子規は自身の幼名である「升(のぼる)」に因んで、「野球(のぼーる)」という雅号を用いている。▽雑誌「FRaU(フラウ)」 ドイツ語で「夫人」を意味する。▽ジョン・ウェイン主演の「駅馬車」はモーパッサンの「脂肪の塊」を下敷きにしている。▽ラムネの栓をするガラス玉のうち、基準適合品をA玉、基準非適合品をB玉と呼び、不良品は「ビー玉」となった。▽73歳のゲーテはマリーエンバートの湯池場でウルリーケ・フォン・レヴェツォーという17歳の少女に人生最後の恋をした。▽日本には16万基もの古墳がある。その数はコンビニよりも多い。▽面積が日本で一番小さい市は埼玉県蕨市。面積5.11㎢は東京ディズニーランドとほぼ同じくらい。▽肩から首筋にかけての筋肉を「僧帽筋」という。名前の由来は僧のキリスト教の神父の帽子を意味するラテン語Kuclaris(ククラリス)が日本語に直訳されて「僧帽筋」となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトの世界史

250pxtomatoesonthebush    本日は「トマトの日」。 ドイツの諺に「トマトが赤くなると医者の顔が青くなる」とある。ビタミンがバランスよく含まれ栄養豊富なトマトを食べると、健康で医者いらずという意味だろうか。現代の食卓に欠かせないトマトが食べられるようになったのは、わずか200年前のことである。トマトの歴史は、地理上の発見、ルネサンス、フランス革命と世界史の重要事件が関係しているといえば大げさだろうか。トマトの原産は南米で1523年スペインの探検家コルテスが最初に本国にに持ち帰ったといわれる。1533年には、スペイン人のピサロがインカ帝国を滅ぼした。つまりコンキスタドールがスペインに持ち帰ってからである。当初、西洋の人々はトマトを有毒の植物と思い、嫌っていた。しかし南イタリアに大飢饉が何度も起こり、人々はトマトを食するようになった。18世紀フランス革命の際にはパリに進軍した南仏の義勇兵たちが、パリにトマトを持ち込んだといわれている。(10月10日)

2020年10月 9日 (金)

ハシバミの匂い

   カキツバタ科の落葉低木。ハシバミは日本全土の山野にはえるが、中国・朝鮮半島にもおおく自生している。ハシバミの匂いに秋を感じる。このように書いてピンときたかたはかなりの冬ソナ通だ。学校をさぼってデートしたユジンとチュンサンは、罰として焼却場の掃除を命じられた。ユジンは教科書でイ・ヒョソクの「落ち葉を燃やしながら」を習ったときにね、落ち葉を燃やすとよく熟れたハシバミの匂いがするってあったんだけど、私はお父さんの匂いと似ていると言っていた。

日露戦争沙河(さか)会戦起こる

  明治37年8月の遼陽会戦で、日本は橘周大中佐が壮絶な死を遂げた。そして10月9日、ロシア軍は本渓湖の日本軍に対して攻撃を開始し、沙河の会戦の火蓋は切って落とされた。圧倒的なロシア軍の前に、日本軍は死傷者2万余をだす消耗戦となる。当時、外国では沙河会戦は日本の敗北と伝えられていた。

2020年10月 8日 (木)

アロー号事件

   1856年のこの日、アロー号事件おきる。広州沖に停泊中のイギリス船籍のアロー号に中国の官憲が踏み込み、海賊容疑で中国人水夫12名を捕らえた事件である。これに対してイギリス広州領事パークスは、イギリス船籍への臨検行為を条約違反として、またイギリス国旗の引き降ろしをイギリスへの侮辱として葉名琛に抗議するとともに、これを口実に、広西でカトリック宣教師を処刑されたフランスと連合してふたたび清朝に戦いを挑んだ。1857年12月、英仏連合軍は広州を占領し、さらに北上して翌58年5月には太沽(タークー)砲台を奪い天津に迫った。6月、清朝はやむなく英仏両国、および調停者を装ったアメリカ・ロシア両国との間に天津条約を結んだ。(10月8日)

 

 

 

 

金持ちと貧乏人

  本日はドイツの医学者エルンスト・クレッチマーの誕生日。彼は1888年ヴェステンロートで生まれた。中学の保健体育で習う体格性格論で知られる。体格と気質の関係をやせ型・肥満型・闘士型の三類型で説明する。1921年の著書「体型と性格」のなかで提唱した。有名芸能人で例えれば、やせ型・高橋一生は知的でクール、もの静かで控えめなタイプ。肥満型・小林亜星は躁鬱気質で怒りっぽい。闘士型(筋骨型)は高倉健や阿部寛などは筋肉質で粘着気質といい、礼儀正しく、義理がたいタイプ。だが実際のところこの区分は大雑把で必ずしもすべて当てはまるものではない。

    作家のフィッツジェラルドは「特定の個人を書こうと思って書き出すと、いつの間にか、一つのタイプの人間を創造しているのに気づくものだが、あるタイプの人間を書こうと思って書き始めると、いつの間にかそこに生み出されているものは、全く何一つ無きに等しいことに気がつく。これはつまり、われわれ人間というものが妙な動物で、一皮むいたその下には、顔つきや話しぶりとはおよそ違った、人には知られたくない、自分でもそれとは気づかぬ一風変わったところを隠し持った存在だからだ。自分で自分のことを、「普通の正直な開けっ放しの人間」だと称する人もいるけれども、そういう人にぶつかると、私は、これは何かひとと変わったところ、おそらくは悪く変わったところがあって、そいつを隠すことにしているんだな、善良で正直で開けっ放しの人間だと自分から言明するのは、その秘匿行為をそういう形で自分に言いきかせていることにほかならないのだ、と、そう思う。タイプなどというものはないのだ。複数は存在しないのである。」(「金持ちの青年」)

  つまりフィッツジェラルドの言うように、性格のタイプなどというのはないと思う。十人十色である。あえて、人を二つに分けるとすれば、お金持ちか貧乏人、そのどちらかである。市役所から消費増税で住民税非課税世帯に商品券の引換券が送られてきた。並んで商品券を購入する。(10月8日)

 

 

ハルキストという不思議な存在

Img_0049   ハルキスト 葡萄酒(ワイン)片手に「来年ね!」

 8日夜、東京荻窪のブックカフェ「6次元」に集まったハルキストたちはさすがに落胆の色は隠せなかった。いつごろからか村上春樹のファンをハルキストと呼ぶ。村上の小説やエッセイから伺える趣味や生活スタイルに影響を受けることが多い。映画・文学・音楽・料理・マラソン・水泳・猫など都会的で冷めた感じの若者をイメージさせる。とくに団塊の世代以降に多く、戦前・戦中派は村上文学などはほとんど読まない。かつて村上といえば村上元三だった。このようなハルキストの存在を村上自身がどのように感じているかは分からない。代表的ハルキストとして内田樹がいる。彼は「村上春樹は世界的に人気があるから偉い。だから普遍的で、とうぜんノーベル賞に値する」とつねづね語っている。世界中でたくさん本が売れるということと、文学としての価値があり、永遠性があるかという問題がイコールとして捉えられるかは疑問である。本がよく読まれる、売れる、商業的な成功が全てという考えにはむしろ反対する人も多いのではないだろうか。ある意味で内田のような単純な文学観を語る人は幸せなのだろう。司馬遼太郎が時代物の大衆作家から国民的文豪といわれるようになったころ、関西大学の谷沢永一がやたらと司馬をほめあげて、解説本をたくさん出すようになった。芸術家一般に売れずに必死に書いているときはいいものが生まれるが、地位と名声、お金がたまって大家になると保守的になってつまらなくなる。ハルキストや谷沢のような存在は迷惑だが、村上にとってノーベル賞をもらわないことのほうが作家として幸運だと思いたい。

2020年10月 7日 (水)

安政の大獄で橋本左内ら刑死

  安政5年、6年は維新史でも重要な年だった。安政5年1月、幕府は日米修好通商条約調印の勅許を奏請するが、孝明天皇はそれを拒否した。6月、勅許のないまま、幕府が上記条約を調印したため、天皇は激怒する。このころ橋本左内(1834-1859)は越前藩主松平慶永の側近となり、上洛、一橋慶喜待望説を遊説。しかし、井伊直弼が大老に就任し、慶永が処罰されると左内も、安政6年10月7日、江戸伝馬町獄舎で斬首された。26歳の若さであった。頼三樹三郎、飯泉喜内の2人も刑場の露と消えた。だが井伊直弼も翌年桜田門外の変で暗殺され、安政の大獄を取り仕切った直弼の側近、長野主膳も、2年後、藩内の尊攘派岡本黄石らのクーデターで失脚、斬首された。(10月7日)

2020年10月 6日 (火)

源頼朝、鎌倉に入る(1180年)

E98e8ce58089e9b6b4e5b2a1e585abe5b9a    治承4年10月6日、源頼朝は父祖以来の源氏ゆかりの地、相模国の鎌倉に千葉常胤(父の千葉常重は下総の武将で、千葉氏一族の初代当主。千葉県なと地名由来の元祖)らの助勢を得て鎌倉に入る。そして10月20日、平維盛を総大将とする平氏の軍勢を富士川で、戦わずして勝利をおさめた。このとき頼朝34歳。

    翌日、数奇の手勢を率いた若武者がいた。義経24歳である。父・義朝の敗北と死という悲劇によって遠く引き離された異母兄弟が、長い歳月の末にようやく対面することができたのである。八幡神社には頼朝と義経が対面したときに腰をおろしたとされる対面石がある。このとき義経は何騎を従えて兄・頼朝のもとへ駆けつけたのか?「吾妻鑑」には、佐藤継信と忠信とたった3騎となっている。「義経記」では300騎ほどを率いて駆けつけたとある。義経の家来として名が知られているのは、武蔵坊弁慶、駿河次郎清重、片岡八郎弘経、亀井六郎重清、伊勢三郎義盛、鎌田藤太盛政、鎌田藤次光政、常陸坊海尊などである。だが、はたしてこれらの家来が実在の人物かどうかは、まるで証拠がない。そんななかで唯一、係累が明らかなのは佐藤継信、佐藤忠信の兄弟である。佐藤家の菩提寺・医王寺には2人の墓がある。

2020年10月 5日 (月)

達磨忌

Img_1006663_23364974_0    達磨忌や壁にむかひし揚豆腐

              池西言水

 

  禅宗の開祖は達磨といわれている。その伝記については不明なところが多いが、今日では実在説が強い。南天竺、あるいは波斯国の人といわれる。520年頃に梁にやってきた。武帝との会見で、仏教興隆を自慢する武帝に「無功徳である」と言いきった、という有名な話があるが、史実とはいいきれない。しかし慧何(487-593)が雪の中を達磨を訪ねて、自らの片腕を斬り落として弟子にしてくれと頼んだという逸話についてはかなり明確な記録がある。慧何は入門を許され、第二祖となった。そして第三祖が僧璨、第四祖が道信、五祖が大満弘忍と牛頭法融に及び、大満の下から玉泉神秀と、大鑑慧能、嵩山慧安らの系統に分かれた。そして六祖の慧能によって中国禅は確立される。慧能の禅は頓悟禅ともいわれ、南の地方で盛んになったので、南宗禅ともいわれ、今日、禅宗といえば、この南宗禅を指すことが多い。日本の曹洞宗、臨済宗も南宗禅の系統である。達磨の没年はわからないが、道元の「正法眼蔵25」によると、達磨の高名を妬んだ菩薩流支が達磨を毒殺したとされる。(10月5日)

 

 

2020年10月 4日 (日)

聖フランチェスコ

Photo サセッタ「恍惚の聖フランチェスコ」 フィレンツェ

 

  本日は「世界動物の日」。アッシジのフランチェスコの聖名祝日。イタリアのアッシジの裕福な商家に生まれたフランチェスコ(1181-1226)は、やがてキリストに目覚めて、父も家業も捨てて求道生活に入る。その魅力ある人柄は「キリストに最も似た人」と評せられ、カトリック、プロテスタントを通じて最も愛せられた聖人となっている。シエナの画家サセッタ(1392-1450)は1437年から1444年にかけて聖フランチェスコの絵を多数描いている。(10月4日)

2020年10月 3日 (土)

学名のはなし

A46f12a5 「♪この木なんの木、木になる木」というCMで紹介されている大樹はハワイのオアフ島にあるモンキーポッドという木だそうである。「名もない雑草」という言い方はよくない、ということをよく耳にする。一木一草、それぞれれに名があり、名付けた人々の思いがこめられている。生物の場合、一般に使用されている習慣的な名称や国や地方によって異なる名称があったりして、学問的には世界共通の学名が用いられる。例えば「イヌ」は「カニス・ルプス・ファミリアス」、「ネコ」は「フェーリス・シルウェストリス・カトゥス」。1758年にスウェーデンの生物学者リンネが提案したラテン語形で表記される二名法が用いられる。しかしながら学名はラテン文字が日常的に用いられ、ラテン語の語彙になじみがある欧米諸国とは異なり、日本人には学名の使用にはかなりの努力が必要となる。学名をカタカナになおして読み方を書いている本はほとんどない。その理由は決まった発音がないことである。現代語であれば、現代での発音に近い転写という方法が一般にとられるが、ラテン語では不可能である。ラテン語は科学技術のみならず、西欧世界全体の基礎であるが、ラテン語を母語として修得した人はおらず、現地音が存在しない。逆に西欧世界の基礎となったために、それぞれの言語にあわせたラテン語の読み方があり、統一されないからである。何かいい方法はないだろうか。

動物界の学名

 生物はおよそ130万種いるといわれる。種とは動物界を生物分類の階層に「門」「綱」「目」「科」「属」「種」と6段階に分類したことである。われわれ人(ヒト)の学名はホモ・サピエンス・サピエンスという。ニシローランドゴリラの学名は「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」という。

さまざまな学名一覧

   例えば、常緑の高木である「スギ」は、日本の造林面積の約4割を占める有用樹木である。私たちは普段和名(わめい)で「スギ」と呼んでいるが、そのスギの学名をどれほどの人が知っているだろうか。「クリプトメリア・ジャポニカ」(Cryptomeria Japonica)という。鯉の学名は「キュプリヌス・カルピオ」(Cyprinus carpio)。

植物の学名は「属名+種小名」で表わされる。ウメの学名は「ブラナス・ムメ」(Prunus mume)

 

カサブランカは「リリウム・カサブランカ」(Lilium Casa Blanca)

 

アサガオの学名は「イポメア・ニール」(Ipomoea nil)と呼ばれる。

 

ヒマワリの学名は「ヘリアンサス・アンヌス」(Helianthus annuus)。ギリシャ語のhelios(太陽)+anthos(花)が語源。

 

クスノキの学名は「シナモマム・カンフォーラ」(Cinnamomum camphora)。camporとは「樟脳」の意味。

 

 ソテツの学名は「シカス・レヴォルタ」(Cycas revoluta)。シカスは「ヤシに似た植物」、レヴォルタは「反巻した」という意味で、葉や姿などの見た目に由来する。

 ケヤキの学名は「ゼルコーバ・セルラータ」(Zelkova serrata)。

 

カバの学名は「ヒポポタマス・アンフィビアス」(Hippopotamus amphibius)。ギリシャ語 hippos「馬」+potamos「川」。amphibiusは「水陸両用の」の意。

ウサギの学名は「オリクトラグス クニクルス」(Oryctolagus cuniculus)。

 

シャチの学名「オルキヌス・オルカ」(Orcinus orca)。ラテン語で「冥界からの魔物」の意味。

 

ミズクラゲの学名は「アウレリア・アウリタ」(オーレリア・オーリタ)Aurelia aurita。

 

植物

 

ハナミズキ 「コルヌス・フロリダ」(Cornus florida)

 

花タバコ 「ニコチアナ・シルベストリス」(Nicotiana silvestris)

 

蝶 アカマダラ 「アラクニア・レバナ」(Araschnia levana)

 

蝶 モンシロチョウ 「ピエリス・ラパエ」(Pieris rapae)

鳥類

 

コウノトリ 「キコニア・ボイキアナ」(Ciconia boyciana)

 

アホウドリ 「ディオメディア・アルバトロス」(Diomedea albatus)

 

ニワトリ 「ガッルス・ガッルス・ドメスティクス」(Gallus gallus domesticus)

 

ツバメ 「ヒルンド・ルスティカ」(Hirund rustica) 田舎のツバメ

 

スズメ 「パッセル・モンタヌス」(Passer montanus) 山のスズメ

 

カモメ 「ラルス・カヌス」(Larus canus) 灰白色のカモメ

 

オウギワシ 「ハーピーイーグル」(Harpy eagle)

 

果実 メロン 「キューカミス・メロ」(Cucumis melo)

 

海洋生物

モモイロサンゴ 「コラリウム・エラティウス」 Corallium Elatius モモイロサンゴは、ギリシア神話の英雄ペルセウスが斬ったメドゥーサの頭部から流れた血から海に落ちて生まれたという神話に由来する。

 

辻野匠「学名(ラテン語)のカナ表記についての試論」 地質ニュース675, 2010年11月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古代の朝鮮王朝

 本日は韓国では「開天節」が祝われる。高麗時代に編まれた「三国遺事」によると、帝釈桓因の子、桓雄と熊女との間に生まれた檀君王倹が紀元前2333年のこの日に平壌城を首都とする国を建てて国号を朝鮮としたのが国家の始まりと言われている。1993年、北朝鮮は檀君陵を発掘したと発表しているが、その信憑性はなく、考古学的知見によれば、朝鮮の青銅器文化は紀元前1500年ごろをさかのぼることをできないと考えられ、古代国家の成立は、紀元前7世紀頃の箕氏朝鮮からはじまる。箕氏は紀元前4世紀には燕と互いに争うほどに成長したが、紀元前2世紀はじめに衛満に滅ぼされる。衛氏は80余年にわたって繁栄したが、紀元前108年に漢の武帝の侵入を受けて滅亡。通常、箕氏朝鮮と衛氏朝鮮の2王朝を合わせて古朝鮮と呼ぶ。その後、古朝鮮の遺民は各地で小国を興し、紀元前37年には鴨緑江の中流地方で力をつけた朱蒙が高句麗の指導権を握って国家体制を再整備し、王となった。2世紀末、朝鮮半島中南部では馬韓・辰韓・弁韓と総称される部族国家が併立し、北鮮地方には高句麗が興って南下の勢いを示した。ところが、3世紀前半、魏が朝鮮に勢力を伸ばすにおよんで漢時代の楽浪・帯方の2郡を手にいれ、南鮮地方を支配下におさめた。一方邪馬台国はこの魏の後援のもとに南鮮を圧迫し、弁韓地方にはかなり倭人が進出するようになった。(10月3日)

SOS(エスオーエス)

    936fullanighttorememberposter1906年のこの日、万国無線電信会議第1回ベルリン会議で救難モールス信号SOSが採択された。現在モールス符号らよる遭難通信の取り扱いは1999年で廃止されている。

  ちなみに1912年4月14日、タイタニック号が遭難したとき当時制定されたばかりのSOSが始めて使われた。(10月3日)

2020年10月 2日 (金)

豆腐に歴史あり

Hiyayakko   本日は「豆腐の日」。森羅万象、世のいかなるものにもそれぞれに歴史がある。島国日本は、朝鮮半島経由で中国から伝来したものが多い。漢字や仏教からに箸文化の日用品や食品に至るまで数多くある。日本で最も愛される妖怪、河童も実は中国に由来するという説があるがはっきりしない。

  毎日の食卓にみる豆腐は日本人に親しみのある食材のひとつ。夏は冷奴で、冬はお鍋で1年中食べる。木綿豆腐に醤油とカツオ節が一般的な食べ方。豆腐の発明は中国人のもので、前漢の淮南王劉安といわれる。彼は学者を集めて著書を刊行したが、そのなかに「淮南王万畢術」 という本がある。それに豆腐の製法が述べられていたという。

  豆腐が我が国に渡来した時期はあまりはっきりしない。日本に伝わったのはおそらく奈良時代だろうが文献には見えず、鎌倉・室町時代に中国に留学した僧侶が、製法を覚えてきて広まったと考えられる。文安元年(1444年)の『下学集』に豆腐という語がのっている。豆腐はとくに江戸時代になって庶民にまで広まった。

    徳川家光の慶安御触書では農民に飲酒、喫茶、煙草など禁止している。また衣類は木綿以外は着用しないこととある。贅沢禁止に関連して豆腐の製造を禁止している。家光自身は豆腐が大好物だったが、農民たちが豆腐を食べると大豆が高騰することを懸念したからであろうか。(10月2日)

死に至る病

    セーレン・オービエ・キルケゴール(1813年5月5日生。1855年11月11日没)は父ミカエル・ペーダーゼン・キルケゴールと母アンネ・セーレンスダッター・ルンとの間の7番目の末子としてコペンハーゲンに生まれた。父は実業家であったが、宗教的苦悩を内に秘めた人であり、キルケゴールは、この父の影響を受けて憂愁な性格と罪の意識が強かった。「私は生まれたときから老人であった」と自らの幼児期を追想している。

    キルケゴールは、コペンハーゲン大学を出て、ベルリン大学に学ぶ。生涯定職につかず、父の遺産によって生活し、著作生活を送った。

    1849年、アンティ・クリマックスという偽名を用い、「死に至る病」を著わす。第一編「死に至る病とは絶望である」第二編「絶望は罪である」。キルケゴールは、現代人は深刻な精神の病気にとりつかれていると洞察する。「絶望するものは、絶望して自己自身であろうと欲する。しかし、もし彼が絶望して自己自身であろうと欲するのなら、彼は自己自身から抜け出すことを欲していないのではないか。たしかに、一見そう思われる。しかし、もっとよく見てみると、結局この矛盾は同じものであることがわかるのである。絶望者は絶望してあろうと欲する自己は、彼がそれである自己ではない。すなわち、彼は彼の自己を、それを措定した力から引き離そうと欲しているものである。しかしそれは、どれほど絶望したところで、彼にはできないことである。絶望がどれほど全力をつくしても、あの力のほうが強いのであって、彼がそれであろうと欲しない自己であるように、彼に強いるのである。しかし、それにもかかわらず、彼はあくまでも自己自身から、彼がそれである自己から、脱け出して、彼が見つけ出した自己であろうとする。彼の欲するような自己であるということは、それがたとえ別の意味では同じように絶望していることであろうとも、彼の最大の喜びであろう」

    1837年、キルケゴールは、24歳のときレギーネ・オルセンという少女に出会い、3年後に婚約した。しかし、翌年8月、彼はこの婚約を理由も告げず一方的に破棄した。これは彼の生涯を決定した最大の出来事であった。他人の運命を支配することになる結婚へのおそれからである。5年後レギーネは他の人と結婚したが、キルケゴールは終生レギーネを愛し、独身で過ごした。レギーネは夫と西印度諸島へ赴任する直前、彼に通りすがりに会釈した。キルケゴールは話しもせずに行き過ぎてしまった。これが2人の最後の別れだった。彼はその年の10月2日、街路上で昏倒し、11月11日、42歳の若さで死亡した。

2020年10月 1日 (木)

田山花袋「踏査」

 街道がある。共処に日が照る。人が通って居る。向うには山の翠が見える。それは年々歳々同じである。秋が来れば稲が熟って、里川に澄んだ水に雑魚の泳ぐのが鮮かに見える。稲を満載した車がガラガラと音を立てて通っていく。私は共処に一「田舎教師」の歩いて行く姿を明らかに見得た。

 踏査―私はこの踏査といふことを地理学から学んだ。日記よりも手紙、手紙よりも踏査の肝要なのを私は感じた。歴史地理といふ学問は面白い学問である。私は小説地理といふことを「田舎教師」に由って考へた。私が小説製作上実在を尊ぶのは、決して消極的ではない、積極的である。史家が古城址をさぐり、地理学者が山岳踏査するのと同じ位に思っている。(明治42年11月)

親の七光り

Franz_xaver_mozart_wolfgang_jr_1825   ジェーン・フォンダ、ソフィア・コッポラ、リリー・コリンズ。その名前を聞けば、誰しも彼女の父親が、ヘンリー・フォンダ、フランシスフォード・コッポラ、フィル・コリンズとわかるだろう。  有名人の親の威光が子に及んで、あらゆる余沢を受け、親の社会的地位や名声のおかげで、子が徳をすることを言う。「親の七光り」に相当する英語の決まり文句はないので日本社会特有のものなのであろう。安倍晋三、麻生太郎、鳩山由紀夫、田中眞紀子、小渕優子などみれば政治家には有名政治家の子、孫が多い。街角インタヴューで「七光りだと思う二世タレントは?」と聞いたところ、フリーアナウンサーの高橋真麻、ミュージシャン三浦祐太朗、長嶋一茂などの名が挙げられた。このほか駿河太郎、柄本兄弟、降谷建志、篠山輝信など芸能界も2世スターが多い。だが実力勝負の世界では、家柄だけでは通用しない。長嶋一茂と野村克則との現役通算本塁打は二人合わせて22本だった。親子で紅白出場したのは瀬川伸・瑛子、森山良子・直太朗、松田聖子・神田沙也加の3組だけである。清教徒革命の指導者オリヴァー・クロムウェルの長男リチャード・クロムウェルも父の死後、国卿になったものの僅か8ヵ月で辞任している。モーツァルトの次男も作曲家として活動したが、凡庸であった。本居春庭は宣長の長男として生れたが、身体虚弱で失明したが、父の学問を受け継ぎ、宣長の研究を大成させたのは立派である。小デュマは「椿姫」一作だけだが、文学史にその名を残している。

国勢調査

01010010

 

 今日は五年に一度の「国勢調査の基準日」です。国勢調査といえばやはり人口。人口4人に1人が65歳以上という超高齢化社会の日本。大正9年10月1日、第1回の国勢調査が実施された。その時の人口5596万3053人だった。  わが国の人口は単調に増加し続けたのではなく、増加と停滞、あるいは減少を何度か繰返しながら、発展してきた。人口増加は、弥生時代から10世紀にかけてみられる稲作農耕とその普及による人口増加と、19世紀から現代にいたる工業化に支えられた人口増加という2つの大きな流れがある。「少子化」が社会用語として使用されだしたのは、1989年に合計特殊出産率が1.57を記録し「1.57ショック」という言葉で社会問題化された。

   縄文時代には約10万~約26万人であり、弥生時代には約60万人であった。奈良時代には約450万人、平安時代には約550万人となり、室町から戦国時代にかけて人口は1000万人を超えるようになった。慶長時代は約1220万人といわれている。江戸時代には17世紀に人口が増加し、2000万人を超え、18世紀には停滞して、おおむね3100万人から3300万人で推移した。明治になって4000万人を超えて、大正9年には5596万人、昭和15年には7193万人、昭和35年には9342万人、昭和41年3月31日、日本の総人口は1億人を突破した(法務省住民登録集計による)    昭和55年には1億1706万人、平成12年には1億2638万人となった。平成22年に1億2800万人をピークに達し、その後、人口は減少に転じている。総務省統計局発表によると、令元年6月1日現在(確定値)の日本の総人口は、1億2625万2千人で、2010年から11年連続で減少している。世界の国の中で第10位です。(10月18日)

北欧ロバーツコーヒー

Robertscoffeechisinaumoldova1152_13

 

    10月1日は「コーヒーの日」。全日本コーヒー協会が昭和58年に制定した。理由はコーヒーの豆の収穫が終り、新たにコーヒーが作り始める時期であるから。秋になってコーヒーの需要も高くなるからでもある。ちなみに紅茶の日は11月1日。世界で国民1人当りのコーヒーの消費量が多い国はどこでしょうか?第1位はフィンランドで、第2位がノルウェー。大人は1日平均5~6杯は飲むらしい。

葉書制度と普仏戦争

Photo   1869年10月1日、オーストリアの郵便局から世界初の官製葉書が発売される。同年末までにオーストリア・ハンガリー帝国内で、1000万枚近い葉書が流通する。1870年7月1日、プロイセン王国をはじめとする北ドイツ連邦でも葉書制度が導入された。7月19日、普仏戦争が勃発し、負傷兵が葉書で家族と連絡を取ることができるようになり、葉書が急速に普及する。10月にはイギリスでも導入されるようになる。

« 2020年9月 | トップページ

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31