無料ブログはココログ

« ユーカリ(「ユ」事項索引) | トップページ | 自然と調和しないものは醜い »

2020年6月 5日 (金)

誠忠・児島高徳の墓

Img_495600_7804955_2
 「児島高徳」 羽石光志画

 1333年のこの日、隠岐から脱出した後醍醐天皇が無事に京都に到着した。その功労の第1人者は児島高徳である。児島高徳(生没年不詳)の実在性には疑問はあるが、備前の人、本姓は三宅、備前守範長の子といわれる。後醍醐天皇が隠岐に配流される途中、児島高徳は舟坂山や杉坂で救出しようと企てたが果たせず、せめて自分の覚悟なりともお知らせしたいと美作院庄(岡山県津山市)の宿所に潜入して、庭の桜の大木の皮を削って詩句を書きつけた。

天勾践を空しゅうすることなかれ。時に范蠡なきにしもあらず。

(天よ、どうか後醍醐天皇をお見捨てなきよう。天皇も范蠡のような忠臣がここにおりますことをお信じ下さい)

   翌朝、警護の武士たちが見つけて騒いでいたが、天皇はその意味がお分かりで、快げにお笑いになったという。

    1333年2月24日、児島高徳は、天皇が隠岐を脱出して船上山で旗を揚げると、一族を率いて馳せ参じ、千草忠顕や新田義貞に属して各地に転戦した。正平7年、兵を集めて入洛を企てたが、失敗した。戦いに敗れて剃髪し、志淳と称したというがその後の消息は分からない。現在、鳥取県米子市の涼善寺(岩倉町99)に児島高徳の小さな墓がある。(6月5日)

 

 

 

 

« ユーカリ(「ユ」事項索引) | トップページ | 自然と調和しないものは醜い »

日本史」カテゴリの記事

コメント

My novel folio
http://muslim.clit.pornpost.in/?entry-meredith
scrubs dead ishmael socialization martni

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーカリ(「ユ」事項索引) | トップページ | 自然と調和しないものは醜い »

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28