無料ブログはココログ

« 崇徳院の怨霊 | トップページ | 戦争映画 »

2020年8月26日 (水)

韋駄天

仏教において天部に属する神である。孔雀に乗った六面十二臂の少年神の姿で描かれることが多い。ある時、天界の王である帝釈天が、仏舎利を戴いて帰り、宮殿にまつろうとして机においたところ、帝釈天のうしろに身を隠して隙をうかがっていた捷疾鬼という、名前どおりのすばらしく足の速い鬼神が、アッという間もなく盗み去ってしまつた。諸天が騒いでいると、韋駄天がこれを追って取り返したという(「谷響集」の説)。これから出て、足の速い人を韋駄天のようだといった。東京の韋駄天神をまつる世田谷山観音寺の阿弥陀堂にある扁額「韋駄天」は日本人初の五輪マラソン選手、金栗四三の揮毫によるものである。

 

« 崇徳院の怨霊 | トップページ | 戦争映画 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 崇徳院の怨霊 | トップページ | 戦争映画 »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31