無料ブログはココログ

« テレビがつまらなくなった | トップページ | ヤンマイエン島(「ヤ」事項索引) »

2020年6月 2日 (火)

丹波路・本能寺・山崎

Photo_2
 豊臣秀吉が本陣を置いた宝積寺

   天正10年6月1日、深夜、明智光秀は1万3000の軍を率いて亀山城を出陣、山陰道を東進し、途中丹波と山城の境の老ノ坂を越え、沓掛を経て京に入る。2日未明、本能寺を奇襲し、織田信長を討つ。本能寺は当時、四条西洞院にあり、寺域は東西約140m、南北約270m。寺ではあるが、四方に塀をめぐらした小城郭といった観があった。豊臣秀吉に本能寺の変報が舞い込んだのは3日の晩のことであった。そして7日には居城の姫路城に入った。9日、大軍勢を率いて東上し、11日には尼崎に到着。12日、秀吉軍は摂津富田に進出、池田恒興らが参軍。13日、秀吉は神戸信孝と丹羽長秀両将が参軍するや、正午ごろ、山崎に着陣して天王山中腹の宝積寺に本営を置いた。明智軍1万6000対秀吉軍3万6000。激闘すること2時間余。明智光秀は豊臣秀吉に撃破された。丹波路と山崎は明智光秀にとって野望の道である。それゆえ、丹波路にはいまでも何となく歴史の香が漂っている。(6月2日)

 

 

« テレビがつまらなくなった | トップページ | ヤンマイエン島(「ヤ」事項索引) »

日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビがつまらなくなった | トップページ | ヤンマイエン島(「ヤ」事項索引) »

最近のトラックバック

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31