無料ブログはココログ

« ペーソスとユーモア | トップページ | 諸葛孔明と日本人 »

2020年8月20日 (木)

戦後、日本女性に人気のあった外国スターは?

Bogart Tyronepower1sss Img_1009096_44461016_0 Img_1195053_33845442_2

 

   朝ドラ「おひさま」。陽子が和成に「わたしもハンフリー・ボガートのような素敵な男性が現れた浮気するかもよ」と。映画「カサブランカ」は日本公開が昭和21年なので、ボガートも人気スターだったろう。しかし日本女性が好む二枚目タイプではないし、暗黒映画のイメージが強く主婦の浮気相手には不向き。この場面には誰がふさわしいのだろうか?タイロン・パワーやシャルル・ボワイエあたりか。新人グレゴリー・ペックでは若すぎる。やはりゲーリー・クーパーといっておくのが無難ではないだろうか。

2020年流行る男はアンセル・エルゴートだろうか。それは何と言ってもスティーヴン・スピルバーグ監督の「ウエスト・サイド・ストーリー」で、主人公トニー役を演じるからだ。

 

« ペーソスとユーモア | トップページ | 諸葛孔明と日本人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペーソスとユーモア | トップページ | 諸葛孔明と日本人 »

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30